1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. アントニオ猪木
  4. 柴田勝頼が追悼の卍固め 決着は「1、2、3、ダー」代わりの12分30秒
アントニオ猪木

柴田勝頼が追悼の卍固め 決着は「1、2、3、ダー」代わりの12分30秒

アントニオ猪木

1066

 28日、『INOKI BOM-BA-YE × 巌流島 in 両国』両国国技館大会が開催された。アントニオ猪木を創始者とする新日本プロレスからメインが提供され、柴田勝頼vs.トム・ローラーが行われた。

(大会結果)INOKI BOM-BA-YE × 巌流島 in 両国 12月28日(水)両国国技館

■ INOKI BOM-BA-YE × 巌流島 in 両国
日時:12月28日(水)15:00
会場:両国国技館

<オープニングファイト 巌流島ルール 3分3R 75kg契約>
●奥田啓介(レスリング/日本)
一本 2R1分3秒
○中谷優我(柔道/日本)

▼令和猪木軍vs世界格闘技軍 9対9マッチ>
<第1試合/先鋒戦 巌流島ルール 3分3R 58kg契約>
○龍聖(キックボクシング/日本)
 KO 1R31秒 
●ダウサコン・BANG BANG GYM(ムエタイ/タイ)

<第2試合/次鋒戦 巌流島ルール 3分3R 無差別級>
〇貴賢神(大相撲/日本)
 一本 1R ※押し出し(3度の転落)
●ミスターX(ジミー・アンブリッツ)

<第3試合/三鋒戦 巌流島特別ルール 5分3R 84kg契約>
○マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)
 一本 1R ※投げによる場外への転落→ドクターストップ
●江畑秀範(テコンドー/日本)

<第4試合/四鋒戦 巌流島特別ルール 3分3R 無差別級>
○関根“シュレック”秀樹(柔術/日本)
一本 3R1分4秒 ※3度の転落
●ヤン・ソウクップ(空手/チェコ)

<第5試合/中堅戦 巌流島ルール 3分3R 無差別>
●シビサイ頌真(武術/日本)
TKO 1R 2分20秒 ※パウンド連打
○ジョシュ・バーネット(キャッチレスリング/アメリカ)

<第6試合/六鋒戦 キックボクシングルール 3分3R 72.5kg契約>
○宇佐美秀メイソン(空手/日本)
判定3-0
●アルバート・クラウス(キックボクシング/オランダ)

<第7試合/七鋒戦 MMAルール 5分3R 88.5kg契約>
●岩崎大河(空道/日本)
一本 1R2分10秒 ※アームロッ
○ラファエル・ロバト・ジュニア(柔術/アメリカ)

<第8試合/副将戦 MIXルール(1R: キックボクシングルール3分/2R: MMAルール5分) 71kg契約>
○木村“フィリップ”ミノル(キックボクシング/ブラジル)
KO 1R1分6秒 ※左フック
●矢地祐介(MMA/日本)

<第9試合/大将戦 MMAルール 5分3R 92kg契約>
○イゴール・タナベ(柔術/ブラジル)
一本 1R
●メルビン・マヌーフ(キックボクシング/オランダ)

<第10試合/新日本プロレス提供試合 30分一本勝負 UWFルール(頭部への一切の攻撃は禁止) 無差別級>
○柴田勝頼(プロレス/日本)
ギブアップ 12分30秒 ※グラウンド卍固め
●トム・ローラー(プロレス/アメリカ)

エンディングセレモニーには新日本プロレス飯伏幸太も参加。

グダグダぎみの進行からマイクを奪い取った藤原喜明が、、、

音頭を取って「1、2、3、ダー」締め。

DREAMなどで活躍したメルヴィン・マヌーフ(46歳)は9月に引退したが、「日本でも引退試合がしたい」とこの大会に出場した。セレモニーも行われ、功績が称えられた。

柴田「約6年前、ほぼほぼ死にかけて、同じ両国のメインに、戻ってくることができました!」

トム・ローラーがいかなる闘いをするかも大きなポイントとなる試合。前日会見で「私は柴田と闘うために何年も準備してきました」「私がプロレスラーになった理由も、柴田勝頼が復帰した理由も、明日の試合を見ればわかります」などと語っていた。

猪木記事の見出しがプリントされた幕に身をくるめ、柴田が入場。HOLY SHIT(ホーリーシット)POP UP STOREなどで使用されているものと思われる(右写真は11月のもの)。

オカダ・カズチカ戦以来、5年9か月ぶり両国国技館メインに柴田が帰還。

頭部以外の打撃は許される。キックも飛び出すが、しばらくはグラウンドの攻防多め。観客は固唾を飲んで見守る。

昭和プロレスを彩ったサソリ固めに柴田が挑戦。しかしローラーが下から崩し、グラウンドで切り返す。格闘技・プロレス共通のファンが見守る令和の“進化した”闘いでは通用しないということなのか。

柴田がアリキックのアクション。これにはローラーも寝ころびつきあいにいくが、今度は柴田が立ち上がり、フットスタンプ狙い。攻防がノンストップ。

コーナー上に仁王立ちしたかと思いきや、柴田は猪木流ダイビングニードロップ。これはローラーがかわすが、柴田も自爆にならず着地。柴田の身のこなし!

総合格闘技とも違うグラウンド攻防。ローラーが攻勢で進め、ロストポイントを柴田が一方的に重ねてしまう。頭部へのエルボーにいこうとしたローラーが「(頭部打撃禁止ルールにつき)そうかダメか」とばかりに柴田の肩に見舞う場面も。

柴田はルールクソくらえとばかりに、反則となる猪木彷彿のナックルパート。串刺しドロップキックは“プロレス流”とは違い、対角線滑走距離短め。イエローカード。

攻防の中で・・・柴田はPK流の胸板キック。

格闘技大会、UWFルール試合で決まるか、アントニオ猪木必殺の卍固め、、、

崩れてしまうが、、、

、、、グラウンド卍固めに移行。耐えたローラーがついにタップ。

猪木流の雄叫び「ダー!」。本来の「1、2、3」をつけないものにこだわりか。

それでいて決着は「1、2、3、ダー」代わりの12分30秒。

昭和プロレスと格闘技の間にある現代のストロングスタイルとでもいうべきものを、2人は描き切った。相手がトム・ローラーで本当によかった。

猪木の実弟である猪木啓介さんがセレモニーに登場。

盟友・棚橋弘至が解説席で見届けた。谷川貞治プロデューサーも満足そうだ。

マイクを取った柴田。「ありがとー!! 今日はアントニオ猪木に呼ばれて、ここに来ました。俺、6年前、約6年前、この両国でほぼほぼ死にかけて。でも、こうやって同じ両国のメインに、戻ってくることができました。元気があれば何でもできる、そのとおりだと思います。今日はありがとうございました。そして、会長、おつかれさまでございましたー!! あとは小川(直也)総監督が締めると思いますので、よろしくお願いします。以上!!」

5年9か月前の試合とは異なり“自身の足で力強く最後まで進む”花道。

 一寸先はハプニング。猪木プロレスを表すワーディングだが、柴田にもそういう思考は自然と備わっている。約1年前の1月4日(成田蓮戦)では試合前にキャッチレスリングルール予定を反故にし、プロレスルールへと変更。この日は頭部打撃なしUWFルールをほぼほぼ遵守しながら独自の現代プロレスを全開させる。

 どんな物語と闘いをチョイスするかは、そのときそのときの柴田の思考だ。猪木もそうやってきたし、猪木ファンも共鳴から暴動まで幅広い反応によって本気で向き合ってきた。個人的にはイッテンヨンには疑問符が付いたが、今回はまさに柴田にしかできない闘い、柴田ワールドに酔いしれさせてもらった。

 ギリギリだった。5ロストポイントで負けになるところを4ロストにリーチし、イエローカードまで食らう。されど苦しみの中から立ち上がれ。闘魂をコブシに宿らせ、柴田が卍固め。これこそが我々が見たかった「弔い」だ。

 実際に繰り広げられた闘いは写真まじえたレポートの通り。昭和プロレスの単純明快さとも、総合格闘技のリアルファイト領域とも異なる。いくらでも言いようはあるだろうが、こういうルールで技術ある選手同士が闘えばこうなる、という納得づくめのものを見ることができたカタルシス。

 加えて言うなら、制限があるところでのリアル。頭部攻撃も回避はしたいし、総合のリングも今は離れている。猪木ボンバイエ側と今回の試合ルールを決めていく際に、柴田から「自分できることは限られてきます。そのなかでやれることをどうぞ決めてください」とのアプローチがあったのだという。なんと客観的かつ冷静で、自信に満ちた申し出だろうか。この状況下での苦しみと葛藤から逃げず、目をそらさず、そのうえで勝つ。

 「できること」が集約した柴田の現時点の闘魂と、猪木永眠イヤー締めくくりがクロス。この一回性は至極そのもの、感動巨編すぎたと記したい。

柴田バックステージコメント

柴田は大会ロゴの前で両手を突き上げた。

 バックステージコメントを新日本プロレス公式から。

――試合を終えて率直な感想をお願いします。

柴田 今日、アントニオ猪木に呼ばれた人間だけが来てると思うので……。俺には来ないっていう理由がまったく見当たらなかったので、今日ここで試合ができたことは自分にとってとても大きな意味があります。そして、さっきも言ったんだけど、自分は同じ両国でケガをして、だけどこうしてまた再びリングのど真ん中に戻ってくることができるって、それを一つ証明できたと思います。

――対戦相手のトム・ローラー選手の印象は?

柴田 最高でしたね。トム・ローラーでホントに良かったです。トム・ローラーとこのタイミング、この日、もう二度と来ないですよ、この日というのは。会長が亡くなられた後の第1回目の『INOKI BOM-BA-YE』、追悼大会っていうのはもう二度とないので、そこに自分がリングに上がってトム・ローラーと試合ができた。これがいま自分にできる“闘魂”だと思います。

――アントニオ猪木さんへメッセージをお願いします。

柴田 本当にお疲れ様でございました。あとは柴田がやります(キッパリ)。みんな役割があると思ってて、自分にできることは自分がやる。ほかの人間がやれることはほかの人間がやっていけばいいと思います。プロレス界、格闘技界、カポエラ界?どこの世界でもアントニオ猪木ってそんな小さいモノじゃなくて、もっとデカいモノですよ。

――今回の両国のメインイベントでは何を伝えようと想いリングに上がりましたか?

柴田 文字通り闘魂ですよ。ホントに俺ができることって最初に話しいただいて、自分が話した時に「自分できることは限られてきます」と伝えて、「そのなかでやれることをどうぞ決めてください」ってことで今回のルール、形式になりました。会場に来てからホントに不思議な時間を過ごしましたね。「俺、なんでここにいるんだろう?」っていう素の自分もいたりして、でも「しっかり弔おう」っていう自分もいて……。今日できることは精一杯やったつもりです。たぶん試合を観たら「あっ、しょっぺぇな」って自分でも反省するところがたくさん出てくると思うんですよ。

――闘魂の言葉通り、やられても立ち上がって最後は執念のグランド卍固めで勝利を奪いました。

柴田 今日このルールで、このタイミングでできる試合をするってなって、全力を出したらああいう形になりました。ホント自分で観ても「もっとこうしたら良かった」ってたくさん出てくると思うし、つねに反省で……。まあでも、今日プロレスラーが一人この大会に上がるっていうことに一番意味があったと思います。なんだかんだ言って会見でも言いましたけど、ほかの格闘技の大会に自分が出れる場所もないです。だけど、今日の大会はアントニオ猪木追悼大会『INOKI BOM-BA-YE』なんで、だから自分はやりました。ありがとうございました。以上!


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年3月8日(金)24時まで受付


2024年3月5日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼