1. HOME
  2. プロレス
  3. 女子プロレス
  4. 世界に誇る「日本の女子プロレス」で国内メジャー団体誕生なるか!? 女子プロレス団体スターダムがブシロード傘下に
女子プロレス

世界に誇る「日本の女子プロレス」で国内メジャー団体誕生なるか!? 女子プロレス団体スターダムがブシロード傘下に

pick up ▼ニュース 【新日本】YOHがイーグルスから電撃勝利で3Kが初白星! “悪の連携”でデスペラード&金丸が2連勝 10.17後楽園藤波 デストロイヤーさん追悼大会で秋山、越中と初トリオ結成「足4の字固めで勝ちたい」船木誠勝、左腓骨骨折で10・27「ドラディション」大阪大会を欠場…ヒロ斎藤デビュー40周年記念ツアー【センダイガールズ】11・12後楽園で10チーム参加「ロイヤルタッグトーナメント」開催『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定 ▼情報&コラム 【新日本】NEVER王者・KENTA 柴田が巻いたベルト全否定【ラグビーW杯】新日本プロレスの不良外国人レスラー・ファレ 20日・南ア戦前に臨む日本代表に緊急エール川田利明さん激白「ラーメン屋の開業ですぐに1000万円失ったワケ」【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(17)「ジャイアント馬場の評価。新日本と全日本の決定的な違いとは…」キューティー鈴木「今は子供との時間を大切にしています」井上貴子 アイドルレスラー時代は「今で言う塩対応でした」10月27日(日)18:00?20:00『葛西純単独イベントinカウント2.99』葛西純サイン+2ショット撮影付 ▼格闘技 【DEEP JEWELS】10.22 KINGレイナ、渡辺華奈、川村虹花、前澤智ら試合順が決定

 実は10月頭に「新日本っていうわけではないが、ブシロードがスターダムと接触している」「木谷オーナーがスターダムを視察したようだ」って話は具体的に聞いてました。さすがに水面下の話なので、ブログでも書けないし、匂わせることもしませんでした。思ったよりも早く正式発表となった印象がする。とてもいい話ではないかと!

 17日、都内でスターダムが新体制発表記者会見を行った。ポイントを確認したい。
・ 【会見全文】スターダムがブシロード傘下へ!大田区総合体育館大会や海外イベントでの試合が決定!ロッシー小川はエグゼクティブプロデューサーへ

・女子プロレス団体スターダムが手がける女子プロレス事業がブシロードグループである株式会社キックスロードに事業譲渡となった。ブシロードは新日本プロレスの親会社であり、株式会社キックスロードはキックボクシング団体『KNOCK OUT』を運営している。

・株式会社キックスロードは従来のキックボクシング興行と女子プロレス興行を軸に事業を展開していく。12月1日から会社名を『ブシロードファイト』と名称変更。

・大会日程に関して。
▼2019年
12月7日、8日 アメリカ・アナハイムコンペンションセンター『CharaExpo USA 2019(ブシロードグループ主体のイベント)』に出場
(このため、日程が重なっている新木場大会を岩谷麻優、中野たむが欠場)
▼2020年
4月29日 初の大田区総合体育館大会『東京シンデレラ2020』
8月8日、9日 後楽園ホール2連戦

・プロモーション展開
BS日テレにてレギュラー放送が開始
TOKYO MX TVにてレギュラー放送を開始

<株式会社ブシロードの木谷高明オーナー発言>
・動機を正直に言いますと、2年前くらいから悩んだというか、迷っておりました。あらゆるプロレス団体・格闘技団体を見てて、メジャーなところでは女子の試合が入っていないものは1つもないというふうに僕は認識しています。そんな中で、『何もやらないでいいのか』とずっと思っておりまして、少しずつリサーチを実は始めておりました。

・原田(キックスロード社長)が色んな方々と、女子プロレスの関係者とお話する中で、ロッシーさんが一番ピンとくるというか、フィットすると。またスターダムという団体には可能性がある。現状も素晴らしいけど、非常に可能性がある団体であると報告を受けまして、私も見に行かせていただきまして、やっぱり、これは行けるんじゃないかということで、協議に至るという形になっております。

・当面新日本プロレスと混ざることはないです。お祭り的な大会や海外で出たりすることはあるかも知れません。ただ、僕自身はある日突然『なんで女子の試合無いの?』と、急に世の中の空気が変わるリスクっていうのを実は思っていてですね、『いまどきそれは無いでしょ』と世の中の空気が変わるリスクもあるなと思ってて、現状は別路線、別立てで、女子プロレスをやるのがいいのかなと思った次第でございます。

・最初は女子プロレスっていうものに関わっていないと、こういう流れがきたら嫌だなってところから動機はもちろん始まっております。新日本プロレスを守るために、伸ばすために女子プロレスが必要になるんじゃないかなと思っていました。誤解がないようにしていきたいんですけど、見てる内にスターダムはスターダムでこれは立派なIP・キャラクターコンテンツなので、これはこれで大きく伸びる可能性あるんじゃないかなと思って、新日本プロレスを伸ばすっていうところから、スターダムをもっともっと伸ばすっていうところに発想が変わっていったというところはご理解いただきたいと思います。

・そんな中で今回の新体制発表に至ったと理解していただきたいと思っていますので、後ろ向き、防御的なことではなくて、あくまでも前向きに『これはこれでもっと伸びるんじゃないの?』って。その中でお互いちょっと混ざる部分があってもいいんじゃないかなというふうに思っているだけで、当面はお祭り的なとか海外じゃないかなと思っています。

<質疑応答より>
・小川社長はスターダム事業部門の最高責任者、エグゼクティブプロデューサーに就任する。経営面は原田社長らのブシロードファイトが担う。

・里歩は(AEW参戦中だがスターダムにも)「はい。一応参戦致します」(小川社長)。

・お客様の年齢が高いですね。そしてほぼ男性しかいない。まず、客層としてもったいないのは若い男性がいないというのが1つ、もう1つは女子がいない。僕らが中学生・高校生・大学生くらいのとき、女子プロレスが非常に流行ったときって、支えてたのは女子だったんですよね。なので、環境整備ってさっきは一言で言っちゃいましたけど、女子が見やすい会場・大会・イベントにしたいなと。

 ここのところカイリ・セイン(宝城カイリ)、紫雷イオというスターダム看板選手が米メジャー団体WWEに巣立っていった。スターダムに参戦中の里歩は米AEWでブレイク中でもある。日本の女子プロレスのコンテンツ価値があるのは、アスカ(華名)の成功も含めて明らかだったかと。なぜ新日本が乗り出さないのかとボクは思っていたし、今回のブシロード動きは当然であると同時に、数年スパンで考えればむしろ遅いくらいだと捉えている。

 日本の女子プロレス団体の中でもスター候補性が揃っているスターダムである。WWEやAEWからも接触があったのではないかと。

 新日本プロレスにおいてスターダム提供試合が組まれるとしても、ボクは大歓迎。拒否感のあるファンもいるのかな? ボクはここ10年くらいの新日本の復興劇には「パフォーマンスに優れた選手は所属・出身団体問わずきっちり重用する」という(ブシロードと合体する前からの)姿勢があったと考えているのです。そこに女子が入ってきてもいい。

 その点、木谷オーナーはとてもバランスが取れた発言をしているとボクは受け止めました。「後ろ向き、防御的なことではなくて、あくまでも前向きに『これ(スターダム)はこれでもっと伸びるんじゃないの?』って。その中で(新日本と)お互いちょっと混ざる部分があってもいいんじゃないかなというふうに思っているだけで、当面はお祭り的なとか海外じゃないかなと思っています」ってところ。

 いくつかの危機感、課題感についてもまったくその通りかと思います。

 世界に誇る「日本の女子プロレス」に国内メジャー団体誕生あれ! WWEでスターダムにノシ上るための通過団体的な見え方もあったが、文字通りスターダムが得られる団体になってほしい。

 ジュリア移籍報道に関してもコメントが出ている。こちら参照を。
・ スターダムのジュリア移籍騒動に木谷オーナーが「昭和のやり方。時代は平成すら終わってるんですよ」と苦言

 女子プロレスに携わってきた山本雅俊氏の見解。
・ スターダムとブシロード – “Major Style – Indie Spirit”ヤマモブログextra.ver.

選手の待遇が劇的に良くなるわけではありません。

むしろ選手の評価やギャラ査定はこれまでよりもシビアになり、女子の「特に何も無ければ、引退するまでその団体に居られる」の了解事項は無くなるので、シリーズが変わると数人の選手が突然いないということも普通にあり得ます。

他の企業を買収するだけの力がある会社は、理由なく儲けてきた訳ではなく
自社の商品を大事に売りながら 経営それ自体を硬く、切り詰めながら行って利益を出しています。
その為には社員教育自体も厳しく行われて、領収書一枚にしても非常に細かくチェックされます。

いわゆる
「プロレスだから許される事、或いは通る事」は一般企業の概念とその都度照らし合わせながら
なんとか折り合いを付けたり、却下したりしていくので、この部分が当事者達にとっての当面の大きな課題になります。この作業には感情も伴うので、プロレス組にとってもブシロード組にとってもかなりシンドイ筈です。特に女子は。

また一流企業はコンプライアンスを重視して、スキャンダルを極端に嫌います。
フロントはもちろん、看板である選手達は日常生活にも気配りをする必要が出て来て、本人にその認識はなくとも 団体にとって不利益な事をしたと判断される事例が起きることがあるかも知れません。

今回のジュリア選手の件はタイミング的には本当にギリギリです。ブシロード側はけして寛容ではないと思います。

しかし、そうした諸々の事情を鑑みても
それらを大きく、しかも遥かに凌ぐ日本女子プロレス界にとっての大きなメリットは「スターであるべき才能に対して、それ相応の費用をかけて育てること」が出来る組織が遂に誕生した事で 
これを実現させた小川さんの功績は高く評価されるべきで、歴史的にもこれは大きな事件だと思います。

 評価が報酬につながるというのは厳しい世界にもなるということ。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


注目の大会日程まとめ 新日本も再開!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年7月5日発売!長州力×神聖かまってちゃん  長州力×田崎健太 山本美憂 田中将斗 玉袋筋太郎「村上和成」変態座談会 斎藤文彦×プチ鹿島 宮田充 鈴木みのるのふたり言



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼