1. HOME
  2. メディア情報
  3. 映画
  4. 岩谷麻優「マジで感無量」2年半越し公開 コロナ禍乗り越えた映画製作
映画

岩谷麻優「マジで感無量」2年半越し公開 コロナ禍乗り越えた映画製作

映画

364

 17日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて『家出レスラー』公開記念舞台挨拶が行われた。プロレス会場さながらに岩谷麻優のタイトル戦用テーマ曲『THE ICON』に乗って、舞台挨拶のメンバーが一挙に登壇した。
ⓒ映画『家出レスラー』製作委員会 ⓒWorld Wonder Ring STARDOM

撮影ままならず…岩谷「映画なくなっちゃうじゃないかっていう不安もあった」

 この日から全国ロードショーとなった映画『家出レスラー』は、女子プロレスラー岩谷麻優の半生を描く。

登壇者:竹中直人、平井杏奈、HG(レイザーラモン)、木村有希(ゆきぽよ)、小坂井祐莉絵、岩谷麻優、朱里、向後桃、ヨリコジュン監督

岩谷麻優「は~い、豊洲のみなさん、こんばんわ~(観客「こんばんわ~」)。ありがとうございます。本当に無事に初日を迎えられて、本当にみんながこの、全員が頑張った作品となっておりますので、『家出レスラー』楽しんでいってください。本日はよろしくお願いします」

平井杏奈「は~い、岩谷マユ(いわたに マユ)役を務めさせていただきました平井杏奈です。ほんと無事に公開日を迎えることができて、今日、今、集まってくださったお客さんの顔を見てすごく実感して、とってもほんと感無量、胸いっぱいです。本当に今日はありがとうございます。楽しんでってください。よろしくお願いします」

向後桃「流香(りゅうか)役を務めさせていただきました向後桃です。たくさんの人が集まってくれて嬉しいです。ありがとうございます。本日よろしくお願いします」

レイザーラモンHG(レフェリー役)「どうも~レイザーラモンHGです。いきますよぉ~家出レスラー、フォ~(とポーズ)」

ゆきぽよ「はい、東子(とうこ)役を演じさせていただきましたゆきぽよです。珍しく演技頑張っているんで、ぜひ見ていただけたらなと思います。よろしくお願いします」

小坂井祐莉絵「はい、(マユの同期)佐藤シオを務めさせていただきました小坂井祐莉絵です。普段はスターダムの現場で、ありがとうございます、リングアナもしてるんですけど。このコスチュームで人前に立つってなんかドキドキしますねッ。選手の気持ちがよりわかりました。映画とっても面白かったので、皆さんも楽しみにしていてください。よろしくお願いします」

朱里「はい、ありがとうございます。羅月(らげつ)役をさせていただきました朱里です。今日は楽しんでいてくださ~い」

竹中直人「グッシー役(グッシー / 小串宏明)をやらせていただきました(女子っぽい言い回しで笑いを取る)竹中直人です。今日は最後まで楽しんでいてくださ~い」

ヨリコジュン監督「監督のヨリコジュンです。今日はありがとうございます。楽しんでいただけたらありがたいです。よろしくお願いします」

司会「会場はあたたかくて、ステージは華やかです。皆さんも気づかれましたよね、(役の)衣装だっていうことっていうのもね。どうですか?(観客拍手) 岩谷さんはね、もちろん」

岩谷「杏奈ちゃんと一緒のコスチュームをつくってもらったんですよ、衣装さんに。まあ、それはね。なんで、この 2 つ、2 つセットでつくられたかは、ちょっと映画を見ていただいての楽しみということでお願いします」

司会「(役の衣装ではない)竹中さんは?」

竹中「皆さんとテンションを合わせるためにやってきました」

司会「本当に岩谷さんご自身の自伝の物語がこうやって映画になっておめでとうございます」

岩谷「ありがとうございます。本当にね、あの~、どうなるかと思ったし、最初の打ち合わせが 2021 年から、最初の 1 回目の打ち合わせがあって、本当にもう 2 年半ぐらいかかっての公開になったんですけど。本当にね、途中はね、あの映画なくなっちゃうじゃないかっていう不安もあったんですよ。撮影がなかなかできなかったから。でも本当に今日という日を迎えられて、こう、みんなで舞台挨拶できてマジで感無量。本当になんかマジでいい映画、本当に。本当に、もう今泣きそうなんだけど。さっきも麻優、映画を観に行ってきたんですよ。あの~、舞台挨拶の前に、普通に地元の映画館で遊びに行ってきたんですけど。本当にね、周りに座ってたオジサマたちが泣いてたんですよ(観客笑い)。本当に、なんかその姿を見てもう全然映画に集中できなかったんですけど、なんか本当に誰かの心に刺さるような映画になったと自負しています。だから、誰かの希望になってもらえるような映画になっていると思うので、本当に楽しんでください(拍手)」

平井「私は2年前に『家出レスラー』のオーディションを受けさせていただいて、オーディションを受けたきっかけがちょうど映画化になった自伝本の『引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで』を読んで、本当に今まで歩んできた境遇とか経験とかそのときどきに感じていた思いとかがすごい自分にリンクもして、まるで自分なんじゃないかと勝手に運命感じてオーディション受けたんですけど、本当に岩谷マユ役になったときは驚きと嬉しさでいっぱいで、実際に岩谷マユ役を演じるということでトップレスラーである岩谷選手を演じなきゃいけないことが、最初は無謀さも感じてプロレス練習も最初は大変だったんですけど、岩谷選手の半生を演じたいとの思いで応募したオーディションなので…(ここまでのコメントが)すごい噛み噛み(観客笑い)」

司会「大丈夫、大丈夫」

平井「すごい噛み噛みですけど、本当に私も大きな熱い思いでオーディションから駆け抜けさせていただいたので、こうやってもうクランクイン、クランクアップして公開できたことを本当に幸せに思います。ありがとうございます」

岩谷「いや本当にね、似てるんですよ。憑依してて、麻優が。でもなんかその杏奈ちゃんの良さみたいなのもちゃんと出てて、なんか本当に平井杏奈という一人の女性の人生っていうか、生き様プラス自分の、何て言ったら、生き様みたいなのがちょうど合わさって、本当になんか全部が良かった。本当に良かった。語彙力ないんだけど、本当に良かったの。見てくださったみんなの方が多分、杏奈ちゃんの良さ、もう多分わかると思うので、どしどし告知というか『家出レスラー』で投稿してください、いっぱい」

「ドラゴンとかムーンサルトとか危なすぎるので」岩谷が試合のスタント務める

ヨリコジュン監督「(プロレス映画を手がけたのが初めてというのは)確かにそうなんですけど、岩谷さんの半生を描くってことでプロレスだけじゃなくて、むしろ、その、皆さんが、プロレスファンの岩谷さんのファンの皆さんが見たことのない、プロレスをやってる姿じゃない岩谷さんをどういうふうに描くかっていうことを、やっぱ考えてつくりました」

 司会からプロレスを演じた感想が求められた。

平井「はい、そうですね、本当にプロレス練習は朱里選手が今回、羅月役を演じながらもプロレス指導・監修をしてくださって。役者陣はね、みんなプロレス未経験で何もわからないところから始まったんですけど、朱里選手が本当に基礎から技まで、本当にたくさんたくさんもう教えてくださって、もう朱里選手のおかげでできたので感謝でいっぱいです」

朱里「でも本当に最初はどうなることかと思って。やっぱりね、腕立てとか受け身とかやらせてみて、これはやばいんじゃないか。どうしようと」

平井「やばいんですよ、練習初日とかも」

朱里「テーピングとかも太ももにめっちゃ巻いて…もう平井ちゃん大丈夫? みたいな。これからどうしようみたいな感じだったけど…でも、やっぱすごい。めちゃくちゃ頑張ってくれて、ロープワークから受け身から本当に急成長してくれて。えっ、レスラーになるんですかっていうぐらい、本当に動きもかっこよくて(拍手)すごかったんですよ。で、ゆきぽよちゃんも小坂井ちゃんもすごい頑張ってくれて、最初ね、『ロープ痛い』『やだ』とかすごい言ってた。でも本番とかもうカメラ回ったらめちゃくちゃかっこよくって、すごかったんですよ。本番にめちゃくちゃ強い。あと表情とかも本当にかっこよくて、みんなもう頑張ってくれて、なんか嬉しくなっちゃう(ウルッとくる)なんか思い出すと。ごめんなさい。落ち着きます。すいません、本当泣きやすいんですいませんでした。でも本当に皆頑張ってくれて、すごい嬉しかったし、この映画が本当にこうやって公開してくれてすごい嬉しいです。すみません、本当に(泣)。めちゃくちゃどうなるか不安だったのよ。こうやって皆さんの前に立って、ちゃんと公開できて、めちゃくちゃ嬉しいです。すいません」

HG「いや、主役の最後の挨拶みたいな。大エンディングになってるよ」

ゆきぽよ「やっぱりあの結構、私も地元でストリートで生きてきたタイプだから、ちょっとなんかプロレスラーの方々とちょっとマインドの調子が合うっていうか、結構私は、もちろん役づくりも頑張ったんですけど、結構馴染みやすかったです。本当にでもすごい楽しかった撮影でしたね。なんか合宿みたいでした。2 ヶ月ぐらいみんなでずっと過ごしてたんですけど、練習も含め。本当に何かいいチームワークだったっていうか。もう撮影終わりが全員が大号泣で。ワンチームでしたね」

司会「生傷とかできたりしませんでした?」

ゆきぽよ「私は本当にロープワークがチョー嫌で、本当に苦手で、背中にいっぱいアザつくりましたし、私、基本、アザつくるときって酔っぱらった時とかばっかなんですけど。もう必死に頑張ってつくったアザが嬉しくて。なんか勲章っていうか、なんかどんどんできるアザが嬉しかったです」

小坂井「私はプロレスラーの方をいつも間近で見てリングコールをしてたので、尊敬してるし、実はちょっとプロレスをやってみたかったんですよ。そう。だからこのコスチュームもすごく憧れていたし、ほんと尊敬してるから、気軽に『やりたいです』とか言えなくて。しめしめ、映画のオーディションがあるぞと。なので、もうそれこそホントさっきゆきぽよちゃんが合宿みたいって言ってくださったんですけど、最初緊張してたけど、本当に主演の杏奈ちゃんとレスラーの皆さんとスタッフの雰囲気がめちゃくちゃあったかくて、もうずっと女子校に通ってる気分で、気づいたら撮影が終わってました。本当に楽しかったです」

司会「そして実は岩谷さんもね、出てらっしゃる」

岩谷「そうですね。あの、出てるっていうか、杏奈ちゃんが練習してもちょっと…ドラゴンスープレックスとかムーンサルトとか、ちょっと危なすぎるので。そこの何て言うの、一瞬の場面だけでちょっと代役というかスタントっていうんですか? 吹き替えをやらせてもらったっていう感じなので。アンナちゃんが演じる岩谷マユ役を麻優が演じたっていう感じで。なんかそのときに、杏奈ちゃんに合わせるために髪の毛切ったし、髪の毛も染めたし、エクステもつけたしっていう感じで。杏奈ちゃんに向けた役づくりを私も」

向後「私もプロレス練習から一緒に参加していたので、みんながどんどん変わっていく姿を練習の頃から見ていて、なんかその自分の役どころとしてはトレーナーというか…というところもあったんですけど、その気持ちが本当にすごくそのまんま、自分は感じて、どんどん変わっていくみんなを見ていて、それがやっぱり画面にすごく出てたと思うので、よかったかなって思います。はい」

HG「僕はレフェリー役で参加させてもらってるんですけど、なぜか合同練習参加させられて。『HG さんもやりましょうよ』って朱里選手に言われて。朱里選手とはね、ハッスルというプロレス団体で一緒に頑張ってたんで、なんかそういう思い出も込み上げてきて。で、本当にプロレス指導から試合の監修からのプロレスの全面のそのサポートをずっとやってたんで、めちゃめちゃ頑張ってるなっていう。その朱里ちゃんがデビューしたとき、プロレスデビューしたときに僕、立ち会ってるんで。そこはすごい感慨深かったです。泣く理由がわかるというか。はい、めちゃめちゃ頑張ってました。はい」

竹中「僕もむかし『シコふんじゃった。』っていう相撲の映画に出たことあるんですが、すごく練習大変だったんですよ。土俵って、もうちょっと柔らかいもんだと思ったら、めちゃくちゃ固くて。その人と人がぶつかり合うところをやっぱり嘘でぶつかっちゃって嘘に見えちゃう。本気でぶつかなきゃいけないから、もうめちゃくちゃ痛くて、もう転がるときもすっごい痛かったんですけど、だから皆さんどれだけ大変だったかって、女子プロレスを見たりするとテンションすごいじゃないですか。エヤアッ~!! 相撲はそんな声を出さないけど、そこを闘うっていう。僕は本当に寝てる役だったんで、僕は本当に楽だったんですけどね(笑)。皆さんはすごかったろうと、想像するだけでね。本当にでもロッシー(グッシーのモデルであるロッシー小川EP)さんに初めてお会いしたとき、かっこよかったですね。佇まいがとても凛としてて、身長も高くて圧倒的な存在感で。初めてお会いしたときは緊張しましたけど。でもすごい皆さん本当に素晴らしかったと思います。皆さんが圧倒的に全面的に、ものすごいテンションで迫ってくる。僕はかなり興奮しました」

監督「でもここまでなったのは、本当に朱里さんとか、本当に皆さんのおかげでここまで来て、僕はもう本当に最後まとめだけ。本当にもう感謝してます、皆さんには」

司会「最後に代表して平井さん、ぜひ映画を楽しみにされてる皆さんに向けてメッセージを」

平井「改めまして本日は本当にこの場に足を運んでくださり、心からありがとうございます(拍手)。プロレス好きな方はもちろん、プロレスを知らない方、まだ試合を見たことがないって方にも届いてほしいし、何より『生きづらさ』を感じているすべてのみなさんの希望となる作品になることを心から願っています。映画『家出レスラー』、ぜひ楽しんでください。よろしくお願いします(拍手)」

映画『家出レスラー』作品概要 全ての人を元気にするプロレス青春映画

家出レスラー – 劇場情報 | THEATERS

映画『家出レスラー』作品概要

■イントロダクション
山口県の田舎で生きづらさを抱えていた少女・マユは、あることをきっかけに引きこもり生活を2年も続けていた。
しかし兄と観戦したプロレスに感激したマユはコンビニ袋と小銭だけ持って、プロレスラーになるため家出を決行!

東京での練習は厳しく、スターダム一期生としてデビューしても“ポンコツ”と呼ばれ、
なかなか日の目を見られない日々のなか、様々な人々に助けられて成長していくマユ。
ダメダメだった彼女が、“女子プロレスのアイコン”として世界中に名を轟かすようになるまでを描いた奇跡のストーリー。

人生を諦めかけた人、一所懸命に生きることに疲れた人、何もかもが嫌になってしまった人…。
全ての人を元気にするプロレス青春映画。

■スタッフ
原案:岩谷麻優(STARDOM/プロレスラー)
脚本:渡部辰城
監督:ヨリコジュン
制作プロダクション:エースクルー・エンタテインメント

■キャスト
平井杏奈
竹中直人
石野真子
向後桃
HG(レイザーラモン)
中本大賀
木村有希(ゆきぽよ)
根岸愛
都丸紗也華
小坂井祐莉絵
平嶋夏海
KAIRI
朱里
藤井マリー
有田哲平
古坂大魔王
RG(レイザーラモン)
浅越ゴエ
竹若元博(バッファロー吾郎)
天山広吉

■音楽
岩谷麻優入場曲「THE ICON」

■公開日
2024年5月17日(金)~全国上映
配給・宣伝:ブシロードムーブ

■家出レスラー公式
公式サイト:https://stardom-movie.com/
公式X(旧Twitter):https://twitter.com/wwr_stardom
公式Instagram:https://www.instagram.com/wwr_stardom/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@wwr_stardom

いよいよ全国上映がはじまる『家出レスラー』!
映画本編のプロローグ編集版を先行公開!

2024年5月17日(金)の全国公開をひかえた映画『家出レスラー』におきまして、映画本編のプロローグ編集版をスターダム公式チャンネルにて公開しました。

【プロローグ編集版】映画『家出レスラー』 #岩谷麻優 の奇跡のストーリー【5/17 全国ロードショー】

冒頭では、岩谷麻優を演じる平井杏奈が山口県の田舎で過ごしている一面が描かれます。家族に愛されながらも、何か生きづらさを感じている岩谷麻優…。

そんな彼女がどのようにして“女子プロレスのアイコン”として世界中に名を轟かすのか。

ひと足早く、『家出レスラー』の世界を堪能いただき、続きはぜひ劇場でご鑑賞の上、お確かめ下さい!


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


早見👀
新日G1公式戦日程ノア7・13日本武道館全カードマリゴ7・13両国決定分カード


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATマリゴ
[総合格闘技▶RIZIN


5月19日(水)24時まで受付


5月19日(水)24時まで受付

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


力道山未亡人 単行本 – 2024/5/31 細田 昌志 (著)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!①反骨の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!②金剛の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


伝えるための準備学(ひろのぶと株式会社) 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/22 古舘 伊知郎 (著)


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 藤田あかね 離れ離れにはなってないから
> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼