1. HOME
  2. メディア情報
  3. 週刊プロレス
  4. 【記憶の懸け橋】増刊号『U城・陥落』長州との友情が終わったんだ 後継者編
週刊プロレス

【記憶の懸け橋】増刊号『U城・陥落』長州との友情が終わったんだ 後継者編

週刊プロレス

 7月5日、『記憶の懸け橋』と題したトークイベントが巣鴨・闘道館で開催された。ソーシャルディスタンスを伴いながら会場に収容できるギリギリ、50人のファンが耳を傾ける。『夢の懸け橋』(1995年)から25周年であり、関係者との顔合わせは実に10パート、7時間に及ぶイベントとなった。

 このようなイベントのシリーズ化につながる反響があればとのことで、「SNSでどんどん出してください」との案内もあった。トークには資料性も高く、一部ピックアップとはなるが当サイトで取り上げさせていただきたい。本稿では後継者編として、小島和宏氏(当時の全女・FMW担当)、鈴木健氏(当時のRINGS担当)、佐藤正行氏(当時の新日担当)とのパートをお届けする。
※「全日本編フリーランス編・後継者編・マスコミ編」を予定。

『夢の懸け橋』とは?

 週刊プロレスの販売元であるベースボール・マガジン社が主催した東京ドームでのプロレス大会。1995年4月2日に行われ、全13団体が試合を提供した(交流戦・対抗戦はなし)。外野席までが埋まる超満員となり、主催者発表で6万人。前半に女子団体、後半に男子団体を振り分けつつ、団体設立が新しい順によるラインナップ。セミファイナルが全日本プロレス、メインが新日本プロレスとなった。

 40万部とも60万部ともされた週刊プロレスの影響力は絶大だった。次々と各団体の出場が決まっていったが、同日に後楽園ホール大会を予定していたWARが「大会中止(売上はBBM社が補填)と東京ドーム参加」を打診されたことで大反発。ライバル誌の週刊ゴングはWAR側の支援にまわったほか、ほとんどのマスコミが“なかったこと”として『夢の懸け橋』大会を報じなかった。

 大会に至るプロセスで週プロの独裁色にスポットを当てられたことも作用したのか。メイン後にリングに立った週プロ・ターザン山本編集長に、なんとブーイングが発生する。大会以降、週プロの独自路線とファン・団体の間の乖離が広がり、1996年2月の新日本による取材拒否、販売部数大幅減、6月の編集長退任へとつながっていく。『夢の懸け橋』は無情にも、週プロ黄金時代終焉への扉を開いた。

小島和宏(全女・FMW) vs.ターザン山本

【他ジャンルのイベント出演との兼ね合いも考慮して、小島氏はこの日は電話出演。】

小島 『夢の懸け橋』当日、試合前は大仁田(厚)さんに会ってないですね。(ミスター・)ポーゴさんには「(試合で)火を吹いていい?」って聞かれて、ダメって言ったら「吹かないから灯油だけ持ち込んでいい?」って。これもダメって言うと、しょげてましたよ。ポーゴ大王が消防法に負けたと!!

山本 とにかくドーム側は火気厳禁しか言わない。このFMWの試合は“捨て試合”にならざるを得なかったのかも。

小島 大仁田さんは「恥をかかされた。ハメられた」と。何年か前も、まだ言ってました。

山本 FMWには(リング設置は)別格でやらせていただきます。そう説明した。1995年はサリンも阪神大震災もあったから、状況的に(安全のためにルールを)守らなきゃという流れはあった。

AD

小島 北斗(晶)さんが前日に急に電話してきて「プレスパスちょうだい」って(試合後に乱入)。他の選手がもっていかれて、申し訳なかったなと。

ロッシー小川さんに、「2月後楽園を巻頭カラーにしてくれるなら、その大会でドーム出場者決定戦をやる」って言われて、そうしましたよね。デイリーの宮本さんには「小島くん困るよ、『夢の懸け橋』はないものとしてやっているのに」って(笑)。

担当の全女とFMWがそんな状況で、増刊号の原稿も筆が乗らなくて、大会はドッと疲れました。でも、(馬場)元子さんは(みちのくプロレスを見て)「カニさん、カニさん」って手拍子してた。4・2の救いでしたよ。

FMWをはじめとするプロレスの仕事でルチャ、女子、デスマッチを見たことがアイドルの仕事にも生きてます。大仁田さんにも「生かして頑張れ」というような話をされたとは思うんですが、いつの間にか大仁田さんがまわりに「あの仕事をオレが勧めた」みたいに言ってて。それでいて講演ではボクがつくった(プロレス界でどん底から成功した)話を、自分の話として涙を流しながら言ってるのが大仁田さんです(笑)。

鈴木健(RINGS) vs.ターザン山本

山本 リングスの参加はありがたかったねぇ!! 黒田社長から参加の申し入れがあって、ボクの勝ちですよっ!!

【ここで前田日明からの応援メッセージが流れる。「当時は寄ってたかってだったけど、オレはいじめるときは直接ね。直木賞や芥川賞がつまらないんで、ぜひ物書きとして書いて出してみてください」。】

山本 最終的に前田さんはやさしいんですよっ!! 前田日明が出るかどうかはドームのキモでした。誌面で「ヴォルク・ハンが見たい」って書いたのは、彼の関節技は芸術的なんだよね(実際は前田vs.クリス・ドールマンで実施)。

剛軍団? ふつう出れないんだけど、佐藤(正行)記者が頼んできた。ギャラは半分以下の200万でいいからって。強力な後押しがあったんですよ。

鈴木 入場式で各団体のロゴが並んだんですけど、剛軍団はロゴがないんで週プロがつくったんですよね。

【話はメインのあのシーンへ。】

鈴木 橋本真也さんがメイン後に山本さんを呼び寄せました。

山本 違うよアレ、佐藤が橋本さんに「山本さんを呼んでくれ」って頼んでて。橋本さんは善意で大会の功績者として(の山本氏を称えるということで)やった。でも、あのブーイングでしょ。佐藤はどんだけボケてんだという話。ただ、ドームの光景は気持ちよかった。

【これらのいくつかの話を、このあとの佐藤氏が真っ向否定する。】

山本 橋本さん、終わった後に後楽園のWAR行ってゴマすってるんだよ。なんて調子がいいんだと。

鈴木 セリフは考えてたんですか? 素晴らしいスピーチだった。

山本 前に立つとそういう気分になる。でも、ブーイング・・・ああオレ終わったな。目立ち過ぎてると思ったね。

4・2は安西(伸一)記者がマスターテープがあるところを見たことがあるって。それがあるならいずれ上映会ができるんじゃないかと思います。

佐藤正行(新日) vs.ターザン山本



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年10月4日発売! 中村獅童 ザ・グレート・歌舞伎!! 長州力×五木田智央 山本康一郎×堀鉄平 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島 西村知美 田村潔司 安藤達也 玉袋筋太郎「新倉史祐」変態座談会 中邑真輔



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について