1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 渦巻く期待と不満 「乱入、反則横行で迷走の新日」とスポーツ報知
新日本プロレス

渦巻く期待と不満 「乱入、反則横行で迷走の新日」とスポーツ報知

新日本プロレス

 14日、新日本プロレスの新シリーズ『Road to CASTLE ATTACK』が後楽園ホールにて開幕した。

オカダ「そんなのプロレスでもなんでもねえんだ」・・・見せられているボクらはどうすれば!?

 日曜であり開幕戦への期待か、昨今では健闘の観衆692人。イベント時間制限に則り、第4試合でメインとなる。

■ 新日本プロレス Road to CASTLE ATTACK
日時:2月14日(日)18:00
会場:東京・後楽園ホール

<第4試合/イリミネーションマッチ>
○EVIL&ジェイ・ホワイト&チェーズ・オーエンズ&タマ・トンガ&タンガ・ロア
(22分58秒 オーバーザトップロープ)
石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&矢野通&●オカダ・カズチカ

【退場順】
(1)×矢野(2分39秒 OTTR)チェーズ○
(2)○オカダ(2分45秒 OTTR)チェーズ×
(3)○石井(16分25秒 OTTR)ジェイ×
(4)×石井(16分38秒 OTTR)タンガ○
(5)×YOSHI-HASHI(18分40秒 OTTR)タンガ○
(6)○後藤(19分38秒 OTTR)タンガ×
(7)×後藤(19分53秒 OTTR)タマ○
(8)○オカダ(20分44秒 OTTR)タマ×
(9)×オカダ(22分58秒 OTTR)EVIL○

(バックステージ)

オカダ「オイ、BULLET CLUB! てめえら、本当にクソだな、この野郎! 俺だけじゃねえよ。ここまで新日本プロレスがしっかり築き上げてきたものをな、壊すんじゃねえよ、この野郎! そんなのプロレスでもなんでもねえんだ、この野郎! いいか、俺がしっかりプロレスっていうのはどういうものか、教えてやるよ。乱入、セコンドばっかりだな、お前の勝ち方。それでいいならそれでいいよ。ただ、乱入して言い訳とか言うんじゃねえぞ、この野郎! 凄えダセえ負け方味わせてやる、この野郎!」

 メインだけ追っかけ視聴しました。ポジティブに見れば、バリエーションをちりばめつつのオーバーザトップロープ貫徹でバレットクラブがイライラを蓄積させるお家芸。とはいえ勝敗を決するポイントでの退場済み選手やセコンドの介入は不透明決着そのもの。

 細かすぎる見方をすればバレットクラブがケイオスの乱入を逆に誘発するなど展開はあるのだが、トータルの印象でのワンパターン感は否めない。最終戦でスッキリするための布石であるとファンは信じているが、4試合限定なのに8500円(当日購入なら9000円)のチケットを買って足を運んだり、18:00という早い時間から時間を割いてリアルタイム視聴したりすることへの揺らぎも目立つ。

 最終戦につないでいく「点」のひとつかもしれないが、ビッグマッチだけではない新日本を追いかけようとしているファンがいる。なのにオカダの言葉を借りれば「そんなのプロレスでもなんでもねえんだ」というものを見せられてるのだ。

AD

 イリミネーションマッチで最後にオカダとEVILは一騎打ち状態となる。その瞬間にオーバーザトップロープ狙いでEVILを落とそうとしたオカダにも驚いた。「ここまで新日本プロレスがしっかり築き上げてきたもの」云々を言うなら、真っ向勝負でこの日の“オールOTTR”をチャラにしてほしかったと思うのだ。

スポーツ報知 「正直に言おう。ファンのカタルシスの瞬間を奪う乱入劇にはうんざりしている」

 前シリーズ最終戦時点のものだが、スポーツ報知による記者コラムが踏み込んだ書き方となっていた。

 試合をぶち壊す凶器を手にしてのセコンド役の乱入劇に背後からの急所攻撃。さらには神聖なはずのレフェリーのジャッジミス―。日本最大のプロレス団体・新日本プロレスの試合内容に今、ファンからの批判が集まっている。

 新たな火だねとなったのが、11日、広島・広島サンプラザホールに2007人の観客を集めて行われた「THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA」大会でのオカダ・カズチカ(33)とEVIL(33)の“泥仕合”だった。

 試合はオカダが矢野通(42)、EVILがディック東郷(51)と組んでのタッグマッチとしてスタートも序盤から場外乱闘に。EVILがオカダを鉄柵にたたきつけ、パイプいすで攻撃したところで場外カウント20が数えられ、わずか1分27秒、両者リングアウトで試合は終了。しかし、その場で激しくののしり合ったオカダとEVIL両者の承諾のもと、突然のカード変更。そのまま、スペシャルシングルマッチの実施が決定し、矢野と東郷は退場。完全に1対1で両雄が対峙した。

 しかし、オカダの必殺・マネークリップが決まり、観客の完全決着への期待が高まったところで東郷がスポイラーズチョーカーを持って乱入。オカダの首を後ろから絞め上げたところでレフェリーが試合を止め、わすか5分41秒、EVILの反則負けとなった。

 その瞬間、場内に渦巻いたのは、コロナ禍のため、声援が禁じられた観客からの床を踏み鳴らしての猛抗議。この試合を速報した「スポーツ報知」のネット記事にも「乱入、乱闘の連発や不透明決着はいい加減にして!」、「金的に凶器攻撃。昭和のプロレスか?」、「新日はこういう試合内容に抗議し続けるファンの声を聞かないのか?」―。コメント欄は、ほぼプロレスファンからの怨嗟(えんさ)の声であふれた。

 長引くコロナ禍の中、観客数を制限。各会場で消毒を徹底し、これまで一人の感染者も出していない業界最大手の新日だが、このところの試合内容は確かにおかしい。昨年8月の神宮球場大会で内藤哲也(38)に敗れるまでIWGPヘビーとインターコンチネンタルの2冠王だったEVILの試合には毎回、東郷が凶器を持って介入。EVIL自身もレフェリーの目を盗んでの金的攻撃を繰り返した。

(中略)

 正直に言おう。新日を取材し続けている私も、こんなご時世だからこそ、すっきりして家路につきたいファンのカタルシスの瞬間を奪う乱入劇にはうんざりしている。試合と関係ないセコンド役やマネジャー役の介入には、もはや見飽きた感も強い。決して安くはないチケットを購入し、固唾を飲んで試合を見守る観客を失望させるのだけはやめて欲しいとさえ思う。

 ただし、さすがは日本一の人気と観客動員を誇る新日だけに光明もたっぷりある。中でも今後、歩むべき道筋が見えたのが、11日のメインイベントで行われた王者・飯伏幸太(38)とSANADA(33)のIWGPヘビーとインターコンチネンタルの2冠戦だった。

(中略)

 そう、こんな戦いこそがプロレスというスポーツであり、エンターテインメントでもある唯一無二の存在が持つカタルシスであり、魅力。日々、用意されるマッチメイクの中にただ一つでもこんな宝石のような試合があればいい。飯伏やSANADAのような介入や凶器攻撃など頭の片隅にもなく、ただ命がけでクリーンに戦い続ける文字通りかっこいいレスラーさえいれば、新日は、プロレスは大丈夫だ。

 広島の夜、声援を我慢して、懸命に手を振る観客に手を振りながら花道を退場していく「ゴールデン☆スター」飯伏の輝くばかりの笑顔を見た瞬間、私は、すべての答えはここにあると確信した。

(2021年2月13日 コロナ禍の観客を満足させた飯伏幸太とSANADAの至高の戦い…乱入、反則横行で迷走の新日の未来がそこに : スポーツ報知)

 結びこそ今後への期待となっているが、異例の切り口であることは間違いない。“一線”を確実に越えようとしているものが確かにある。

 取材する側にも思い入れや感情というものが当然あるわけであって。

後楽園ホール大会は4連戦 17日(水)まで続くが希望は見えるか

 KENTAがAEWマットに上がり、飯伏幸太が対抗戦を示唆した。AEWとの抗争予兆がビッグ過ぎる期待なだけに、不満との大きなギャップにビギナーファンは特に苦しんでいるに違いない。こうした展開には「半歩引いて、新日本や選手は何を意図してるんだろう!?」と構えることが肝要なのだが、それも長続きはしない。

 オカダの凱旋帰国時の唐突な宣戦布告も、内藤のメキシコ帰りのトランキーロな入場も、KENTAの昨年ドームでの一世一代の乱入も、どこかで新日本は「回収」してきた。だけれどもコロナ元年に始まった反則・介入劇は何かに収まる気配がない。

 渦巻く期待と不満の間で、どうなる新日本プロレス。後楽園ホール大会は4連戦。17日(水)まで続くが、希望は見えるだろうか。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


サイト早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日WWERIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング


3月3日(水)24時まで受付


カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年2月5日発売! 平本蓮 浜崎朱加×山本美憂  斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 玉袋筋太郎「マッハ文朱」変態座談会 武藤敬司×小橋建太 所英男 西村知美]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]



[2021年1月29日発売! 極悪同盟を率いて、クラッシュギャルズとの抗争を繰り広げたダンプ松本。今だから話せる当時の裏話や、本人が抱えてきた心の葛藤や父親への思い。現在からは想像もつかない程の過酷な状況下で、彼女が何を思って過ごしてきたのか]



[2021年3月2日発売! メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る]



[2020年10月24日発売! 常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論]

レポートbyカクトウログ

> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼