1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. オカダ・カズチカ
  4. オカダ・カズチカ「勝手に断言して記事にしないで欲しい」KOPWへのプライド
オカダ・カズチカ

オカダ・カズチカ「勝手に断言して記事にしないで欲しい」KOPWへのプライド

 オカダ・カズチカの提唱によりタイトル『KOPW2020』が開戦しようとしている。これを取り上げた21日のナンバーのコラムに、オカダ本人が怒りを表明した。

Number Webコラムが「KOPW」を取り上げる プロレス写真記者・原悦生氏が執筆

 プロレス写真記者・原悦生氏が執筆。Number Webコラムが「KOPW」を取り上げる。

オカダ再び乱心。「KOPW」って何?猪木と国際軍以来の1vs.3戦の思惑。 – プロレス – Number Web – ナンバー

 この「KOPW」 というタイトル名だが、何の略なのかの説明はオカダからない。だから筆者なりに勝手に想像してみたのだが……さすがに「King Of Pro-Wrestling」の略ではないだろう。「Knock Out Pro-Wrestling」でもないはず。ズバリ「Kazuchika Okada Pro-Wrestling」なのだと私は断言する。つまりこのタイトルは、オカダ・カズチカの冠がついた「個人タイトル」なのではないか、ということだ。

(中略)

 オカダが会見でふと言った「権利証」という曖昧な言葉が気になった。つまり、なんの権利証の話をしたかったのか? ということだ。新日本プロレスで普通に思いつく権利証は「IWGPヘビー級王座」への挑戦権以外、他にない。

 記事全体についてはリンク先参照であるが、ボクの印象としては原氏のコラムとしては珍しいアプローチだなと。ナンバーのコラムは参考になるものも多く、ボクはよくTwitterで紹介する。だけれども、描写型、おさらい型が基本の原氏のものはボクは紹介したことがないはず(1~2本くらいは例外あるかもだが)。

 ナンバーのコラム全般には、検証型、見解型のもので参考になるものが多い。このコラムで“異変”が起きた。

オカダ「個人的なブログやYouTubeなら断言しても勝手なんですけど・・・」

 オカダがTwitterで反応する。

 意図はNowVoice (ナウボイス)を通じて明かされた。整理すると下記のようになる。

<いまスゴいムカついてます>

・KOPWの略を「Kazuchika Okada Pro-Wrestling」なのだと私は断言する!? 個人的なブログやYouTubeなら断言しても勝手なんですけど、ナンバーですからね。だったら取材してくれよ。そうなんだとファンは思っちゃう。

・断言って・・・取材してもらえればもっと深い記事になるのに。

・まさかKOPW勝者にもIWGPの挑戦権が!? そういうこと聞いてくれればいいじゃない。

<記者の見方があることは肯定>

・ボクのことをどういうふうに言ってもらっても、それは記者の見方なんで、別に好きなことを書いてくださいなんですけど。

・1対3、ランバージャック・・・個人的な見方もできると思いますから、そこは記者の方の見方でいいんですけど。

・ニヤニヤって・・・昔からニヤニヤしてますからね(苦言)。

それでも「記者の見方」の存在は肯定したオカダ いよいよ来週「KOPW」1回戦

 コラム記事は「オカダ再び乱心」とのタイトルで始まっている。ここにオカダが怒ったことで、ファンも「できたばかりのKOPWの意図を十分に取材もしないで批判するとは」という要領で同調したというのがあらましではなかったかと受け止めた。

AD

 一方で、「記者の見方」の存在は肯定したオカダ。オカダが直接的に怒ったとしているのはKOPWが何の略なのかを断言した点である。

 ただ、コラムには「筆者なりに勝手に想像してみたのだが」との前振りがあるので、よっぽどの誤読をしない限りはオカダが心配するような「そうなんだ」にはならない。

 コラムとオカダ、オカダとファン。少しずつボタンの掛け違いがありつつ、ナンバー記事への批判が広がったのが今回の件だった。

 原氏はカメラマンとして著名だが、先に書いたように、いつもの描写型・おさらい型ではなく今回は検証型・見解型の記事となった。ネガティブな取り上げ方を気にするファン多数だが、オカダがそもそも会見で「本当に新日本プロレスに相応しくないタイトルだと思う」としていた。ナンバーにおけるアントニオ猪木との今年の対談でも「いまの新日本には「賛」しかない、「否」の部分が足りないんじゃないか」ともオカダは口にしていた。記事の大枠のアプローチとしては願ったりのものだったはず(会見や対談の経緯がなければこの記事はなかったんじゃないかとも思ったくらい)。

 詰まるところオカダが怒ったのは、「KOPW」という名称に込めたものが大きく、プライドを持っているのだとボクは受け止めた。その意図が今後明かされるのか、肉付けするほどの中身のある闘いがKOPWで繰り広げられるのか。これは楽しみでしかないし、オカダのリアクション含めてが結果的にKOPWのプロモーションとなった。

 年始のプロレス大賞会見などでオールスター戦への言及がオカダからあった。ボクは心からオカダの意志ある行動を待望しているし、自らの提唱だったり会見によるオカダのKOPWについては注目している。間違いなくオカダは、これからのプロレス界のリーダーなのだから!!

 なお、KOPW1回戦が行われる日と同日、8月26日(水)発売分の『週刊プロレス』誌にはオカダのインタビュー掲載が予定されている。取材を通じることでオカダの意図がどれだけ“深く”明かされるのかは問われる。

 関連して、一連のファンからの反応に「コラムは個人ブログレベル」という見方が多かったことについて。ブログに“いいかげんな記事を書く”イメージがあるのであれば、そういう風潮が出ないようにボクも頑張りたいと思います。ただ、ボク自身は他のブログや各種発信から有益な情報や見解を得ることは多い。マスコミ側にも「今の時代にはプロも素人もない」という姿勢で、気を引き締めながら取り組んでいる人がたくさんいることをボクは知っています。「個人ブログレベル」などの言い方には違和感を感じました。オカダの言う「(取材手段も媒体も持っていない)個人的なブログやYouTubeなら断言しても勝手なんですけど」とはちょっと違う話です。

 新日本の取材が許可されているマスコミにとっては、今後の取材はやりやすくなるかも!?

 いよいよ来週「KOPW」1回戦。

■新日本プロレス SUMMER STRUGGLE 2020
日時:8月26日(水)18:30
会場:東京・後楽園ホール

※「KOPW 2020」1回戦となる第3、第4、第6試合は事前ファン投票によりルールが決定する。第5試合を含む勝者4名が神宮球場大会の4WAYマッチに進出。

<第1試合>
YOSHI-HASHI
石井智宏
後藤洋央紀
(1/20)
上村優也
辻陽太
永田裕志

<第2試合>
DOUKI
金丸義信
ザック・セイバーJr.
タイチ
(1/30)
マスター・ワト
天山広吉
飯伏幸太
棚橋弘至

<第3試合/「KOPW 2020」1回戦>
エル・デスペラード
(1/無)
小島聡
◆小島聡「必殺技指定マッチ」
小島選手はラリアット、デスペラード選手はピンチェ・ロコを使用した場合のみ、フォールカウントが認められる。
◆エル・デスペラード「必殺技禁止マッチ」
小島選手はラリアット、デスペラード選手はピンチェ・ロコを使用した場合、反則とする。

<第4試合/「KOPW 2020」1回戦>
BUSHI
(1/無)
矢野通
◆矢野通「ピンフォール2カウントマッチ」
決着はピンフォール2カウントのみとする。
◆BUSHI「場外リングアウト5カウントマッチ」
決着は場外リングアウト5カウントのみとする。

<第5試合/「KOPW 2020」1回戦>
SANADA
(1/無)
SHO
◆SHO、SANADA「サブミッションマッチ」(合意)
決着はギブアップ、レフェリーストップのみとする。

<第6試合/「KOPW 2020」1回戦>
高橋裕二郎
(1/無)
オカダ・カズチカ
◆オカダ・カズチカ「1vs3ハンディキャップマッチ」
オカダ・カズチカvs高橋裕二郎&邪道&外道。 オカダ選手は3選手のうち1選手に、BCはオカダ選手に勝利した時点で決着とする。
◆高橋裕二郎「ランバージャックWithレザーベルトデスマッチ」
試合中は両陣営のセコンド各2名がリングサイドを取り囲む。 選手が場外に転落した場合はセコンドがリング内に押し戻す。 その際、セコンドによるレザーベルトの使用を認める。

 7月28日のKOPW会見おさらい。「権利証を守っていくような形」という言い回しは、ボクはタイトル保有者にベルトがないという意味での「権利証のような」との表現と解釈していました。どうなんでしょう!?

オカダ・カズチカ選手が発案した“新タイトル”設置が決定! その名も『KOPW2020』!! 【7.28オンライン会見】 | 新日本プロレスリング

「新日本プロレス、オカダ・カズチカです。菅林会長、今回はありがとうございます。さっそく“タイトル”の件についてお話させていただきたいのですけれど、タイトル名はですね『KOPW2020』。

いろいろタイトルはありますけれど、こちらはベルトは作りません。あとですね、ただ普通に試合をしても他と同じタイトルになってしまうんですけれど、プロレスはいろんなルールがあります。三本勝負であったり、ラダーマッチであったり、金網マッチであったり、いろんなルールがあるんですけども、このタイトルに関しては自分が希望する“ルールを各自1つづつ”持ってきてもらいます。

そしてルールを持ってきてもらったものを1つづつ、なのでシングルマッチであれば2つのルールが出ると思うんですけど、そのルールをお客さんに“投票”していただいて、ルールを決めて、そこで戦っていきたいなと思います。

まずはですね、8月26日(※後楽園ホール大会)、8人で1回戦を4試合(シングルマッチ)を行います。そしてその勝者に8月29日の神宮大会で“4WAYマッチ”で対戦する。ここの4WAYというのは、ちょっと変わったルールなので、ここではルールは決めずに4WAYという形でやらせて貰って、そこでまた勝者を決めたいと思います(※この試合の勝者を『KOPW2020』認定とする)。

そして、その勝者がまた防衛戦を行っていって年末の大会、ちょっとまだどこかっていうのはわからないんですけど、年末の大会で最後また防衛戦をして勝った人には2020年度のトロフィーを授与して、この『KOPW2020』のタイトルはおしまいです。
 
そしてまた、来年から新しく『KOPW2021』という形で始めていきたいので。何ですかね、権利証を守っていくような形でもあり、投票もするという。なんか、ボクにも(過去に)いろいろあったことが近いタイトルなんじゃないかなと思うので。本当にまたいままでのこの“IWGP”の戦い、本当に新日本プロレスに相応しくないタイトルだと思うので。でも、凄く楽しくなると思います。期待して下さい!」




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年6月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューは“借金芸人”こと岡野陽一。玉袋筋太郎の変態座談会についに佐山サトルが登場! そしてファイティングネットワークリングスは旗揚げ30周年。リングス代表・前田日明にインタビュー。ほか矢地祐介、西村知美、宮戸優光らのインタビュー]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]



[2021年6月30日発売! プロレスと酒、そして旅があれば生きていける―世界最大の米WWEからノーギャラも当たり前なアジアの新興団体まで世界のプロレスを知るTAJIRIが放つ闘いと酒と食と文化とおかしなヤツらに出会った旅の記録]



[2021年6月23日発売! [特集]佐山サトル 1975-1978 [巻頭ロングインタビュー]初代タイガーマスク [考証]佐山サトルvsマーク・コステロ“期待のホープ”が他流試合に挑んだ日 [証言]小林邦昭、栗栖正伸 佐山サトル全試合記録]



[2021年6月17日発売! 「チャンピオンになってからが、本当の向かい風でした」新日本プロレスのエース棚橋弘至、初の自伝。チャラい、軽い、新日本らしくない、とブーイングされ続けた男が、IWGPヘビーという「険しい山」の頂点に登りつめるまで。幼少期からデビュー前の貴重な写真も掲載]



[2021年6月6日発売(電子書籍) 新レーベル『CyberFightBooks』第1弾。三沢光晴13回忌にあたる2021年6月13日。主婦の友社が刊行し今では希少価値がついている4冊を大合本に。書き下ろし収録もあり]



[2021年5月19日発売! 女子プロレスラー VISUALIST Women’s Pro-Wrestling Portrait Collection ジュリア 坂崎ユカ 安納サオリ 雪妃真矢 中野たむ 瑞希 野崎渚 赤井沙希 ひめか 世羅りさ 青野未来 上福ゆき]



[2021年5月19日発売! 国内外のリングで数々の大物レスラーと対峙した時、武藤敬司とグレート・ムタは何を考えていたのか? 稀代の天才レスラーがプロレスの本質も説き明かすファン必読の一冊!! ]



[2021年6月9日発売! 前田日明 (著) 慟哭! 南海トラフ地震対策もせず、国土も守らず、自衛隊員も見殺し どこまで国民を軽視するのか! 「日本が憎くて言ってるわけではない。今の日本は国と国民の思いが大きくズレているように思えるのだ」]



[2021年4月14日発売! タイガーマスク、ダイナマイト・キッド、ブラック・タイガー 「出会い」、「引退」、「再会」、「別れ」――日本とイギリスで紡がれた最高にして永遠のライバルストーリー]



[文庫版となって2021年4月20日発売! 1980年代前半、全国のちびっ子を魅了し、アントニオ猪木を凌ぐ新日本プロレスのドル箱レスラーとなったタイガーマスクは、なぜ人気絶頂のまま2年4ヵ月で引退したのか? UWFにおける前田日明との“不穏試合”では何が起きていたのか? 自身が創設した総合格闘技「修斗」と訣別した理由は?]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]

レポートbyカクトウログ

> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼