1. HOME
  2. プロレス
  3. 全日本プロレス
  4. 【追っかけ現地レポート】盟友・青木篤志からのベルトリレーならず それでも佐藤光留はけっして相手に背中を見せない
全日本プロレス

【追っかけ現地レポート】盟友・青木篤志からのベルトリレーならず それでも佐藤光留はけっして相手に背中を見せない

全日本プロレス

15

pick up ▼ニュース 【NOAH】清宮海斗、潮崎豪とのGHC防衛戦へ「後楽園ホールを選んでくれた皆さんに最高峰の闘いを見せる」GHCジュニアタッグ挑戦の覇王、公開調印式でサインを間違える…小峠「緊張し過ぎて大丈夫?」1・4後楽園当日券は当日券は16時よりC席(若干数)、一般立見を発売1・5後楽園当日券は当日券は10時よりC席(若干数)、一般立見を発売【WRSTLE-1】稲葉vs中嶋タイトル戦が決定 1・12後楽園中嶋「稲葉選手潰しちゃうけど行ってあげてもいいよ」1・4東京ドームの純烈ゲスト解説を知ったササダンゴマシーンと男色ディーノが殴り込みを宣言!AEW元旦Home Coming天才プロモMJF!トリはエリート軍勝利 ▼情報&コラム 元・横浜DeNAベイスターズ企画&演出担当・五十嵐聡氏が全日本プロレス副社長に就任@ブラックアイさんジェイ・ホワイト、内藤戦は「楽」2冠奪い新時代へ藤波辰爾が明かす「新日本プロレスの原点」【5】「引退する獣神サンダー・ライガーへ」ダンプ松本 芸能界で成功も全女の謀略で15年ぶりに復活ダンプ松本 父の死。そして50年目の和解前田日明誕生日イベント(1・25新宿)増席で残り20席程度 藤原組長のゲストも決定 ▼格闘技 【ZST】平信一が元アウトサイダー王者・佐野哲也と対戦決定

 総合格闘技やレスリングを経由した選手たちのプロレスのゴング直後には、シーン現象がしばしば起きる。ノア12・27後楽園での「杉浦&桜庭vs.藤田&秀樹」もそうだったが、この第6試合もそうだった。「物理的に一生に一回しか達成できない青木篤志(昨年6月3日にバイク走行中事故で急死)から自分へのベルトリレーを完成させる」と佐藤光留が盟友に優勝を誓っていた世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメントは決勝を迎えた。

■ 全日本プロレス 2020 NEW YEAR WARS
日時:1月3日(金)11:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆1604人(超満員札止め=主催者発表)

<第1試合>
三富政行
●田村男児
(6分40秒 バズソーキック→片エビ固め)
UTAMARO
〇イザナギ

<第2試合>
●SUSHI
青柳亮生
大森北斗
大森隆男
(10分26秒 首固め)
ライジングHAYATO
西村修
〇渕正信
秋山準

<第3試合>
ダニー・ジョーンズ
吉田綾斗
崔領二
〇青柳優馬
(11分25秒 エンドゲーム)
KAI
ヨシタツ
野村直矢
●ゼウス

<第4試合>
高梨将弘
Kagetora
●ブラックめんそーれ
(9分32秒 Yutaka→片エビ固め)
〇フランシスコ・アキラ
阿部史典
岩本煌史

<第5試合>
〇ルーカス・スティール
入江茂弘
(10分57秒 トールハンマー→片エビ固め)
●岡田佑介
石川修司

<第6試合 世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメント決勝戦>
〇横須賀ススム
(19分50秒 ジャンボの勝ち!→体固め)
●佐藤光留
※横須賀が第52代世界ジュニアヘビー級王者となる

<第7試合 三冠ヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ●ジェイク・リー
(31分03秒 シャットダウンスープレックスホールド)
〇宮原健斗
[第62代王者] ※宮原が9度目の防衛に成功

 ここ一番での篠原涼子さんの「愛しさと切なさと心強さと」で光留は入場。横須賀ススムと好試合を繰り広げるも、光留は3カウントを聞いて敗れた。やり切ったのは、派手な攻防に頼らない、キックとグラウンド中心に仕留め合おうとする試合だった。試合展開を形容する言葉は探せばあるのだろうが、青木からのベルトリレーが叶わなかった無念さが観る者をも支配し、冷静な論評を遮断する。

 新日本プロレスの石井智宏だったり、全日本でいえば秋山準もそうだし、探せば何人かはいるとは思う。後楽園ホールという地において、リングインの際にも振り向くことなく相手に目をやり、そのままコールを受ける。光留のサマは個性だろう。プロレスではいつの間にか、南側スタンド席(観客が多い方向)方向を気にすることが当たり前となった。ボクなんかはカメラを覗いている時間も多いから、南側に視線を送らないレスラーは記憶に残る。

 昭和の時代なんかは当たり前で、なぜ相手に背中を向けてアピールするのかということ。もちろん視線を送ることもファンサービスなんであるが、闘いに臨む光留はけっして相手に背中を見せない。

AD

 Wikipediaによると光留は「アキバ系パンクラシスト」「全身変態プロレスラー」「メイド服ファイター」「Uの末裔」なんだという。さほど光留をかじっていないボクからすると、光留のキャラを咀嚼しきれていない。UWFファンだったボクには共鳴できるところもありつつ、違った顔も光留からは感じる。光留は彼自身を試合で表現しているのかもしれないが、ボクからは勝手に“葛藤と折り合い”を繰り返しているように感じてしまう。

 いや、おそらく光留にかぶせているだけなんだろう。強さと表現の間で繰り広げるプロレス、その答えを探しているファンとしてのボク自身を光留に重ねているのだ。光留は“かぶせてみたくなる”レスラーであり、そのヒントに、青木との共鳴、鈴木みのるとの連携がある。

 盟友・青木のベルトをこれからも光留は追いかけるだろう。だけれども、光留にはベルト以上にリレーすべきものがある。盟友・青木や諏訪魔(光留が試合中に「投げるぞ、オイッ」と叫ぶ一幕も)、みのると共有するスピリットをどのように表現してくれるのか。けっして相手に背中を見せない光留の試合が、なんだか楽しみになってきた。これもまた・・・いや、これこそがプロレスである。

 個人的にはプロレス格闘技DXの有料記事も確認してますが・・・ここでは無料記事のリンクも紹介しておきます。

・ 1-3【全日本】宮原がジェイクの連続挑戦退け三冠最多防衛タイ記録に王手、青柳が裏切りの挑戦表明…プロレス格闘技DX
・ 1-3【全日本】ススムが光留の意地振り切って新ベルトの世界ジュニア戴冠、包囲網もアキラを次期挑戦者に…プロレス格闘技DX
・ 1-3【全日本】イザナギが入江&ルーカスの世界タッグ挑戦をアピール、石川も迎撃宣言…プロレス格闘技DX
・ 1-3【全日本】越境新世代対決で火花 野村と吉田がともに続きを熱望…プロレス格闘技DX
・ 1-3【全日本】イザナギが不振ゼウスを再勧誘 「目を覚ませ」…プロレス格闘技DX

 光留を引き出したドラゴンゲートの横須賀の試合運びにも唸らせられた。そして、メインは大熱狂。宮原とジェイクの試合は全日本の頂点の闘い、まざまざと見せつけられました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> プロレス大賞2019まとめ 週プロ/ネット/東スポ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 1月8日発売!黒川事変 いったいどうするつもりなのかクロちゃん/堀辺百子×ターザン山本!/リッキー・フジ/玉袋筋太郎/中溝康隆(『プロ野球死亡遊戯』)/鈴木みのる/マッスル坂井×成田大致


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD