1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 今年9か月間で米国11大会は国内軽視!? メイ社長、ファンの気持ち受け止めつつ「選手がプロレスに集中できる環境を守り続ける」
新日本プロレス

今年9か月間で米国11大会は国内軽視!? メイ社長、ファンの気持ち受け止めつつ「選手がプロレスに集中できる環境を守り続ける」

新日本プロレス

pick up ▼ニュース 【JUST TAP OUT】TAKAが2ヵ月ぶり復帰 鈴木に完敗も「やられっぱなしで終わる気はねえ」 NXT UK女子王者のトニー・ストームが来日最後の試合を勝利で飾り「スターダム、一番大好き!」元新日本アンダーソン&ギャローズがWWE契約更新 ▼情報&コラム 新日本プロレス・メイ社長をお招きした「SPORT LIGHT Academy」イベントレポート8月24日(土)浜松町駅前『文化放送メディアプラスホール』東京女子プロレス8・25後楽園出場選手参加ファンミーティング7月11日(木) 新宿歌舞伎町に『おとなのジャンプ酒場』がオープン ▼格闘技 “霊長類最強女王”吉田沙保里が見た「川井梨VS伊調」世紀の一戦【UFC】飛び膝蹴り一発、UFC史上最短”5秒”KOが誕生【RIZIN】那須川天心、次回参戦は大晦日「ちょっと休ませてあげたい」対戦相手は「知恵を絞る」(榊原CEO)

 日本時間7日のテキサス州ダラス大会中に、新日本プロレスが米東海岸での9月3大会開催を発表した。

 今年9か月間で米国での開催は11大会となる。

<終了している大会>

▼THE NEW BEGINNING USA
1月30日(水)アメリカ・Globe Theatre Los Angeles
2月1日(金)アメリカ・Grady Cole Center
2月2日(土)アメリカ・War Memorial Auditorium

▼G1 SUPERCARD
4月6日(土)アメリカ・マディソン・スクエア・ガーデン

▼NJPW SOUTHERN SHOWDOWN
6月29日(土)オーストラリア・メルボルン・フェスティバルホール
6月30日(日)オーストラリア・シドニー ニューサウスウェールズ大学 ラウンドハウス

▼HEIWA Presents G1 CLIMAX 29
7月7日(日)アメリカ・アメリカン・エアラインズ・センター

<これから実施>

▼SUPER J-CUP 2019
8月22日(木)アメリカ・Temple Theater(ワシントン州シアトル/タコマ)
8月24日(土)アメリカ・SF University Student Life Events Center(カリフォルニア州サンフランシスコ)
8月25日(日)アメリカ・Walter Pyramid(カリフォルニア州ロサンゼルス/ロングビーチ)

▼NJPW Royal Quest
8月31日(土)イギリス・ロンドン・ザ・カッパー ボックス

▼FIGHTING SPIRIT UNLEASHED
9月27日(金)アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/ローウェル・Lowell Memorial Auditorium
9月28日(土)アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク・Manhattan Center Hammerstein Ballroom
9月29日(日)アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィア・2300 Arena

 新日本プロレス公式Twitterに寄せられたファンの声。

<肯定系>

・海外進出は誇らしい。競合団体がある以上、海外重視は当然である。
(海外においても存在感を高めて、動画配信サービス契約の呼び水にすることは有効)

・地方興行での収益性があるならとっくにやっているのでは。昔の新日本に比べれば地方興行の内容も格段に良くなっている。

<否定系>

・海外進出に目を向けすぎ。地方大会の重視を。
(もっと地方に来てほしいという要望もあれば、「地方の巡業」という風景を守ってほしいというニュアンスのものも)

・選手への負担が心配。

<提案系>

・所属レスラー、提携団体、LA道場勢による米国興行は十分に恒常化できる。近い将来には定期的に米国ビッグマッチをやってよいのでは。

・複数ブランドによる別興行で地方興行を展開して、ビッグマッチは合同にするとよい。

 改革に賛否は伴うのは当然だが、メイ社長がさっそくコラムで見解を出している。

・ 第55回「ラジオに出るよ✌」 | 新日本プロレスリング

ところで昨日「9月下旬にアメリカ東海岸3都市で大会開催」と2回公式がツイートしたところ、たくさんリプライがありましたが、ほとんどが「国内を軽視」「海外進出よりもまずやることがあるだろ」といった否定的な内容で、悲しくなりました。なぜ海外に行くのか?という点についてはこのコラムでも何度か説明をしましたが、「海外にもちょっとトライしてみようかな?」というような軽い気持ちや利益追求に走っているわけではなくて、「日本以外の市場でも広がっていかないと新日本プロレスは将来、生き延びていけない」と考えているからです。

日本発祥で世界的に人気の自動車メーカーや家電メーカーがありますが、これらの企業も海外進出当初は社内外から色々言われたはずです。「日本が手薄になる」「海外に行くのは年に1、2回ぐらいでいい」「日本の会社でしょ」と。現在、日本の某自動車会社の総生産台数の8割は海外市場向けで、日本人が買っているのはわずか2割です。人口減少が進み経済規模も縮小している日本で「ほぼ国内だけで商売する」という方針では、もはや継続は不可能です。多くの選手やスタッフを抱える新日本プロレスも同じです。また、競争力が低いとグローバル化が進む現代では、海外の資本力のある企業に淘汰され、あるいは買収されて消滅する可能性が高くなります。

正直に言いますと、海外で興行を行うのは日本で興行を行うより10倍ぐらい困難が伴い大変です。国によって必要な手続きもトラブルの原因もビザも違う。慣れない会場で大きなリングを日本とほぼ差異がないレベルで時間通りに設置するだけでも容易なことではありません。地球の反対側の興行が無事に始まるかどうか、無事に終了するかどうか常にスタンバイし緊張の連続です。企業として海外での経験値やデータが圧倒的に少ない中で、それでも海外での興行を続けているのは、多少の失敗やトラブルが起こっても委縮せずに、苦い経験を糧にして着実に力をつけていかないと未来がないと考えているからです。団体が遠くに行ってしまうようなさみしさを日本のファンの方がお感じになるのは当然だと思いますが、時代の変化に柔軟に対応していかないと今のような状態を継続して維持することがいずれできなくなります。日本から試合をネット配信するだけでは、選手がプロレスに集中できる環境を守り続けることもできなくなるのです。

1都市で1大会だけの開催ではなく、9月27日から29日まで東海岸の3都市で3日連続して大会を開催することを疑問視する声もありましたが、一度の渡航で大会が複数回あると移動・輸送・手続きなどにかかる一回あたりのコストをセーブできるうえ、より多くのファンの方に会えます。新日本プロレスを一度直接会場で観てみたいと思う方が今や世界各地にいらっしゃるので、その方たちの気持ちにも応えたいのです。また、昨日ダラスの大きな会場で大歓声を受け、リング上の選手が喜びを隠せない表情で会場を見渡す瞬間がありましたが、選手の負担増を心配していただくだけでなく「暗黒期を乗り越えてついに世界のここまで来られた」という喜びもそこにあることをご理解いただければと思います。ちなみに海外興行の中には様々な規模・コンセプトの大会があり、全選手が毎回参戦するわけではありません。

日本のすべてのファンの方に理解をしてもらうのは難しいと思いますが、社内の担当者たちが少数精鋭で血のにじむような努力を重ね、毎回海外興行を成立させていますので、少しこの場をお借りしてご説明しなければと思いました。今は未来に向かって懸命に種まきをしている段階です。国内で手を抜いているなんて一切ありません。新日本プロレスが遠くに行き日本から軸足が離れるわけでもありません。興行の半分以上が海外で開催といったことも起こりません。進化しなければならないところはありますが、守り続けなければならないところはしっかり区別しています。今までの事と未来のための事、2つのバランスを取りながら歩むのはたやすいことではありませんが、各選手の健康状態や要望にも配慮しながら一つ一つ計画を立てておりますので、どうか温かく見守っていただきたいと思います。

 これほどタイムリーに見解を出し、奮闘する社員をバックアップしていくメイ社長の姿勢が素晴らしい。引用した全文を読んでいただきたいのだが、特に思いは「団体が遠くに行ってしまうようなさみしさを日本のファンの方がお感じになるのは当然だと思いますが、時代の変化に柔軟に対応していかないと今のような状態を継続して維持することがいずれできなくなります。日本から試合をネット配信するだけでは、選手がプロレスに集中できる環境を守り続けることもできなくなるのです」に集約されている。

 補足すれば、昨今の新日本プロレスでは主力選手であってもシリーズにより休ませるなど選手負担には配慮している。トップ選手や幹部含めて、この点についても意見交換をしているのではないかと思う。

 ボクの意見としては、G1はAブロック・Bブロック別の巡業でもよいのではと思う(大都市での2連戦各ブロック開催含む)。そうすれば最終日以外の18大会が、選手にとっては9大会でよくなる。前半の多人数タッグマッチは減らしていいと思うし、闘いのクオリティも高まる。ただ、ファンにとってはスター選手が半分しか見れないのがネックとなり、団体サイドも観客数が心配になるということなのだろう。逆に言うと、そういった抜本的な国内での伸びしろを見込むことができない以上は海外にチップを張るのは必然なのではないかなぁ。

 少し脱線したが、ボクがメイ社長の見解を肯定するのには根本的な理由がある。プロレスというのは、レスラーが「このジャンルが好きでやっている」というのが誇るべきジャンル。一方で、限られた現役生活ともなる。もっと現役期間中に一生分の収入が得られるジャンルになってほしいし、それだけのものを提供しているのがプロレス。新日本のチャレンジは、ジャンルとしてのチャレンジなのだ。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式サイト

 

★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! KAMINOGE91 7月1日発売!藤波辰爾[炎の飛龍] 〝ストリートの伝説〟朝倉未来 〝お祭り漢〟矢地祐介 越中詩郎[侍戦士] 青木真也[総合格闘家] 池田克明[青二プロダクション常務取締役] 〝ミスター・セントーン〟ヒロ斎藤 変態座談会 連載 TARZAN BY TARZAN ターザン・バイ・ターザン


★new! Gスピリッツ Vol.52 (タツミムック) 6月26日発売![特集]全日本プロレス スーパーレジェンド列伝 [巻頭ダブルインタビュー] “黒い呪術師”ザ・アブドーラ・ブッチャー“不沈艦”スタン・ハンセン [検証]“仮面貴族”ミル・マスカラス ドクトル・ルチャが選ぶ全日本時代の名勝負ベスト+α


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


注目の大会日程まとめ 新日本も再開!!


▼7月15日(水)24時まで受付

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年7月5日発売!長州力×神聖かまってちゃん  長州力×田崎健太 山本美憂 田中将斗 玉袋筋太郎「村上和成」変態座談会 斎藤文彦×プチ鹿島 宮田充 鈴木みのるのふたり言



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼