1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. 岡田新社長「選手・スタッフ・観客の情報交換を」 スターダム再建に決意
スターダム

岡田新社長「選手・スタッフ・観客の情報交換を」 スターダム再建に決意

スターダム

1232

 28日、スターダムが『STARDOM in KORAKUEN 2023 Nov.』後楽園ホール大会を開催した。大会後に岡田太郎ブシロードファイト新社長が囲み会見に応じた。以下に全文をまとめる。

大会結果はこちらから。

リング上のスターダム最高。会社としてはいま一度しっかりやる

 12月1日から就任ということですが、この後楽園大会は大事な場所でありますので、ちょっと一足早くご挨拶をさせていただきました。試合の総括と言いましても、今日は見ていただいたお客様、皆様もう会場の様子を感じていただければわかると思います。

 リング上のスターダム、やっぱり最高ですし、お客さんも最高ですし、何の心配もすることなく最高のプロレス、最高のスターダムを提供できていると思います。なので、会社としてはいま一度本当にもう一度しっかりやることだけだと思います。

 本当にリング上は本当に一つの心配もなくなるように選手のサポートをすればいいと思ってますので、試合については本当それぞれ選手の言葉、そして記者の皆様の言葉でぜひ今日来れなかった人にも伝えていただければと思いますので、引き続きスターダムの応援、そしてプロレス界の応援を皆様よろしくお願いいたします。

(今までスターダムを見てきた中で、こういうところが問題だった、こういうところが変えられるんじゃないかというところは)

 選手・スタッフ・お客さんのその間の意見の行き来というのが、それが正常に行われていたのか?というのがいちばん気になりました。お客さんの要望にわれわれがどうこたえるか、選手の要望にスタッフがどうこたえるか、または見せたいものがお客さんにどう伝わるか。三者のバランスが、あまりうまくいってない時期が最近だったというふうに見ています。情報のスムーズな流れ、僕がいま前に出ているのでそこに投げていただければ選手に影響することもないですし、また、いろんな形で皆さんのご意見をいただくところはつくろうと思います。

 そして選手とスタッフのところの信頼関係というか意見の言い合いっていうのも、ぜひどんどん活発にしたいなと。社長に言うこと、近い社員に言うこと、色々あると思うんですけど、そういったところの情報の交換をスムーズにしていけばいいと。そこには皆様、取材陣の皆様もご協力いただけることはあるかなと。選手が皆様に伝えた言葉をどうお客様に伝えるか、お客様の声を皆様がどうこう記事にして、もう1回お客さんに伝えていただくかっていう皆様の力もお借りしながらこう、その三者全員がスムーズな情報交換ができて、意思を共有していい大会を一緒にみんなでつくっていくというところをつくるというのを考えております。

(現状ではトップ交代という状況で、例えばちょっと問題視されたような…正式に発表するのかどうかわかりますが、現場スタッフの見直し、現場というか、社内スタッフの見直しのようなこともあり得るんでしょうか)

 はい、答えから言いますとあり得ます。で、例えばいま話題になってる。“(運営ミスとなった)誰か”っていうのがネット上では増幅されていろいろなるかなと思うんですけど、こういったところは当社、株式会社ブシロードグループの上場企業のグループ会社ではあるので、しっかりと会社のルール、そして社会のルールに則ってしっかりと調査、そして必要な判断を下します。

 ここはもう絶対会社にまかせていただければ問題ないかなと。それで、その仲間というかスターダムの選手、そして僕らが納得するところをお見せさせていただく。納得できればそういった形がいいので、お客様に見せるもの見せないもの、しっかり、そこは説明責任は果たします。

 ただ入ってみて思ったのは、スタッフ・社員の一人ひとり、みなさんのプロレス愛であるとか、仕事の能力であるところは、個別に切り取ってみると、もちろんミスとかいろいろあると思うんですけど、そんなに問題視してないです。ただそこが組織として会社の急成長になったときに誰かに負担がかかると、そういうことが多かったんで、そこはちょっと整理をするだけで個人それぞれの力は絶対に発揮できると思っているんで。もちろん問題いっぱいあるんですけれども、問題はみなさんが大きくするほど心配はしてないというか、絶対できると信じている、そういう状況です。

(戦略発表会があった矢先での新体制。あらためて戦略発表会を行う予定はありますか)

 それで言うと、このまま(12・29)両国国技館と1月3日、4日に向けて、ちょっと年末年始の大きなところに向けて走っていくんですが、1月6日にブシロードの全体の発表会とかもありますので、そういったところになりながらの発表はできたらいいなと思っているのと、いま一度、この間の戦略に対して今やってることがあるので、そういったもの実際現場を僕も見ながらどういったことが改めて今のスターダムに必要かっていうのを練って、必要なタイミングで発表するっていうのはあるかなと思います。

負担が少ないスケジューリングを。そして試合への流れ、モチベーションが大事

(現状わかりやすく、ここは変わる、来年みたいなことっていうのは。例えばこうよく言われてる試合数がすぐにはというわけにはいかないかなとか、下半期にとか、春にとか)

 そうですね。試合数に関してもいわゆるビッグマッチっていうところ、いわゆる何千人という箱のところ、そこが割とその絞られてくるのか、例えば月2~3回いまやってるものが月1回を目処とか、そういったところにはなっていくかなと思います。過密日程に関しては、試合とかだけじゃなくて、その巡業スケジュールとかこういったところの精査が必要です。これは私、劇団飛行船やっておりまして、もう50年、子供向けの舞台、全国で回っています。そちらと、(同じブシロードが手がけている)新日本プロレスは巡業のプロでございます。やっぱりスターダム急激に大きくなったので、そういった巡業のスケジュール取りとかが、ちょっとこう、大変なことになることが多かったと思うので、そういったグループ会社の知恵を借りながら負担が少ないスケジュールリングを絶対やる。

 これが1つと、もう一つわかりやすいのは選手の意見を聞くときにこれ、事務所機能、マネジメント機能っていうのをしっかりつくる。木谷(高明)オーナーも申し上げてましたが、選手会。ただ、この選手会に関しては旧来の選手会というよりはいま、この現代に求められる形の選手全員誰か一人に負担をかけない、選手会長だけに負担をかけない形で、しっかりと選手理事会とか、いろんな形はこれから話し合ってつくっていきたいと思います。

 で、日程の改善。事務所機能、マネジメント機能。そして選手たちから意見を吸い上げやすくする選手会、この形はすぐにできるかなと思います。

(試合数だけじゃなくてそのツアー自体のあり方っていうのがちょっと厳しいものが?)

 もう試合数で言えば、プロレスラーの皆さんもよく言います、超人だし、いろいろやられてきたし、過去をじゃあ過去のプロレスがどれだけしてやってきたのかって考えた時に、それは試合数よりも数もそうだし、そのやっぱり流れとか、どこにどんな試合があるか、どういうモチベーションでやるかっていうところをやっぱり整理することが大事。

 ちょっと二兎を追う者じゃなくて三兎を追う選手がたまに出てきてしまう時期、例えば誰かがそういうことになるということが多いなっていうのはちょっと見て感じたので。

(新日本プロレス出場とのバランスみたいのも考えていたりしますか。STRONGのベルトもあったりして)

 ここは、より新日本さんとは交流を持って、おそらくもしかしたら東京と大阪で大会が裏でかぶってしまうこととかあるかもしれません。やっぱりコンテンツいま多いし、会場も少ないのでそういうことあるかもしれないんですけど、しっかり調整して、誰が出るかというのを早くお客さんに説明して、選手にも早く説明して、安心した状態で。じゃあどっちを選ぶんだ、じゃあどっちが魅力的なのかっていう勝負は新日本さんとしていきたいなぁと。

(SNSで心無い意見もあるかもしれませんが、何かあったら自分までという気持ちはある)

 そうですね。試合内容とかに関しては全く答えられないんで、そこはもうおのおの皆さんの思いの丈をぶちまけていただければと。何か運営へのお問合せ、疑問は、もちろんお問い合わせフォームもありますし、そうじゃない時には全然私まで。まあだから選手に別に運営とか日程がどうだってなる人はいないので、そこはあのいま表に立っているのは私なんで。あとオーナーでもないんで。いっぱいやられてるんで、グループ事業を。なんでいま私がスターダムのことを全部見るという責任があるので、いったん私まで、もしくはその適切なフォームまでにご質問いただければ。

(スターダムさんへの公式アカウントでの返答がないというのが、本当に見られているんだろうかという不安があったと思うんですが)

 まずはいまいったん私が出してるので、やっぱ公式アカウントはどうしても情報出しになってしまうので、そこはやっぱり見落としとか出てくると思うんで、まずいったんは今こういう形で、それをやっぱりお問い合わせフォームとかアンケートとか、そういうお客様の声を、そういう場をちゃんとつくる方が、皆さんもちゃんと届きやすいかな…。やっぱり会場に来た人がどう思うか、どう思ったか、何が見たいとかが拾える方がいいなと感じております。はい。

(今日は復帰した選手が出て、後楽園ホールが満員になったわけですけど、改めてライブエンターテイメントのご経験からスターダムの可能性をどのように考えていらっしゃいますでしょうか)

 はい。やっぱりライブエンターテインメントの中で…今日はとても第0試合から、お客さんがすごい興奮していて(挨拶でリングに)自分が上がって、もう拍手がってくらいで、自分の緊張してしまったんですけども。本当にメインに至るまで素晴らしい大会になりました。まず赤いベルト。欠場者が出てくる中で突如始まった赤いベルト(戦線)に対しても『なんでやねん』っていう声はあったと思うし、何でそんな急にトーナメントやるんだと思うかもしれないんですけれども、トーナメントに決まったからにはやっぱりチャンスですよね。

 トップの方がいま出場されているということは、その次のチャンスがあって、そのチャンスを絶対に取ろうというのが、絶対試合に現れてくると思うので、それが多分お客さんに伝わる。やはりあと上谷(沙弥)選手と林下(詩美)選手、お二人のときはもうお客さんが待ち望んでいたものだと思います。お二人が復帰して、やはりまだ『感覚戻ってきたぜ』って頃なんで、これから12月2日も試合があるようなアピールをされていた。年末年始に向けた一歩目を見たので安心しました。

 なのでこのように選手も帰ってきているんで、安心して(いただけるように)どんどん良くなっていくと思います。きょう最後に舞華選手がやったような試合。言葉を使わなくても、お客さんが盛り上がってくださる。これがプロレスのすばらしさだと思うんです。ライブエンターテイメントとしてプロレスは伝統があります。ピンチの時にプロレスを見ると熱くなると思うんで。世界に通じるコンテンツでどんどん世界に広がっていく。日本が自信を持って世界に誇りやすいコンテンツ、ライブコンテンツと感じてますので、またそういったところもですね、1からやり直して世界に届けていきたいなと考えております。

経歴。2013年に入社、ミルキィホームズをプロデュース、「劇団飛行船」代表

※以下、11/29 08:45追記

<囲み会見での最終質問、経歴部分>

(ブシロードには何年からかかわっていますか)

 私ですか? 2013年の1月入社ですね。(現在は36歳)

(そこから今日までどのようなキャリアを? 簡単に)

 わかりました。まず最初、アニメラジオのプロデューサー、ディレクターから始まりました。続きまして、事務所とファンクラブの担当をしました。ミルキィホームズというコンテンツなんですけど、そこからミルキィホームズのライブをやるようになりました。ブシロードのアニメコンテンツのライブやると。ブシロードの7周年記念ライブというのを横浜アリーナでやりまして、その翌日が新日本(プロレス)の横浜アリーナ大会なので7周年ライブと一緒にやってたので、新日本スタッフの皆さんと一緒にライブと試合をやりました。

 あと、ライブの方には棚橋(弘至)選手も最初に、オープニングアクトに出ていただいたりとかしてました。その後、ミルキィホームズというコンテンツのプロデューサーでアニメ、ライブ、芸能のところとかを見ながらやっておりまして、その間にタレントの事務所のマネージャーもやっておりまして、それでミルキィホームズが2019年に終わりました。武道館でファイナルライブやったんですけど、そこまでやりきりまして、2020年ぐらいからですね、舞台、新しいコンテンツの方の立ち上げをやっております。そのとき舞台、新しいライブ、そしてアプリゲームの方にも行きました。

 そのままそのコンテンツを2022年ぐらいまでやりまして、2022年、去年からですね、「劇団飛行船」取締役になりまして、そこから今年の5月から「劇団飛行船」の代表になりまして、いま一度盛り上げていくぞーっというところで、この11月(スターダムへの異動が決まる)です、はい。

(広報よりここを区切りとする旨が伝えられる)

 ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。

<第1試合前、リング上でのあいさつ>

「後楽園ホールにお越しのスターダムファンのみなさま、こんばんは。12月1日よりブシロードファイト社長になります、岡田太郎と申します、よろしくお願いします。メチャクチャ緊張しております。ただいまの第0試合を見て確信しました。みなさんがどれだけスターダムを愛しているか。そして、選手がどれだけの熱い思いでこのリングに上がっているか。すごく感じることができました。私たち会社の使命は、その試合を1試合でも多く1試合でも熱くみなさんにお届けすることだと思います。本日、私はこうやってリングに上がらせていただいていますが、そのようなことが今後少なくなるというか、いい発表でみなさんにお会いできるように全員でスターダム、盛り上げていきますので、あらためて、よろしくお願いします! それではお楽しみください、よろしくお願いします!」


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年3月8日(金)24時まで受付


2024年3月5日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼