1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. 清宮「どの業界にも負けない」同世代の天心に刺激 いざ元日武道館決戦
NOAH

清宮「どの業界にも負けない」同世代の天心に刺激 いざ元日武道館決戦

NOAH

351

 清宮海斗が「プロレスにはどの業界にも負けない魅力がある」宣言だ。いよいよ4日後に迫ったノア元日・日本武道館決戦。28日、大会に向けての調印式&直前会見が行われ、オンラインにて生配信された。

那須川天心、23歳。清宮海斗、25歳。清宮「同世代の人たちが目立つ業界は大きくなっている」

 那須川天心は23歳。清宮海斗は25歳。交流があった両者。

 天心はクリスマスイブに大一番を発表したばかり。

 那須川天心の武尊戦決定に刺激を受けたか? この問いに清宮は「同世代の人たちが目立っている業界というのは会社としてどんどん大きくなっている。プロレスにはどの業界にも負けない魅力がある。それを日本武道館で発信したい」と答えた。この意欲こそが業界の宝である。

 2021年は「振り返るとかけがえのない経験を積んだ年。悔しいけど中心には立てなかった」ともコメントした清宮。武道館で“発信”そして“中心”に立つことはできるか!? 1月8日の新日本プロレス横浜アリーナ大会ではオカダ・カズチカ&棚橋弘至ともぶつかる。まずは元日の拳王戦(GHCナショナル戦)のクリアが期待されるが、もちろん拳王も黙っていないだろう。

 なお、GHCヘビー戦線では中嶋勝彦の「負けたら『I AM NOAH』を名乗るな」要求を潮崎豪が受諾。返す刀で「俺が勝ったらAXIZ再結成」と中嶋に会見で突きつけている。
 

元日・武道館 GHCタッグ戦、GHCナショナル戦、GHCヘビー戦に際しての会見コメント

■ ノア ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2022
日時:1月1日(土祝)16:00
会場:東京・日本武道館

<第1試合>
矢野安崇
藤村加偉
vs.
岡田欣也
宮脇純太

<第2試合>
仁王
タダスケ
征矢学
vs.
齋藤彰俊
モハメド ヨネ
キング・タニー

<第3試合>
亜烈破
覇王
vs.
進祐哉
吉岡世起

<第4試合>
大原はじめ
小峠篤司
原田大輔
ウルティモ・ドラゴン
vs.
鈴木鼓太郎
YO-HEY
Eita
NOSAWA論外

<第5試合>
日高郁人
船木誠勝
vs.
ケンドー・カシン
藤田和之

<第6試合/GHCジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者] 小川良成
vs.
HAYATA
[第46代王者] ※HAYATAが8度目の防衛戦

<第7試合/GHCタッグ選手権試合>
[挑戦者] 望月成晃
田中将斗
vs.
丸藤正道
武藤敬司
[第57代王者] ※武藤&丸藤が初防衛戦

望月「元日の武道館でタイトルマッチという名誉に興奮している。エムズアライアンスは(ユニット内で)闘っても最高だと証明する」(望月は大会参加の都合で会見欠席、司会代読)
田中「ダブルヘッダーなんですけど、両方ともタイトルマッチ。2冠になる準備はできています。楽しみにしておいてください」
丸藤「このメンバーでは僕がいちばん若くて、ベテランに囲まれての試合が少なくなってきているので成長したいし、田中将斗から3カウントを取りたいと思っています」
武藤「今年は思い出に残る試合もたくさんつくることができ、チャンピオンにもなった。充実した1年でした。来年は寅年ということで俺の干支ですね。元旦から驀進していきます。他の試合に対抗心? ないです。(同じ試合の3人が)みんなコンディションがいいからね、見劣りしないように頑張ります」

<第8試合>
稲村愛輝
稲葉大樹
マサ北宮
vs.
KENTA
桜庭和志
杉浦貴

<第9試合/GHCナショナル選手権試合>
[挑戦者] 清宮海斗
vs.
拳王
[第7代王者] ※拳王が2度目の防衛戦

清宮「今年を振り返るとかけがえのない経験を積んだ年。悔しいけど中心には立てなかった。拳王とは何度もやってきてますが、今までで最も過酷な闘いを制して俺が獲ります。元日・日本武道館から俺の力でノアを進めていきます」
拳王「1月1日と言えば、いい夢が見たいだろ。日本一縁起のいい初夢が見れるのは日本武道館だ。2022年1月1日、テメーらクソヤローども、縁起のいい夢を見せてやるよ。1月1日は日本武道館に集合だ」
拳王「(これまでの試合と比べると?)何度も闘ってきた。コイツがいちばん強かったのは海外から帰ってきたときの試合。こいつの目は殺伐としていた。動物で例えると野生のライオン。今、コイツは何もかも与えられて、自分の力でやってない。こんな死んだような目になるんだよ。何度やっても結果は一緒だ」
清宮「何度もやってきましたよ。今みたいに何度も屈辱、浴びてきた。前の俺は言い返せなかった。自分がなかったと思うが、今は違う。拳王の知っている俺じゃない。来年のノアを俺が持っていくためにも俺が獲ります」
拳王「少しは成長したんじゃないのかなといま思ったな」
清宮「(那須川天心の武尊戦決定に刺激を受けたか?)同世代の人たちが目立っている業界というのは会社としてどんどん大きくなっている。プロレスにはどの業界にも負けない魅力がある。それを日本武道館で発信したい」

AD

<第10試合/GHCヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 潮崎豪
vs.
中嶋勝彦
[第36代王者] ※中嶋が3度目の防衛戦

潮崎「元日に行う意味を考えて、いいスタートにしたい」
中嶋「意気込みねぇ? 勝って当たり前でしょう。(潮崎は欠場から)復帰して、いや復帰する前から挑戦表明。おかしいなぁ。まあ受けてやったけどさ、お前が思っているGHCの価値は何倍も何十倍も何百倍も上がっているんだよ。勝って当然。2022年、日本武道館。勝って元日からノアをさらに上げていく」
潮崎「(「負けたら『I AM NOAH』を名乗るな」という中嶋からの要求)俺が負けたら封印しましょう。でも、元日・日本武道館、俺が勝ったら条件があります。俺が勝ったらAXIZ再結成。この条件を中嶋に突きつけます」
中嶋「勝って当たり前だから、それはない」
潮崎「今の中嶋に魅力を感じない。俺とAXIZを組んでいた時の方が魅力を感じていた。AXIZになってもらって、よりノアのためにしっかり闘っていきたい」
中嶋「古いよね。過去の思い出なのか知らないけど、醜い言葉でしたね。今のノアを知らなかったんだろうね。そして今も、わかってねぇなぁ。日本武道館でわからしてやるよ。あとさ、2022年、刺激的な仕掛けを俺は考えてる。気分がよかったら武道館で見れるかもなぁ」

ノアのイッテンヨン、イッテンゴ、ジュニア対抗戦「N Innovation」対戦カード

■ ノア NEW SUNRISE 2022
日時:1月4日(火)18:30
会場:東京・後楽園ホール

<GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
[挑戦者] YO-HEY
鈴木鼓太郎
vs.
小川良成
HAYATA
[第47代王者] ※HAYATA&小川が初防衛戦

■ ノア NEW SUNRISE 2022
日時:1月5日(水)15:00
会場:東京・後楽園ホール

<全カード当日発表>
昨年より恒例となりました通り、対戦カードの事前発表は行わず、全カード大会当日に入場曲による発表の形式で開催いたします。

■ ザ・リーヴpresents N Innovation U-CUP(UNIT CUP)

[出場チーム] ▼NOAH
原田大輔、小峠篤司、大原はじめ、宮脇純太

▼STINGER
HAYATA、小川良成、吉岡世起、進祐哉

▼金剛
タダスケ、亜烈破、覇王、仁王

▼PERROS DEL MAL DE JAPON
NOSAWA論外、Eita、YO-HEY、鈴木鼓太郎

[概要] あらゆる試合形式でポイントを争うユニット戦。

▼タッグマッチ
通常ルールの20分1本勝負。勝ち=2点、負け=0点、引き分け=1点。

▼6人タッグマッチ
通常ルールの30分1本勝負。勝ち=2点、負け=0点、引き分け=1点。

▼ジュニアランブル
15人参加のオーバー・ザ・トップロープ(OTTR)ルール採用、時間無制限。30秒ごとに選手が登場。優勝者の属するユニットが2点獲得。その時点でのGHCジュニアヘビー級王者は参加せず、ランブル戦の優勝者はDAY3(1・10横浜)でのGHCジュニアヘビー級選手権の挑戦権を獲得。ランブルでの各ユニットの最初の退場者がDAY3で行われるユニットシャッフルタッグマッチに出場する。

▼4WAYマッチ
勝ち残り形式でオーバー・ザ・トップロープ(OTTR)ルール採用、時間無制限。最後まで残った1人が属するユニットが2点獲得。

▼イリミネーションタッグマッチ
4人で1チームを編成しての対戦で時間無制限。選出した2名と相手チームから選出された2名で、通常のタッグマッチで試合を開始。負けた選手は退場となり、控えの選手が1人入って試合を続行。試合の勝敗は通常ルールで決着。3選手が敗れタッグチームを組めなくなったチームが負けとなる。

■ ノア N Innovation
日時:1月6日(木)18:00
会場:神奈川・横浜ラジアントホール

▼「U-CUP」タッグマッチ
PERROS DEL MAL DE JAPON
vs.
NOAH

▼「U-CUP」タッグマッチ
金剛
vs.
STINGER

▼「U-CUP」タッグマッチ
金剛
vs.
NOAH

▼「U-CUP」タッグマッチ
PERROS DEL MAL DE JAPON
vs.
STINGER

▼「U-CUP」ジュニアランブル

■ ノア N Innovation
日時:1月7日(金)18:00
会場:神奈川・横浜ラジアントホール

▼「U-CUP」6人タッグマッチ
金剛
vs.
PERROS DEL MAL DE JAPON

▼「U-CUP」6人タッグマッチ
STINGER
vs.
NOAH

▼「U-CUP」4WAYマッチ

▼「U-CUP」優勝決定戦/イリミネーションタッグマッチ
2位ユニット
vs.
1位ユニット
※4WAYマッチ終了時点でのポイント上位2ユニットがイリミネーションタッグマッチを行い勝者ユニットが優勝となる。
※4WAYマッチが終了時点で1位のチームが同点の場合はそのままイリミネーションタッグマッチ(優勝決定戦)に進む。
※2位ユニットが同点の場合、直接対決(タッグマッチ、6人タッグマッチ)での勝者ユニットがイリミネーションマッチ(優勝決定戦)に進む。
※優勝ユニットにはザ・リーヴ様よりN INNOVATION U-CUP大トロフィーが贈呈される。

■ ノア N Innovation
日時:1月10日(月祝)18:00
会場:神奈川・横浜ラジアントホール

▼「U-CUP」ユニットシャッフルタッグマッチ
退場者4
退場者3
vs.
退場者2
退場者1
※ジュニアランブルでの各ユニットの最初の退場者によるタッグマッチ

▼GHCジュニアヘビー選手権
[挑戦者] 1・6横浜ジュニアランブル戦優勝者
vs.
1・1日本武道館「HAYATAvs小川良成」勝者
[王者]



人気ブログランキング
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2022年1月5日発売! 表紙及び巻頭インタビューは、甲本ヒロト[ザ・クロマニヨンズ]。ザ・グレートカブキ×中村獅童、モグライダー(芝大輔&ともしげ)、中嶋勝彦、hy4_4yh(ハイパーヨーヨー)インタビュー。玉袋筋太郎の変態座談会は、毒蝮三太夫]



[2022年1月17発売! プロレス入り前は、もともとアイドルだったという中野たむ。なぜ、彼女はアイドルからプロレスという真逆の世界に足を踏み入れたのか。そこに至るまでにはどのような葛藤があったのか。その真意が初めて綴られる]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年12月25日発売! プロレスラーには限界から先の姿を見せていく使命がある——。誰もが自らの「リング」に立つためにヒントとなる、オカダ流人生の極意の数々]



[2021年12月21日発売! 最近では“SANAやん”の愛称で親しまれ、SNSではお茶目な一面もたびたびのぞかせているSANADA。みんなが気になる“SANAやん”の知られざる素顔が垣間見える1冊です! チェックワンツー!]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年12月22日発売! [特集]1981年の新日本vs全日本 [証言]大塚直樹(元新日本プロレス営業部長)原章(元『全日本プロレス中継』プロデューサー)佐藤昭雄 [対談]ゴング編集部から見た1981年の新日本vs全日本 清水勉×小佐野景浩 [刊行記念企画]ファンの心に残るのは“入場曲”にあらず 昭和・平成プロレステーマ曲放談【前編】 木原文人リングアナ×コブラ]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼