1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. オカダ・カズチカが“2冠”達成! 4年ぶり4度目「MVP」と6年連続7度目「ベストバウト」獲得 2019年度東スポプロレス大賞
NOAH

オカダ・カズチカが“2冠”達成! 4年ぶり4度目「MVP」と6年連続7度目「ベストバウト」獲得 2019年度東スポプロレス大賞

 2019年度東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」選考会が10日に行われたが、その結果が判明した。

 2019年度プロレス大賞は?

 ▽最優秀選手賞(MVP) オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
Kazuchika Okada

 ▽年間最高試合(Best Bout) 〇オカダ・カズチカvs.SANADA●(10・14両国国技館、IWGPヘビー級選手権)
Kazuchika Okada vs. SANADA October 14 Ryogoku

 ▽最優秀タッグチーム賞(Best Tag) 諏訪魔&石川修司(ともに全日本プロレス)
Suwama & Shuji Ishikawa

 ▽殊勲賞(The outstanding performance award) 宮原健斗(全日本プロレス)
Kento Miyahara

 ▽敢闘賞(Fighting-spirit award) 清宮海斗(プロレスリング・ノア)
Kaito kiyomiya

 ▽技能賞(Skill award) 飯伏幸太(新日本プロレス)
Kota Ibushi

 ▽新人賞(New face award) ストロングマシーン・J(ドラゴンゲート)
Strong Machines J

 ▽女子プロレス大賞(Women’s Pro Wrestling Award) 岩谷麻優(スターダム)
Mayu Iwatani

 2冠がかかる東京ドーム大会2連戦を前に、オカダ・カズチカがプロレス大賞で“2冠”を達成した。4年ぶり4度目「MVP」と6年連続7度目「ベストバウト」を獲得。MVP獲得にあたっては、春にニュージャパンカップ制覇、そのあとニューヨークMSGで王座奪還という道のりとメディア露出による貢献が評価された。

 これにより新日本プロレスからのMVPは9年連続。新日本プロレスからのベストバウトは4年連続(ただし新日本選手が絡んだ試合も含めると10年連続)となった。

※最近のMVP&ベストバウト(2018年度まで)。

 MVP候補に挙がったのはオカダ、飯伏幸太、ウィル・オスプレイ、ジェイ・ホワイト、宮原健斗の5人。22人の審査員投票では、15票獲得のオカダが宮原(4票)・飯伏(3票)を圧倒している。

 各賞では、世界最強タッグを制した暴走大巨人が最優秀タッグ、三冠ヘビー級王者・宮原が殊勲賞、GHCヘビー級王者・清宮海斗が敢闘賞、G1クライマックス覇者の飯伏が技能賞獲得となった。

 歴代MVP獲得数では、オカダが2位タイとなった。

アントニオ猪木 6回
天龍源一郎 4回
武藤敬司 4回
棚橋弘至 4回
オカダ・カズチカ 4回

 ボクとしてはオカダのMVPは納得だが、各選考に対しては議論百出だろう。プロレスファンのSNSが騒がしくなる日がスタートした。

 
※7:10追記

 6:00に情報解禁となりました。追加情報をまとめます。授賞式は来年1月16日に都内のホテルにて。

 東スポによる各賞記事。
・ 【プロレス大賞】オカダ・カズチカ 貫禄のMVP&ベストバウト2冠「五輪に負けないぐらい盛り上げたい」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 4年ぶりの受賞にオカダは「一昨年も一年中、防衛しても取れなかったですし、去年もV12を達成しても取れなかったんで。『これは一体、どうやったら取ることができるのかな』『これ以上、上がないことをやってきてしまったんじゃないかな』と思ったんですけど」と苦笑交じりに苦悩を吐露した。

 それでも「猪木さんが6回ですか? 次5回目はボクは何をして取ればいいのかまったく分からないですけども、取れるように20年もしっかりやっていきたいと思います」と、いつものオカダらしい言い回しでさらなる飛躍を誓った。

 さらにSANADAとのIWGP戦でベストバウトも獲得した。同賞はなんと前人未到の6年連続受賞。これは歴代3位の記録で、天龍の持つ最多記録「9」にあと2に迫った。

「あと2回(MVPと)ダブル受賞すれば(猪木と天龍)どちらにも追いつくということで…。(IWGPヘビー、インターコンチネンタルよりも)お先に2冠達成しましたので、次はベルトの方を目指していきたいなと思います」と、来年1月4、5日東京ドーム大会のダブル選手権試合での必勝を誓った。

 プロレス界不動の顔として果たさなければならない公約もある。東京ドーム大会の超満員だ。「超満員が4万3000人らしいので。2日とも4万3000人しっかり入れて勝って、2020年は(東京)五輪があるので。五輪に負けないぐらい、また来年もプロレスをたくさん盛り上げたいなと思います」と胸を張ったオカダ。レインメーカーが降らせるカネの雨はまだまだやむ気配がない。

・ 【プロレス大賞】諏訪魔&石川が史上初3年連続ベストタッグ 来年のテーマは「スキャンダラス&越境」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

・ 【プロレス大賞】3冠王者・宮原健斗 2度目の殊勲賞に「満足とは表現したくない」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

・ 【プロレス大賞】GHC王者・清宮海斗が敢闘賞「感無量です」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

・ 【プロレス大賞】飯伏幸太 10年ぶり技能賞に「何が評価されたのか分かりませんが…」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

・ 【プロレス大賞】新人賞はストロングマシーン・J「ドラゲーをもっと外に発信する」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

・ 【プロレス大賞】女子プロレス大賞の岩谷麻優「女子プロ界のアイコンになります!」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 最多受賞団体の新日本プロレス。
・ オカダ・カズチカが4年ぶり4度目、令和初の『プロレス大賞』MVPを受賞!SANADA戦でベストバウトも獲得し“2冠”達成! 飯伏幸太は技能賞! | 新日本プロレスリング

 選考委員による詳細&選考経過解説。

・ 小佐野景浩(@osano2)さん Twitter

2019年度プロレス大賞の発表です。多くの候補が挙がったベストバウト以外はひとつの賞につき1ツイートでお届けします。なお()内、もしくは=の数字は票数。22人の選考委員が選出した今年の日本プロレス界の顔を次々にアップします!

【MVP】オカダ・カズチカ(15)。その他は宮原健斗(4)、飯伏幸太(3)。ウィル・オスプレイ、ジェイ・ホワイトもノミネートされた。IWGP王者として業界の盟主・新日本をリード、さらに海外での活躍、他のメディアでの活躍などにより通算4回目の受賞。

【ベストバウト①】今年4回行われたオカダ―SANADAの中で5・4福岡のIWGP戦、SANADAが初めて勝った8・3大阪のG1公式戦、10・14両国のIWGPの3試合がノミネートされた。その他、1・4東京ドームの棚橋vsケニー・オメガ(続く)

【ベストバウト②】2・19両国の馬場追善興行の棚橋&ヨシタツvs宮原&関本、3・19後楽園の宮原vs野村の三冠戦、6・5両国のオスプレイvs鷹木のジュニア決勝、8・24後楽園の関本vsエルガン、11・2両国から丸藤vsムタと清宮vs拳王のGHC戦(続く)

【ベストバウト③】投票の結果、8・3大阪と10・14両国のオカダvsSANADAの同一カードによる決選投票となり、8・3大阪=10、10・14両国=12の僅差で10・14両国に決定。同一カードによる決選投票は97年度の三沢―小橋以来である。

【最優秀タッグ】=諏訪魔&石川 その他はEVIL&SANADA、Eita&ビッグR清水、杉浦軍、岡林&入江、小林軍団、女子から橋本千紘&優宇のチーム200キロが挙がり、決選投票で諏訪魔&石川=16、EVIL&SANADA=6。暴走大巨人が3年連続受賞。

【殊勲賞】宮原健斗(14) その他、清宮海斗(4)、飯伏幸太(4)。1年間、三冠王者としてジェイクや野村などの新世代を引っ張り上げるなど、全日本を牽引した力量、スポーツ・ミュージカルに出演してプロレスラーの強さを表現するなどの活動も評価された。

【敢闘賞】清宮海斗 その他、Ben―K、鷹木信悟、藤田和之がノミネートされ、決選投票で清宮=12、Ben-K=6、鷹木=10。23歳、キャリア4年弱ながら先輩相手にGHC王座を1年間守り続け、若きエースとして新生ノアをリードした清宮が2年連続受賞。

【技能賞】飯伏幸太 その他、SANADA、オスプレイ、Ben-K、竹下幸之介、橋本大地の名前が挙がった。決選投票の結果は飯伏=13、Ben-K=9。新日本所属となって業界全体を盛り上げるという自覚が生まれ、G1優勝も果たした飯伏が09年以来の技能賞。

【新人賞】ストロングマシーン・J(15)。その他、青木優也(3)、稲村愛輝(2)、宮脇純太(1)、海野翔太(1)。4月にデビューし、7月にトライアングル王座を獲得して無敗記録を続けているという実績もあるが、プロレスラーとしての資質、可能性が買われての受賞。

【女子プロレス大賞】岩谷麻優 その他、橋本千紘、Sareee、里歩、朱崇花が挙がり、決選投票で岩谷=12、橋本=10。紫雷イオがWWEに転出した後のスターダムを支え、新日本のMSG大会にも出場。今後のスターダム新体制での活躍への期待も含めての初受賞。

【功労賞】青木篤志さん 5月20日に世界ジュニア級王者になりながら。6月3日に交通事故により41歳の若さで急逝した青木さんは、個人の活躍だけでなく、秋山準の参謀となり、現在の全日本の新世代を育成した功労者。選考委員の総意で功労賞を贈ります。

【レスリング特別表彰】カザフスタン世界選手権で優勝した川井梨沙子(57キロ級)、文田健一郎(グレコ60キロ級)、太田忍(グレコ63キロ級)

 ベストバウト候補には、今年4度行われたオカダvs.SANADAのうち3試合がラインナップ。しかも、このカード同士の決選投票を経て決定となっている。功労賞に青木篤志。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


注目の大会日程まとめ 新日本も再開!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年7月5日発売!長州力×神聖かまってちゃん  長州力×田崎健太 山本美憂 田中将斗 玉袋筋太郎「村上和成」変態座談会 斎藤文彦×プチ鹿島 宮田充 鈴木みのるのふたり言



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼