「イケメン」が走り出したら「最高」が止まらない! 王道トーナメント2回戦での宮原健斗vs.黒潮イケメン二郎プチ写真集

 18日、全日本プロレス新木場大会メインは「宮原健斗vs.黒潮“イケメン”二郎」。現地で観戦してきました。

・ イケメン「新木場、最高!」 宮原「フィニッシュ!」 宮原がイケメンを王道トーナメント2回戦で破るも、試合後はノーサイド – 週刊ファイト

 18日、全日本プロレス『第7回王道トーナメント』新木場1stRING大会において2回戦が2カード実施となった。

 メインでリングインしたのは、三冠王者・宮原健斗と王道トーナメント初出場の黒潮“イケメン”二郎。パフォーマンス重視で「入場が長い」者同士の両者は、この日もたっぷりと時間をかけて大歓声を浴びる。盛り上げることに長けた両者だが、試合はリング内外を問わずスリリングな展開となった。これには試合後に秋山準が「バッチリ噛み合ってたなぁ~」とツイートしたほど。

 イケメンがムーンサルトプレス連発から丸め込みであわやの場面をつくる。しかし、イケメンの飛びつきを踏ん張った宮原は、シャットダウン・スープレックス・ホールドで貫録勝ち。試合後のマイクで宮原が「お前、確かに『最高』だよ」とイケメンを称えれば、イケメンは「宮原健斗に認められたんじゃねぇのか。(敗戦は)悔しいけど、嬉しいが勝っちゃった」と受け止める。

 イケメンは17日の自主興行で「2020年からアメリカを拠点に活動」を報告したばかり。延々と続くお祭り男2人のパフォーマンスは、お互いの今後にエールを送り合ったかのようだった。イケメンが「新木場、最高!」と叫べば、宮原は「フィニッシュ!」と締める。闘った者同士がノーサイドで繰り広げるやりとりに、新木場1stRINGのファンは酔いしれた。

 なお、セミファイナルでは石川修司が滝澤大志をスプラッシュマウンテンで下して、宮原と同じく準決勝進出を果たしている。

■全日本プロレス 第7回王道トーナメント
日時:9月18日(水)19:00
会場:東京・新木場1stRING 観衆370人(超満員札止め=主催者発表)

<第1試合>
三富政行
岡田佑介
〇佐藤光留
  9分40秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
●大森北斗
ブラックめんそーれ
大森隆男

<第2試合>
●青柳亮生
田村男児
  8分31秒 Yutaka⇒片エビ固め
〇フランシスコ・アキラ
秋山準

<第3試合>
岩本煌史
〇野村直矢
ジェイク・リー
  6分8秒 マキシマム⇒片エビ固め
●丸山敦
崔領二
ゼウス

<第4試合>
ヨシタツ
ディラン・ジェイムス
〇ジョー・ドーリング
  ボンバードライバー⇒体固め
●青柳優馬
サム・アドニス
諏訪魔

<第5試合 「第7回 王道トーナメント」2回戦>
●滝澤大志
  13分57秒 スプラッシュマウンテン⇒エビ固め
〇石川修司

<第6試合 「第7回 王道トーナメント」2回戦>
●黒潮“イケメン”二郎
  16分55秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
〇宮原健斗

お互いの持ち味の「長い入場」の競演! 先に入場の宮原は、どうせ長いんだろとばかりにイケメンが入る前にコーナーに座り込んだ。

フィニッシュ直後は大の字だったが、敗れたイケメンから意思疎通を図ろうとする。闘ってこそわかりあったものがある。

宮原は2回戦突破をアピールしつつ、いったん引き揚げようとしたイケメンを呼び止める。「お客様は満場一致で“2人が並んだ姿”が見たいんじゃないか?」

AD

イケメン涙ぐむ!? 宮原に「この前の後楽園で『最高は俺だ』と言ってたけど、お前、確かに最高だよ」と言われ、イケメン「宮原健斗に認められたんじゃねぇのか。(負けは)めちゃくちゃ悔しいけど、嬉しいが勝っちゃったよ」。

イケメンが宮原ばりに「新木場、最高!」と叫ぶ!

宮原がイケメンばりに「フィニッシュ」で締める!

得意ポーズの競演が止まらない。

「ケントッ! イケメン!」まるで海外マットのような、交互での両者へのコールを誘導! それぞれがポーズを決める。これは楽しいぞ。

熱き抱擁。ありがとう!

 両者は日本マット界屈指の「太陽」として照らす側だと思うが、イメージとは逆に攻撃はハードなものだった。そのバランスなんだろうなぁ、爽快感のあるシーソーゲームだった。新木場のお客さん、いいもの見たんじゃないかな。

 イケメンは来年の渡米を宣言したばかり。宮原とのタッグ結成などの“つづき”はあるか!?

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

 


★new! KAMINOGE 93 9月2日発売!“帝王”髙山善廣インタビュー/“ストリートの伝説” 朝倉未来/朝倉海[RIZIN無敗伝説]×朝倉誠[最強兄弟の父]/“永遠のお祭り漢”矢地祐介/谷津嘉章×菊田早苗/“Uインターのちゃんこ番長”宮戸優光[a.k.a.宮戸味徳]/“KILLING MACHINE”杉浦 貴 変態座談会


★new! 開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学 9月25日発売!本書はさまざなま失敗を重ねながら、今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であり、プロレスラーの川田利明さんが、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝えます


★new! 柴田勝頼デビュー20周年 [DVD] 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録


★new! プロフェッショナル 仕事の流儀プロレスラー・内藤哲也の仕事少年の夢、リングの上へ [DVD] 11月22日発売!ファンから熱烈に支持される、内藤哲也。反則、挑発…。何でもありの「制御不能のカリスマ」。初の密着取材で見えてきたのは意外な素顔。時に命を危険にさらしかねない戦いに男を駆り立てるものは何か。2か月に及ぶ長期取材で、激闘の裏側に迫る


★new! Gスピリッツ Vol.53 (タツミムック) 9月25日発売!【特集】山本小鉄と昭和・新日本 [証言]大塚直樹 藤波辰爾 栗栖正伸 北沢幹之 高杉正彦 [特別企画]ヤマハ・ブラザーズのアメリカ武者修行 [未発表インタビュー]“荒法師”ジン・キニスキー [国際プロレス外伝]サンダー杉山【前編】 [単行本刊行記念インタビュー]『東京12チャンネルの国際プロレス』補足編


AD


★new! 逆説のプロレス(15) (双葉社スーパームック) 9月9日発売!70、80年代、新日本プロレス道場“異常”伝説 前田日明 藤波辰爾 藤原喜明 菊田早苗 風間ルミ 谷津嘉章 小橋建太

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい