1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. ジュリア率いるDDMが台頭 主力抜けるたび甦るスターダムの厚さと熱さ
スターダム

ジュリア率いるDDMが台頭 主力抜けるたび甦るスターダムの厚さと熱さ

スターダム

 8日、スターダムが『5★STAR GP 2020』開幕戦を後楽園ホールにて開催した。こちらを観戦。

ジュリア、朱里、舞華、ひめか リーグ戦開幕戦はドンナ・デル・モンドが全勝

 リーグ戦開幕戦はジュリア、朱里、舞華、ひめかのドンナ・デル・モンド(DDM)が全勝を飾る。

■スターダム 5★STAR GP 2020~開幕戦~
日時:8月8日(土)11:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆445人(コロナ対策限定人数=主催者発表)

<シングルマッチ>
〇吏南
(4分31秒 ハイドレンジア)
●妃南

<レッドスターズ公式リーグ戦>
〇スターライト・キッド=得点2点
(3分1秒 キっちゃんボム→エビ固め)
●DEATH山さん。=得点0点

<ブルースターズ公式リーグ戦>
〇AZM=得点2点
(8分3秒 ミスティカ→アームブリーカー)
●飯田沙耶=得点0点

<レッドスターズ公式リーグ戦>
〇小波=得点2点
(8分6秒 三角絞め)
●上谷沙弥=得点0点

<ブルースターズ公式リーグ戦>
〇舞華=得点2点
(8分12秒 片羽締め)
●渡辺桃=得点0

<ブルースターズ公式リーグ戦>
〇朱里=得点2点
(7分46秒 バズソーキック→片エビ固め)
●刀羅ナツコ=得点0点

<レッドスターズ公式リーグ戦>
〇ひめか=得点2点
(16分17秒 ランニング式パワーボム→体固め)
●中野たむ=得点0点

<ブルースターズ公式リーグ戦>
〇林下詩美=得点2点
(14分38秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)
●ジャングル叫女=得点0点

<レッドスターズ公式リーグ戦>
〇ジュリア=得点2点
(17分28秒 グロリアス・ドライバー→片エビ固め)
●岩谷麻優=得点0点

 ジュリアは「スターダムのアイコン」岩谷麻優に勝利。

 星輝ありさ・木村花が“不在”のリーグ戦だが、かつての宝城カイリ(カイリ・セイン)・紫雷イオがWWEに転出しても次なる勢力が台頭をみせてきたスターダム。岩谷がよく自身の不落ぶりをゾンビと例えるが、スターダムこそゾンビそのもの。主力が抜けるたび甦るスターダムの厚さと熱さを感じずにはいられない。

 ユニットとしてDDMが快進撃だが、これが厚さを生んでもいる。仲間そして対戦相手から差し伸べられる環境が選手を後押ししているようでもあり、観戦していても心地いい。

 一方で熱さの方を生んでいるのは、技の華麗さから打撃&グラウンド技へと比重がスライドしてきていること。あまりに響いたメインの打撃音に、大きなドヨメキが起きた場面もあったほどだ。

 ジュリアは「バチバチ系」「心を揺さぶるプロレス」を標榜している。

コロナ禍でジムに行けない時期の3月にはトレーニング器具を購入し、“自宅ジム”を整備。この6月からは故木村花さんが通っていたパーソナルジムに声をかけてもらい、週4回本格的なボディーメークを始めた。「写真を見れば一目瞭然だけど、腹筋も割れてきた。私の試合スタイルはバチバチ系だから、それなりにダメージが大きい。それに耐えられる体作りもしている。プロレスラーである限り、終わりなき戦いです」。

ジュリアが目指すのは、「心を揺さぶるプロレス」だという。参考とするのは80年代から90年代にかけて日本中を熱狂させた全日本女子プロレスだ。「昔の全女のプロレスはすべてがリアルに見える。今は(リアルを)あまり感じることがなくて、そこが問題点というか…。全盛期の女子プロレスは人間の感情がすべてさらけ出されていた。リングの上はやるかやられるか、食うか食われるか。それに刺激を受けて、それを見た人が何かを感じる。私たちは人の感情を揺さぶらなきゃいけない。私ができるのはそれしかない。苦しい、悲しい、つらい、嫉妬、いろんな感情を隠さず出していきたい。それが少しでもスターダムや女子プロレス業界の刺激になればいい。それが今の時代に受け入れられるかどうかは分からないから、怖くもあるけれど…」。

5月に急逝したライバル木村花さんについては「まだ話せない…」。強烈なプロ意識と葛藤を胸に、さらに成り上がる。

(日刊スポーツ)

 ここには、男子・昭和プロレスの魅力とも闘っているオカダ・カズチカと似た姿勢を感じる。白ベルト戴冠の勢いでリーグ戦制覇なるか。

TCSは横浜武道館で負けたら解散・・・叫女「勝手に決めんなよ! いいわけない」

 木村花の盟友というとジュリアとともにジャングル叫女となるが、赤ベルト奪取にも失敗。結果が出ずに低迷している。

新日本プロレス・真壁刀義選手が“大会アンバサダー”に就任!8/22、23『STARDOM YOKOHAMA CINDERELLA』横浜武道館大会にて岩谷麻優vs朱里ほか、対戦カード決定! – スターダム✪STARDOM

刀羅ナツコ「あのさあ、大江戸隊もある日いきなりいままでのリーダーを失って、正直TCSも同じ状況だと思うのよ。でもさあ、TCSってさあ、覇気もねえし、試合もクソつまらなくなったし、なんだよこないだのゴッデス。最後仲間割れして負けるって、なにあれ? もうこんなんだったらなくても変わんねえんじゃねえの、TCSなんて」

夏「それだあ」

ナツコ「で、さあ、考えたんだけど、この横浜2日間とも大江戸隊とTCSの試合なわけよ。なんもなきゃつまんないじゃん。だから、TCS、負けたら解散しろよ! 文句ねえよな」

夏「いいね、いいね、いいね」

叫女「勝手に決めんなよ! いいわけない」

小波「いいじゃん、やろう。ジャングル、勝てばいい。勝てばいい。大丈夫。勝てばいいからやろう、ジャングル。大丈夫、やろう。これ大丈夫、勝てばいい」

 リーダー花がいなくなったTOKYO CYBER SQUAD(TCS)は横浜武道館で負けたら解散してしまう!? 小波に秘策はある!?

 叫女はコスチュームに“87”を刻んで一緒に生きていく姿勢だが、叫女とスターダムがTCSをどのように持っていくかが注目される。

ジュリアvs.たむリマッチも!! 横浜武道館8・22&23こけら落とし2連戦全カード

 星輝ありさ引退で空位となった白ベルト争奪のトーナメントで決勝をジュリアと争い敗れた中野たむ(7・26後楽園)。さりとてジュリアへの対抗馬として君臨する堂々とした闘いぶりだった。熱さが冷めないうちのリマッチが白ベルト戦で実現!! リアルに「モノがちがう女」朱里の赤ベルト挑戦も頂上決戦となる。

 横浜武道館8・22&23こけら落とし2連戦全カードが発表されている。

【大会情報】

8月22日(土)神奈川・横浜武道館 開場1:30PM/開始3:00PM
『STARDOM YOKOHAMA CINDERELLA 2020・2Days – Day1』

◆第1試合:タッグマッチ/15分1本勝負
羽南&星野唯月(STARS)
vs.
妃南(Queen’s Quest)&吏南(TOKYO CYBER SQUAD)

◆第2試合:シングルマッチ/15分1本勝負
AZM(Queen’s Quest)
vs.
飯田沙耶(STARS)

◆第3試合:TCSvs大江戸隊6人タッグマッチ/20分1本勝負
ジャングル叫女&小波&DEATH山さん。(TOKYO CYBER SQUAD)
vs.
刀羅ナツコ&鹿島沙希&夏すみれ(大江戸隊)

◆第4試合:横浜シンデレラ・スペシャル6人タッグマッチ/20分1本勝負
中野たむ(STARS)&スターライト・キッド(STARS)&里歩(AEW)
vs.
下田美馬&まなせゆうな&スーパー・ストロング・スターダム・マシン

◆第5試合:フューチャー・オブ・スターダム選手権試合/15分1本勝負
<王者>舞華(Donna Del Mondo)
vs.
<挑戦者>上谷沙弥(Queen’s Quest)

◆第6試合:QQvsDDMスペシャル・シングルマッチ/20分1本勝負
林下詩美(Queen’s Quest)
vs.
ひめか(Donna Del Mondo)

◆第7試合:QQvsDDMスペシャル・シングルマッチ/20分1本勝負
渡辺桃(Queen’s Quest)
vs.
ジュリア(Donna Del Mondo)

◆第8試合:ワールド・オブ・スターダム選手権試合/30分1本勝負
<王者>岩谷麻優(STARS)
vs.
<挑戦者>朱里(Donna Del Mondo)


8月23日(日曜日)神奈川・横浜武道館 開場12:30PM/開始2:00PM
『STARDOM YOKOHAMA CINDERELLA 2020・2Days – Day2』

◆第1試合:5WAYバトル/15分1本勝負
羽南(STARS)
vs.
DEATH山さん。(TOKYO CYBER SQUAD)
vs.
ルアカ(TOKYO CYBER SQUAD)
vs.
吏南(TOKYO CYBER SQUAD)
vs.
妃南(Queen’s Quest)

◆第2試合:シングルマッチ/15分1本勝負
飯田沙耶(STARS)
vs.
星野唯月(STARS)

◆第3試合:シングルマッチ/15分1本勝負
里歩(AEW)
vs.
夏すみれ(大江戸隊)

◆第4試合:TCSvs大江戸隊タッグマッチ/20分1本勝負
ジャングル叫女&小波(TOKYO CYBER SQUAD)
vs.
刀羅ナツコ&鹿島沙希(大江戸隊)

◆第5試合:スペシャル・シングルマッチ/20分1本勝負
岩谷麻優(STARS)
vs.
渡辺桃(Queen’s Quest)

◆第6試合:ハイスピード選手権試合/30分1本勝負
<王者>AZM(Queen’s Quest)
vs.
<挑戦者>スターライト・キッド(STARS)

◆第7試合:ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合/30分1本勝負
<王者チーム>林下詩美&上谷沙弥(Queen’s Quest)
vs.
<挑戦者チーム>舞華&ひめか(Donna Del Mondo)

◆第8試合:ワンダー・オブ・スターダム選手権試合/30分1本勝負
<王者>ジュリア(Donna Del Mondo)
vs.
<挑戦者>中野たむ(STARS)

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年9月4日発売!アポロ菅原 西村知美 玉袋筋太郎「新倉史裕」変態座談会 長州力 黒部三奈 鈴木みのるのふたり言 宇野薫×青木真也 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 ターザン山本!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼