1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. メイ社長も『乱入』に否定的見解! 選手離脱とストレスフル展開が重なる新日本、今年初の大阪ビッグマッチで逆襲なるか
新日本プロレス

メイ社長も『乱入』に否定的見解! 選手離脱とストレスフル展開が重なる新日本、今年初の大阪ビッグマッチで逆襲なるか

新日本プロレス

33

pick up ▼ニュース 【馬場追善】猪木が2・19両国オープニングに登場、ドリー、馳氏の来場、アブ小のバトル出場も決定アイスリボン・世羅りさと大日本・宇藤純久が電撃結婚 夢は「夫婦でデスマッチ」【アイスリボン】新婚ホヤホヤの世羅 結婚情報誌でぶん殴られフォール負け ▼情報&コラム 【新日本】ジェイ・ホワイト「俺以外のヤツはみんなエキストラ」 頂点奪取へみなぎる自信TEAM NACS安田顕、初代タイガーマスクが好きすぎて変な行動に…?『行列のできる法律相談所』没後20年、ジャイアント馬場の元番記者がいま明かす「素顔」と「秘プラン」力道山と美空ひばり、昭和の大スター知られざる友情秘話赤井沙希、映画「アイアンガール」で最強の敵役 ”純粋に悪い子じゃないんです!” ▼格闘技 内柴正人RIZIN参戦「ゼロではない」総合格闘技やれんのか?石井慧が解説

 今年初の大阪ビッグマッチを明日11日に控えた新日本プロレス。

 今年に入ってケニー・オメガらエリート勢がAEW結成で離脱、KUSHIDAも退団となった。少なくともドーム開催時点でのIWGPヘビー&ジュニア王者が揃って新日本を去っているわけであり、ファンの心中は穏やかではない。

 加えてKUSHIDA壮行試合での試合後ジェイ・ホワイト乱入、札幌2連戦最終試合での飯塚高史乱入を含めた展開(内藤哲也vs.タイチ)がファンのストレスにつながっている感がある。

 内藤vs.タイチに関しては当サイトでもエントリーをUPした。
・ 雪の札幌2日目メインで何が起きた? あわや試合中止の事態からの内藤逆転勝利にSNS荒れる、対抗戦はLIJが鈴木軍に全勝 プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ

 内藤の逆転勝利に感動したという声もあるし、「どういうオチをつけるの?」と斜に構えたファンを楽しませたとも言えた。一方で、主催者サイドが中止をチラつかせたほどにダメージを負った内藤。試合をするにつれ立ち直り、ついには勝利という展開はスッキリしない。

(中略)

 こまかな日本文化を理解するファンを抱え、多岐にわたる展開を盛り込む新日本。なぜ試合前後の乱闘劇ではリアリティのない雑さが放置されるのか。トレーナーや会長の登場、入場後に控室へいったん退場という“上塗り”により、ファンの感情はさらに逆撫でされる。この試合で始まった話ではないが、ビッグマッチ2連戦のメインという“後ろの試合でのフォローがきかない”ところでの話となったため、SNSも荒れた格好だ。このブログも一意見として書き留めて置ければと思った次第。

 ビギナーファン受けするグッズ開発やメディア戦略があったとしても、コンテンツの詰めの甘さは致命傷になり得る。札幌2連戦は好試合が盛りだくさんだったのではあるが、「終わりよければ~」の逆バージョンだったというのが正直なところだ。

 新日本プロレスのメイ社長が読んでいることを公言しているブログ、ブラックアイさんも記事を出している。
・ 2.3 新日本・雪の札幌「内藤哲也vsタイチ」感想~薄気味悪さたけ残りました プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)

 試合の終盤が盛り上がったことと、うまくまとまった感はあったのでそこまで印象悪くない方もいるでしょうが…これ、かなりヘンテコな試合ですよ。
 怪我を軽視するアングルを平気でやってしまうのがまずおかしいが、それを無視するかのような試合ぶり・コメントをする選手にも違和感。「自分たちはやりたくないんですよ」という言葉が私には聞こえてきた。
 ただ、結果として矛盾を含んだ試合になってしまったのはどうなのか。
 自分の主張を優先したために、プロレスってジャンルに唾吐いてしまっていないだろうか?
 もう少し分かりやすく表に出るとマスコミも扱いやすいし、扱わざる得ないから良くも悪くも次に繋がる。「こんな会社辞めてやる」とタイツ一丁で屋外飛び出し叫ぶとか。
 しかし今回は薄気味悪さしか残らない。
 こんな不完全なモノをビッグマッチのメインで客前に出している新日本プロレス、ちょっと本格的に心配になってきました。
 今回だけのことで終わることを祈る。

 メイ社長も、「内藤vs.タイチ」「KUSHIDA壮行試合」での乱入に関してと思われる見解を出している。
・ メイ社長コラム『ハロルドの部屋』更新! 第41回は「プロレスについて」

素晴らしい試合は単なる「試合」ではなく、何年も大勢の人の心の中に残る「作品」や「芸術」にまで昇華されます。その選手と選手の歴史や、突出した相性の良さ、超人的な身体能力、飽きのこない試合の流れ、偶然の産物のような特別な時間に感動し鳥肌を立てたことが何度かあります。そんなプロレスの凄さも知らずに気安く(※情報番組のコメンテーターなどに)プロレスを侮ってほしくないですし、大会メインなどの大切な試合や特別なお別れの瞬間は「乱入」などの混ざりもの無しにじっくり見せてほしいと思う派です。

 一方で同コラムは、プロレスのしんどさや、“新日本プロレスを中で長年創り出している人たち”を動かすことの難しさにも言及。

「プロレスを観ていてしんどくなった」とおっしゃる方がいます。しんどいですよね。ファンタスティカマニアなど他団体の試合は楽しく観られるのに、それぞれの選手の歴史や思いや悔しさや痛みをよく知って本気で応援するようになると、単に「面白い」「楽しい」とは毎回は思えなくなります。時に怒りやフラストレーションが湧いてくることもあります。

プロレス観は人によって様々ですし、「プロレスとはこういうところを見て、こういう風に楽しむものだ」という正解なんて無いと私は思っています。100人いれば100通りの楽しみ方があるのがプロレスで、新日本プロレスを中で長年創り出している人たちにもそれぞれの譲れない考えや好みや強いこだわりがあります。経営の難しいところは従来の各部門の担当者を思い通りに変えようとしたり、敵に回さず、でも少しずつ時代やニーズの変化に合わせることも必要ですよと丁寧に時間をかけて理解してもらうことです。ある程度の規模になるとどこの会社の経営でもそれは同じでこの仕事は指揮者のようなものです。

 全体として新日本プロレスを舵取りしていく際の葛藤が溢れた異色かつストレートなコラムとなった。メイ社長もまた闘っているのだろう。

 ボクもメイ社長と一緒で“大切な局面での乱入”には否定的。少なくとも、やるのであれば乱入を経て表現したかったオチをしっかり見せてほしい。KUSHIDA壮行ならば、乱入継続を許すまじとする救出劇をセットにして「これからの新日本を守っていく」意志をKUSHIDAにも見せるとか。内藤vs.タイチに関しては昨年の大田区大会での一戦とか出色だったんです。それを試合内容で上回ったわけでもなく、乱入や矛盾を挟んでまでやりたかったことがわからなかった。

 プロレスは「応援している選手が勝ったか負けたか」だけではなく「納得のいく展開があったか」が問われる面倒なジャンル。だからこそ、それをつくり出そうとするレスラーズに夢を託したくなるし、成し遂げられたときの喜びも大きい。コスパが悪すぎるエンターテインメントかもしれないぶん、ギャンブルのような中毒性がある。つきあい始めると、クセになる。

 ラスト3試合を中心とした一大絵巻を見せつけた1・4東京ドーム大会。以降の大会でも好試合は続出しているものの、そろそろゴタゴタを忘れさせるようなグレードの高さを再び見せつけてほしいところ。その点含めて2・11大阪ビッグマッチに注目したい。

* * *

 2012年2月12日、大阪で棚橋IWGPヘビー級王座陥落、オカダ・カズチカ初挑戦で初戴冠。あの“レインメーカーショック”が7年ぶりに“スイッチブレイドショック”として再現されるのか? それとも、乱入や試合後乱闘を重ねるジェイに棚橋が制裁を加えるハッピーエンドとなるのか?

どっちを応援?投票アンケート2/11 17:00まで受付。

 大会全カード。
・ THE NEW BEGINNING in OSAKA 2月11日(月) 17:00 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会結果

■新日本プロレス THE NEW BEGINNING in OSAKA
日時:2月11日(月) 17:00
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
CSテレ朝チャンネルで生中継
新日本プロレスワールドで生配信

<第1試合>
TAKAみちのく
飯塚高史
鈴木みのる
(1/20)
獣神サンダー・ライガー
小島聡
天山広吉

<第2試合>
吉田綾斗
海野翔太
(1/20)
SANADA
EVIL

<第3試合>
エル・デスペラード
金丸義信
タイチ
(1/20)
鷹木信悟
BUSHI
内藤哲也

<第4試合>
チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
(1/20)
YOSHI-HASHI
本間朋晃

<第5試合>
タンガ・ロア
タマ・トンガ
(1/30)
矢野通
真壁刀義

<第6試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 田口隆祐
(1/60)
石森太二
[第83代王者] ※石森の初防衛戦

<第7試合>
バッドラック・ファレ
(1/60)
オカダ・カズチカ

<第8試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ジェイ・ホワイト
(1/60)
棚橋弘至
[第67代王者] ※棚橋の初防衛戦

 

AD
ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 86 2月1日発売!那須川天心[キックボクサー]選ばれし者の“宿命”と“チャンス”。メイウェザー戦とはなんだったのか? 浅倉カンナ[総合格闘家]私はまだ完成されていない。ただ、ずっと普通の人でいたい。 UZI[ヒップホップMC] 桜井“マッハ”速人[総合格闘家] 望月成晃[DRAGON GATE] “全日本プロレス中継・名実況”倉持隆夫 変態座談会


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



★new! 2月5日発売!長州力のSNS革命 ツイッターの次はYouTube進攻へ!? 怖い人ほど大衆を癒やす



★new!! 2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



★new! 2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



★new! 2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



★new! シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 2月28日発売!アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



★new! 2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) 2月27日発売!UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」



★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD