1. HOME
  2. プロレス
  3. GLEAT
  4. 伊藤貴則「強くなったフジタ“Jr”ハヤトを待つ」 佐藤光留を破り奪還宣言
GLEAT

伊藤貴則「強くなったフジタ“Jr”ハヤトを待つ」 佐藤光留を破り奪還宣言

GLEAT

320

 17日、『LIDET UWF Ver.4』新宿FACE大会が開催された。7月に引退試合となるカズ・ハヤシはセミでLIDET UWFラストバウトとなる。メインでは「伊藤貴則vs.佐藤光留」というLIDET UWFvs.ハードヒット大将対決が組まれた。

鈴木みのる「お前らの常識で俺を測るな」 UWF無視でカズ・ハヤシ送別

<《セミファイナル》LIDET UWF【ダブルバウト】20分1本勝負/カズ・ハヤシLIDET UWFラストバウト>
○鈴木みのる&ケンドー・カシン(10分59秒、逆片エビ固め)<反則1,E3,D0>カズ・ハヤシ●&藤原喜明

UWFルールにあるまじき2人がかり攻撃に入る藤原。LIDET UWFラストバウトのカズ・ハヤシは唖然としながらキックを放つ。

これを受けてみのるはパンツから紐を取り出しハヤシの首を絞める。両チームに和田良覚レフェリーがイエローカード。

みのるは組長に対してアキレス腱固めを仕掛けるが、組長に切り返され悶絶。それでもハヤシをスタンドでのアキレス腱固めで仕留めた。

LIDET UWFラストバウトを闘ったハヤシを称える…と思いきや、このあとにみのるとカシンはハヤシにダブルでアキレス腱固め。ハヤシ悶絶。

(鈴木みのるバックステージ)
なんじゃ? もう帰るんだよ、俺。(藤原喜明との対戦)あのクソジジイが。あれもプロレスだし、これもプロレス。で、そのひとつ前にやったね、船木(誠勝)とあいつの試合もプロレスだし。メインでやったあいつと佐藤の試合もプロレスだし。(凶器として)紐持ってきてね「反則だ」ってレフェリーに怒られながらやるのもプロレスだし。

ひと通り、やっぱり自分のこのプロレスの人生の中で経験してきて、ガッチガチのルールの中でもやってきたし、自由なルールもやってきたし。今、今日、俺がやったのは、これが鈴木みのるの今日のプロレスのスタイル。明日になったらまた違うぞ。それが同じ会場、同じ団体であったり…俺もわかんない。気分でやってるから。そもそもよ、昨日の夕方(海外から)帰ってきたから眠いんだよ。

(カズ・ハヤシLIDET UWFラストバウトだったが)なめてるな。UWFを自分のとこで掲げて、ちょっと練習してレガースつけてやるって。もうとっくに、俺もそうだけど、藤原さんもそうだけど、ケンドー・カシンもそうだし、とっくにやってきた場所なんで。それは遊ばれるよな。

あのキャリアで新しいこと? それはお前たちの考え方がちっちゃい枠でしか物事考えてないだけ。日本人はとにかく、年齢がいくつだからキャリアがいくつだからこういうのを背負ってるから…やりもしねえやつらが、年齢の、50歳だから? へー、負けたくせに。そんなこと言ったら10代でやってるやつがすごいじゃん。若いやつ可能性がある、ジジイは可能性ない? ふざけんな。

お前らちっちゃい枠の中でプロレス見過ぎだよ。今俺が見てるのは文字通り世界だから。自分の足で、ありとあらゆるところを自分の足で行って、自分でそこにいる選手と闘って、時には数万人のスタジアムで生中継があって、時には誰が見てんだこの会場っていうとこで 100 人ぐらいのところで、なあ。アメリカのどのレスラーに聞いても、こんなとこでプロレスやるのかよって言われるようなとこ行って。楽しいぞ、今。前より忙しいから。本当に忙しいから。お前らみんなあれだろ。俺が新日本出なくなったから都落ちぐらいに思ってたろ。あんなちっちゃい枠にもう俺は収まんねえんだよ。

世界でよ、この上の方に行く、山の上に行くのがみんな世界だと思ってるだろ。違うんだよ、世界ってもっと広いんだよ。ありとあらゆる人間がいる。ありとあらゆる国にもプロレスがあるしな。そこで鈴木みのるを、世界中の人間が「風になれ」を叫びたくて待ってる。やってることは一緒な、椅子持って、ひっぱたいて、ゲラゲラ笑って、殴って。やってることは一緒だよ。みんなが見たいのはその姿。

ちっちゃい枠で見過ぎ。自分の生まれ育った環境? 小学校入って中学行って高校行って大学行って会社入って。で次のステージを見て、でこういう枠を見て、その枠。「僕じゃわかんない」「考えられないな」何言ってんだよ。レスラーはもっとすごい世界でみんな闘ってるんだから。そもそも殴り合いして金稼ぎてんだから。今日出た全員がそうだろ。こんな商売はない。お前らの仕事にはない。だから自分たちの常識で、俺たちレスラーを見ないでほしい。これ街中でやったら捕まっちゃうけどな、人前でカネ取ってお客集めたから商売になるんだよ。誰が強いかみんな知りたいから。幸せな商売やってるんだから邪魔しないでほしい。お前らの常識で俺を測るんじゃね。お前の常識なんかよ、俺がピシャッてやったら潰れちまうような常識だろ。

な? しびれるぜ~。誰も知らない、誰も知り合いのいない、わけのわからない初めての国。生きてるって感じするよ。今すごく充実してる。まあGLEAT、今日はLIDET UWFではあったけど、まだGLEATにもね、若い生きのいいのいっぱいいるから。殴られたきゃ、また俺のことを呼べ。ぶん殴る。

 鈴木みのるや藤原喜明が「UWF」と絡むという味わいが期待されたかもしれないが、みのるも組長もルールを無視しまくりで沸かせる。「カズ・ハヤシのLIDET UWFラストバウト」というテーマをひっくり返してみせた。「これが鈴木みのるの今日のプロレスのスタイル」「気分でやってるから」というのはその通りだし、対応幅の広さそのものだろう。

 それでいて、こっちをやるのが一番オイシイという臭覚のようなものも感じずにはいられない。みのるの師匠格である組長による、先行しての鉄柱ヘッドバットもサスガだった。組長に感化されたところ、あるいは流れに乗っかりに行ったところもあったかもしれない。

 みのるは大演説。「ちっちゃい枠(新日本)に俺は収まんねえ」「お前らの常識で俺を測るな」「殴り合いして金稼ぎてんだ」などなど。さらには「山の上に行くのがみんな世界だと思ってるだろ。違うんだよ」との言葉が深い。見せる側と見る側が同じステージにいるかのような錯覚を起こしがちなSNS。まるでネット上の論客を一喝するかのようでもあった。もちろん、とことん暴れているから出せる言葉であって、みのるは引き続きライブでわれわれを楽しませ続ける。

“大将戦”制した伊藤「佐藤選手とハードヒットの選手がいてくれたから」と感謝

<《メインイベント》LIDET UWF【シングルバウト】30分1本勝負>
○伊藤貴則(12分57秒、レフェリーストップ)佐藤光留●
※グランド状態での掌底連打

グラウンドで佐藤にコントロールされる場面が多かった伊藤。連続でロストポイントを重ねてしまう。

一気呵成にいくしかない伊藤はジャーマンを連続して放つ

そのままグラウンドで掌底ラッシュ。すると佐藤は動けなくなり、レフェリーが試合を止めた。

タンカで運び出される佐藤に伊藤は感謝の座礼。

(伊藤マイク)
ありがとうございました。UWFというこのルール、プロレス。ウチのLIDET UWFとハードヒットではまた方向性が違うかもしれない。でも、ウチもLIDET UWF、そしてハードヒットさんも、現在進行形のU。UWFを名乗ってる以上、これからもお互いがUWFという名を、もっともっとプロレスファンの皆様に広げていけるように頑張っていきたいと思います。

自分個人としては、やっぱりこのUWFをもっともっと広めていくためには、僕が逃してしまったあのベルト。フジタ“Jr”ハヤトさん、この配信見てるかわからないけどな、俺はもっともっと、こないだ7月、あんたに負けた時よりももっともっと強い伊藤貴則となって、あんたよりもっともっと強くなったフジタ“Jr”ハヤトを、俺は待ってますよ。

まあ獲られたやつが何言うてねんと思うかもしれんけどな、佐藤光留にも勝ったんや。あんたたち、リデットの仲間やけど、俺がまた挑戦するの気に食わんって言うんやったらな、今日の飯塚もそして井土もや、納得せんのやったら俺がしっかり叩き潰して、あのベルトに挑戦しますよ。伝えたいことは以上や。今日はな、GLEATのGPROのやんずファミリーの『ノリやん』じゃアカンから、今日は伊藤貴則として締めさせてもらっていいですか? GLEATしようぜ!!

(伊藤バックステージ)

LIDET UWFとハードヒットの大将戦が決着したと。正直、試合内容。試合には勝ったけど、内容ではまだまだ負けてたと。今日一番迎えたい相手でもあったし、一番迎えたくない相手だった。正直、本当にこんなに試合前から怖い思いした相手は佐藤選手だけです。LIDET UWFが注目されたのは、まぎれもなく佐藤選手と、そしてハードヒットの選手がいてくれたからです。ありがとうございました。

リング上で言った通り、ハードヒットさんは現在進行形のUWF。LIDET UWFはLIDET UWFというプロレスブランド。もっともっと広めていきたいし、お互いがUWFと名乗っている以上、もっともっとプロレスファンの皆様に、あのころに熱狂したような。また形は違うかもしれない。でもUWFという名前を名乗ってる以上、この令和でも、もっともっと盛り上げていきたいと俺は思ってます。本当に、今日伝えたいことは、佐藤選手、ありがとうございました。

個人としてあと一つ言いたいのは、LIDET UWFを広めていく上では、あのLIDET UWF世界王座のあのベルトが、俺には必要なんや。俺が獲られて、フジタ“Jr”ハヤト選手に、俺自身が獲られて言うのもなんやけど、こうやってまたイチから積み上げて、佐藤選手にも勝って、これで納得できへんやつがいるならどんどん言ってくれ。ウチのリデットの中でも納得できないなら1人ひとつり潰してでもフジタ選手に挑戦するから。

そしてフジタ選手も、闘病から、しっかりもっともっと強いフジタ“Jr”ハヤトとなって戻ってきてください。俺も伊藤貴則として、もっともっと強くなってあなたの前に立ちます。そして、あのときやった試合より、もっと面白い試合しましょうや。待ってますよ。

 伊藤が“ハードヒット大将”佐藤を破って「強くなったフジタ“Jr”ハヤトを待つ」宣言だ。2023年7月にフジタに敗れ、LIDET UWF世界王座を奪われた伊藤。リベンジへの足がかりとしては、これまたあまりに強い佐藤がこの日の相手となる。この状況を試合後に「今日一番迎えたい相手でもあったし、一番迎えたくない相手だった」と表現した伊藤は、まさに薄氷の勝利となった。

 試合後には「LIDET UWFが注目されたのは、まぎれもなく佐藤選手と、そしてハードヒットの選手がいてくれたから」と感謝。そのうえでフジタからの奪還を誓った。無論のこと、単なる自身の返り咲きのみならず、ハヤトのリング復帰を祈念しての発言に他ならない。

 GLEATならびにLIDET UWFを背負うために、まるで心身での全方位的な強さを追い求めるかのような伊藤。いわばフジタはそうした伊藤にとっての同志でもある。伊藤の前のめり姿勢があってこそのGLEATであるが、メイン敗退した佐藤ももちろん黙ってはいないだろう。

 まずは、こうしたところで口を開いていた。みのるとの師弟関係を感じさせるような“ネット上の論客を一喝”展開。


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼