1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 新日本プロレスというタフで最高な団体! 『G1 SUPERCARD』とは「ジェイvs.オカダ」「内藤vs.飯伏」のことだった
新日本プロレス

新日本プロレスというタフで最高な団体! 『G1 SUPERCARD』とは「ジェイvs.オカダ」「内藤vs.飯伏」のことだった

新日本プロレス

pick up ▼ニュース 元WWEディーバ、鈴木浩子さん、千葉県議選初当選“過激な仕掛け人”新間寿氏がWWE殿堂入り ▼情報&コラム 天山広吉が8日に手術を受けると報告「頑張ってきます」鈴木みのる、最強レスラーへの道程は「猪木の敵をとる」から始まった「教えることではなく、相手を知ること」スター選手だった長与千種が、指導者として思うこと ▼格闘技 【RIZIN】渡辺華奈が王座新設アピール、中井りんの復帰待ちか【QUINTET】桜庭和志「もう少しルールを修正していければ」

 日本のプロレス団体が主催する初のマディソン・スクエア・ガーデン大会! 現地時間6日(日本時間7日朝)、新日本プロレス『G1 SUPERCARD』がニューヨークから全世界に配信された。


(写真は新日本プロレス公式より)

 ボクは第0試合は新日本プロレスワールドで、第1試合以降はCSテレ朝チャンネルでリアルタイム視聴・・・という予定だったが、午後から仕事があったため最終試合の途中で離脱することに(涙)。7日の夜にIWGPヘビー級戦を追っかけ視聴した。

 全体を通じて“最高のMSG大会”だった。

 第0試合から衝撃シーンで幕開け。グレート・ムタがサプライズ登場したと思いきや、バトルロイヤルのラスト2人が獣神サンダー・ライガーとムタのレジェンド2人という展開に! 実はこっそり“生きていた”ケニー・キングが復帰乱入して優勝をかっさらったが、終盤のゾクゾク感は新日本からのビッグプレゼントだった。

 大ナイトーコールが大会クライマックスに差しかかったことを告げる。ラスト3試合の皮切りは、内藤哲也vs.飯伏幸太という日本産ジーニアス対決となる。10分を経過すると、飯伏がエプロンから場外マットへのフランケンを見舞えば、内藤はリング内でいつも以上に滞空時間のあるスイング式DDTを繰り出す。この日2度目のトライでロープ踏み台式ジャーマンを成功させた飯伏は、中邑ムーブからのボマイェ2連射。飯伏がカミゴェにつなぐと内藤は3カウントを聞くしかなかった。飯伏歓喜のインターコンチ奪取は、中邑・棚橋に並んだかのようなインパクトを世界に示した。

 ダブルメインの第1試合はROH世界選手権試合3WAYラダーマッチ。ラダー攻撃のバリエーションが出まくりの賑やかな一戦は、テイヴェンが花道上ラダーに向けてリーサルをパワーボムで叩きつける。スカルはラダー上からの雪崩式ブレーンバスターをテイヴェンに見舞う。リーサルは場外マット上でラダーからのテーブル上のテイヴェンにエルボー。口あんぐりの展開はテイヴェンがラダー上の攻防を制して同ベルト初戴冠を果たした。

 最終試合(ダブルメインの第2試合)、ジェイ・ホワイトvs.オカダ・カズチカIWGPヘビー級戦。序盤でジェイにブーイング、オカダに大コールが発生した時点でもう半分成功だ。どちらが良し悪しというわけではないが、ここ2年間ベストバウトを獲ってきた「オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガ」と比較すると、ジェイがはっきりとしたヒールであるぶん、観客は心をひとつにして試合を楽しむことができる。

 ジェイの反則織り交ぜとノラリクラリぶりはニューヨークで大開花。ケニーがアスリートプロレスであるなら、キャラとインサイドワークの一体化がジェイの魅力となる。マニアをも唸らせながら、ビギナーにも奥深い恐怖を与えるのだ。ジェイはオカダの追撃を何度も遮断するのみならず、一瞬の切り返しでオカダを追い詰める。ついにはオカダの正調レインメーカーをキックアウト! そのショックを露にしたオカダの“表情”もまた、感情というプロレスそのものだ。ジェイも必殺ブレードランナーに成功したが、ダメージからフォールに行けず。攻守目まぐるしい究極戦はオカダがレインメーカーで勝利し、10か月ぶりに王座に返り咲いた。

 歴史にIFはないというが、もしもエリート新団体AEW設立の動きがなかったらケニー・オメガやクリス・ジェリコがここに上がっていたかもしれない。そうなるんじゃないかと半年も前には考えられていた。かなわなかったわけだが、新日本はしっかりとジェイをプロダクトし、最終試合へと送り出している。これがかえって、プロレス本来の魅力をプロデュースして見せたことにもつながったわけで、新日本プロレスのタフさは尋常ではない。

 大会通じて、特に「ジェイvs.オカダ」「内藤vs.飯伏」の2試合が出色だった。『G1 SUPERCARD』とは、けっしてサプライズカードではない。新日本に誇りを持つ男たちによる、等身大ながら新日本らしさを体現するこの2試合のことだったのだ。

* * *

 投票アンケートを日本時間4/9 24時まで実施! ベストバウトを選びながらグダグダ語って楽しむまでが観戦の醍醐味です。多くのご参加をお待ちしています。

 大会結果。
・ 大会結果 G1 SUPERCARD アメリカ・マディソン・スクエア・ガーデン 2019-04-06 | 新日本プロレスリング

■新日本プロレス&ROH G1 SUPERCARD
日時:4月6日(土)19:30
※日本時間4月7日(日)朝8:30、第0試合は朝7:30
会場:アメリカ・マディソン・スクエア・ガーデン 観衆16,534人(札止め)

<第0試合前 スターダム提供試合>
木村花&ステラ・グレイ&●坂井澄江
vs
〇花月&ジェニー・ローズ&葉月
※坂井は、カマイタチのコスチューム姿で登場すると、「I’ll be back」と書かれた髙橋ヒロムからメッセージをアピールした。

<第0試合 1分時間差バトルロイヤル HONERランボー(30選手参戦)>
〇ケニー・キング
(42分21秒 オーバー・ザ・トップロープ)
●獣神サンダー・ライガー
(以下、退場順)1:ビアシティブルーザー、2:BUSHI、3:LSG&シャヒームアリ、4:SHO&YOH、5:レットタイタス、6:鷹木信悟、7:田口隆祐、8:ウィル・フィラーラ、9:チェーズ・オーエンズ、10:ブライアン・ミロナス、11:トレイシーウィリアムス、12:PJブラック、13:ロッキー・ロメロ、14:YOSHI-HASHI、15:バッドラック・ファレ、16:デリリアス、17:コルト・カバナ、18:矢野通、19:ジョナサン・グレシャム、20:後藤洋央紀、21:鈴木みのる、22:チーズバーガー、23:キング・ハク、24:石井智宏、25:ヴィニー・マーセグリア、26:TKオライアン、27:グレート・ムタ、28:獣神サンダー・ライガー

<第1試合 NEVER無差別級&ROH世界TV選手権試合>
〇[ROH世界TV王者]ジェフ・コブ
(12分52秒 ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め)
●[第23代NEVER無差別級王者]ウィル・オスプレイ
※オスプレイが2度目の防衛に失敗。勝利したコブがNEVER無差別級&ROH世界TV王者となる
コブ「夢がかなった。子供のころ、マディソン・スクエア・ガーデンで闘っているハルク・ホーガンを見て、プロレスラーを志した」

<第2試合>
〇ルーシュ
(0分15秒 串刺しドロップキック→片エビ固め)
●ダルトン・キャッスル
ルーシュ「自分がここへ来た理由は、ROHに新しい風を吹かせるため。それを見せつけるために来た。俺に任せておけば何も問題はない」

<第3試合 WOH世界選手権試合>
〇[挑戦者]ケリー・クレイン
(10分38秒 Kパワー→片エビ固め)
●[王者]岩谷麻優
※岩谷が防衛に失敗。ケリーが新チャンピオンとなる
岩谷「本当に悔しいです。でも、MSGに出られたことは本当に嬉しいですし、これからまだまだ自分は世界に羽ばたいていくために、ここであきらめずに頑張っていきます」

AD

<第4試合 ブリー・レイ NYCストリートファイトオープンチャレンジマッチ>
●ブリ―・レイ
サイラス・ヤング
シェイン・テーラー
(15分01秒 フォーフリッピースプラッシュ→片エビ固め)
ジュース・ロビンソン
〇フリップ・ゴードン
マーク・ハスキンス

<第5試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合3WAYマッチ>
●[挑戦者]バンディード
(8分54秒 デスヌカドーラ→片エビ固め)
〇[挑戦者]ドラゴン・リー
※もう一人は石森太二
※石森が3度目の防衛に失敗。リーが新チャンピオンとなる
リー「今、ボクが待つのはヒロム・タカハシ。ボクはいつもヒロム・タカハシからこのベルトがほしいと言い続けてきて、それがボクの腰に巻かれた。ということは、ヒロム・タカハシが一番に挑戦すべきだと思うし、それをボクも望んでいる」

<第6試合 IWGPタッグ&ROH世界タッグ選手権試合4WAYマッチ>
[ROH世界タッグ王者]●ブロディ・キング&PCO
(9分45秒 スーパーパワーボム→片エビ固め)
[第83代IWGPタッグ王者]〇タンガ・ロア&タマ・トンガ
※もう2チームは「マーク・ブリスコ&ジェイ・ブリスコ」「SANADA&EVIL」
※タマ&ロアがIWGPタッグ王座の初防衛に成功、並びにROH世界タッグ新チャンピオンとなる
試合後、矢野がまさかの“IWGPタッグベルト”を強奪……!?

<第7試合 ブリティッシュヘビー級選手権試合>
●[挑戦者]棚橋弘至
(15分14秒 変型ジム・ブレイクス・アーム・バー)
〇[王者]ザック・セイバーJr.
※ザックが防衛に成功
棚橋「もうごまかし切れない。会場人気、技術、テクニック、ごまかし、ごまかしやってきたけど…あぁ。ホンモノの技術には、オレのようなまやかしのレスラーは通じなかったね。ヒザも、今日序盤の腕十字に入ったときに、バキッていって・・・」

<第8試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合>
〇[挑戦者]飯伏幸太
(20分53秒 カミゴェ→体固め)
●[第20代王者]内藤哲也
※内藤が2度目の防衛に失敗。飯伏が新チャンピオンとなる
飯伏「指名していいですか。ボクはすぐにでもやりたいです。『G1(CLIMAX)』で負けた、そして、ボクの今日の試合のひとつ前に神を倒したザック・セイバーJr、挑戦してください」

<第9試合 ダブルメインイベントI ROH世界選手権試合3WAYラダーマッチ>
[挑戦者]マーティ・スカル
vs
〇[挑戦者]マット・テイヴェン
vs
[王者]ジェイ・リーサル
※29分35秒 テイヴェンがベルトを獲得
テイヴェン「いまはジェイ・リーサルと防衛戦を行ない、再び闘うことを楽しみにしている。今日はチケット完売のマディソン・スクエア・ガーデンでこのベルトを獲得できたことを素直に喜びたい」

<第10試合 ダブルメインイベントII IWGPヘビー級選手権試合>
○[挑戦者/NJC2019優勝者]オカダ・カズチカ
(32分33秒 レインメーカー→片エビ固め)
●[第68代王者]ジェイ・ホワイト
※ジェイが初防衛に失敗。オカダが第69代チャンピオンとなる
オカダ「最高でした。本当に、これだけのお客さんが入ったら、日本のプロレスの力っていうのを見せることができたと思いますし、胸を張って日本に帰りたい」

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 88 4月1日発売!ケニー・オメガ[AEW]with中澤マイケル[日本人所属選手1号] “WORLD FAMOUS”ヨシタツדTIME SPLITTER”KUSHIDA ダン・スバーン[元NWA&UFC王者]


▼new! 証言 「橋本真也34歳 小川直也に負けたら即引退!」の真実 3月27日発売!宝島社が誇るプロレス本の人気シリーズ第5弾は、昨年末に発売され好評だった『証言1・4 橋本vs.小川 20年目の真実』に続き橋本真也がテーマ


▼new! Gスピリッツ Vol.51 (タツミムック) 3月27日発売!【第1特集】初期の新日本プロレス1972-1975 [対談] 新間寿×大塚直樹[インタビュー]アントニオ猪木 ジョニー・パワーズ 小林邦昭[特集番外編]国際プロレスvs新日本プロレス 「攻防」と「和解」の裏側を探る 証言=マイティ井上【第2特集 爆弾小僧を偲ぶ】


▼new! AERA (アエラ) 2019年 3/18 号 [雑誌] 3月11日発売!表紙は棚橋弘至 ボヘミアン・ラプソディ英語でもっと胸アツ 名場面名セリフ/SNSの新英語67/草彅剛 × 西 加奈子/小泉純一郎の原発ゼロ


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! プロレス界vs.別冊宝島 スキャンダル15年戦争の全内幕 2月22日発売!専門誌が書かないマット界の裏ネタを報じた「別冊宝島」プロレス・スキャンダルシリーズの知られざる舞台裏。プロレス氷河期に花開いた「暴露本」の歴史に見る業界裏面史がここにある。選手、フロントからの抗議、恫喝、内容証明。初めて明かされる「情報源」とスクープの内幕。プロレスファンの好奇心に応え続けた15年の総集編


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.6 1990.5.21N.K.ホール&6.14愛知 [DVD] 3月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第6巻。1989年の「U.W.F. MAY HISTORY 2nd」と「U.W.F. FIGHTING SQUARE NAGOYA」から、鈴木実vs田村潔司、ボブ・バックランドvs船木優治ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.7 1989.7.24博多&8.13横浜 [DVD] 4月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第7巻。1989年の「U.W.F. FIGHTING SQUARE HAKATA」と「U.W.F. MIDSUMMER CREATION」から、マック・ローシュvs鈴木みのる、前田日明vs安生洋二ほかを収録


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年9月4日発売!アポロ菅原 西村知美 玉袋筋太郎「新倉史裕」変態座談会 長州力 黒部三奈 鈴木みのるのふたり言 宇野薫×青木真也 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 ターザン山本!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について