1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 新日ノア対抗戦の熱狂空間 続き見たい・見たくないでファン真っ二つ
新日本プロレス

新日ノア対抗戦の熱狂空間 続き見たい・見たくないでファン真っ二つ

新日本プロレス

1690

 8日、新日本プロレス『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』横浜アリーナ大会がソールドアウトで開催された。

大会結果 新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ 1月8日(土)横浜アリーナ

 全11試合の対抗戦は新日本プロレスの6勝4敗1分け。

■ 新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ
日時:1月8日(土)17:00 ※第0試合は16:00開始
会場:神奈川・横浜アリーナ 観衆7077人(主催者発表)
ベストバウト&大会評価アンケートは1月11日(火)24時まで

<第0-1試合>
△矢野安崇
 10分00秒 時間切れ引き分け
△藤田晃生

<第0-2試合>
齋藤彰俊
モハメド ヨネ
●キング・タニー
 12分16秒 ラリアット→片エビ固め
永田裕志
〇小島聡
天山広吉

<第1試合>
●岡田欣也
稲村愛輝
稲葉大樹
大原はじめ
原田大輔
 11分42秒 逆エビ固め
マスター・ワト
田口隆祐
〇YOSHI-HASHI
後藤洋央紀
石井智宏

<第2試合>
●小峠篤司
 8分20秒 レフェリーが見ていない中での凶器攻撃→片エビ固め
〇SHO

<第3試合>
吉岡世起
〇HAYATA
 8分59秒 ヘデック→体固め
●外道
石森太二

<第4試合>
●NOSAWA論外
YO-HEY
 9分09秒 ピンチェ・ロコ→体固め
DOUKI
〇エル・デスペラード

<第5試合>
矢野通
桜庭和志
〇杉浦貴
 9分37秒 オリンピック予選スラム→体固め
●TAKAみちのく
鈴木みのる
タイチ

<第6試合>
マサ北宮
〇潮崎豪
 9分53秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
●ディック東郷
EVIL

<第7試合>
小川良成
〇丸藤正道
 15分20秒 不知火→体固め
●金丸義信
ザック・セイバーJr.

<第8試合/ダブルメインイベントI>
亜烈破
●タダスケ
征矢学
拳王
中嶋勝彦
 26分33秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
BUSHI
高橋ヒロム
SANADA
内藤哲也
〇鷹木信悟

AD

<第9試合/ダブルメインイベントII>
●清宮海斗
武藤敬司
 24分34秒 レインメーカー→片エビ固め
棚橋弘至
〇オカダ・カズチカ

対抗戦継続に関しての選手コメント抜粋 内藤「次あるとしたら、会社主導での対抗戦ではなく、選手個人が相手選手の名前を出す対抗戦」

 新日本プロレス公式よりコメント抜粋。

・オカダ「10年前も全日本と合同興行をやって、その時も中邑さんと組んで、今年、50周年では棚橋さんと組んで、じゃあ10年後はどことやって誰と組んでっていう風になると思いますし、そういう思い出ができただけかなと思います。まぁね、武藤さんともやることができましたし、それは僕にとってもそうですし、武藤さんにとっても『オカダと戦えた』っていういい記念になったんじゃないかなと思います。
ただね、清宮……“選手”だったけど、もう清宮“君”かな。呼び捨てにもできないレベルで。ホントにね、メチャメチャ悔しいと思いますよ。でもこれが、実際の差。『新日本プロレスのお客さんを持って帰る』って言ってましたけども、アレじゃ持って帰れないだろうと。まぁ悔しいなら、新日本プロレスに来ればいいしね。いいじゃん、またノアに戻ればいいんだから。海外修行のように、何年か上がって、自信がつけば、またノアに戻る。そんぐらい、俺はしてもいいと思うけどね。そうしないと、いつまでもノアの中で育って、ノアでトップになれるかもしれない。でもいざプロレス界、外に出てみたら、海は広いなと。それぐらい、差があったと思います」

・内藤「普段味わえない刺激を味わえるということで、今回の対抗戦楽しみにしてたよ。そうしたら予想以上に楽しかったよ。いや、金剛の選手たちにはいい刺激をもらいましたよ。予想以上の刺激をね。もっとあの刺激を感じたいな。また彼らが来るのを待つか? もしくは我々が彼らのリングに乗り込むか? さあどうしようかな? まあでもさ、答えは分かるでしょ? そう、まさにトランキーロ、あっせんなよ!

ただ次あるとしたら、今回のような会社主導での対抗戦ではなく、選手個人が相手選手の名前を出すような、そういう対抗戦を俺はしたいっすね。まあ、俺が金剛の選手たちの名前を出す、もしくは金剛の選手たちが俺たちの名前を出すのもそう遠くない未来にあるんじゃない?」

・ヒロム「最高ーーに楽しい交流戦が終わりました。オーーイ、覇王!(絶叫)。なんで何も喋ってくれないんだ? それとも何ですか? 覇王は喋ってはいけないんですか? 俺があれだけアピールして、覇王、覇王、覇王、覇王、覇王って言ってるのに。俺が誰だか知らないんですか? 『BEST OF THE SUPER Jr』2連覇の高橋ヒロムですよ。これほど美味しい相手が他にいると思いますか、覇王選手! どうして無視するんですか? 俺は覇王選手、あなたと試合したい。あなたと思いっきりぶつかり合いたい。なんでかはそうファンの皆さん、あなたたちで調べたらいいです。わざわざ俺から言うことではありません。
 
でも、覇王選手、俺はめちゃめちゃあなたに興味がある。そして、いつの日かあなたに…リベンジ…リベンジ? そう、リベンジがしたいんだ。戦いたいんだよ、お前と。なあ、覇王選手、いい加減、なんか答えをくれよ。『俺もお前と戦いたい』みたいな、熱いやつくれよ!」

・鷹木「おお痛え。久々だな、この感覚! 中嶋勝彦……(ことさらに声を張り上げて)中嶋の勝っちゃん! 相変わらず強烈な蹴りしてるな。オイ、スカしやがって。お前の発言を俺は逃げと捉えているから。鷹木には勝ったことがあるから興味ない? バカ野郎! 最後に試合してから10年経ってんぞ。お前のその発言、俺は逃げだと思ってっかんな。まあでも拳王も征矢も、なんだあと一人マスクマン(亜烈破)も面白えな。でもなんと言ってもタダスケだよ。タダスケ、ただのスケベじゃねえぞ? タダスケだよ、あいつは。何を隠そう、あいつとはこの業界に入る時に同じ時期に入門したんだ、闘龍門に。だがあの時は差がとんでもなく開いていたが、タダスケッ! 18年経ってもこの差がどうやら縮まってないようだな。だがよ、タダスケ、お前にもいい刺激をもらった。機会があればまた遊んでやるよ」

・BUSHI「まだまだ足りないぞ。刺激が全然足んないよ。そうでしょ? ねえ、ノアさん。いや、金剛の皆さん。こんなもんじゃないはずだよね。次はいつ? それは俺も分からないけど、それを楽しみにしているよ。また会う日まで」

・丸藤「見ての通りだ。あぁ。まぁ懐かしい空気も確かに感じたけど、オイ金丸先輩、どうした! オイ! どこ行っちゃったんだ、金丸義信は? なぁ。オイ、一つだけ、大先輩にひと言もの申す。酒は、飲むもんだ」

・ザック「ナツカシイナー。(以下英語)『WRESTLE KINGDOM』でニュージャパンのリングだけど、またあのグリーンのマットに立ってる感じがした。舟に戻ってきたような感覚だったよ。俺が初めて来日したのは23歳の時で、当時はNOAHにいた。(NOAHで過ごした時間は)俺の人生の中で最も大事な経験だ。4年半、プロレスリング・ノアの道場で過ごした。中でもヨシナリ・オガワとタッグを組んでいた2年半は俺にとって一番大事な思い出だ。彼は史上最高のレスラーの一人だよ。

それから…ヒサシブリ、マルフジ。マルとはまだ一度しかシングルで当たったことはない。GENIUS OF THE ARK(方舟の天才)…その通りだよ。でも俺はザッキー・ビッグ・テッカーズ。イイネ。世界最高のテクニカルレスラー vs GENIUS OF THE ARK(方舟の天才)、どうだ?(日本語で)オモシロイネ。オモシロイ」

・潮﨑「プロレスリングNOAH、マサ北宮、潮﨑豪、まだまだこんなもんじゃないよ」

・北宮「もっとタフで、ハードに、突っかかっていくんだ、コノヤロー。以上だ!」

・鈴木「新日本とNOAHの対抗戦? 俺には全く関係ねぇけど、俺には、新しい殴り相手を今日、用意してくれたんだ。だから刺激的で楽しかったぜぇ~、杉浦くん。フフッ、試合してて楽しかった……(※ヒザ蹴りを食らってうずくまっていた若手を蹴り上げて立ち去りながら)オイコレ(壊れたトロフィー)、早く弁償しろよ、矢野よぉ。オイ、壊れちまったよぉ……。どうすんだよぉ……。オイ、2000万(円)だ、2000万。2000万だ。2000万払え」

・デスペラード「なんだ、あのペロス(PERRORS)? 野良犬じゃないか、お前、この野郎! 躾はどうなってんだ、バカ野郎! 揃いも揃ってキンタマ! なくすかと思ったわ! NOSAWAさん、やっぱあの人に関しては俺たちはある種特殊な感情を抱いております。別に対抗戦だからって、正直、ここは新日本に全く関係ない試合だった。俺の中でな……って、ベルトを持ってる人が言っちゃダメか? すいません、今のはなしで。まあいいけど、別に。おお痛え。面白えじゃん。YO-HEY?
 
YO-HEY、面白い。でも、いかんせん細い。悪いけど、なんか正面からぶつかってて…まあだからこそのあのドロップキックなんだろうけど。ああ、面白い。もっとやりてえな。この1回だけじゃもったいねえよ。なあ? まあさっきは関係ないって言っちゃったけどさ、チャンピオンじゃん? チャンピオンが面白えって言ってんだ。チャンピオンがやりてえって言ってんだ。どっかでチャンスねえかな? なあ? みんなで口うるさく言ったらな~んか生まれるかもしれない。難しいかな?」

・DOUKI「NOSAWAさん、(以下、スペイン語で)スペイン語で話したほうがいいかな? きっと多くの奴らがDOUKIは怒ってるって思ってるだろう。なんだかって? それはあなたたちが“PERROS DEL MAL”の名前を使ってるからだ。でも、俺は別に怒ってない。なぜかって? それは俺がNOSAWAさんをリスペクトしてるから。俺がPERROS DEL MALに加入する以前からNOSAWAさんはそこにいた。いわば俺にとってPERROSの先輩だ。だから俺はあなたがPERROS DEL MALの名前を使おうと問題はない。でも他の奴らはどうだ? ちゃんとPERRITO(ペロ・アグアヨ・ジュニア)から許可をもらったのか? 俺には関係のないことだが、ここ日本でPERROSを名乗っていいのはNOSAWAさんとEitaと俺だけだ。あいつらは許されるのか? NOSAWAさん、これについてあなたはどう思ってますか?」
 
・NOSAWA「1回だけじゃなく2回も不祥事を……まあ不祥事って言うとあれだけど、ちょっといけないことをして、まあ追放だよね。新日本のリングにもう1回俺が立てたっていうことは、もう本当にどうもすいませんでしたとありがとうっていう感謝しかないね(と言ってカメラの前で頭を下げる)。これはあくまでも人としての気持ち。まあ、選手として考えたら、この10年、11年っていう期間が、俺なんかプロレス界に必要のない人間だから。もう今後、俺が新日本プロレスに上がることなんかないんだよ。ただ、あと10年、11年早くにデスペラードとDOUKIとこのリングでやりたかったなっていうことだけ。俺はもう対抗戦とか興味もないし関係ないから、あとはもう(と言って、先に控室へ)」
 
・YO-HEY「DOUKIはさておき、まあDOUKIはさておき、(強調しながら)DOUKIはさておき、なんや面白い奴おったな? おもろい奴やよのう。エル・デスペラート? エル・デスペラード? どっちでもええけどな、あの覆面のなかなかイカした野郎。おもろいやないかい! 俺に最後試合が終わった後に、『いつ来んねん、いつ来んねん』言うとったけどな。

ええよ、ええよ。ええけどな、俺がここに来るんじゃなくてな、デスペラード、お前がそのベルトを担いでプロレスリング・ノアのリングに来いや。いつでもお相手したるからな。こっちももっといろいろおるし、まずは俺が先陣切ってな、デスペラードちゃんが来たら、『ペロペロペロ』ってやって舞うからな! ウマ娘ばっかりやっとる場合ちゃうぞ! こっちは脳みそギュウギュウに詰め込んでやったるからな、いつでもお待ち! して! おり! ます! よろしくお願いしま~す!」

・石森「試合前、俺ん中で、“NOAHの人”と、“NOAHに出てる人”は、違うから。それで、今日やった相手、圧倒的後者だから。やっぱ俺が感じてるNOAH感っていうのは、感じねぇ。最後の最後まで、俺はこれが、対抗戦なのか、交流戦なのか、まっっったくわかんなかったけど、どうせやるんだったら、本物のNOAHとやりたかった……」

・石井「稲村ぁ! オメェとは、また今度リングで向かい合える、そんな予感がするよ」

・後藤「ノアか。正直、大原しか、俺は知らなかったけどよぉ、けっこういるじゃないの、面白いのが。今日に限っては、大原ともうちょっとやり合いたかったな」

・YOSHI-HASHI「プロレスリング・ノア、若手の名前は俺も知らなかったけど、でも、今までノアっていうのは寄せ集めのイメージがあったけど、でも、若手の子がすごくいい子が集まってるんだなと思って、すごいビックリしたよ。俺は今日、IWGPタッグのベルトを獲って初めての交流戦、負けるわけにはいかないよ、絶対」

・稲村「まずはプロレスリング・ノアとして、第1試合、負けたことをメチャクチャ悔しく思います。そして、プロレスリング・ノアに入門して3年間、ただひたすらまっすぐ走ってきて、まっすぐぶつかって戦ってきたけど、まだまだまっすぐぶつかってもぶち壊せない相手がいるってことを知りました。だから、まだまだしっかり精進して、プロレスリング・ノアが、いや、俺がいるプロレスリング・ノアが勝てるように、しっかり精進したいと思います」

新日・大張高己社長「お互い、いいタイミングが来たらあるんじゃないですかね。現段階では未定です」

 「2022年01月09日 06時15分【新日VSノア】内藤哲也 対抗戦 “休戦” の壁ブチ壊すか「これを機に外に目を向けるのはアリ」 | 東スポ」記事より。

・今後の展開に期待する声は多いが、プロレス界には対抗戦乱発が団体の衰退を招いてきた歴史があるのも事実だ。新日本プロレスの大張高己社長は「プロレスのチカラで閉塞感のある世の中に元気を与える。その目的は大いに果たせたと思います」と話す一方で、今後については「お互い、いいタイミングが来たらあるんじゃないですかね。現段階では未定です」と語るにとどまった。

・ノアの武田有弘取締役も「次にやるときはノアが単体で横浜アリーナを埋められる団体になってないと、やっても面白くないでしょう」との見解を示す。新日本の大会という完全アウェーの環境で負け越したことで実感した、「差」を埋めることが最優先だという。大会前にはオカダから「オリンピアン」に対する「近所の高校生」と屈辱的な表現をされたが「オカダ選手の言うように、われわれがオリンピアンを育てて五輪を主催できる団体になってから、もう1回ですね。そのノウハウは身につけつつあるので。まずはわれわれが新日本プロレスと並ぶ団体になることでしょうね」と課題を口にした。

・このように現状では一夜限りで〝休戦〟となることが濃厚だが、リング上からはさらなる抗争発展を求める声が高まっている。エル・デスペラードとYO―HEYが互いに意識し合うコメントを残したのを皮切りに、内藤も「予想以上の刺激。もっとあの刺激を感じたい」と目を輝かせた。「恐怖心や緊張もありましたけど、それよりもワクワクする気持ちのほうが上回ってましたし、本当に楽しかったですね。ここ何年間かの新日本は国内では鎖国状態みたいな感じでしたけど、これを機に外に目を向けるのはアリなんじゃないかと思いました」と主張した。

・内藤にとって対抗戦の本来のあるべき姿は、選手が主導で行動を起こして生まれる戦いだ。「まあ、仮に会社同士が今回限りと言ったとしても、そもそもわれわれは制御不能なんでね。ノアに限らず5人だけで行きたい団体があったら、どこでも戦いに行ってもいいですしね」と言い切った。

・対抗戦を通じ、新日本の課題も見えたという。オカダは清宮の成長のために期間限定の新日本参戦を提案したが、内藤は「どこかの球団のように他団体の選手ばかり集めるのはいかがなものか」と持論を展開。「そういう方法もいいとは思いますが、それより大事なのは自分たちでしっかり育てること。清宮選手のような20代のヘビー級のトップ選手が新日本にいないのは課題だと思いました」と問題提起した。

私は新日✖ノア対抗戦の続きを見たい・見たくない 450人の投票結果は!?

 続きは見たい・見たくないでファン真っ二つ。絵にかいたようなフィフティフィフティに驚くほどだ。

 団体も、選手も、関係者も。対抗戦の可能性と課題をずっしりと受け止めた横浜の夜となった。

 コロナ禍で冷え込む集客への起爆剤がほしいが、根本である自団体の闘いがおざなりになってはならない。やるも地獄やらぬも地獄の対抗戦だが、やるやらないはオールオアナッシングではないのがプロレスというジャンル。部分継続含めての動きがあるのか、展開待ち発表待ちとなる。



人気ブログランキング
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2022年1月5日発売! 表紙及び巻頭インタビューは、甲本ヒロト[ザ・クロマニヨンズ]。ザ・グレートカブキ×中村獅童、モグライダー(芝大輔&ともしげ)、中嶋勝彦、hy4_4yh(ハイパーヨーヨー)インタビュー。玉袋筋太郎の変態座談会は、毒蝮三太夫]



[2022年1月17発売! プロレス入り前は、もともとアイドルだったという中野たむ。なぜ、彼女はアイドルからプロレスという真逆の世界に足を踏み入れたのか。そこに至るまでにはどのような葛藤があったのか。その真意が初めて綴られる]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年12月25日発売! プロレスラーには限界から先の姿を見せていく使命がある——。誰もが自らの「リング」に立つためにヒントとなる、オカダ流人生の極意の数々]



[2021年12月21日発売! 最近では“SANAやん”の愛称で親しまれ、SNSではお茶目な一面もたびたびのぞかせているSANADA。みんなが気になる“SANAやん”の知られざる素顔が垣間見える1冊です! チェックワンツー!]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年12月22日発売! [特集]1981年の新日本vs全日本 [証言]大塚直樹(元新日本プロレス営業部長)原章(元『全日本プロレス中継』プロデューサー)佐藤昭雄 [対談]ゴング編集部から見た1981年の新日本vs全日本 清水勉×小佐野景浩 [刊行記念企画]ファンの心に残るのは“入場曲”にあらず 昭和・平成プロレステーマ曲放談【前編】 木原文人リングアナ×コブラ]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼