1. HOME
  2. プロレス
  3. プロレスの未来とイデオロギー闘争とイッテンヨン! ケニーのプロレスに感じたファンの「モヤっと」を、棚橋が気づき言語化
プロレス

プロレスの未来とイデオロギー闘争とイッテンヨン! ケニーのプロレスに感じたファンの「モヤっと」を、棚橋が気づき言語化

pick up ▼ニュース 【新日本】1.4東京ドーム第0試合の出場チームが変更 緊急参戦の永田がコブ&フィンレーと合体路上プロレス、新たな戦場へ!MMAファイター青木真也も参戦 DDT、「モノレールプロレス」開催アジャ・コングが48歳最年長戴冠 王者Sareeeを裏拳で沈める ▼情報&コラム 【新日本】Twitterに投稿しよう! 1.4東京ドームのシングル戦を勝敗予想! 的中の方に大会記念Tシャツオカダが2019年の逆襲プランを語る2月10日(日)兵庫県神戸市FC限定『OKADA CRUISE 2019』オカダ・カズチカが参加「イッテンヨン」の楽しみ方とは? ーオカダ・カズチカ選手インタビューケニー・オメガ「俺の“方舟”には、タナハシやタナファンの居場所はない」メイ社長コラム『ハロルドの部屋』更新! 第33回は「メガ盛りのお知らせ」1月10日(木)~2月27日(水)「JR東日本 キン肉マンスタンプラリー めざせ全駅制覇!編」週刊ファイト’18年12月27日号アスカ女帝TLC 新日新顔 ドリーミンプロジェクト ラウェイ JシナNYC ▼格闘技 【クインテット】高阪剛が所英男、ミノワマンらとチーム結成して初参戦格闘家・RENA 突然の休養と衝撃の過去「幼い頃は常に感情をオフにしていた」

 イッテンヨン「ケニー・オメガvs.棚橋弘至」まであと13日。
・ バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム 1月4日(金) 17:00 東京・東京ドーム

 Rolling Stone Japanにおける両者のロング・インタビュー掲載が話題となっている。こちらも参照しながら、今回のイデオロギー論争を考察してみたい。

 ケニーインタビュー。
・ ケニー・オメガと棚橋弘至 「プロレス」を守る者はどちらなのか? Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

 棚橋インタビュー。
・ エース・棚橋弘至が恐れる「プロレスブーム」の先にあるもの Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

 

■拮抗するはずの支持スコアは棚橋が2倍近くリード! ケニーのプロレスに感じたファンの「モヤっと」を、棚橋が気づき言語化した

 2年前の2017年1月4日。オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガの一戦は世界中で話題となり、新日本プロレスの知名度を上げた。国境を超えて凄さを感じさせるケニーの優れたパフォーマンスは、間違いなくファン獲得につながっている。それでもオカダに勝てなかったケニーであるが、2018年6月9日、ついにオカダを倒してIWGPヘビー級王座を戴冠した。

 一方で、棚橋弘至は特に2017年までのコンディション低下で王座戦線から後退していた。2018年が明けると、徐々に復調する。春のニュージャパンカップ決勝ではザック・セイバーJr.のポテンシャルを引き出しながらの準優勝。GW博多でのIWGPヘビー級戦ではオカダに肉薄し、夏のG1クライマックスを制覇するに至る。闘いにおける起承転結でファンを魅了している。

 両者の支持スコアは拮抗してもよいはずだが、当サイト実施の応援アンケートでは棚橋が2倍近くリード。
・ どっちを応援? IWGPヘビー戦 – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

 新日本公式のMVP結果としても、2位の高橋ヒロムを挟んで、棚橋が1位、ケニーが3位につけた。

参考。

 ケニーと棚橋は、お互いに相手のプロレス観を否定している。

 ケニー:極端に言えば、俺が楽しませたいのはプロレスファンというよりも「人」なんだ。プロレスを知らない人が観ても、一瞬で虜になってしまうような試合を心掛けているつもりだよ。そのためならハードコア、ストロング、コミカルといったカテゴライズなんて関係ないし、たとえリングがない場所でだって、俺は常に世界が認めるベストバウトをする自信がある。でも棚橋サンは、そうじゃない。彼は新日本のストロングスタイルしか知らないし、世界のファンにも目が向いていない。

 棚橋:今のケニーがやってる試合って、単に自分の身体能力の高さを見せびらかしているだけだから。もちろん、彼の身体能力は称賛に値するものだけど、プロレスは、技の“凄さ”を競い合うだけのスポーツじゃない。あのスタイルがファンを喜ばせているのは事実だとしても、レスラーは目先のトレンドに惑わされず、ひとつひとつの技に意味と魂を込めて闘う、いわゆる「人間力」の“凄さ”を競う試合をしなければならないんです。

 オールオアナッシングではなく、どっちに寄っているかという話。だけれども、技の応酬が目的化しているようなケニーの試合にファンが「モヤっと」していたのも事実。その見られ方は10・8両国国技館での“仲間内同士での3WAY”IWGPヘビー級戦で、より顕著になった感もある。

AD

 そこに気づいた棚橋が奮起して挑戦者となり、言語化してイデオロギー闘争を仕掛けたのである。

 

■向こう3年の隆盛が確信できれば、棚橋も主張を引っ込めるのでは? 言わずにいられない危機感、ヒロム・柴田の欠場もひっくるめて

 棚橋は「(ケニーのプロレスには)品がない」発言について、以下のように噛み砕いている。

棚橋:長年観ているファンなら、そこまでの技を出さなければ決着がつかないことをわかってもらえるとは思うんです。時には、反則や凶器攻撃が必要になることも理解できるでしょう。しかし、初見の方やファンになって間もないお客様の場合はどうなのか。特に初見の方なら「やっぱりプロレスは過激で、野蛮なスポーツだ」と思ってしまう可能性が高いんじゃないのかな。

─つまり、プロレスに対しネガティヴなイメージを持ってしまうと。

棚橋:僕の中で「3年理論」っていうのがあって。現在やっていることの影響が反映されるまでには、だいたい3年くらいの年月がかかるという。これは、新日本の低迷期から復活までを体験したことで得た結論なんですけど。

─初見のお客様を大切にしなければ、3年後には観客数が減ってしまうかもしれない。

棚橋:メディアで取り上げられる機会が増えて、そこで初めてプロレスに興味を持った方も多いと思うんですよ。そうした初見のお客様が、数年後にファン層の中核をなす存在になる。僕はそう信じています。

 ケニーが主張する「世界を意識したプロレス」と、棚橋の見解。

ケニー:大切なのは、その進化が誰のためのものかってことなんだ。俺は常に、ファンを喜ばせるためのプロレスをしているよ。新日本プロレスも、今ではストリーミング配信を通じて、世界中のファンに試合を届けている。だから、世界のマーケットを意識したスタイルを追求するのは当然のことだよね。

棚橋:ケニーは世界を意識したプロレスというけど、僕に言わせれば単に海外のファンに迎合しているようにしか見えないですよ。(中略)それではすぐに飽きられてしまうんです。日本の団体が世界で勝負するなら、自分達が自信を持って育ててきた日本のスタイルを届けなきゃ。もちろん、純粋な新日本流が受け入れられるのには時間がかかるかもしれない。だからといって、安易に海外に迎合していたら、結局のところ競争力を失ってしまうし、ひいては日本のファンをも失うことになりかねないと思いますね。

 このような棚橋の心配が杞憂で終わると確信できれば、棚橋も主張を引っ込めるのではと思う。確信できないからこその危機感であり、言わずにはいられないのだ。

 ボクはつねづね、誰がプロレスをどういうふうに持っていってくれるのだろうかと考えるのが好きだ。その点で、2018年前半の高橋ヒロムには出色ぶりがあった。アグレッシブな技だけではなく、グラウンド技も含めて闘いを表現。試合前後の主張やマイクと闘いの連動のさせ方も納得感があり、ジュニアへの思いも溢れ、間違いなく乗れるものがあった。

 それだけにヒロムの2018年7月の負傷(ドラゴン・リーの投げっぱなしドラゴンドライバーで首から落ちる)、戦線離脱はショックだった。棚橋の胸の内には、G1決勝でセコンドについた柴田勝頼(長期欠場知中)のことも含めて「どうにかならなかったのか」との思いがあって当然だろう。柴田らの欠場を受けて「『危なすぎる』だとかさ、そういうのがはやってんの? ここまで来るのによ、何千回も、何万回も受け身とってんだよ。もっと楽しまなきゃ損だぜ」との発言をしていたヒロムという流れもあったら、なおさらだ。

 ファンに長く楽しんでもらうためには? 応援している選手が闘い続けている状態を築くには? もちろんスポーツにアクシデントはどうやったってあるわけだが、方向性をコントロールするポジションにケニー、オカダ、内藤らはあるんじゃないか。そういうものをひっくるめたのが、今回の棚橋の仕掛けなんだとみている。

 もっと言うと、棚橋はファンに聞きたいんだと思う。どんなプロレスなら「もっと愛してくれますか?」「長く愛してくれますか?」と。ドーム大会は、観戦するファンにもプロレスを問いかける。

 

■東京ドーム大会の第1回は平成元年! プロレスの未来を願いつつ、イデオロギー闘争を重ねつつ見届ける平成最後のイッテンヨン

 ひとつわかったことがあった。「技の応酬が目的化しているようなケニーの試合」と先ほど書いたが、ケニー本人がやりたいことはどこにあるのか。

 『ケトルvo.46』よりケニーの発言。

・私はいろんなスポーツ(アイスホッケー、ビーチバレー、バスケットボール、柔術)を学んできた。いろんなアスリートの考え方を身に着けてきた。
・日本のゲームからはさまざまなストーリーテリングの方法も学んだ。プレーして「どうしてこんな気持ちになるのか?」と分析した。
・だから、私の試合にはたくさんのバリエーションがあり、すべてが違う。アスレチックなスタイルができれば、コメディだってできる。毎回異なるストーリーを語るから、世界中のどんな人にも伝わる試合ができるんだ。

 ケニーは試合を通してストーリーを届けようとし、腕を磨いている。ここまでのあからさまな告白はプロレスラーとしては珍しい。2018年の飯伏幸太やヤングバックスとの友情物語、BULLET CLUB内紛などは注目を集めたが、伝わったもの、伝わり切らなかったもの、どちらもある。ベビーにもヒールにも寄り切らず、提供する闘いの対立軸がわかりにくいという言われ方もする。

 改めてケニーに自身の生き様そのものとして表現したいストーリーが生まれ、それを表現しようという意欲が高まったときには、棚橋のいう「ひとつひとつの技に意味と魂を込めて闘う」プロレスに合流していくように思う。そういう意味での「ベストバウトマシン」ならば歓迎だ。

 ビギナーファンからすると面倒くさいジャンルにも見えるだろうが、棚橋がメインテーマにし、ケニーも反論をみせている。今回の論争はプロレスそのものを問う闘いなのだと思っていただきたい。

 日本のプロレスの東京ドーム大会、その第1回は平成元年だった。プロレスの未来を願いつつ、イデオロギー闘争を重ねつつ見届ける平成最後のイッテンヨン。次の時代に橋渡しされ、長く愛されていくためのゴングが鳴る。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 1月8日発売!黒川事変 いったいどうするつもりなのかクロちゃん/堀辺百子×ターザン山本!/リッキー・フジ/玉袋筋太郎/中溝康隆(『プロ野球死亡遊戯』)/鈴木みのる/マッスル坂井×成田大致


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD