獣神サンダー・ライガーが『教養としてのプロレス』プチ鹿島氏とプロレストーク 8月13日(火)渋谷ロフト9

pick up ▼ニュース 7月6日(土)17:00阪神甲子園球場 武藤敬司×神奈月トークショー、始球式┃7月7日(日)12:00&15:00サンピア東金店『チケット一般先行発売イベント』永田裕志トークショー┃スーパー・タイガー、条件付きで藤田和之の挑戦を受諾…「カシンがセコンドに付くなら考えが変わる」┃初代タイガーマスク、新間寿会長と「薬物乱用防止キャンペーン」に参加/初代タイガーマスクがメキシコで襲撃された恐怖体験 都内の防犯パレード前に披露┃【シードリング】奈七永の奇行きっかけに中島乱入!対戦カード発表会見打ち切り ▼情報&コラム 【参院選の焦点】前田日明氏 消費税廃止&奨学金チャラ公約「山本太郎氏は一つの波を起こすかも」┃7月28日(日)14:00東京・新宿近辺(参加者のみに通知)『藤本つかさ誕生日イベント』┃8月22日(木)19:00G-TRIP赤坂『燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!』田中ケロ、柴田惣一、MC:青木泰寛、宮澤聡┃【新日本】SANADAが茶の湯特訓┃メイ社長コラム『ハロルドの部屋』更新!第54回は「G1 CLIMAX 29ついに開幕!」┃長州力が認めた“藤波辰爾芸人”ユリオカ超特Q┃週刊ファイト’19年07月11日号WWE両国 AEW 長州回顧 谷津嘉章 W1 Pアグアヨ 安里紗 DEEP ラウェイ ▼格闘技 【RISE】那須川梨々敗れる、ベテラン紅絹がRISE QUEEN王座を獲得┃立民・須藤元気氏 タトゥーは「身体の一部」 批判も一蹴

 2020年1月の東京ドーム大会での引退が発表されている獣神サンダー・ライガーが“G1決勝翌日”トークイベントに登場する。

・ ~獣神サンダー・ライガートークライブ~ – LOFT PROJECT SCHEDULE

AD

2019年8月13日(火)LOFT9 Shibuya
OPEN 19:00 / START 20:00

前売¥4,500 / 当日 ¥5,000(いずれも税込・要1オーダー500円以上)
※前売はイープラスにて7/10(水)正午より発売開始!

【出演】獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)
【聞き手】プチ鹿島(時事芸人)
【司会】堀江ガンツ(フリーライター)

獣神がロフト9に降臨!

世界からリスペクトを受けるプロレスラー・獣神サンダー・ライガー選手が、現役最後のロフト登場!?その対談相手には独自の視点で社会を読み解く時事芸人、そして『教養としてのプロレス』『プロレスを見れば世の中がわかる』らの著作でも知られるプチ鹿島!

昭和の時代にプロレス界に足を踏み入れ、平成元年に誕生し、令和にそのキャリアを終える偉大なる獣神の歴史。それを世界のPKがどう解きほぐすのか?

昭和のプヲタから令和の新日フリークまで圧倒する、2019年最高のプロレストーク間違いなし!

*イベント中の録画録音は一切禁止いたします。

 饒舌であるし、プロレスラーとしての主張・見解をしっかり出してくるライガーの貴重なイベントとなる。

 新日本プロレス以外へのライガー参戦情報もおさらい。


 


 

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式サイト

 

★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! KAMINOGE91 7月1日発売!藤波辰爾[炎の飛龍] 〝ストリートの伝説〟朝倉未来 〝お祭り漢〟矢地祐介 越中詩郎[侍戦士] 青木真也[総合格闘家] 池田克明[青二プロダクション常務取締役] 〝ミスター・セントーン〟ヒロ斎藤 変態座談会 連載 TARZAN BY TARZAN ターザン・バイ・ターザン


★new! Gスピリッツ Vol.52 (タツミムック) 6月26日発売![特集]全日本プロレス スーパーレジェンド列伝 [巻頭ダブルインタビュー] “黒い呪術師”ザ・アブドーラ・ブッチャー“不沈艦”スタン・ハンセン [検証]“仮面貴族”ミル・マスカラス ドクトル・ルチャが選ぶ全日本時代の名勝負ベスト+α


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった


AD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい