日曜朝10時『ファミリープロレス』がプロレスの楽しみ方伝えた! 棚橋弘至の神対応が話題も、飯伏幸太の華麗で正確な技が光る

pick up ▼ニュース 【ノア】杉浦が潮崎下しGHC王座V4 マサ北宮の挑戦表明に「オジサンは強いぞ」とニヤリ┃「両国メインでヒドい試合をする」男色ディーノ、衝撃の王座強奪 防衛戦で里村明衣子と対戦へ!/DDTプロレス再編、勢力図が大きく変わる!若手ブランドDNA、涙の活動休止┃「海賊姫」セインWWE初戴冠 NXT女子王座獲得 ▼情報&コラム 【新日本】G1覇者棚橋の対戦要求をオカダが受諾 1・4IWGP挑戦権利証争奪戦へ/8か月ぶり復帰 小島が東金を選んだ理由/「なんかやべえ奴がいる。って世間に広まったら最高」髙橋ヒロム インタビュー┃<ファイプロ>名作プロレスゲーム なぜ今復活?┃日大レスリング部出身。デビュー3年目の橋本千紘は、女子プロレス界の救世主となるか? ▼格闘技 【ROAD FC】藤田和之が米軍ファイターに会心の一本勝ち、約12年ぶりの連勝飾る

 リアルタイム視聴しました。19日朝10時よりテレビ朝日系全国ネットにて『ファミリープロレス!! 仮面ライダービルドもビックリの必殺技大集合SP』が放映された。


写真は川島明(麒麟)さんのTweetより。

 こういう番組をきっかけにプロレスに興味を持つファンもいると思うので、オススメのプロレスの楽しみ方をプチまとめ。

AD

 地上波で定期的に放映されているのは新日本プロレスのみとなっている。深夜のため、録画して視聴を。地域によって放映時間が異なるので注意。
・ ワールドプロレスリング|テレビ朝日

 主要大会のリアルタイム配信やアーカイブを月額999円で楽しめる新日本プロレスワールド。
・ njpwworld.com 新日本プロレスワールド

 新日本プロレスの興行日程や情報は公式サイトでチェックを。
・ 新日本プロレス公式

 選手のブログやTwitterを楽しむのもよい。
・ 棚橋弘至 オフィシャルブログ powered by Ameba
・ 棚橋弘至(@tanahashi1_100)さん Twitter

 ファンが発信者となるブログもよろしければチェックを。
・ プロレス 格闘技 – 人気ブログランキング

 ここでは今回の番組で取り上げられ、国内で最も勢いがある新日本プロレスの情報とした。他にも多くの団体があり、海外には米国拠点の世界一団体WWEもあります。少しずつ調べて楽しんでいただければと。

 番組の感想。

 プロレスは技が全てではもちろんないけど、番組独断での破壊力ポイント化や獣神サンダー・ライガーによる真壁刀義キングコングニー解説のナルホド感をはじめ、技がどうすごいかをちゃんと伝えることって大切だなと実感。特に子供にとって、技というアプローチはわかりやすい。「知る」と同時に「なぜ効くのかを理解する」ということも大事。

 ボクらが小さいときも入門や百科事典モノがあったが、マーケットが成熟してくると、こういう番組が出てきて自然です。感慨深い! マニアからすると「そっちの足に技をかけているものはシーンの例としてよくない」とか「ケニー・オメガも紹介して」とか、いろいろ言いたくなるものですが…番組自体が画期的なので大目に見ましょう(笑)。仮面ライダーとのコラボという切り口も、こういう陽の当たる時間でプロレスを流すためのひとつのアイディアだったのではないでしょうか。テレ朝さん、ありがとう!

 また、レジェンドとして君臨したレスラーからの流れもあわせてレクチャー受けると理解が進むということなのか、お父ちゃんお母ちゃん世代へのサービスなのか、現在の日本人新日本主要レスラーに加えてアントニオ猪木、長州力、闘魂三銃士の技紹介もあった。はい、昔のプロレスがあって今があるんです。

 G1を制した棚橋弘至に、ファミリープロレスから男の子が「どうやったらそんな肉体になれるんですか?」と聞く。棚橋は「運動いっぱいして、お母さんのご飯や学校の給食いっぱい食べて、たくさん寝るとなれる」とやさしく神対応(毎回ナイスコメントを重ねた女の子のみすずちゃんと並んで話題)。番組通じて棚橋のヒーロー感が溢れたことは間違いなく、サスガ棚橋の感。

 一方で、飯伏幸太の厳しい攻めを乗り越えなければ制覇はなかった。プロセスとして放映された飯伏の方の技の方が華麗で正確なものだったことから、飯伏の知名度も随分アップしたのではないでしょうか(あばれる君さんによる「人見知り」という紹介も含めて笑)。ドラマは相手がいてこそ出来上がり、敗者もまた次のドラマをつくろうとしているところに、これから見る人には注目してほしいです。

 番組ではトークを盛り上げ、チャチャも随分入れてきたのに、最後の最後でリアル。試合内容だったのか、棚橋の完全復活ロードだったのか、セコンド柴田勝頼による祝福だったのか、決壊したポイントはわからない。番組としては「すごい試合だった」とまとめるしかなかった川島明(麒麟)さんの涙。ナビゲート役のはずなのに、子供たちそっちのけで泣く。いいか、これがプロレスだ!

 

 

 

 


▼new! 週刊プロレス 2018年 8/29 号 [雑誌] 【8月17日発売!1カ月に渡って開催された「G1 CLIMAX 28」の終盤4大会を、約40ページで大特集! 8・12日本武道館での優勝決定戦にコマを進めたのは棚橋弘至と飯伏幸太。飯伏の猛攻を気迫とともに耐え抜いた棚橋は、決死のハイフライ3連弾で見事に勝利。3年ぶり3度目のG1制覇で、エース完全復活を印象づけた】

 最後に、そんな簡単な話だとはもちろん思ってないけど、子供たちにとっては「注目されているものが正義」「テレビに出ているものが正義」ということも間違いなくある。今回の日曜朝だったり、不定期でもいいから夜の早い時間の特番だったり、進出を引き続き期待。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい