1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 17年前にライガーは新日本プロレスを守り、鈴木みのるはプロレス回帰を決意! 錆びることがない両者の物語が最終章へ
新日本プロレス

17年前にライガーは新日本プロレスを守り、鈴木みのるはプロレス回帰を決意! 錆びることがない両者の物語が最終章へ

新日本プロレス, 鈴木みのる

pick up ▼ニュース 長与千種が台風19号で避難するペットのために道場開放【WWE】ヴェラスケスがレスナー挑発 10・31サウジ決戦で激突「WWEドラフト」スタート獲得状況、WWE王者レスナーvs元UFC王者ヴェラスケス9年ぶり再戦決定 【AEW】水曜生TV戦争2回目ボストンはダスティン組ジェリコ組メイン!里歩がブレイク中 ▼情報&コラム 「世界一可愛い」を証明する 伊藤麻希、まなせゆうなのインターナショナル王座挑戦【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(12)「1983年夏。クーデター事件と衝撃のタイガーマスク引退」11月1日(金)14:45ホテルメトロポリタンエドモント『ノア11・2両国大会前日会見』杉浦、エルガン、中嶋、潮崎、北宮、稲村 ▼格闘技 【RIZIN】朝倉海が佐々木憂流迦に54秒KO勝利、大みそか堀口恭司とタイトル戦が決定プロハースカがヒョードル苦しめたマルドナドにパンチで圧勝、大みそか参戦をアピール山本美憂が流血、ハム・ソヒがパウンドTKO勝利、浜崎とタイトル戦へRENA、原点回帰のパンチ連打で出直し戦に秒殺勝利【ONE】堀口恭司が10.13両国大会の第1部解説に決定、RIZIN大阪から駆けつける桜井マッハ速人が青木真也vsバナリオを予想、リーが青木に勝った裏話も

 315人(受付期間 : 2019年10月08日~2019年10月12日)のご参加をありがとうございました! 新日本プロレス10・14両国国技館大会の期待カード投票アンケート結果です。

・ 10・14両国国技館大会 どの試合に期待する? – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

 獣神サンダー・ライガーvs.鈴木みのるがブッチギリ。イッテンヨンのメインを決めるセミ・メインに大差をつけての得票となった。

 今だからこそ振り返る、17年前の対決。

・ 『号外!“GK”金沢克彦の新日本プロレス通信』!今回は「狙った獲物は確実に仕留める男、ジェイ・ホワイトは“絶対挑戦者”! 波乱の9.22神戸大会を大総括!! 」 | 新日本プロレスリング

(9.22神戸大会)第5試合の8人タッグは、とんでもない事態に見舞われた。獣神サンダー・ライガーが引退発表を行なった直後から、ライガーに対戦を迫ってきた鈴木みのる。4.24後楽園ホール大会ではライガーに向けてオープンフィンガーグローブを突き付けた。

「オマエ、あのとき言ったよな? 2年くらい時間よこせって。いつまで待たせるんだ!?」

いま一度おさらいしておくが、あのときとは2002年11月30日、パンクラスの横浜文化体育館大会のこと。当時、頚椎ヘルニアが悪化して引退を意識していた鈴木は、最後に闘いたい相手として若手時代のライバルである佐々木健介との対戦を熱望。この大会で挑むはずだった。

ところが、怪我を理由に健介は欠場を申し出た。それに代わって、「新日本が舐められたら困るから」という理由で急きょ出陣してきたのがライガーだった。その心意気に鈴木は応えた。ライガーは藤原(喜明)教室の先輩であり、鈴木がリスペクトする数少ない先輩レスラーのひとりだった。

 出陣に至ったライガーとみのるの電話やりとりが、こちらで明かされている。
・ 鈴木みのるがライガーと闘いたい理由。17年前の電話と、プロレス界復帰。 – プロレス – Number Web – ナンバー

 そんな時、鈴木の携帯電話が鳴る。相手は獣神サンダー・ライガーだった。

「健介戦の話がなくなって、もうどこにも行き場がなくなったとき、ライガーから電話がかかってきてさ。『おい、健介がおまえとやらないって聞いたぞ? なんでアイツやんねえんだよ!』って言われてね、『何回聞いても“できない”としか言わないんですよ』『なんなんだアイツ』『知らないっスよ』みたいなやりとりがあって。

 そのあと『そこまで話が進んでいたのに、どんな理由があるにしろ“出られない”ってなったら、おまえは健介が逃げたと思うだろ?』って言われて、『思います』って答えたら、『ってことは新日本がおまえから逃げたってことになるんだよ。俺は絶対それを許さない。俺がやる。新日本は逃げねえからな。マスク脱いででもなんでもいいよ、やるよ』って言ってきてね。俺、感動しちゃったんだよ」

 かつての先輩が、鈴木の行き場のない思いを受け止めてくれたのだ。

 格闘技団体パンクラスにおける総合ルールでの対決となる。
・ 『号外!“GK”金沢克彦の新日本プロレス通信』!今回は「狙った獲物は確実に仕留める男、ジェイ・ホワイトは“絶対挑戦者”! 波乱の9.22神戸大会を大総括!! 」 | 新日本プロレスリング

結果からいうと、チョークスリーパーで鈴木の激勝(1分48秒)。やはり短期間の練習でパンクラスの総合ルールで臨むのはライガーとて厳しかった。

「ちょっとだけ錆びてましたね。でも、やっぱりアンタは最高だよ。さすが世界の獣神サンダー・ライガーだ!」

「鈴木、もう一回やろう。2年くらい余裕を持って。今度やるときはぶっ潰してやるからな!」

この1発勝負は、鈴木みのるの運命を変えた。ライガーと交わったことで、ふたたび新日本プロレスのリングに興味を持った鈴木は、翌2003年6月、新日本マットに登場。プロレス界に完全復帰して、それ以降15年以上にわたりプロレス界のトップを突っ走ることになる。

一方、ライガーはライガーで、この体験を無駄にはしていない。地元の福岡では柔術道場に通い詰め、しっかりと今でも懐刀を研いている。

 玉砕した格好になったライガーだが、実はその生き様がみのるを突き動かしていた。
・ 鈴木みのるがライガーと闘いたい理由。17年前の電話と、プロレス界復帰。 – プロレス – Number Web – ナンバー

AD

 ’02年11月30日、鈴木はライガーとパンクラスのリングで対戦。すると、抑えていた感情が溢れ出した。「どうしても、もう一度プロレスをやりたい」と強く思うようになったのだ。しかし、プロレスに復帰すれば、パンクラスを作ってからの自分の発言を覆すことになる。

「でも、どうしてもやりたい気持ちはもう抑えられなかった。だから、それまで築いてきた自分のイメージ、パンクラスの仲間たち、支援してくれた人たちやファン、すべてを失う覚悟で戻ったんだ」

 2003年、35歳でプロレスに復帰。あのライガー戦なくして、いまのプロレスラー鈴木みのるは存在しなかったのである。

いまだからこそ、闘う意味がある。

(中略)

 そして鈴木に負けてからブラジリアン柔術を学び始め、現在紫帯を取得しているライガーは、その技術も駆使して、自分のプロレスで勝負することだろう。

 鈴木みのるvs.獣神サンダー・ライガーは、いまだからこそやる意味があるのだ。

 もちろん、みのるはライガーの柔術成果を否定。
・ 「いまのライガーは俺と横並びの人間ではない。終わっていく人間であり、消えていく人間だから」 鈴木みのるに“GK”金沢克彦がインタビュー(後編)!! | 新日本プロレスリング

鈴木 そもそも2年で俺に勝とうなんていう考えが間違っているんだけどね。アイツが何年プロレスをやっていようが、俺は31年間ずっと技術を磨き、相手を壊す、人に勝つトレーニングを続けているから。

――なるほど。

鈴木 ライガーはどっかの柔術教室に柔術を習いに通って技を身につけたらしいけど、そんなもんどっかの小学生が「ゲームで新しい技を身につけた!」って言ってるのと一緒だもん。陶芸教室に通って「壺を作れるようになりました!」って言っているのと一緒。

 試合ではなく殺し合い。最終前哨戦でのマイク&コメントやりとり。
・ NEW JAPAN ROAD – 東京・後楽園ホール 2019-10-7 | 新日本プロレスリング

鈴木「オイオイオイオイオイオイ…。テメェ、いつまでそんなモン被ってんだよ!? ……オイ、山田ー!! 山田ー!! お前はそれでいいのか!! お前のレスラー人生、これで終わっていいのか!!」

ライガー「オイ、ボウズよ、よく聞いとけ。両国の試合は、試合じゃねぇぞ!? 殺し合いだ、この野郎!!」

ライガー「俺は先に、この会場のみんなに、プロレスファン全員に、謝っておく。なぜか!? 両国はさっきやったみたいな試合じゃねぇ。潰し合い、殺し合いだ! 俺は言ったことを守るぞ。いままで、俺は有言実行だったはずだ。思い返してくれ。必ず、あいつの首、獲ります!!」

鈴木「オイ、一つ、教えといてやる。テメェ、現実を見ろ。現実を見ろ…(※モニターからライガーのリング上のマイクアピールが聞こえてきて、終わるまでモニターを見る)。いいねぇ、盛り上がってきたねぇ! オイ! (※自分の首を指して)俺の首、ここだ! 俺の首、ここだ! 取りに来やがれ、ライガーよ、いや、山田恵一よ! オイ! いつまでそんな偽りのお面かぶってんだよ! 俺の前に、そのツラ出せぇ! 出てこい山田ぁ! ぶち殺してやる!」

 前哨戦で“鬼神”が披露されてしまった。両国でのライガーは、どんな進化をみせるのか。

《NJPW NEWS FLASH》鈴木みのる×獣神サンダー・ライガー抗争激化!

 憎まれ口の中に、みのるのライガーへのリスペクトも垣間見える。
・ 「いまのライガーは俺と横並びの人間ではない。終わっていく人間であり、消えていく人間だから」 鈴木みのるに“GK”金沢克彦がインタビュー(後編)!! | 新日本プロレスリング

金沢 でも、鈴木選手が新日本に入門して、新日本を辞めるまでの時期って、先輩であるライガー選手とそんなにかぶってないでしょ?

鈴木 練習生の頃だね。俺は生意気な練習生で……いまそんなヤツがいたらぶん殴るけどさ、勝手に“挑戦シリーズ”を組んでたんだよね。

金沢 自分で?

鈴木 そう。「よし、コイツに行こう」って。相手にやられようが何をされようが徹底的にスパーリングを申し込む修行。相手が「イヤ!」って言うまでの挑戦シリーズ。

金沢 どういう人たちに挑戦したんですか?

鈴木 船木誠勝、山田恵一っていうのもいたし、飯塚高史とか松田納とかもそうだし、先輩だと武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、木村健悟、藤波辰爾、ジョージ高野、荒川真……。あと藤原喜明。一通りは行ったんじゃないかな?

金沢 あ、当時の藤原さんにも行ったんだ。

鈴木 うん。「なんだ? バカにしてんのか? あっちに行け」って言われた。でも、コッチはその時点で「勝った!」って。

金沢 敵前逃亡だという解釈ですね。

鈴木 ああ。〇〇〇〇もそうだった。

金沢 「なんでおまえとやらなきゃいけないんだ」みたいな感じですか?

鈴木 そう。だから、「そんな大人になりたくないな」っていまだに思ってる。

金沢 ちなみに山田恵一先輩はどうだったんですか?

鈴木 まあ、“そこそこ”がんばったほうじゃないの?(ニヤリ)

 17年前にライガーは新日本プロレスを守り、みのるはプロレス回帰を決意した。このようにプロレスと格闘技を往来するケースは現在ほとんどないが、そういう時代に熱くなったボクらがいた。誰もが開拓者だったとも言えた、一度きりの時代。

 あのときライガーを秒殺したみのるは「ちょっとだけ錆びてましたね」と発言したが、姿勢を曲げなかったライガーも勝者ではなかったか。何しろ17年の時を経てバリバリ世代を押さえて最注目カードなんである。両者とも全く錆びてない証拠ではないか。

 オールドファンがまるで“忘れ物”をとりにいくように。新世代ファンがプロレスの“ルーツ”を確認するがごとく。心から見たいカードが降臨する。

・ KING OF PRO-WRESTLING ? 東京・両国国技館 2019-10-14 | 新日本プロレスリング大会結果

■ 新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING
日時:10月14日(月祝)17:00
会場:東京・両国国技館
CSテレ朝チャンネルで生中継
新日本プロレスワールドで生配信
当日券は12時より発売!大サイン会ほか“情報まとめ”ページ

<第1試合 エル・デスペラード復帰戦>
DOUKI
金丸義信
エル・デスペラード
(1/30)
SHO
YOH
田口隆祐

<第2試合 棚橋弘至デビュー20周年記念試合IV>
矢野通
真壁刀義
(1/30)
本間朋晃
棚橋弘至

<第3試合>
タイチ
ランス・アーチャー
ザック・セイバーJr.
(1/30)
BUSHI
鷹木信悟
内藤哲也

<第4試合>
高橋裕二郎
KENTA
ジェイ・ホワイト
(1/30)
YOSHI-HASHI
石井智宏
後藤洋央紀

<第5試合 スペシャルシングルマッチ>
鈴木みのる
(1/60)
獣神サンダー・ライガー

<第6試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者/SJC2019優勝者] エル・ファンタズモ
(1/60)
ウィル・オスプレイ
[第85代王者] ※オスプレイ2度目の防衛戦

<第7試合 IWGP USヘビー級選手権試合ノーDQマッチ>
[挑戦者] ジュース・ロビンソン
(1/60)
ジョン・モクスリー
[第6代王者] ※モクスリー初防衛戦
※反則裁定なし、その他は通常のプロレスルール

<第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者] EVIL
(1/60)
飯伏幸太
[権利証保持者/G1 CLIMAX 29優勝者]

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者] SANADA
(1/60)
オカダ・カズチカ
[第69代王者] ※オカダ4度目の防衛戦

 まもなくゴングである。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年10月5日発売! 「パワーワード最強決定戦!!」 プロレスラーはなぜ「強い言葉」を持っているのか? 表紙および巻頭スペシャル対談は、長州力vs武藤敬司。 青木真也、鈴木拓(ドランクドラゴン)、井上京子、山田崇太郎インタビュー。 「玉袋筋太郎の変態座談会」のゲストは大仁田厚。 連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、椎名基樹、坂本一弘、ターザン山本!、吉泉知彦、マッスル坂井、大井洋一、伊藤健一(敬称略)]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼