1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 株主総会完全版 退任のメイ社長「自分の著書にも書いてあったように・・・」
新日本プロレス

株主総会完全版 退任のメイ社長「自分の著書にも書いてあったように・・・」

新日本プロレス

 10月23日の新日本プロレス株主総会をもって、ハロルド・ジョージ・メイ氏が社長を退任した。

 27日のブシロード株主総会にて沈黙を破ったことが話題となったが、ここでは回答完全版を把握しておきたい。また、プロレス目線でのブシロード株主総会読み解きをお届けする。

前置きしたメイ社長 「株主様がお伺いしたのでお答えさせていただきますと」

 30日に「2020年10月30日 第14期定時株主総会 文字起こし」がアップされた。

株主総会|株式会社ブシロード

 メイ社長が退任理由について言及したシーン。これは後半の質場応答でのこととなる。

【質問】

1点目、プロレス事業について。これは意見なんですが、大変痛ましい、木村花さんのことがあったんですけど、よく労災から駄目になる企業があるので、しっかりと対応してほしいというのが、意見です。
質問はメイさんの退任について。どういった理由から退任するのかを伺いたいのとWebにラストメッセージで書かれていましたけど、一応リアルでも一言伺いたいのが1点目。(以下略)

【回答】

橋本(代表取締役社長 橋本義賢):まず、木村さんの件は承知しました。

そして、メイの退任の件でございますが、当初目的達成ということでございます。その当初目的といいますのは、まず株式上場、それからグループ全体のコンプライアンス体制の強化、それから新日本プロレスの社会的プレゼンスの向上、これらを達成し、一定の成果が出たといったことで、このタイミングでの退任と考えております。メイより一言、直接申し上げたいと思います。メイ取締役、お願いします。

メイ:取締役のメイです。今回、退任する理由について株主様がお伺いしたのでお答えさせていただきますと、自分の意思によるものではありません。これは会社が決定したことでございます。私は職務を全うしたかったですし、自分の著書にも書いてあったように、できれば一生ここで、新日本プロレスで働きたかったというのが私の本心であります。その他については、会社のプレスリリース及び私のコラムに書いたとおりでございます。以上お答え申し上げました。

 ”完全版”で確認できたのは、「株主様がお伺いしたのでお答えさせていただきますと」と前置きしていること。理由には言及しない方針をブシロード側と申し合わせていたのか、メイ社長自身が言及しないと決めていたのか・・・とも推察される。株主から聞かれたことで大手を振るようにメイ社長は口を開いたことになる。

 もうひとつ「自分の著書にも書いてあったように」とのくだり。”揺るぎない意志が奪われた”ことを強調するようでもあり、”もともとは長期的な続投が約束されていた”と言いたかったようでもあり・・・。

AD

メイ社長の報酬は前年1億1656万 コロナ削減で最新年は1億を割る

 退任理由は、大きいところでコスト減と目される。メイ社長の報酬額を確認。

【役員の報酬等】

③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額(千円)
ハロルド・ジョージ・メイ 116,560

(2019年7月期 有価証券報告書)


【役員の報酬等】

③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額等が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

(2020年7月期 有価証券報告書)


 カードゲーム、アニメ、ゲーム、イベントなど、多角的展開で売上を伸ばしているブシロードは27日、経費削減を目的とした役員報酬を5月から9月まで15%から95%減額し、従業員の在宅ワーク環境を整えていくことなどを発表した。

(2020-05-27 ブシロード、役員報酬15%から95%減額 木谷高明氏「全力でエンタメをお届けする」 | ORICON NEWS)

 メイ社長の報酬は会計年度でいうところの前年1億1656万円、コロナ削減で最新年は1億を割る。ただし、通例ではインセンティブ(ストックオプション)は別途設けられるとされる。

 新日本に来る前の前職、タカラトミー社長時代のメイ社長の報酬は?

2017年3月期 1億2100万
2018年3月期 1億3100万

(IR BANK – 企業分析・銘柄発掘)

ブシロードは増収減益 減益要因は興行中止の新日本プロレス

 ここからは、プロレス目線でのブシロード株主総会読み解き。

・事業報告 グループ連結

売上高 3,300百万円 前期比2.4%増
経常利益 2,755百万円 前期比9.1%減


・事業報告 デジタルIP事業

売上高 24,413百万円 前期比4.3%増
セグメント利益 1,962百万円 前期比3.2%増

※当グループのデジタルIP事業はカードゲームのTCG部門、モバイルゲームのMOG部門、キャラクターグッズのMD部門、マンガ、アニメ等のメディア部門の4部門で展開しており、それぞれ部門の持つ機能を活用しながら発展させていくビジネスモデルを構築しております。

※当連結会計年度において、特に売上高の伸びをけん引しましたのはMOG部門であり、前期比46.3%増を達成いたしました。これはラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS、ヴァンガードZERO、ロストディケイドなど、新規のモバイルゲームが好調の滑り出しを見せたことに加えまして、既存のモバイルゲームが堅調に推移したことにより、売上高の積上げが実現したためであります。

※一方でTCG部門は、フューチャーカードバディファイトの展開終了と新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高が縮小し、前期比26.9%減となりました。


・事業報告 ライブIP事業

売上高 8,586百万円 前期比2.0%減
セグメント利益 724百万円 前期比39.6%減

※ライブIP事業は音楽部門、スポーツ部門の2部門で展開。

※音楽部門はこのようなコロナ禍においても音楽ソフトの売上がけん引し、前期比4.7%増を達成しました。

※新日本プロレスを主たるIPとするスポーツ部門は3月から6月のほとんどの興行を中止、または無観客興行への切替えを余儀なくされたことにより、興行売上を大きく下げ、10万人規模で運営する有料会員を有する動画配信サービスである、新日本プロレスワールドの売上は維持できたものの、売上高は前期比5.8%減となりました。

 全社で増収減益。ライブIP事業(音楽部門、スポーツ部門)では音楽部門が増収、新日本プロレスが減収。

 質疑応答でダメ押し。

【質問】

1点目が足元今期の決算に関して、増収に対して減益の結果になって、各セグメントで見ても減収のところであっても減益幅がかなり大きいであるとか、そういった傾向が見られるんですけれども。主たる減益の要因になったものが何であったのか、教えていただきたいなと思います。(以下略)

【回答】

橋本:まず1点目、減益要因でございます。こちらはやはりコロナの影響が大きい部門となります。それは、やはりライブIP事業の中の、特にスポーツ事業でございます。こちらは、新日本プロレスにおきましては3月から6月までほとんどの興行ができませんでした。この新日本プロレスの事業に関しましては興行の収益が半数を占めておりますので、こちらが開催できないということは、それが丸々減少することになりますので、減益の要因はそちらが主な要因でございます。

 ビジネス観点ではキャラクタービジネスとされるも、まだまだ興行収益頼みのプロレスは厳しい。されど、現段階では「仕方がない」でしょう。しかし、長引くコロナを想定したビジネス構築は必須。

対処すべき課題とは!? 新日本プロレスワールドが無差別ブロック!?

 メイ社長が担っていた海外市場でのポジション確立がブシロードとしての「対処すべき課題」として取り上げられた。

・対処すべき課題

②海外市場でのポジションの確立

ライブIP事業のスポーツ部門においては、巨大市場である海外の映像販売を強化することが課題となっております。当社グループとしましては海外市場の中心となる米国での興行を強化するとともに、国際的なスポーツ代理店や放送局、配信プラットフォームとの良好な関係構築を積極的に行ってまいります。

 メイ社長退任からすると皮肉な課題だが、海外において後退している新日本のテレビ事情を指摘しているのだろうか。

 新日本プロレスワールドについても質問が。

【質問】

I:○番のIと申します。プロレスの事業について2点ほどお伺いしたいことがございます。

新日本プロレスワールドのアプリが最近終了いたしましたけれども、新アプリの開発予定があるのかということが、まず1点。2点目が同じく新日本プロレスワールドについてなのですが、ワールドのTwitterのほうでおそらくバグではないかと思うんですけれども、無差別なブロックといいますか、そういったものが起きているのではないかと、お問合せのメールを3回ほどしているのですが、どうしてもご返答が得られません。バグなのか、意図したものでブロックしているならば、それはもうしょうがないのですが、ストーリーと連動してTwitterのほうも活用されていると思いますので、もしバグであれば調査と改善をしていただきたいのが2点目になります。以上です。

【回答】

大張:2点、ワールドに関してですね。まず一つ目、アプリの終了ということでしたが、AndroidのChromecastに飛ばすようなアプリケーションですね。こちらについては終了しましたが、機能面で言うと実は上がっております。

従来型のAndroidアプリを保持して、OSは、あとはデバイスは随時アップデートされていくものですから。それに対してコストを使い続けるのではなくて、お客様により良いものをご提供しようと思ってやったのが、今回のアプリではなくてHTML5のブラウザでの再生という仕組みです。

ですから最初は、数時間はチューニングで手間がかかってしまったんですけれども、Chromecastへの飛ばしですとか、あとは私がお願いしてつくったので10秒戻し、10秒飛ばしというのが、細かいですけれども、今のシーンもう1回というところもご覧いただけるように価値は、機能は上がっておりますので、ご安心いただきたいと思います。

あともう一つ、Twitter上のブロックのお話でしたでしょうか。映像ビジネスをやっておりまして、テレビ朝日さんと一緒ですね。Twitterだけではないんですけれども、映像について海賊版といいますか、無料でコピーして配信するようなものを全般的に、それをやめてくださいというお願いをしたりしています。

その一環でTwitterもSNSも拝見しているような形でして、もし過去にどういった形か分かりませんけれども、そのテレビであったりワールドであったり、そういった中でご自身で著作権をお持ちでない新日本プロレスの映像が映り込んでいたり、GIFであったりしても動画がアップされていたり、そういうことがもしあったりすると、それを半ば機械的にブロックすることはあろうかと思います。

もし本当にそういうことも一切なかったりすると、まさにバグといいますか、誤操作の可能性はございますので、そちらはお問合せ窓口にまたお問合せいただければなと思う次第でございます。以上です。

 新日本プロレス新社長の大張高己氏はメディアをしっかり理解しつつ、こだわりを持っているようだ。クオリティ維持&向上に期待したい。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


サイト早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日WWERIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年2月5日発売! 平本蓮 浜崎朱加×山本美憂  斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 玉袋筋太郎「マッハ文朱」変態座談会 武藤敬司×小橋建太 所英男 西村知美]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]



[2021年1月29日発売! 極悪同盟を率いて、クラッシュギャルズとの抗争を繰り広げたダンプ松本。今だから話せる当時の裏話や、本人が抱えてきた心の葛藤や父親への思い。現在からは想像もつかない程の過酷な状況下で、彼女が何を思って過ごしてきたのか]



[2021年3月2日発売! メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る]



[2020年10月24日発売! 常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論]

レポートbyカクトウログ

> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼