1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. 【追っかけ現地レポート】ノアに出し惜しみなし! 強さの象徴・藤田がGHC挑戦決定
NOAH

【追っかけ現地レポート】ノアに出し惜しみなし! 強さの象徴・藤田がGHC挑戦決定

NOAH

 1月29日にサイバーエージェント傘下での出発が発表されたノア。一夜明けた30日、新体制初大会となる後楽園ホール大会が開催となった。

■ プロレスリング・ノア GLOBAL Jr. LEAGUE 2020
日時:1月30日(木)18:30
会場:後楽園ホール 観衆988人(=主催者発表)
大会結果(公式サイト)

<第1試合>
●岡田欣也
(6分00秒 ワグナードライバー→体固め)
〇イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

<第2試合>
タダスケ
〇YO-HEY
HAYATA
(10分31秒 HAYATAのトラースキック→エビ固め)
クリス・リッジウェイ
●小峠篤司
鈴木鼓太郎

<第3試合>
●井上雅央
齋藤彰俊
(11分35秒 ファンキーバスターボム→片エビ固め)
〇クワイエット・ストーム
モハメド ヨネ

<第4試合「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」準決勝>
●[Cブロック1位]大原はじめ
(15分45秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)
〇[Dブロック1位]原田大輔
※原田大輔が優勝決定戦に進出

<第5試合「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」準決勝>
●[Aブロック1位]小川良成
(8分31秒 クロスフェースロック)
〇[Bブロック1位]ディック東郷
※ディック東郷が優勝決定戦に進出

<第6試合>
●宮脇純太
熊野準
田中稔
清宮海斗
丸藤正道
(19分14秒 P.F.S→片エビ固め)
仁王
覇王
稲村愛輝
マサ北宮
〇拳王

<第7試合>
鈴木秀樹
〇藤田和之
杉浦貴
(18分55秒 スリーパーホールド)
●谷口周平
中嶋勝彦
潮崎豪

<第8試合「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」優勝決定戦>
●ディック東郷
(19分43秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)
〇原田大輔
※原田大輔がGLOBAL Jr. LEAGUE 2020優勝

 1月4日にGHCヘビー級王座を奪取した潮崎豪がセミファイナルに登場。藤田和之と先発同士で対峙した。潮崎は王者として迎えられる流れにあるはずだが、今回の後楽園ホール大会では「潮崎、がんばれ!」との声が何度も飛ぶ。それほどまでに藤田は、ホールにしっかりと音が届いた張り手が強烈。

 これまでに印象づけられた藤田の強さもあった。複数大会に渡ってフジタコールが発生するようになり、12・27後楽園ではメインにも登場した。“機運”は藤田も感じていたのだろう。場外乱闘ではGHCヘビー級ベルトで潮崎を殴打して挑発だ。

 やられっぱなしの潮崎ではない。逆水平チョップが火を吹くと、藤田の表情が苦痛でゆがむ。

 「オレがチャンピオンである限り、NOAHの過去が感じられる試合に自然となっていく」

 「(戴冠前の前哨戦段階での清宮海斗には)軽さというものを感じてしまった。説得力、重さがまだ足りない」

 「本質的な闘いの部分は新日本と同じようなことをやっていても伝わらない。オレは全く違うと思っています」

(潮崎豪インタビュー『週刊プロレス』No.2051より)

 参戦当初はメイン戦線とは“別枠”扱いにみえたノアでの藤田。ついに、2020年の首都圏マッチとなる3・18横浜文体での潮崎vs.藤田GHCヘビー級戦が決定した。

AD

 ノアに出し惜しみなし! 強さの象徴・藤田がGHC挑戦決定。新世代に足りない「説得力、重さ」をまとった伝統的ノアの騎手・潮崎が迎え撃つ。

 今後のアウトラインを明確化させるカード決定が相次ぎ、メインのジュニアリーグ決勝も熱闘となった後楽園。SNSでの評判も上々だったが、チケットは売れず!? サイバー体制ノア初大会という話題上の華々しさの反面、観衆は988人と苦戦した。実数発表と思われるが、1月4日の超満員1539人に対して6割の入りである。少なくとも後方5列はほぼ空席だった。

 ひとひとで言うと「コンテンツの弱さ」。2019年11月24日に、武田有弘ノア前社長が「チケットが売れない」と題しながら、課題を発信している。

・ チケットが売れない part.3|Narihiro Takeda|note

1.興行ビジネスかコンテンツビジネスか

相撲から派生したビジネスですからやはり興行ビジネスであり営業が根幹でありチケットが売れないと営業を叱責します。(チケットが売れないのは営業のせいじゃありませんよ、まだまだ人気がないからですと言ってしまうとそもそも営業マンが必要なくなるんです) だからまずは営業会議にあげます。

私の考え方は入社当時からあまり変わってないのですが、チケット販売だけではビジネスは広がらないですしコンテンツビジネスを極めれば逆にチケット販売が増えるので、昔はよくドーム規模の大会を当時はクローズドサーキット今で言うライブビューイングやPPVなどやっていました。日本全国でやると地域のプロモーターがいるわけで、それは興行になるから営業部管轄だと怒られていました。最近でもYouTube無料生ライブなんかやると担当営業からチケットが売れなくなりますからやめてほしいと言われます。

立場が違うと見え方が変わりますからこれはこれで仕方ない。本当の売れない原因は何か、私が目指す景色は何かを共有できていなかったのです。

2.ものには順序がある

もし無料で映像でライブで見れたら会場に人が来なくなるならば、それはもう広い意味での営業努力も足りないですし、抜群にコンテンツが弱いです。昔は毎週地上波で生でやり会場にも人が溢れてました。もし本当にそんな理由でチケットが売れなくなるならば、本当にそうだとしたら無料生配信をやめるのではなく、もっともっとハードルの低い方法で生配信を増やしてよりたくさんの方に見てもらいコンテンツを強くするしかないです。とにもかくにもまずは NOAHを見たことがあるというだけでもよいので NOAHを知ってもらう興味をもってくれる方を増やす、そしてファンになって頂く。その先が収益化です。ファン不在のままコンテンツを広めて深める前にまずはチケットを売れとなると、ならば優秀な営業マンを異業種から採用するしかなくなりますが、もし世界中の優秀な営業マンを集めても恐らくいきなりチケット持って飛び出したりはしないはず、まずは分析・資料作りからです、「コンテンツ強くしなさい」「マーケティングしましょう」「ターゲットを見極めましょう」と言われるはずです。

3.その先にはSVODを

昔でいう巡業スタイルに変わるものが実は現代社会ではVODなんじゃないかと思っています。

NOAHに興味を持ってくれるファンの方をたくさんたくさん増やしていき営業のみんなが自信を持って明るくいきいきとチケットを販売できるようなコンテンツにして、その先には新たなデジタルビジネスをもっともっと増やしていきたいです。成功するコンテンツは全ての売り上げが比例して絡み合い増大していき同じ出口に向かいます。そして業界一位を目指すには、海外にも進出する必要もありますし、より大会規模をスケールアップしていく必要があるでしょう。

 これを記した時期と重なる11月下旬に、武田氏とサイバーエージェント側の交渉が始まったとされる。「SVOD」との見出しもあるが、Subscription Video on Demand(定額制動画配信)を指し、簡便な視聴環境への不足が課題ともなっていた。サイバーのAbemaTVだけだと無料であり回数も限られる。新しいノアでは無料・有料での配信環境をどう整えるかも問われていく。

 視聴環境の良化によりコンテンツを強くしたいが、なかなかアメリカにおけるWWEのようになにはうまくいかない。このジレンマは新日本プロレスにもあろう。
・ 地上波強すぎ 日本だけが「グローバル超大作」で盛り上がれない理由 稲田豊史の「コンテンツビジネス疑問氷解」|ビジネス+IT

「アメリカはもともとケーブルTV文化。各家庭が個別にチャンネル契約して有料視聴する習慣が根付いているんです。無料の地上波放送視聴が基本の日本とは違う。

 ですからネットの定額制動画配信サービス――日本では「サブスク」という奇妙な略語がつかわれることが多いですが――への視聴環境移行がスムーズにいった。TVモニタにケーブルをつなぐのかネット回線をつなぐのかの違いですし、有料視聴にも慣れている。

 しかしアンテナを立てて電波を受ける無料の地上波放送や衛星放送に慣れてきた日本では、視聴環境をがらっと変えなければいけない。また、そもそもの権利元がコンテンンツを塩漬けにしたりしてきた。レイティンングフリーの作品の出しどころがなかったんです」(宇野氏)

 新日本プロレスワールドの会員数は2018年1月時点で10万人(国内6万、海外4万)にとどまっている。サイバー入り当初のDDT放映も定着しなかった。ノアの動画配信は、ひと工夫もふた工夫も必要となっていく。そして、ブラッシュアップも必要であるが、何より継続は力なりだ。

 リデットエンターテインメントによる新体制はわずか1年だったが、オカダ・カズチカなどは凱旋帰国以降だけでも実に8年を国内中心で闘っている。コンテンツの浸透には時間がかかるし、しっかりやらなければ育たない。

 面白いというか奇妙なことに、マニア側が「もっとプロレスファン向けの展開を」「もっと世間に向けた仕掛けを」という両方をノアに主張している。ボクなんかは、ここのところは藤田がノア主軸にどう絡んでいくかに注目していた。そういう意味で十分マニア向けに展開しているし、「おいおい、こんなにあっさりGHCに挑戦しちゃっていいの!?」ってくらいに戸惑っている。マニア・ビギナー両方をノアは見据えられていると思うし、とはいえ不足感も感じてもいる。いずれのファン層をも引っ張っていくのは本当に大変なこと。

 あれだけリデット体制のノアに注目が集まり、SNSでの発信方法などが話題となっても、経営は好転しないし、後楽園満員の常態化がない(実際に足を運ぶまでの熱にはない)。プロレスの経営というものは本当に大変だよなぁ・・・と考えつつ課題整理していたらこのようなエントリーになってしまった。

 楽観視は全くできないのだ! 春に向けてのノア戦線の充実、配信方法の確立に期待してやまない。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

RIZIN.25 斎藤裕の独占インタビュー

RIZINフェザー級王者 斎藤裕の独占インタビュー

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年11月5日発売! シカゴのスラムでドブネズミを食って育った男たちよ永遠に THE ROAD WARRIORS 太田忍 斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 エンセン井上 玉袋筋太郎「新倉史裕」変態座談会 中村獅童 おっさんタイガー 西村知美



2020年10月24日発売! 鈴木秀樹 (著)「マット界一の面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について