ケニー・オメガがエリート新団体AEWと正式契約! いきなりクリス・ジェリコと乱闘 5・25ラスベガス旗揚げ大会で対戦か

 ラスベガス現地時間7日、エリート新団体「AEW」チケット告知イベントが行われた。

・ ケニー・オメガがCodyらの新団体『AEW』の役員として登場もクリス・ジェリコと殴り合い!ベストフレンズやCIMA、アジャ・コングや坂崎ユカの参戦が決定!(バトル・ニュース) – Yahoo!ニュース

 All Elite Wrestling(オールエリートレスリング/以下AEW)が5月25日の旗揚げ戦に向けてラスベガスでチケットアナウンスパーティーを開催。ケニー・オメガが役員として登場した。

 AEWはCodyやヤングバックスらTHE ELITEを中心とした団体であり、5月25日の旗揚げ興行にはクリス・ジェリコやPAC(ネヴィル)の参戦も発表済み。CIMA率いる#STRONGHEARTSが所属するOWEとの提携も発表されており、世界中からその動向が注目を浴びている団体だ。
 この日行われたアナウンスパーティーでAAAとの提携が発表されると現役王者のサミー・ゲバラが登場し参戦を発表。すでに参戦が発表されていたハングマン・ペイジが登場すると、PACからビデオメッセージが届きペイジvsPACのシングルマッチが決定した。

 続いてヤングバックスが登場すると「最高のタッグチームを紹介する」とチャッキーT(チャック・テイラー)&バレッタの“ベストフレンズ”を招き入れる。さらに前回の会見でヤングバックスと因縁が生まれていたペンタゴンjr.&レイ・フェニックスのルチャブラザーズが登場しヤングバックスをパイルドライバー葬。旗揚げ戦でのタッグマッチでの戦いが濃厚となった。

 役員であるブランディ・ローデスが登場すると、女子部門としてアジャ・コングと東京女子プロレスの坂崎ユカの参戦を発表。さらにJWPやスターダムなどに参戦していたケイ・リー・レイと、豆腐プロレスにも参戦しマーベラスに所属していたナイラ・ローズが登場しお互いにらみ合う場面も。
 フランキー・カザリアン&クリストファー・ダニエルズ&スコーピオ・スカイのSCUが登場すると、OWEから#STRONGHEARTSのCIMAが現れSCUと提携。
 最後にEXECUTIVE VICE PRESIDENT(役員)としてケニー・オメガが登場。挨拶を遮るようにクリス・ジェリコが現れるとケニーと殴り合い、CodyやSCUが仲裁に入りジェリコを下げさせると、ケニーは全世界に向けて「Good bye & Good night!Bang!」とパーティーを締めくくった。

 1月末まで新日本との契約があったとされるケニー・オメガは、契約もあったためこのタイミングとなったことも示唆。
・ ケニー・オメガがAEW参戦 ジェリコと乱闘(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 ケニーは契約によってすぐに発表できる状態になかったことに触れつつ、ファンを待たせたことを謝罪。新天地で「世界を変えてみせる」と意気込んだ。

 会見動画。

 

 どこかで切り札カード「ケニーvs.ジェリコ」を持ってくるとは思っていたが、旗揚げ戦となりそう。あれだけ騒がれた試合の“第2戦”がAEWマットということで、新日本プロレス側は複雑な胸中に違いない。新日本に参戦していたベストフレンズ(バレッタ&チャッキーT)も合流。

AD

 海外興行における有力選手に抜けられた格好になるわけであるから、新日本にとってAEWは、少なくとも当面は競合相手となる。円満にケニーを送り出す文脈にはない中ではあったが、道のりは比較的ていねいに展開されたのではなかろうか。

 1・4ドーム明けから“ケニーがスマホをなくした”等の映像スキットが始まり、ケニーと懇意である東スポ・岡本記者が“新日退団”意志を代弁し、東スポ大賞授賞式ではケニー自身が“2019年は日本マットを主戦場としない”ことを示唆した。これ自体が固い決意の表れだったわけであり、違う決断になってしまったらむしろ信頼失墜となる。7日の会見での正式発表に向けて、ケニーはしっかりと行動した。

 中邑真輔が去った後の新日本のアウトラインに大きく貢献して3年。晴れてエリート勢が団体となった。どれくらいの大会数でまわしていくのか、噂されるテレビ局がどう決着するかなど未発表事項も多いが、プロレス界をいい意味で引っかき回してほしいところだ。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> プロレス格闘技人気ブログランキング
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> All Elite Wrestling(@AEWrestling)さん Twitter

 


▼new! KAMINOGE 86 2月1日発売!那須川天心[キックボクサー]選ばれし者の“宿命”と“チャンス”。メイウェザー戦とはなんだったのか? 浅倉カンナ[総合格闘家]私はまだ完成されていない。ただ、ずっと普通の人でいたい。 UZI[ヒップホップMC] 桜井“マッハ”速人[総合格闘家] 望月成晃[DRAGON GATE] “全日本プロレス中継・名実況”倉持隆夫 変態座談会


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999å¹´1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


AD


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい