1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. 前田日明「生身の人間だから面白いんだよ」 ここに来て露見する前田と長州力、長州と藤波辰爾の関係は・・・最高かよ!
前田日明

前田日明「生身の人間だから面白いんだよ」 ここに来て露見する前田と長州力、長州と藤波辰爾の関係は・・・最高かよ!

前田日明

1605

 長州力の2度目の引退試合まで、あと3日。その直前に、宿命のライバル前田日明がメッセージを放った。

2月のマスターズ大会。長州がロープに走ってリキラリアットにいくムーブを前田にみせた。周囲にいたライガー、藤波に緊張感が走る。

・ 長州いよいよ26日ラストマッチ 前田日明が語る87年顔面蹴撃事件 東スポのプロレスに関するニュースを掲載

“革命戦士”長州力(67)が26日の「POWER HALL 2019」(東京・後楽園ホール)でラストマッチを迎える。本紙では特別連載「革命戦士最終章」を緊急スタート。第1回は格闘王・前田日明氏(60)の登場だ。1987年11月19日の新日本プロレス後楽園ホール大会で起こった伝説の「顔面蹴撃事件」を振り返るとともに、かつてのライバルに惜別のメッセージを送った。

 ――長州がリングを去る。心境は

 前田 いつまでやってんのかなって思ってたよね。みんなそれぞれの一番調子のいいときの動きを知ってるから、ケガしないのかなって心配だったんだよね。

 ――長州もリングに上がる恐怖を語っていた

 前田 髙山(善廣)がケガしたみたいに回転エビ固め一つ取っても、体重次第で(大ケガにつながる)。年を取ると、この体勢でやったら危ないなって一瞬の判断ができなくなってくる。

 ――2月には「プロレスリングマスターズ」の会場で再会し“リキラリアート未遂”が話題に

 前田 カウンターで顔面に蹴り入れてやるよ(笑い)。まだ俺の蹴りのほうが速いよ。

 ――1987年11月の顔面蹴撃事件(※)は語り草に

 前田 しょうがないよ。お互い立場があって、俺の場合は(UWFの)みんなをメシ食わさないといけなかった。身をていしてもなんとかしないと、と思っていたからさ。

 ――今ではお互い水に流して…

 前田 いや、向こうはあくまでも俺が狙ってやったと今でも思ってるんだよ。根に持ってるよ、長州力。だから面白いんじゃない。聖人君子じゃあるまいし、生身の人間だから面白いんだよ。

 ――改めてどういう出来事だったか

 前田 周りの反応がすごい意外だったんですよね。(アントニオ)猪木さんまで「プロレス道にもとる」とか言ってさ。猪木さんだってグレート・アントニオが動かないからって、ガンガン蹴って血だらけにしてるじゃない。そんなことしておいて何で俺が「プロレス道にもとる」んだって。

 ――長州をアマ格闘技「アウトサイダー」の会場に呼んだことも

 前田 一時期はヒクソン(グレイシー)とやるとか話あったんだけど、もしやってたら、ヒクソンは絶対、長州力をテークダウンできない。賭けてもいいよ。

 ――勝ってた可能性も

 前田 勝つか負けるか、そこまでは言いたくないんだけど…テークダウンできないんだから(ヒクソンは)勝てないでしょ。反対に引き倒して、上に乗って(ポジションを)変わんなくていいなら全然…勝てるんじゃないの? パウンドで十分だよ。全く関節(技を)知らないわけじゃないしさ、あの人。いやー、ヒクソンとやるとこ見たかったね。やってあの人が下手打ったら、俺が出ていく、みたいな。

 ――最後にメッセージ

 前田 星野(勘太郎)さんや山本(小鉄)さんのように、60代で突然亡くなってしまう話、この業界で聞くから健康だけは気をつけてほしいね。やっぱり、年取ってわけの分からん頑固ジジイになって、ギャンギャン言っている姿を見たいね。

 対立こそすれ、認めていたんだなぁと思えるインタビュー。当時は新日本プロレス系ファンの大半を巻き込んでのイデオロギー闘争を仕掛けていた前田だったが、業界の同志の道のりへのリスペクトを表明しつつ、ファイナルに対してはエールを送った。

 頑固ジジイなんかクソ食らえと思いながら前田とともに生きてきた世代であっても、ちょっと頑固ジジイに憧れを抱いてしまうというか・・・。前田が長州力に対して「頑固ジジイになって」って言っている流れは理解してますよ。でも、いい意味で頑固ジジイ予備軍になっている前田のコメントが嬉しくもあり。

 エールを送られた長州力が藤波辰爾との当時の関係を明かす。
・ 【長州力引退、永遠のライバル藤波辰爾への思い〈3〉反逆のかませ犬発言…1982年10・8後楽園ホール】(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 藤波への反旗は、長州自身はもちろん、新日本プロレスが想像する以上にファンへのインパクトは絶大だった。会社が決めたランクや格に安住せず自らの力で固定概念を覆す長州の行動は、多くの学生、サラリーマンの心をつかんだ。藤波との戦いは、ある意味、猪木のプロレスを超えるスピード、躍動感、気迫がすべて揃った激闘の連続で「名勝負数え唄」と評され“革命戦士”長州力は、一気にトップレスラーとなった。ただ、今、藤波との試合を振り返った時、長州の中にあったのは藤波を超えようとか、トップになろうとかの野望よりもただただ「必死」だったことだったという。

 「(藤波さんに)合わせていくの大変だった。その時はちょっと違ったのかもわからないけど捉え方が。ボクは、ジュニアじゃないけど体力的には同じようなもんなんですよ。だけど、ボクは、彼以上に行かなきゃいけなかったんだけど、合わせるっていうか追いついていくっていう感覚ですよ」

 ジュニアからヘビー級へ転向した藤波のスピードと類いまれな運動神経に付いて行くことに必死だった。その懸命なファイトスタイルがファンの心に響いた。一方の藤波は長州との戦いに不満を覚えていた。

 「ボクはジュニアでチャンスをつかんでこれからヘビー級でもやっていくんだっていう矢先に長州が牙をむいてきた。正直言って邪魔だった。何でこんなことするんだっっていうガチの感情を持って長州と戦っていましたよ」

 長州と藤波の感情の方向が、ボクらのイメージとは“逆”というか。意外で興味深いのだ。

AD

 現代においてしっかり闘わないといけない領域で勝負している令和プロレスに物申すつもりは全くない。だけれども、よくも悪くも“生身の人間”がダイレクトに反映されていた昭和プロレスはこんなにも・・・最高かよ!

* * *

 前田日明出演情報。
・ 今月こそは、あの伝説のコマンド・サンボマスターの試合をお届けします!【月刊リングス6月号】 – 2019-06-24 2100開始 – ニコニコ生放送

ここのところ、「もはやキャバクラ状態!」との絶賛や批判を受けることが出てきた「月刊リングス」。
セクシー美女を迎えたお悩み相談で、前田明代表の自由すぎる言動が爆発。格闘王ならず暴走王と化して、結果、本来の主要企画である「リングスお宝映像」の時間が、ここ2ヶ月、確保することができませんでした。

 ということで、今回は、涙を飲んで、美女断ち! セクシーゲストは次回に持ち越して、しっかりとリングスの名試合をお届けします。

 まずは、2ヶ月持ち越しになっていた、伝説のコマンド・サンボマスター、アレクサンドル・ヒョードロフの試合をお届け。

 多くの名選手を育て、前田代表がその実力を高く評価し、リングスのコーチとして招聘した格闘家が、51歳にしてリングに上がるというサプライズを見せた一戦です。

 さらに、今回リクエストが多かったのが、先日急逝した「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスのかつての勇姿が見たいというもの。すでに当番組でも紹介していますが、時間が許せば、再びリングスでのウィリーの戦いを放送予定です。

 もちろん、コメントとして寄せられた、みなさんからのお悩みや質問も番組内では随時拾っていきますので、一緒に番組を盛り上げていきましょうー。

出演・前田日明、井上崇宏(カミノゲ編集長)、原タコヤキ君 
※内容は変更になる可能性があります
6月24日(月) 21時スタート〜22時終了予定

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 週刊 前田日明

 

★new! 俺たちのプロレス(12) (双葉社スーパームック) 6月22日発売!俺たちのプロレス VOL.12 色あせることのない煌めき 三沢光晴の真実 急逝から10年――。ライバルや盟友12名がそれぞれの想いを激白!!


★new! カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」 6月13日発売!つらい状況を耐えたその先に、本当のチャンスがやってくる―人生いつも崖っぷち、絶対的エースの逸材逸話


★new! L・I・J [DVD] 628日発売!新日本プロレスの内藤哲也を中心とするユニット、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの軌跡をたどるDVD。メンバーの印象に残っている思い出深い試合を収めた「BOUTS」、メンバーの過去から現在までを追った「ENTRANCE MOVIE」ほかを収録


★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦 ~ ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け


★new! KAMINOGE 90 6月3日発売!〝孤高の天才〟田村潔司 長州力[革命戦士] ターザン山本![令和初の定義王] 佐野巧真[プロレスラー] 苫米地英人[認知科学者]×山城美智[沖縄拳法空手道沖拳会 第6代師範] 加藤大典[ゲームプロデューサー] 〝異能の戦士〟保永昇男変態座談会



人気ブログランキング
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2022年1月5日発売! 表紙及び巻頭インタビューは、甲本ヒロト[ザ・クロマニヨンズ]。ザ・グレートカブキ×中村獅童、モグライダー(芝大輔&ともしげ)、中嶋勝彦、hy4_4yh(ハイパーヨーヨー)インタビュー。玉袋筋太郎の変態座談会は、毒蝮三太夫]



[2022年1月17発売! プロレス入り前は、もともとアイドルだったという中野たむ。なぜ、彼女はアイドルからプロレスという真逆の世界に足を踏み入れたのか。そこに至るまでにはどのような葛藤があったのか。その真意が初めて綴られる]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年12月25日発売! プロレスラーには限界から先の姿を見せていく使命がある——。誰もが自らの「リング」に立つためにヒントとなる、オカダ流人生の極意の数々]



[2021年12月21日発売! 最近では“SANAやん”の愛称で親しまれ、SNSではお茶目な一面もたびたびのぞかせているSANADA。みんなが気になる“SANAやん”の知られざる素顔が垣間見える1冊です! チェックワンツー!]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年12月22日発売! [特集]1981年の新日本vs全日本 [証言]大塚直樹(元新日本プロレス営業部長)原章(元『全日本プロレス中継』プロデューサー)佐藤昭雄 [対談]ゴング編集部から見た1981年の新日本vs全日本 清水勉×小佐野景浩 [刊行記念企画]ファンの心に残るのは“入場曲”にあらず 昭和・平成プロレステーマ曲放談【前編】 木原文人リングアナ×コブラ]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼