船木誠勝「第2次UWFの崩壊…今になって思うことを話します」 移籍、2度の骨折、フロントとの不仲、選手間の距離を語る

pick up ▼ニュース 【新日本】荒武者が“怨敵”ジェイにリベンジ! 石井は粘るコブを下して好発進 7.13大田区/7月14日(日)大田区大会は全席完売! 試合前サイン会は柴田勝頼┃【DDT】7月15日大田区大会当日券情報┃復帰した大仁田「大熊元司さんになったつもりで」 小鹿と新・極道コンビ結成へ┃【スターダム】渡辺桃 ワールド王座取りへ「思い切りぶつかるだけ」┃瑞希、涙の初優勝! 東京プリンセスカップで大成長のまなせゆうなを振り切りタイトル挑戦へ┃朱里が8・13新木場で2年ぶりプロレス復帰 UFCでの活動に終止符 ▼情報&コラム 7月27日(土)19:00~21:00大阪カウント2.99『仁義なき伊藤会 大阪の夜 カウント2.99編』伊藤麻希 ▼格闘技 【RISE】那須川天心がプロデビュー満5周年を迎え「誰も届かぬとこまで突き抜けます」┃7月29日(月)21:00ニコ生『月刊リングス7月号』前田日明が出演

 12日に公開されたYouTubeにて、船木誠勝が第2次UWFを20分に渡って振り返っている。

第二次UWFの崩壊…今になって思うことを話します(船木誠勝)

 

 近年の検証本などで明かされている話も多いが、独白ならではの“正直な気持ち”ベースであることが新鮮だ。

AD

 移籍、2度の骨折、フロントとの不仲、選手間の距離・・・。団体晩年には前田日明抜きでの団体構想もあったとされるが「そこでトップに立たされていたら・・・トップでやっていくにはほど遠い精神状態でした」と船木は振り返る。最後の松本大会にも、“前田の登場”というメインがあったから試合に出れたんだという。

 そんなUWFは「一時的な避難場所としてつくられた会社だった気がします」。前田を先頭に集まったものの、生活が安定してくると、誰が悪いというわけではなくてバラバラになる。「トップになる人間がたくさんいすぎて」とも。ここにもまた、第2次UWFの真実がある。チェックしていただければと。

 それにしても、全てが雪解けしたわけではないが、現在の和解をみるに「もう少しどうにかならなかったのか」という思いには駆られる。

・ 藤原喜明「古希」をアントニオ猪木、前田日明、船木誠勝がお祝い! 昭和新日本&UWFファンが平成最後サタデーナイトフィーバー プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ ブログ

 UWFはボクらの青春である。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

 

★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! KAMINOGE91 7月1日発売!藤波辰爾[炎の飛龍] 〝ストリートの伝説〟朝倉未来 〝お祭り漢〟矢地祐介 越中詩郎[侍戦士] 青木真也[総合格闘家] 池田克明[青二プロダクション常務取締役] 〝ミスター・セントーン〟ヒロ斎藤 変態座談会 連載 TARZAN BY TARZAN ターザン・バイ・ターザン


★new! 東京12チャンネル時代の国際プロレス (G SPIRITS BOOK) 6月12日発売!第3団体を崩壊に追い込んだのは誰なのか?元『国際プロレスアワー』チーフディレクターが記した極秘資料「田中メモ」の封印を解く


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった


AD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい