平成最強の日本人格闘家ランキング(重量級)ベスト5発表!

pick up ▼ニュース 【全日本】4・25後楽園「宮原vs岡林」など好カード続出 『2019 Champion Carnival』公式戦日程が決定 ┃【新日本】デビッド・フィンレーの欠場を受け、田口隆祐が『NEW JAPAN CUP』に代打出場 ▼情報&コラム 【新日本】オカダ・カズチカがNJCでの完全復活を予告/オカダ「ここは“本命”が勝たなきゃダメでしょ?」飯伏に辛辣発言!なんと内藤にエール!?/3月26日(火)19:00渋谷MV&BOOKS SHIBUYA『NJPWグレイテストミュージックⅦ』発売記念 後藤洋央紀サイン会/ライガーは今も若手が刺激、強さの秘訣は道場住まい┃不倫疑惑に揺れる“泥棒猫”藤本つかさが正妻との遺恨制裁を覚悟!┃前田日明が金銭トラブルに巻き込まれ、激怒している「男の正体」┃学研の図鑑 キン肉マン「超人」発売決定/『キン肉マン』連載40周年記念ポータルサイト始動 ▼格闘技 【クインテット】初の女子チーム戦に五輪メダリストの参戦予定=4月7日┃【DEEP JEWELS】初の後楽園ホール大会メインは前澤智vs浅倉カンナ┃3月10日(日)17:00FightBase都立大『ジョシュ・バーネットのキャッチレスリング プレミア限定セミナー』┃『ゴング格闘技』復刊号の発売が2019年3月23日(土)に決定

あなたの選ぶ!平成最強の日本人格闘家は誰?(重量級)ランキングが決定しました。(投票期間: 2019年02月01日~2019年03月04日/投票数419件)

もともとは日刊SPAさんが日本人格闘家ランキングを掲載していたのですが、どうしても、そのランキングに違和感を感じたのでカクトウログで企画してみました。
・ あなたの選ぶ!平成最強の日本人格闘家は誰?(重量級) – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

投票数は419件。多くの人がそれなりに納得できる結果になったのではないでしょうか。それでは5位から発表していきます。

 

5位 世界のTK 高坂剛(65pt)

日本人最強格闘家ランキング(重量級)高坂剛
画像元:https://www.sanspo.com/sports/photos/20151230/fit15123005010001-p2.html

リングス、UFC、パンクラス、PRIDE、DEEP、新日本プロレス、アブダビコンバット、RIZINまで参戦している日本格闘家のパイオニア。

AD

リングス時代には、あのエメリヤーエンコ・ヒョードルに疑惑のエルボー(反則)ながらTKO勝利しています。
コメントでは海外実績を評価するとの声も。

 

4位 暴走王 小川直也(84pt)

バルセロナオリンピックの柔道(95kg超級)銀メダリスト。
アントニオ猪木の弟子となり、暴走王 小川直也としてプロレス界でも大活躍しました。総合格闘技は主戦場ではありませんでしたが、この人がリングに上がるときは会場が小川色になる。

個人的に忘れられないのは「PRIDE 男祭り 2005」の吉田秀彦戦です。入場時にその年(7月)に亡くなった戦友 橋本真也のテーマ曲「爆勝宣言」が流れた時は鳥肌ものでした。YouTubeで今一度ご鑑賞ください。

 

3位 黄金の柔道王 吉田秀彦(88pt)

日本人最強格闘家ランキング(重量級)吉田秀彦画像元:http://www.boutreview.com

バルセロナオリンピックの柔道(78kg級)金メダリストの吉田秀彦氏。PRIDE参戦後、まだ打撃もほとんどできない吉田秀彦氏が、ヴァンダレイシウバを相手に壮絶な殴り合いする姿をTVで見て金メダリストの凄さを感じました。

いただいたコメントでも「総合格闘家としての選手生活は短かったけど、この人強いなぁと思わせてくれた」など、強さを評価している感想をいただきました。

 

2位 IQレスラー 桜庭和志(210pt)

日本人最強格闘家ランキング(重量級)桜庭和志

画像元:cdn-ak.f.st-hatena.com

桜庭選手を語る上で、忘れられないのはPRIDE GP 2000でのホイス・グレイシーとの試合ですね。今も色褪せることない伝説の試合となりました。

そして、グレイシーハンター、UFC殿堂入りなど、日本の総合格闘技を大ブームにした立役者でもあります。いただいたコメントでも、グレイシー一族に連勝、グレイシーを倒し続けたなどが多かったです。

 

1位 野獣は健在! 藤田和之(225pt)

日本人最強格闘家ランキング(重量級)藤田和之

画像元:藤田和之・公式オフィシャルサイト(www.beast-1.net)

日本人格闘家ランキング(重量級)の一位は野獣 藤田和之でした。

アントニオ猪木氏の最後の継承者と言われた藤田選手。PRIDE時代にはマークケアーから勝利、人類最強の男とまで言われたエメリヤーエンコ・ヒョードルをノックアウト寸前まで追い込んだ試合。

先日、脳卒中のため引退発表をしたミルコ・クロコップとの試合。日本人選手では期待できなかったヘビー級のトップ戦線で「藤田なら!」と多くの人が期待できるくらい全盛期の藤田選手は強かったと思います。

藤田選手を支持する方は「日本人最強なら文句なし」と言った類のコメントが非常に多かったです。

 


AD

総評

6位からは高山善廣、田村潔司、船木誠勝と続き、この他には中邑真輔、前田日明、三沢光晴、岡見勇信、石井慧などもあがりました。

1位の藤田選手はSPAさんの平成最強だと思う日本人格闘家は誰(重量級編)ランキングでは圏外。SPAさんランキングでは2位となった曙太郎氏はカクトウログのランキングでは、わずか3票(全体の0.3%)と言う結果になりました。たくさんの投票ありがとうございました!そして中量級ランキングの結果はいかに?

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい