1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. ニュージャパンの名を冠したアメリカ法人が誕生へ! 期待しかない一方で会見に不足していた新日本プロレスらしさ
新日本プロレス

ニュージャパンの名を冠したアメリカ法人が誕生へ! 期待しかない一方で会見に不足していた新日本プロレスらしさ

pick up ▼ニュース 【NOAH】王者・清宮タンカ送りに浜松騒然 拳王が両国最終前哨戦で衝撃KO 田村潔司がノア親会社リデット社外取締役&エグゼクティブディレクターに就任【新日本】オーカーンがメインイベントメガスターズヘビー級王座を奪取棚橋がチームでドリームセッション 最後は久々の「愛してまーす!」10.21秋田海外プロレスゲーム最新作『WWE 2K20』発売! 中邑真輔やアスカ&カイリなど日本人選手も参戦スターダム木村花がテラスハウスに出演 ▼情報&コラム デビュー35周年 蝶野正洋に聞く「ヒール」の美学【LLPW―X】神取 ギャビ・ガルシア戦まだあきらめていない!【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(21)「初の東京ドーム大会。第1試合に出場…1989・4・24」(22)「崩壊寸前だった蝶野正洋との共闘」10月27日(日)11:00大阪あべのキューズモール2F『アンドレザ幸運のベッドバット祈願祭』アンドレザ・ジャイアント・パンダ11月4日(月祝)13:00今治市しまなみ温泉喜助の湯 アンドレザ・ジャイアント・パンダが参戦11月10日(日)18:30水道橋EBRIETAS『デビュー4周年感謝祭』ジャングル叫女イベント11月16日(土)18:00台東区シノバズカフェ『デビュー5周年 初単独イベント』渡辺桃11月26日(火)20:00町田ヒットパレード 風間ルミ バースデーイベント11月27日(水)19:00日経東京本社ビル2階SPACE NIO『メイ社長が語る、次世代のリーダーシップの極意!』 ▼格闘技 【DEEP JEWELS】緊急出動の中井りん、一本勝ちで勝利のマッスルポーズキラー・カーン氏が約11年ぶりの後楽園でJEWELS生観戦 KINGの失格に「プロ失格だね」川村虹花がマスト判定に散る、ハイキックでのダウン響いたか朝倉海が那須川天心とのミックスルールでの対戦を提案ヘビー級・藤本京太郎が6回TKO勝ち 1年1か月ぶり試合「ボクシング界と格闘技界の架け橋になる」

 21日、新日本プロレスが米国法人『New Japan Pro-Wrestling of America Inc.』の設立を発表した。

・ 新日本プロレスがアメリカ法人を設立!柴田勝頼「我々LA道場選手一同ますます頑張って行きます!以上!」(バトル・ニュース) – Yahoo!ニュース

 21日、新日本プロレス事務所にて米国法人『New Japan Pro-Wrestling of America Inc.』の設立に関する会見が行われた。

 まずは映像にて柴田勝頼より「柴田です。新日本プロレスはついにアメリカ法人を設立します!我々LA道場選手一同ますます頑張ってまいりますので、今後もご期待ください。以上!」と法人設立の報告。
 続いて菅林会長より、アメリカ法人は新日本プロレスの100%子会社として2019年11月の設立を予定していることが発表された。

 今後に関しては、アメリカ法人CEOに就任する新日本プロレス経営企画部の大張高己執行役員より「海外で巨大資本の参入があり、アメリカの市場が拡大している。海外で新日本のストロングスタイルへの愛着やレスラーのレベルの高さが認知され、ファンはニュージャパンに強い思い入れを抱いてくださっている。プロレスを見始めてつきつめると新日本プロレスにたどり着くというファンも多い事がわかった。

 我々はあくまで新日本プロレスをそのままアメリカにお届けしようという考えから社名もニュージャパンは変わらず、最後にアメリカという地域名をつけさせていただいた。アメリカを5つのエリアに分け、西海岸は6つの都市4つの州、中部を7つの都市6つの州などにわけ、概ねこのエリアをカバーして興行を行っていく。今後はLA道場にオフィスを構え、選手の育成やトライアウトも行い、目新しい対戦カードや新しい選手の参戦が実現する」と報告があった。

 続いて行われた質疑応答では、まだ現段階では日本ツアーと海外ツアーが同時に行われる予定はなく、なるべく海外ツアーはNJPW WORLDにて配信していく予定。ただ、放送がないLA道場マッチも可能性はあるという。
 この発表にともない、『Twitterアカウント:@NJPWofAmerica』が運用をスタートし、海外の情報に関してはこちらで発表が行われていくとのことだ。

 会見詳細はリンク先で確認を。
・ 新日本プロレスがアメリカに新会社『NEW JAPAN Pro-Wrestling of America Inc.』を設立!【10.21会見】 | 新日本プロレスリング

先ほど菅林のほうから名前の発表がございましたけれど。じつはここも紆余曲折というか、議論がいくつかありました。本当に“ニュージャパン”なのかと。“ジャパン”と付けていることが、ちょっとローカル色が強いんじゃないかという話も、内外から聞こえてくることがありました。でも、我々はあくまでも、ファンのみなさんが第一に思ってくださってる新日本プロレスを、そのままアメリカにお届けしようと、そういう考えから“ニュージャパンプロレスリング”という言葉はそのままに、最後に“アメリカ”という地域名をつけさせていただくこととしました。

 ビザ問題、興行開始時間遅れ問題と、今年に入って立て続けのトラブルに見舞われた新日本プロレスの米国興行。それでもビジネスとしての目途がついたとのことでアメリカ法人設立発表にこぎつけられたのは喜ばしい! クリアして当たり前の基盤面を、最低でも満たしてほしいところだったのだから。

 法人設立がミニマムで意味するところは、異動なり採用なりで資本と人員が割かれて、本格的に活動していくこと。提携団体との利益折半というスキームも解消となっていく。

 ところが、いきなり会見のリアルタイム配信での音声が出なかったというハプニング。不安がよぎるばかりであり、何かお祓いでもした方がいいんじゃないかと思うが、ここは会社として攻め続けるしかない。

 当サイトの見解としては、かねてから変わらない。海外興行の強化路線には期待しかない。まして、会見冒頭に柴田勝頼のメッセージを持ってきたことには意味がある。いくつかの論評で、新日本プロレスが海外でも受け入れられている理由として、試合としてのグレードの高さ、格闘技的に見ても味わえるクオリティが挙げられてきた。

AD

 ロサンゼルス道場を牽引する柴田は、アメリカ法人を起点に展開される新日本プロレス米国バージョンの象徴そのものとなっていく。練習に裏打ちされてこその新日本だ。

 だからこそ会見には違和感と不足を感じてしまう。柴田も急にコメント取りを振られたのだろうか。まるで読み上げただけのコメントは、ちょっとないだろう。

 会見全体として、社内での企画書のリプレイを見せられているような内容は本意だったのか。アントニオ猪木の名前を出してほしいとまでは言わないが、「新日本プロレスを、そのままアメリカにお届けしよう」と本気で思っているのかどうかを問いたい。アンケート結果がどうだったか等は社内決裁に必要な話かもしれない。

 「野毛とLAで競い合いながら育成をしているところ」との言葉はあったが、その行間こそ語られるべきだ。本丸は“道場で鍛え抜かれたレスラーが中心になって繰り広げる新日本こそ最強だ。我こそはという選手はアメリカ興行で名乗ってほしい”ということに他ならないだろう。

 知ってますよ、挑戦受け入れはいろんなリスクをはらむ。現代では非常識だろうってことも。でも、猪木のときだって非常識だった。初代タイガーマスクが挑戦者を募集したこともあった。道場で前田日明らが返り討ちにしてきたわけであり、新日本プロレスの“最強”はいくつもの局面で守られてきた。同じことをやってほしい、言ってほしいとは必ずしも思わない。

 例えばオカダの「レベルが違うんだよ」には、現代としての新日本のスピリットを感じている。同じように、会見で「試合としてのグレードの高さ、格闘技的に見ても味わえるクオリティ」を軸に会見で狼煙を上げてほしい。どう発信すればいいかをもっと考えてほしいと思う。新日本プロレスがなぜにアメリカ本格進出なのか、新日本としての姿勢で言葉にしなければならない。

 両国大会でのライガーvs.鈴木みのるの死闘を新日本幹部は見たのだろうか? WWEやAEWというアメリカ拠点団体がある中で、新日本の闘いをまだまだ見せつけられていないことは我慢ならないはずだ。そういった魂の叫びが会見から感じられなかった。

 言葉は穏やかでもいいのだが、新日本幹部から“柴田選手からも新日本スピリットについてじっくり説明を受けた。ビジネスとしての成功うんぬん以前に、アメリカ全土に新日本の強さを届けたい”くらいの姿勢こそを聞きたい。

 柴田にも、新日本にも、世界に喧嘩を売ってもらいたかった。

 ファン間では海外強化路線で国内軽視うんぬんとかとの意見も出ていると聞く。一方で大きな期待の声もある。そういう応酬もいいんだけれども、何よりボクらが声を出さなければいけないのは“新日本プロレス軽視”ではなかろうか。

 会見のアウトラインは木谷オーナーや菅林会長にあらかじめ了承を得ているんだろうか。「対戦カード発表や会見も含むものがプロレスである」ということは基本中の基本である。それが感じさせられない会見になりそうならば、幹部は延期を指示しなければならないのではないかなぁ。

 今後の柴田の言動は問われていくし、オカダ・カズチカには新日本ならではの姿勢を出してほしいし、内藤哲也にも新日本批判するなら今回のようなところを噛みついてほしい。だってボクらは、新日本プロレスが大好きなのだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD