1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. 怪獣大戦争とウルトラマンをめぐるサイコロジー ノア4・29名古屋感想
NOAH

怪獣大戦争とウルトラマンをめぐるサイコロジー ノア4・29名古屋感想

NOAH

 ゴールデンウイークの幕開け決戦。ABEMA配信となった4月29日のノア名古屋国際大会の感想を。

大会結果 ノア NOAH the GLORY 2021 4・29愛知・名古屋国際会議場イベントホール

■ プロレスリング・ノア NOAH the GLORY 2021
日時:4月29日(木祝)15:00
会場:愛知・名古屋国際会議場イベントホール 観衆718人(超満員=主催者発表)
ABEMA見逃し配信]※大会終了から3日間
ベストバウト&大会評価投票アンケート]※5月7日24時まで

<第1試合>
〇YO-HEY
吉岡世起
大原はじめ
 11分54秒 顔面G→片エビ固め
●矢野安崇
原田大輔
小峠篤司

<第2試合>
●宮脇純太
齋藤彰俊
 11分49秒 ヴァーティカルスパイク→体固め
仁王
〇中嶋勝彦

<第3試合>
△進祐哉
 11分02秒 ダブルフォール
△鈴木鼓太郎

<第4試合>
●井上雅央
谷口周平
モハメド ヨネ
 10分48秒 サソリ固め
ケンドー・カシン
村上和成
〇桜庭和志

<第5試合/GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合>
[挑戦者] ●NOSAWA論外
日高郁人
 18分36秒 超高校級ラ・マヒストラルを切り返して→エビ固め
HAYATA
〇小川良成
[第42代選手権者] ※小川&HAYATAが5度目の防衛に成功
【吉岡&YO-HEYが挑戦表明】

<第6試合>
●岡田欣也
稲村愛輝
清宮海斗
 17分36秒 新型虎王(仮)→片エビ固め
田中将斗
望月成晃
〇丸藤正道

<第7試合/GHCナショナル選手権試合>
[挑戦者] 〇杉浦貴
 18分08秒 オリンピック予選スラム→体固め
●藤田和之
[第4代選手権者] ※藤田が初防衛に失敗。杉浦が第5代王者に
【桜庭が挑戦表明】

<第8試合/GHCヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ●マサ北宮
 22分53秒 シャイニングウィザード→体固め
〇武藤敬司
[第34代選手権者] ※武藤が2度目の防衛に成功
【丸藤が挑戦表明】

出たぞ第三者踏み台式シャイニング・ウィザード 武藤敬司20年越しの思い出

 「フジタvs.スギウラ」ナショナル戦。

 一時期の藤田は相手とスイングしないことで、プロレスファンから「プロレスができない」レッテルを貼られた。それがどうだ。ベルト奪取した拳王戦、ベルト陥落となったもののこの日の杉浦戦、大興奮ではないか。むしろ「本物のプロレスが藤田にある」感さえ漂う。前哨戦段階で藤田が杉浦を沈めた後楽園も凄かったが、しっかりと上回ってビッグマッチのセミを務めてみせた。

 前哨戦もこの日も両者「怪獣大戦争」Tシャツ着用でリングイン。コンセプトでも迷いなし、究極のフィジカル戦は歴の長短を問わないファンを酔わせた。「目をそむけたくなるほど」とも「笑っちゃうくらい」とも表現できるエルボーの打ち合い。後楽園では藤田のサッカーボールキックが決め手となったが、本戦は杉浦による同じ技が決定打。こねくり過ぎない、シンプルイズザベストである。

 ノアとの相性も藤田は良かったんだと心から思う。黙々と闘いを積み重ねてきたノアのレスラーズは逃げませんよと。その象徴が杉浦なんだと。

 ジーンとするコメント。杉浦も苦しいノアを支え続け、今は“荒くれ者をまとめる”ボスを楽しんでいる。

AD

 「ムトウvs.キタミヤ」GHCヘビー戦。

 何度か当サイトでも書いた気がするが、武藤のコメント力が凄い。後楽園での前哨戦で北宮の監獄固めに沈んだ武藤は「免疫ができた」としていた。その文脈でのサイコロジーとなり、ファンは“その先”を期待する。北宮の監獄固めをロープエスケープした武藤。

 武藤が“第三者踏み台式シャイニング・ウィザード”を披露したのは2001年。レフェリーを踏み台にした安田忠夫戦、ノーザンライトスープレックスを放った馳浩(タッグパートナー)のブリッジを踏み台にした東京ドームでのタッグマッチ。まさに20年越しの武藤の思い出。

 ボクなんかは、20年前の披露時に「ここまでプロレスを持ってきたか」という衝撃を受けたことを覚えている。閃きとも段取りとも取れるアプローチにはザワつきがあってしかるべきだが、「いやはや、ここまで格闘芸術を突き詰めるのか」というやつだ。広いプロレス界で誰かがやっているということは多々あるわけだが、常にプロレス界の中心にいる武藤がやることというのは業界に大きな影響を与える。

 グロッキー状態にある相手を、武藤は自身のフレームに入れていく得意アクション。正調のシャイニング・ウィザードを連発してフィニッシュした。

 20年前との違いで言えば、SNS時代の功罪もあるだろう。レスラー側もライター陣も含めてプロレスが自由に語られる時代に入っている。

 サイコロジーとは「心理学」という意味。WWEのレスラーは、このサイコロジーという言葉をよく使うという。そしてWWEにおいてこの言葉は「こうなれば、ああするはずだから、こうしていくべきである」という文脈で用いられる。プロレスという大きな枠組みで例を挙げると、「イイ者vs悪者という構図はわかりやすくてノレる」といったことだそうだ。

 試合の流れで言うと、例えば「胸元へのチョップと、胸元へのミドルキックが得意な選手がいる場合、その2つの技を繰り出す順番は①チョップ②ミドルキックであるべきだ」ということらしい(チョップよりもミドルキックのほうが相手に与えるダメージが大きいので、この順番が逆になると、大砲を打ち込んでも死ななかった相手に小型拳銃で大砲以上のダメージを与えようとする無意味な行為となる)。

(文=尾崎ムギ子 2020/2/11 「リングを支配するのはサイコロジー」世界的レスラーTAJIRIのプロレス論がすごい! | ダ・ヴィンチニュース)

 そもそもシャイニング・ウィザードとは、サイコロジーのカタマリである。

 グラウンド状態から次のアクションを狙う、あるいは立ち上がろうとするレスラーの多くは、まず右膝から突き立てる。その瞬間を狙い、相手の右膝を自身の左足で踏み台にして二段階式に右ヒザを当てにいく。それがシャイニング・ウィザードだ。まさに「こうなれば、ああするはずだから、こうしていくべきである」の典型例となる。

 踏み台が入ることでの“注意分散で顔面ガラ空き”や“威力の増幅”も想像させる。武藤がこの日の煽りVで「(「怪獣大戦争」よりも)俺はウルトラマンとかそっちの世界だろ」と口にしたが、ヒーローの必殺技感もある。

 「閃光魔術」とは、よく言ったものだ。

 そして、シャイニング・ウィザードがあったからこそ、武藤はバージョンアップした。フィニッシュはムーンサルトプレスから移行する。

誰にだって弱点はあるだろう。俺にだってある。それはヒザだ。(中略)その弱点をしっかりと受け入れることにした。そして考えた。「このピンチを、強みに変えられないか」って。これをきっかけに、新しい武藤敬司のイメージを作り上げられないかって。いわば、見ているすべての人たちに武藤敬司のバージョンアップと捉えさせることはできないかと考えたんだ。

ヒザが悪いことは、素早く動き回れない。首のせいもあって、もうスープレックスもできない。だから、その状況でできる技を考えた。「シャイニング・ウィザード」とかね。1995年に高田延彦さんを沈めた「ドラゴンスクリューからの足四の字固め」なんて、まさに俺の選手としての寿命を延ばしてくれたよ。四の字固めは昔からある技。だけど、それにドラゴンスクリューをつけたことで、独自性が出た。同じ技でもそこまでの入り方が違えば、ファンがオリジナルとして見てくれること、俺は経験でわかっていたからね。この「型」は、俺に新たな印象を与えてくれたと思ってる。

そして、間合いも大きく取るようにした。早く動けないからこそ、普段はものすごい緩い動きを心掛けた。そして、「ここぞ!」という時だけ、ぱっぱっと動く。つまり、緩急をつけたんだ。さらに合間にはパフォーマンスを取りいれたりもした。これは、お客の目線を技の完成度に集中させない効果もある。「ラブ・ポーズ」とかね。これだってお笑い芸人とかがやってくれてるだろう?

(2016/09/04 武藤敬司流「会社の不良在庫にならないため」の発想転換法 | マイナビニュース)

 3・14福岡国際センターでの清宮海斗戦での煽りV。武藤のコメント。

「描いてるような技もできなかったりとかさ、その引き出しを開けようと思ったら錆びついて開かなかったわけであって、心のダメージおっきいですよ、ショックですよ。なんかもう“神様に逆らってでも”っていう気持ちではいますよ。ただ…プロレスってそこのフィジカルな部分だけじゃなくって、もう全て背負ったその背景、もうひっくるめて勝負しないとね。もういま“等身大の武藤敬司”で勝負するしかないかって。」

 ボクを含めての話だが、武藤の残された闘いを「思い出を武器にして勝つ」路線として見ていた。だけれども、ちょっと違うのかもとさえ思いはじめた。「“点から線”は猪木さんの教え」もよく武藤は口にする。単なる思い出じゃない。試合を破壊して想像し、自身をリボーンさせ続け、観客の目を奪ってこそプロレス。

 新日本プロレスのような大胆なキャラクター設定、細かすぎるアイテム使用、凝った反則・介入劇に対して、「そういうものは我々には無理」との思いを大抵の団体は思うだろう。ナンバーワンに追いつけ、追い越せもあるだろうが、どこかで“妥当・新日本”ではない気がする。

 最高のプロレスを追い求めること。その過程が4・29名古屋決戦にもあり、追いかけることはこんなにも面白いのだ。

カード発表 5・30大田区「杉浦vs.桜庭」ナショナル戦、6・6さいたま「武藤vs.丸藤」GHC戦

▼5月2日・3日の無観客配信情報。

▼5・30大田区「杉浦vs.桜庭」ナショナル戦。

▼6・6さいたま「武藤vs.丸藤」GHC戦。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年10月5日発売! 「パワーワード最強決定戦!!」 プロレスラーはなぜ「強い言葉」を持っているのか? 表紙および巻頭スペシャル対談は、長州力vs武藤敬司。 青木真也、鈴木拓(ドランクドラゴン)、井上京子、山田崇太郎インタビュー。 「玉袋筋太郎の変態座談会」のゲストは大仁田厚。 連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、椎名基樹、坂本一弘、ターザン山本!、吉泉知彦、マッスル坂井、大井洋一、伊藤健一(敬称略)]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼