1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. オカダ・カズチカ
  4. ファン期待度は「オカダを破って内藤2冠」が圧倒的過ぎるナンバーワン! 過去ドーム2度実現「オカダvs.内藤」因縁を振り返る
オカダ・カズチカ

ファン期待度は「オカダを破って内藤2冠」が圧倒的過ぎるナンバーワン! 過去ドーム2度実現「オカダvs.内藤」因縁を振り返る

 447人のご参加に感謝! 「新日本ドーム2日目“王者対決”この選手を応援!」投票アンケート(新日本プロレス東京ドーム大会2日目“王者対決”で期待する顔合わせ、応援選手を教えてください)へのご協力をありがとうございました。(受付期間 : 2019年11月04日~2019年11月06日)

 投票結果はこちらとなります(投票者コメントはリンク先に)。
・ 新日本ドーム2日目“王者対決”この選手を応援! – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

 ファン期待度は「オカダを破って内藤2冠」が圧倒的ナンバーワン! まさに「こんなことってあるか!?」っていう衝撃。8パターンありながら、このパターンを実に半数以上が支持したのだから!!

 過去のドームで2度実現した「オカダvs.内藤」の因縁を振り返る。

 ここまでオカダが全勝。
・ レッスルキングダム (プロレス興行) – Wikipedia

2014年1月4日 レッスルキングダム8 in 東京ドーム
<第9試合 ダブルメインイベントI IWGPヘビー級選手権試合>
○オカダ・カズチカ(30分58秒レインメーカー→片エビ固め)内藤哲也●
※王者オカダが7度目の防衛に成功
※戦前にはダブルメインの試合順がファン投票により争われ、中邑vs.棚橋インターコンチ戦(20,422票)がオカダvs.内藤IWGP戦(11,886票 )を上回る。ダブルメインと称しながらも、実質はセミがIWGP戦、メインがインターコンチ戦となった。

2018年1月4日 WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム
<第9試合 ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合>
○オカダ・カズチカ(34分26秒レインメーカー→片エビ固め)内藤哲也●
※王者オカダが9度目の防衛に成功

 2018年大会でのコメント。
・ WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム – 東京・東京ドーム | 新日本プロレスリング

(試合後マイク)
オカダ「みっつ、言わして下さい(※大歓声&一部からブーイング)。ひとーつ! 内藤さん…。内藤さーん! 東京ドームのメインイベント、どうだった!? 最高に気持ちいいだろ? そして! 勝つとな、もっと気持ちいいぞ、コノヤロー!(※大拍手) またやろうぜ(※大歓声)。東京ドームのメインイベントで、もう1回やろうぜ(※大歓声&大拍手)。
ふたーつ! ……今日は、東京ドーム、凄いお客さん…。どうも! ありがとうございました(※大歓声)。でも、ライトスタンド、ガラ空き。レフト、ガラ空き。上のほうも空いてるトコ、まだまだある…。レインメーカーに、任せなさい。しっかり! 超満員札止めの! 東京ドームを見せてやるからな(※大歓声&大拍手)。
みっつ!(※場内期待の声) …特にあるぞ(※場内驚き)。今日勝ったオカダ(の)ファン、うれしいかもしれない、ハッピーかもしれない。内藤さんのファンは悔しいでしょう。BULLET CLUBのお客さんだって、鈴木軍のお客さんだって、レインメーカーがいまここに立ってるの、納得できない人もたくさんいると思います。でも俺は! 俺のプロレスで全員満足させて、ハッピーにしてやります(※大拍手)。いままでは、レインメーカーとして“カネの雨”しか降らせて来なかったですが、2018年、“感動の雨”“驚きの雨”“幸せの雨”、いろんな雨を降らせて行きたいと思います。でも! 1番は“カネの雨”。というわけで! 2018年も!! 新日本プロレスにー!! カネの雨が降るぞー!!(※大歓声)」

(バックステージ)
内藤「俺は、負けてなんかいねぇよ。勝つまで、何度でもやってやるよ! ……とか言うレスラーいるけどさぁ、俺はそういうの嫌いだから。今日はスリーカウント聞いたのは事実だからね。まぁ、勝った者が全部、素晴らしいんでしょう。勝った者が全て正しいんでしょう。いや、非常に悔しいですよ。オカダにも、そしてお客様にもかつて笑われましたよ。『東京ドームのメインが夢か』って。でもさぁ、これは俺が、中学3年生の時に立てた目標だから。これ、俺は大事にしてきたから。誰に笑われようと、大事にしてきた夢だから。まぁ、今日、俺は何か一つ、ゴールを迎えたっすかね!? まぁでもそれは、中学3年生の時に立てた目標のゴールであり、今日、ゴールを迎えた時点でまた新しい夢が見えてきましたよ。レスラー内藤哲也としての夢が、出てきましたよ。まぁ、また次の機会に発表しますよ。今、一つ言えることは、俺は必ず、またこの舞台に戻ってくるから。東京ドームでの大合唱、皆様、楽しみに待っててください。じゃあ、明日後楽園ホールで試合あるんでね、みなさんも来てくれるんでしょう? 明日、また後楽園ホールでお会いしましょう。(※フラつきながら)アスタ・マニャーナ、アディオス!」

 内藤は、このとき以来、「必ず」という単語を禁句にしていたという。
・ 【新日本】内藤 ドームメイン返り咲きへ「2年前の誓い」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 さながら2冠戦線はトーナメント方式の様相。IC戦に勝てばオカダか飯伏との歴史的一戦に駒を進める。内藤は「強いて言うなら2018年の東京ドームの相手であるオカダとやりたいかな。彼はリングで言ってました。『ドームのメインイベント気持ちいいだろ、勝ったらもっと気持ちいいぞ』と。それがどんなものか、オカダに勝って味わいたいと思います」と希望を口にした。

 ドームのメインに立たなければならない理由は、史上初の偉業となる2冠達成のためだけではない。18年大会のメインでオカダに敗れた内藤は「また必ずこの舞台に戻ってくるから」とコメントを残している。実はこの「必ず」という単語は、ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を結成した15年から“禁句”に設定していたのだ。

「昔はよく使ってましたけどね。ただ『必ず』って言ってそれが実現しなかったら、聞いた人を裏切ったり、うそをついたことになる。簡単に使う言葉じゃないなって思ってやめたんです。でもあの時だけは、その言葉を使わないと自分の思いを表現できなかった。プロレスの会場ではあの1回しか使ってないはずです…多分。あ、もし他にどこかで言ってたら、その発言、消去しておいて」

 制御不能な発言でファンを魅了し続けてきた男は、常に自分の言葉に責任を持ってきた。だからこそ、ただ一度の「必ず」は守らなければならない。内藤は「当時のお客様と、2年前の自分との約束ですから。そのために、まずはジェイに勝たないといけない」と豪語。中学校3年生の時に夢見た舞台への切符を手に入れることは、いまや野望をかなえるための条件であり、果たすべき義務となった。

 はっきりと覚えている。ボクはオカダのあのマイク「勝つとな、もっと気持ちいいぞ、コノヤロー!」を、内藤と同じベンチ側で聞いていた。

AD

 あの試合中にパンパンに溢れた内藤への期待感は忘れられない。それでも内藤は敗れた。圧倒的現実を突きつけられたあの日。

 オカダは「東京ドームのメインイベントで、もう1回やろうぜ」とも言った。もし3度目ドーム対決があるなら、2年越しの実現。「セミでのIWGP戦」→「メインでのIWGP戦」→「メイン濃厚での2冠戦」と両者の闘いはステージを上げていく。

 内藤は2015年5月にロス・インゴベルナブレスに加入、11月にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成した。これが人気沸騰の原点だが、以来のドーム大会では必ずしも順風ではない。2016年に第6試合で後藤に敗戦、2017年にセミファイナルで棚橋に勝利、2018年にメインでオカダに敗戦、2019年にセミでジェリコに勝利。日本版ロスインゴ結成以来、“ドームメインでの勝利”も“ドームデハポン締め”も実現していない。

 日本版ロスインゴ結成以降、実に5度目ドームで、初の“ドームメインでの勝利”、初の“ドームデハポン締め”がかかる。

 中学3年生に内藤が立てた3つの夢、「新日本のレスラーになる」「20代でIWGP王者になる」「東京ドームメインで試合をする」は(王者戴冠が30代になってしまったものの)実現させた。次のステップである内藤の2つの野望は、6大ドームツアーと、IWGP&インターコンチ同時戴冠。

 そして、もうひとつ。過去2度のドーム対決はオカダにとってもすっきりしないのではないか。1度目はファン投票でセミ降格(大会ベストバウトは後藤vs.柴田)、2度目はメインでありながらセミ「ケニーvs.ジェリコ」にベストバウトを持っていかれている。オカダ・内藤の日本人対決でベストバウトを獲ったとき、真の意味での棚橋・中邑時代超えとも言えるのではないか。

 大きなものを背負い、ドーム2連戦は2か月後に迫っている。

* * *

 新日本プロレス関連。

 タッグリーグ戦情報。
・ 【今年の『WORLD TAG』は全16チームが総当たり!】真壁&本間が復活!棚橋&ヘナーレ、矢野&カバナ、鷹木&テリブレ、鈴木&ランス、KENTA&裕二郎らが注目のエントリー! | 新日本プロレスリング
・ 【11月17日(日)後楽園・全カード決定】メインは“前年度覇者”EVIL&SANADA vs鷹木&テリブレの“L・I・J対決”! セミは鈴木&アーチャーvsザック&タイチの“鈴木軍対決”! | 新日本プロレスリング
・ 【11月18日(月)後楽園・全カード決定】メインはジュース&フィンレーvsザック&タイチ! セミは石井&YOSHI-HASHI vs鷹木&テリブレ! KENTA&裕二郎vsファレ&チェーズの“BULLET CLUB対決”も実現! | 新日本プロレスリング
・ 【12月8日(日)広島の主要カード決定!】ジュース&フィンレーvs EVIL&SANADA!石井&YOSHI-HASHI vs G.o.D!鈴木&アーチャーvs KENTA&裕二郎など公式戦7試合がラインナップ! | 新日本プロレスリング

 12月21日(土)~1月13日(月祝)渋谷マルイ7F『新日本プロレスリング STORE ~Road to WK14~ in 渋谷マルイ』。
・ 今年も渋谷マルイで伝説を創る!! 12月21日(土)から『新日本プロレスリング STORE ~Road to WK14~ in 渋谷マルイ』が開催決定!【WK14】 | 新日本プロレスリング

 11月11日(月)19:00日本テレビ『有吉ゼミ』オカダ・カズチカが出演。
・ 【11月11日(月)19時~オンエア!】日本テレビ『有吉ゼミ』にオカダ・カズチカ選手が出演! | 新日本プロレスリング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 2月5日発売!長州力のSNS革命 ツイッターの次はYouTube進攻へ!? 怖い人ほど大衆を癒やす


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 2月28日発売!アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野


★new! 2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) 2月27日発売!UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD