棚橋弘至が「大事なのは勝つことじゃない。」と投げかける主演映画 9月21日公開「パパはわるものチャンピオン」予告動画が到着

pick up ▼ニュース 【新日本】感情むき出し! ヒロムとの“壮絶マッチ”を制したのは、デスペラード 5.22後楽園/クリス・ジェリコが自撮りビデオレター「ナイトーサン、俺はトランキーロではいられない」┃みのる 母校の小学校で純真児童に性悪朝礼┃【DDT】「KING OF DDT 2018」開催! 今年は史上最大規模32選手が参加┃藤波辰爾が王座戦に敗れたら“マッチョ・ドラゴン”をリング上で独唱?!「伽織夫人と“デュオ・ランバダ”も歌ってもらう」┃【スターダム】ワンダー王座挑戦の渡辺桃が王者イオの首折り予告┃SmackDownのTV放送権がFOXに5年総額$1billion(1130億円)で移動か!? ▼情報&コラム SHO TIME@金沢克彦┃本当はキン肉マンになるはずだった、スーパー・ストロング・マシン引退┃【全日本】秋山が藤田の再上陸予告アッサリ拒否「プロレスなめてる人は上げない」┃【日本一早すぎるプロレス大賞MVP予想】丸藤が三冠&GHC二冠達成ならば本命!?┃【悪質タックル】不沈艦ハンセン氏 元NFL選手として日大に警告┃「女王」紫雷イオが「恋人はプロレス」と明言┃5月25日(金)20:00横浜プロレス道場『言闘駆け込み寺』ターザン山本!が1日GM ▼格闘技 【ベラトール】ミルコがまさかの負傷欠場、ロイ・ネルソンとの再戦消滅

 棚橋弘至が主演する映画「パパはわるものチャンピオン」の公開日が9月21日に決定、ポスタービジュアル、予告編動画ととともに明らかとなった。

・ 棚橋弘至主演! 映画『パパはわるものチャンピオン』公式サイト
・ 棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」高橋優の主題歌流れる予告到着(映画ナタリー) – Yahoo!ニュース

AD

プロレスラーの棚橋弘至が主演を務める「パパはわるものチャンピオン」の公開日が9月21日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが到着した。

板橋雅弘と吉田尚令による絵本をもとにした本作は、元は人気レスラーだったが、今は悪役レスラー・ゴキブリマスクとして戦う大村孝志とその家族の絆をつづる物語。棚橋が孝志に扮し、孝志の妻・詩織を木村佳乃、息子・祥太を寺田心が演じる。仲里依紗、大泉洋、大谷亮平、寺脇康文もキャストに名を連ねた。

このたび本作の主題歌を高橋優が手がけることが明らかに。YouTubeにて公開された予告編では、高橋の書き下ろし楽曲「ありがとう」が流れる中、ゴキブリマスクだとバレてしまった孝志が祥太に「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われる場面や、プロレスラーのオカダ・カズチカ、田口隆祐、真壁刀義の登場シーンが映し出されていく。

高橋は「いいことばっかりじゃないけどやっぱり大切な人。そんな二人三脚のような人間関係の歌を作りたいと思いました」とコメントし、棚橋は楽曲の感想を「優しく、かつ、力強いメロディーラインに心が震えました。『ありがとう』で生きていこうと、この曲を聴き終えて、あらためて思いました。最高」と語った。

「バルーンリレー」の藤村享平が監督と脚本を担当した「パパはわるものチャンピオン」は全国で公開。

高橋優 コメント
主題歌制作のエピソード
普段から映画が大好きなので、映画の主題歌のお話をいただくと嬉しい気持ちになります。
いつも近くにいさせてもらえるからこその心の安らぎと、すれ違い。愛するがゆえの葛藤。いいことばっかりじゃないけどやっぱり大切な人。そんな二人三脚のような人間関係の歌を作りたいと思いました。

映画を観た感想
プロレスというスポーツに今まで携わった経験が一度もないにも関わらず、ゴキブリマスクの背中にシンパシーを感じている自分に気がつきました。家族として、仕事人として、男としての生き様。そういったことを考えさせられる映画でした。

棚橋弘至 コメント
主題歌を聴いた感想
先日、高橋優さんと2人でお話する機会に恵まれました。主題歌を作る前に作品を何度も何度も観ていただいたそうです。それだけでももう感動なのに……。
感謝の言葉「ありがとう」。伝えなきゃなぁと思いながら、出来てないことが多い日常。家族に、嫁さんに、子供に、友達に、同僚に……。「ありがとう」は「有り難い」が語源で、なかなかないことなんですね。当たり前は当たり前じゃないと。優しく、かつ、力強いメロディーラインに心が震えました。「ありがとう」で生きていこうと、この曲を聴き終えて、あらためて思いました。最高。

映画『パパはわるものチャンピオン』予告編

 ポスターや公式サイトのメインビジュアルには、棚橋がゴキブリマスクを脱いだシーン。キャッチコピーは「大事なのは勝つことじゃない。」。主題歌もいい感じだし、どのように仕上がったのかが楽しみ。棚橋が、そしてプロレス界がファンに、世間に投げかける映画ともなると思います。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 棚橋弘至主演! 映画『パパはわるものチャンピオン』公式サイト


▼new! 証言UWF 最終章 3派分裂後の真実 5月23日発売!1991年1月7日、前田日明の「解散宣言」で約2年半の活動に終止符を打った第二次UWFは3派に分裂する。表面上はプロレスを敵視し続けてきた男たちの「格闘技への理想」が明確な形となったわけだが、そのリング上は「ガチンコだったのか、アングルだったのか」。第二次UWF、分裂直前の人間関係も含め当事者、関係者たちの証言によって詳らかにする


▼new! KAMINOGE 77 5月1日発売![特集]ニューオーリンズ・プロレス取材記 中邑真輔/フィン・ベイラー/ヒデオ・イタミ/ローマン・レインズ/ザ・グレート・サスケ/飯伏幸太 『鈴木みのるのふたり言・USA番外編』「俺はWWEとかレッスルマニアを目指そうとは思わない。目指すは松田聖子だよ!」 TAJIRI アメリカでレスリングライフを送るということ、そのスポットライトの当たらない部分に迫る


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王 DVD-BOX 7月11日発売!製作著作は日本テレビとテレビ朝日!90年代の新日本プロレス、全日本プロレスの2大団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集。三銃士、四天王と呼ばれ始めた時代から、交流戦で激突した試合等、厳選してDVD6枚に収録。史上初めて各メンバーが集結し、対談を収録。今だからこそ話せる貴重なエピソード満載


▼new! 逆説のプロレス(11) (双葉社スーパームック) 4月25日発売!逆説のプロレスvol.11は、前田日明完全読本スペシャル! 創刊以来、前田日明に問いを投げかけ、言葉を求めてきた本誌が贈るまるごと1冊アキラ特集号。これまで取りためてきた珠玉のインタビュー10本に加え、永遠のアキラウォッチャー・水道橋博士とのスペシャル対談、マンガ「前田日明物語」、さらに「前田日明国内全試合全戦績完全ファイル」を再収録


▼new! 俺たちのプロレス(9) (双葉社スーパームック) 4月18日発売!長州力×天龍源一郎『アントニオ猪木、ジャイアント馬場、新日本、全日本、そしてMMA、現在のプロレスまで』 ザ・グレート・カブキ×越中詩郎『「昭和の全日本」と「平成維震軍」そして「全日と新日の違い」とは!?』 ブル中野×神取忍『闘狂女伝説』 武藤敬司『プロレスを変えた「武藤イズム」』 ヴォルク・ハン『私はもうマエダの兵隊ではなくて……』


▼new! Gスピリッツ Vol.47 (タツミムック) 4月6日発売![特集]ジャパンプロレス [証言]谷津嘉章 竹田勝司×大塚直樹 小林邦昭 栗栖正伸 保永昇男 馳浩 [マスコミ座談会]宮本久夫×小佐野景浩 [特別企画]『全日本プロレス中継』ゴールデンタイム復帰への道【前編】実は「成功」だった夕方5時半への移行


▼new! 巨星を継ぐもの 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録


▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道


AD


▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい