1. HOME
  2. プロレス
  3. ZERO1
  4. 破壊王40歳の死から15年 橋本さんっ!! ボクらはまだまだプロレス追いかけてます
ZERO1

破壊王40歳の死から15年 橋本さんっ!! ボクらはまだまだプロレス追いかけてます

ZERO1

 2005年7月11日、プロレスラー橋本真也が旅立った。時が経つこと15年。

2005年7月11日、テレビ朝日『報道ステーション』で古舘伊知郎キャスターが伝える

 ブログを見返すと、当夜の報道ステーションで古舘伊知郎キャスターが伝えていた。記事を発掘したい。

「橋本真也は殉職した」古舘伊知郎が伝える プロレス_格闘技 カクトウログ

 テレビ朝日『報道ステーション』は、政治の話題からスタートした。かつての橋本真也の主戦場、新日本プロレスの中継局である。何か伝えてくれと願いながら、画面に向かっていた。トップニュースではなかったが、政治の話題から続けざまに、そのニュースは10時を10分ほど過ぎた時間から始まる。


古舘伊知郎アナウンサー「次のニュースですけれども、私、この人、よーく知ってます。ホントにびっくりしました。
プロレスラーの橋本真也選手が亡くなりました。まだ40歳でした。」

■「破壊王」「闘魂三銃士」「小川直也との死闘・・・」
人気プロレスラー 橋本真也 若すぎる死

(テーマ曲『爆勝宣言』を背に、入場を待つ橋本のシーン)

(映像は横浜・市民総合医療センターへ)
きょう午前、横浜市内の病院で亡くなりました。40歳の若さでした。死因は脳幹出血とみられています。

■死因は脳内出血(脳幹出血)とみられている

(坂口征二映像)
新日本プロレス相談役 坂口征二「今日の朝11時頃に聞いてね、信じられなかったですけどね。血圧が高かったらしいね」

■午後5時過ぎ

(蝶野正洋映像)
橋本選手と同期入門 蝶野正洋「オレが気にしてたのは、心臓の方が悪いと聞いてたんですけどね。絶句しましたよね」

(橋本真也vs藤波辰爾の映像)
橋本さんは1984年に新日本プロレスに入門。デビュー当時から将来のプロレス界を背負ってたつ逸材として期待されました。

■昭和62年3月20日後楽園ホール
橋本真也vs蝶野正洋

(試合映像 実況・古舘伊知郎)
「・・・そして卒業と同時にシンニップロの門を叩いております・・・おーっとバックドロップ!(放ったのは蝶野) 後頭部を痛打!
スモールパッケージフォールド、スモールパッケージフォールド、これはどうだーっ」

(悔しがり、ロープを叩く橋本のシーン)
■○蝶野(首固め、14分11秒)橋本×

(別の映像、橋本が武藤敬司と蝶野の間に入って2人の手を上げるシーン)

その後、蝶野選手、武藤敬司選手と「闘魂三銃士」を結成。「破壊王」のニックネームそのままに、アグレッシブなファイトスタイルで一時代を築き上げました。

(高田延彦を垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけるシーン)

(橋本がIWGPベルトを右手に掲げて、東京ドーム花道を引き揚げるシーン)

(小川直也vs橋本真也の映像)

なかでも、柔道からプロレスに転身した小川直也との死闘は名勝負として語り継がれています。

■ライバルとしてしのぎを削った 小川直也

(小川直也コメント、映像)
「何がなんだかさっぱりわからないし、彼本人の携帯電話にも電話して、鳴ったんですけどね・・・ほんとに」

(蝶野正洋記念興行に橋本が花束を持ってかけつけた両国国技館のシーン)
2000年には新団体(ZERO-ONE)を設立しましたが、去年11月に活動を停止。痛めていた右肩を手術し、リハビリをしながらリング復帰をめざしていました。

(アントニオ猪木と橋本の握手シーン)
訃報を受けたかつての師匠、アントニオ猪木さんは。

■アントニオ猪木さん
「突然の訃報に言葉も出ません これからというときに、あまりにも早すぎる・・・」
(猪木のコメントは字幕のみ、ナレーターが代読)

蝶野正洋「とにかくまっすぐな人間ですから、妥協しないし、でー、プロレスラーらしいプロレスラーでした」

小川直也「一刻も早く、ほんとにほんとの意味での事実をボクの目で確かめてからでないと、言葉出ません。以上です」

(大ハシモトコール、テーマ曲『爆勝宣言』、背中に“闘魂伝承”とかかれたロングガウンを背負って、東京ドームの中央花道を歩く橋本のスロー映像)

■橋本真也 享年40

古舘伊知郎アナウンサー「お医者さんは、死因はプロレスとはまったく関係ないと言っているようですね。高血圧とか、いろんな原因があると。(首をかしげながら)ボクはそれだけじゃないとどうしても思うんですよね。ほんとに受け身の取りづらい技をどんどん連発していく。それにファンは歓喜の声をあげる。リング上はまたそれにこたえようとエスカレートする。そのデッドヒートだと思うんですよね。ボクはそういう意味では、彼は殉職だというふうに、思います。ほんとうにいいヤツでした。」

 伝えたからどうなるものではないが、伝えずにはいられなかった。残さずにはいられなかった。気がつくと、22:10からのニュースを受け止めてから、日付が変わらぬうちの23:30に書きとめていた。生き様を見せ続けたうえでの死を「殉職」としたことが腑に落ちたことを思い出す。

 橋本さんっ!! ボクらはまだまだプロレス追いかけてます。きょう新日本プロレスが久々に有観客興行をやるんです。えっ、当たり前だろって!? 違うんです、新型コロナウイルスというヤバイやつといま闘ってまして。橋本さん、そっちにはコロナなんていないことを祈ります。

大谷晋二郎「橋本真也という人が作ったゼロワンをなくすわけにはいかない」

 その新型コロナもあって、橋本さんのつくったゼロワンも大変です。どうか天国からパワーをくださいっ。

【ゼロワン】本紙既報通り耕平、日高、高岩の退団を発表 大谷は「橋本真也という人が作ったゼロワンをなくすわけにはいかない」

 主力3人の離脱について大谷は「3選手自分の道を自分で選んだということで、3人に対して変な気持ちはなく、感謝しかありません。これからもゼロワンのリングに3人の力が必要になることは必ずあるでしょう。その時は胸を張ってオファーしたい」と話した。

 さらに今後に向け「橋本真也という人が作ったゼロワンをなくすわけにはいかない。絶対に続ける。そのためならばプロレスラー大谷晋二郎は、求められる場所があればどこにでも行く」と存続に力を込めた。

七夕の日経夕刊 橋本大地「そのとき、プロレスラーになろうと誓いました」

 4日前の七夕には、橋本大地インタビュー。ネットにも出ました。

プロレスラー・橋本大地さん 父とは違う形で一流に|エンタメ!|NIKKEI STYLE

著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。今回はプロレスラーの橋本大地さんだ。

――お父様(プロレスラーの故・橋本真也さん)との思い出は。

「家では優しく、普通の父親でした。いたずらしたらひっぱたかれましたが、一緒に遊んでくれました。父はヒーローの趣味に凝っていて、ウルトラマンや仮面ライダーのフィギュアで一緒に遊びました。超合金のマジンガーZなど父のお宝グッズは触らせてもらえませんでしたが」

――同じプロレスラーの道に進みました。

「私が13歳のとき、父が突然この世を去りました。死の直後はぼうぜんとしていて、葬式で涙一つ流さない自分が非情にすら思えました。ただ、出棺して火葬場の中に父が消えると涙がこみ上げ、その場で崩れ落ちてしまいました。自分が父を継がなければ……。そのとき、プロレスラーになろうと誓いました」

「母は私の夢に反対していました。私が学生のころには三沢光晴さんが試合で命を落としました。危険が伴うのはもちろん、その割に稼ぎが少ないスポーツであることも母は知り尽くしていました。しかし私の意志は揺らぐことなく、最後は母も諦めてくれました」

「デビュー戦は19歳のとき、父が立ち上げた団体『ゼロワン』設立10周年大会でした。プロレスラーは体づくりなど基本が整ったタイミングでデビューするのが一般的ですが、私は日時が先に決まっていたので、限られた時間でコンディションを整えるしかなく、必死でした」

――2015年にはお父様の復活祭を開催しました。

「ファンの方に父のことを忘れないでもらいたいとの思いがありました。一方で橋本真也という名前を何度も出すのは、墓を掘り起こすようなもので、1回限りと決めてやりました。今は再びやろうとは思いません」

――17年に初めてチャンピオンベルトを獲得しました。

「プロレスラーとして団体を引っ張る責任ができたと、身の引き締まる思いでした。父の墓前に『やっとチャンピオンになったよ』と報告をしました。父の過去のビデオを見ていたら、チャンピオンベルトを持って祖母の墓参りをする場面が映っていました。父と同じだという感慨で胸がいっぱいになりました」

――お父様が亡くなって15年、追いついた実感は。

「子供のころは会場で父が闘う姿を見ていましたが、試合映像で本格的に勉強するようになったのはプロレスラーになってから。ファンが喜ぶと思い、父と同じ『DDT』という必殺技を使い始めました。でも今は自分の技として認められるよう努めています。俊敏な動きが武器でボクシングやレスリングなども経験しました。父とは違う形で一流になりたい。『自分の名前で戦え!』。生きていたらそう言ってくれるはずです」


はしもと・だいち 1992年神奈川県出身。2011年デビュー。16年に大日本プロレスに。17年にはBJW認定世界ストロングヘビー級で初のチャンピオンベルトを獲得。入場曲は父と同じ「爆勝宣言」。

 きょう7月11日は、故人の功績を称え、思い出を語り合う1日にしましょう。ハッシュタグは「#破壊王追悼」で。

 そうそう、5日にはこんな記事も。

 東スポと言えばプロレス。プロレスと言えば東スポ。日本マット界の歴史をリングサイドから見続けてきた本紙ベテランカメラマンが秘蔵写真を蔵出し公開! 天変地異が起きようが、家庭が崩壊しようが、プロレス会場に駆け付け、レスラーを密着マークしてきた。〝伝説の一枚〟をとくとご覧あれ――。

 先日、ゼロワンが存続の危機を迎えているというニュースが報じられた。ゼロワンは2001年に故橋本真也さんが設立した団体で、その橋本さんは今月11日に15年目の命日を迎える。果たして橋本さんの墓前に良い報告はできるのだろうか…。

 橋本さんは1984年にアントニオ猪木に憧れて新日本プロレスに入門し、その年の9月にデビューを果たしたが、そのわずか1か月後にまさかの移籍劇が勃発したことがあった。

 それは10月6日のユニバーサルプロレス(旧UWF)の東京・世田谷区用賀駅前広場特設リングの会場で起こった。

 橋本さんは新日本の合宿から近いこともあり、チケットを購入し先輩レスラーの後藤達俊と連れ立って観戦に訪れた。休憩時間にスタッフに促された後藤に連れられ藤原喜明らを表敬訪問した橋本さんは大歓迎を受けた。

 前田日明、高田伸彦(現延彦)らも加わり、話が弾んでいたが、そこから前田が真骨頂を発揮した。

「えー、今から入団発表を行います」と我々取材陣にアナウンス。

 前田、高田、藤原の3人は後藤、橋本さん、そしてあとから合流した小杉俊二の順にそれぞれ、入団会見では“定番”の握手した手を重ね合わすという写真撮影をセッティング。こうして橋本さんの“入団(風)”写真が撮られた。橋本さんは少し戸惑ったような笑顔で写真に納まった。

 取材陣は前田の仕掛けたイタズラに大爆笑。

 橋本さんものちに無類のイタズラ好きとして知られることになるが、この時ばかりは前田の“仕掛け”になすすべもなかった。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年8月5日発売!前田日明×舐達麻 玉袋筋太郎「秋山準」変態座談会 松永光弘 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 三又又三 鈴木みのる×宮田充



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) プロレスラーの妻たちにスポットライト、光を当ててみました。力道山、馬場、藤波、高山、葛西、剛の夫人たちです。彼女たちの揺るぎない精神。1ミリもブレていないその生き方には本当に心が動かされた



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼