1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. アントニオ猪木
  4. 長州力が英子夫人とファンに感謝の言葉、現役生活に別れ/同じ日に“長州力の名付け親”アントニオ猪木が議員生活に別れ
アントニオ猪木

長州力が英子夫人とファンに感謝の言葉、現役生活に別れ/同じ日に“長州力の名付け親”アントニオ猪木が議員生活に別れ

 6月26日というと、プロレスファンにとってはアントニオ猪木vs.モハメド・アリが行われた日。だけれども、これからは2019年の出来事が記念日のように刻まれるのかもしれない。

 26日、長州力が英子夫人とファンに感謝の言葉、現役生活に別れ。
・ 長州力引退「家族のもとに」リング上で愛妻にキス(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

「革命戦士」こと長州力(67)が、45年のプロレスラー人生の幕を閉じた。

おなじみの「パワーホール」での入場に、白のリングシューズに黒のトランクス。長州はいつもと変わらぬ姿で淡々とプロレス人生を締めくくった。

後楽園ホールで行われた最終試合のチケットは、即日完売。試合は全国27カ所の映画館などでライブ中継された。67歳になっても衰えないぎらぎらしたオーラで、最後まで多くのファンを熱狂させた。

最後の試合となる6人タッグマッチで越中詩郎(60)、石井智宏(43)と組み、藤波辰爾(65)、武藤敬司(56)、真壁刀義(46)組と対戦。藤波相手にサソリ固めを決め、越中との連係で武藤を攻め立てた。さらに真壁にラリアットを見舞いダウンさせると、すかさずサソリ固めで攻めた。

しかし形勢は逆転。攻められる時間が長くなり、トップロープから真壁に繰り返しニードロップを浴びると、最後は抑え込まれてカウントスリー。会場が静まり返る中、あえなくフォール負けした。

晴れやかな表情でリングに立った。あらためて「チョーシュー、リーキー」と紹介とされると、会場からは「長州コール」が巻き起こった。マイクを手にした長州は「45年間、本当に長い間応援され、ここまでくることができました。私にとってプロレスとは、勝っても負けても、私はイーブンでした」とあいさつ。

そして妻の英子をリングに呼び寄せ、リングの上で抱擁。熱いキスを交わした。「もう引退して家族のもとに帰ります」と話した。

さらに会場に向けて「ハセ!」と呼びかけ、かつてともに戦った元プロレスラーで後輩の国会議員、馳浩氏をリングに呼び込んだ。がっちり握手し、馳氏から「長い間本当にありがとうございました」とねぎらいの言葉を受けた。

マイクを再び握った長州は「この会場の雰囲気をつくっているのはファンのみなさんです。引き続き、選手に向けて熱い声援をよろしくお願いします」と話し、マイクを置いた。笑みを浮かべ、満足げな表情で会場を見渡した。

1998年1月4日の東京ドーム大会で、1度は引退した。しかし2000年7月に大仁田厚との有刺鉄線電流爆破デスマッチで復帰。この日、最後の対角線には、21年前の引退試合にはいなかった生涯のライバル藤波がいた。

約37年前。藤波との戦いがプロレスラー長州力の名を高めた。1982年10月8日、新日本プロレスの後楽園大会。若きエース藤波に長州が突然かみついた。タッグマッチで味方だったにもかかわらず、長州はタッチを拒否。試合後、マイクを取って、怒りをぶちまけた。その暴言をきっかけに大乱闘を繰り広げた。後に「かませ犬」発言として世に広まったものだ。

当時、WWWF(現WWE)ジュニアヘビー級王座を獲得し帰国した藤波は28歳の若さながら、猪木に次ぐエースとして期待されていた。一方、2歳上の長州はアマレスで五輪に出場し、鳴り物入りで入団したにもかかわらず人気はいまひとつだった。そんな状況に反乱を起こした長州がファンを熱くさせた。2人の対決は「名勝負数え歌」として、熱狂を巻き起こした。長州-藤波はそれまでの定番だった「日本人対外国人」ではなく、日本人同士の対戦に価値をプロレス界に革命を起こした。

この日は、平成維新軍やWJプロレス時代をともにした越中、最後の弟子石井とタッグ。藤波側にはかつての付き人である真壁と、後輩武藤。18年に膝の人工関節手術を受けた武藤は、この日を復帰戦に選んだ。長州を中心に団体を超越した夢のカードが実現した。昭和、平成と話題をふりまき続けた長州は、最後までプロレス界を盛り上げた。

 余計な演出を嫌がる本人の意図を受けて、テンカウントもセレモニーもなし。一方でマイクを握るかどうかが注目されたが、しっかりと挨拶を行った。

 序盤の藤波へのドラゴン・スクリューといい、途中にコーナートップに上がってのハイジャック・パイルドライバーといい、真壁刀義に実に4連発となるキングコングニードロップを打たせたことといい、長州はファイナルらしい渾身の闘いとなる。ボクも会場で見届けましたが、最後ニードロップを食らっても跳ね返す姿には胸が熱くなりました!

 具体的な話こそ進んでいないが、長州のこれからについては選手育成に関わるプランが浮上している。
・ 長州力、引退後に「長州道場」設立計画…プロデュース興行も継続へ「プロレス業界のためになる」…関係者が構想を明かす(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 改めて長州名付けのエピソードも出ていてる。
・ 新間寿氏が明かす プロレスラー「長州力」誕生の瞬間とあの「かませ犬事件」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

AD

リングネームを考えたのも猪木氏だ。新間氏も「ストロング吉田」「ナイト吉田」を提案したが、猪木氏は「山口県出身だから長州がいい。力持ちだし、力道山先生の『力』を取って長州力だ」と即決した。

 26日、同じ日に“長州力の名付け親”アントニオ猪木が議員生活に別れ。
・ 猪木氏が議員生活に別れ「体調壊して元気売れない」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

7月の参院選不出馬を表明したアントニオ猪木参院議員(76=無所属)は26日、国会議員として最後となる参院本会議に出席、議員生活に別れを告げた。本会議後、報道陣に「最後の、元気ですかー!」を披露したが「体調を壊したもんですから。最後の方は大変だった。元気が売り物だったが、元気を売れなくなっちゃった」と語った。89年にスポーツ平和党から参院議員初当選。プロレス出身で初の国会議員になり、1期務めた。

13年には日本維新の会から出馬して2度目の当選を果たし、18年ぶりに国政復帰。「長いようで短いようで」と振り返った。議員は引退するが、独自の人脈を生かして北朝鮮問題に引き続き取り組む。安倍政権の北朝鮮に対する姿勢の転換に異論を唱えつつ「自分なりの外交をやっていきたい」と述べた。

 ふたつの“別れ”には、止められない時計の針を感じてしまう。さりとて、猪木にも長州にも担えることはあるわけで、また違ったカタチでボクらの目の前に顔を出してほしいと思う。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

 

★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実


★new! KAMINOGE 90 6月3日発売!〝孤高の天才〟田村潔司 長州力[革命戦士] ターザン山本![令和初の定義王] 佐野巧真[プロレスラー] 苫米地英人[認知科学者]×山城美智[沖縄拳法空手道沖拳会 第6代師範] 加藤大典[ゲームプロデューサー] 〝異能の戦士〟保永昇男変態座談会


★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! 俺たちのプロレス(12) (双葉社スーパームック) 6月22日発売!俺たちのプロレス VOL.12 色あせることのない煌めき 三沢光晴の真実 急逝から10年――。ライバルや盟友12名がそれぞれの想いを激白!!


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった


★new! カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」 6月13日発売!つらい状況を耐えたその先に、本当のチャンスがやってくる―人生いつも崖っぷち、絶対的エースの逸材逸話


★new! L・I・J [DVD] 6月28日発売!新日本プロレスの内藤哲也を中心とするユニット、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの軌跡をたどるDVD。メンバーの印象に残っている思い出深い試合を収めた「BOUTS」、メンバーの過去から現在までを追った「ENTRANCE MOVIE」ほかを収録


★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦 ~ ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD