1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. アントニオ猪木
  4. いろんな話に乗ってしまうアントニオ猪木を守ってきた田鶴子夫人が天国へ 至近距離で3度お見かけしたときの思い出
アントニオ猪木

いろんな話に乗ってしまうアントニオ猪木を守ってきた田鶴子夫人が天国へ 至近距離で3度お見かけしたときの思い出

アントニオ猪木

4

pick up ▼ニュース 【マスターズ】ライガーのラスト参戦にサムライが電撃来場! ライガーは引退前にタッグ実現希望もサムライ「ヒザが痛くて」と拒否令和に突入しても平成維震軍! 「格が違う」と挑発していたTEAM2000セコンド蝶野をヒップアタックで制裁【新日本】8.31ロンドン決戦目前! 声援は場内を二分! オカダと鈴木がタイトルマッチ前夜に一触即発【DDT】9・1大阪大会直前情報 3年ぶりの大阪オクトパス! メインは竹下vs青木のKO-D無差別級戦【アイスリボン】女王・藤本つかさ対2冠王者Sareee 9・14横浜大会で実現! ピリピリムードの会見で舌戦を展開ロジャーグラートのブランドアンバサダーに就任した長州力の特別動画公開 ▼情報&コラム 今年のPWI 500の1位はセス・ロリンズ、新日本プロレスから3選手がTOP10入りケニー・オメガは1.4東京ドームに出場するのしないの?、ダスティンが契約、他@青空プロレスNEWSさん各種数値で振り返るオカダ・カズチカデビュー15周年@プロレス統計さん棚橋 ザックの英国王座奪取後に”一人G1”開催棚橋弘至が語った「仕事人」とは? 「得意じゃないことにどれほどの熱量が出せるかで価値が決まる」9月8日(日)22時テレビ東京『有吉ぃぃeeeee!』タイガーマスクが出演9月21日(土)18:00巣鴨・闘道館『トークライブ&ドリームショット撮影会』リック・スタイナー週刊ファイト’19年09月05日号TAKAYAMANIA 橋本田鶴子 週末AEW新日WWE 甲子園出身 殺アオリマン

 報道されているように、27日にアントニオ猪木を支えた「ズッコさん」こと田鶴子夫人が天国へ旅立った。一部で病床にあると伝えられていたが、76歳である猪木の16歳年下とされていることから60歳前後での早い死となる。猪木もショックを受けていることだろう。

 猪木の結婚歴。

1回目の結婚
1964年からのアメリカ武者修行中に現地アメリカ人のリンダさんと結婚。
1人出産となった子供は幼いころに亡くなる。

2回目の結婚
1974年に女優の倍賞美津子さん。
長女が生まれている。結婚生活17年で離婚。

3度目の結婚
1989年に22歳年下の尚美さん。
参院選初当選時に並んでメディアの前で結婚を明かす。
翌年に長男が生まれている。2012年に離婚。

4度目の結婚
2017年に16歳年下の橋本田鶴子さん。
団体IGF役員、2011~2013年公設秘書、猪木マネージメント会社「CORALZ(コーラルゼット)」副社長。
2014年時点で半同棲状態にあったとの報道あり。

写真は産経ニュースより。2018年の報道での車椅子姿の猪木、車椅子を押していたのが田鶴子夫人。

東スポは訃報に際し、2001年5月の写真集出版記念パーティーのものを発掘している。

 東スポより。
・ アントニオ猪木氏の妻死去 家族が明かす闘魂への献身生活(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 “燃える闘魂”ことアントニオ猪木氏(76)の最愛の妻、田鶴子さんが27日に死去した。猪木氏が自身のツイッターで「8月27日未明、妻・田鶴子が永眠致しました」と報告。「カメラマンとして私の写真を撮りながら、いつも献身的に尽くしてくれました」と感謝の言葉をつづった。2人はカメラマンと被写体の立場で出会い、5年にわたる密着撮影の末、2001年に出版された写真集「人生のHomeLess アントニオ猪木写真集」を手掛けたのが田鶴子さんだった。

 その後は長年にわたり猪木氏を支え、17年に結婚。猪木氏の義理の息子だった新日本プロレス元社長のサイモン氏(45)はこう振り返る。「健康面も含め全てをマネジメントしてくれて、本当に感謝しています。糖尿病の血液検査を含め、インスリンとか薬を飲むタイミングを管理して。バッグの中にはいつも猪木さんに必要なものが全て入っていました。少しでも疲れた様子が見えたらマッサージのアポを取ったりもしていた」

 サポートはプライベートだけにとどまらなかった。昨年9月に北朝鮮建国70年の祝賀行事に参加するなど、政治家の猪木氏が積極的に行ってきた北朝鮮外交の窓口としても活躍。田鶴子さんが持つパイプを生かしたものだった。また、猪木氏の肖像権などを管理するマネジメント会社「コーラルゼット」の副社長も務め、文字通り公私にわたるベストパートナーだった。

 当然、周囲からはそんな伴侶を失ったことを心配する声もある。「猪木さんには常にいろんな人間が集まってくる。その中にはよくないことを考えている人もいるわけで。それをうまくコントロールしていた夫人がいなくなってどうなってしまうのか」(格闘技関係者)。猪木氏は9月2日にモンテローザのキャンペーン記者発表会に出席予定で、その発言に注目が集まりそうだ。

 夕刊フジより。
・ アントニオ猪木を守り抜いた“ズッコさん” 「人間は信用できない」と寂しそうに… プロレス解説者・柴田惣一氏、田鶴子さんの素顔明かす (1-2ページ) – zakzak

AD

 2017年7月28日。“プロレスの神様”カール・ゴッチの納骨式が行われた東京・南千住の回向院に、猪木はいた。当然のように、かたわらには田鶴子さんが寄り添っていた。

 この5カ月前、猪木の誕生日(2月20日)に、入籍したばかり。左手の薬指には大きな結婚指輪が輝いている。それを確かめるように、何度も触っていた。

 愛称は「ズッコさん」。カメラマンとして猪木の写真集を出版。猪木の専属マネジメント会社の取締役副社長も務めていた。

 公私に渡りマネジャー役をこなすようになってから約20年。さまざまな人たちが思惑を秘めて猪木を取り巻いていた。猪木を利用してひともうけをもくろむ輩も多かった。ズッコさんは猪木を守るために、批判を覚悟の上で「壁」になった。いつしか、猪木と直接連絡を取れる者は、ほぼいなくなった。

 不満が渦巻く。ズッコさんに厳しい声が飛び、中傷する記事も出た。気丈に振る舞ってはいたが、実はかなり気にしていたようだ。「人間は信用できないの」と寂しそうにつぶやいた姿が忘れられない。

 回向院住職の愛犬を抱きしめ何やら語りかけていた。「良い子ね」「かわいいですね」…漏れ聞こえてくる。「動物はウソつかないから」。悲しげな瞳が潤んでいた。

 10年以上前にいただいた手紙には「たくさんのジェラシーの中、頑張ってます」と書かれていた。

 カラオケでは、PUFFYの『これが私の生きる道』を替え歌で「近ごろ、猪木さんは、いい感じ(寛至=猪木の本名)~」と楽しそうに歌っていた。

 猪木の体をよくマッサージしていた。小柄なズッコさんが、巨体をもみほぐすのは大変だったようだ。「疲れちゃうのよ。その後、自分がマッサージに通うのよ。世話ないよね」と苦笑いしていたが、その顔には喜びがあふれていた。

 カメラマンとしても猪木を撮り続けた。「私がカメラを向けると、とびきりの顔を見せてくれるの。フフッ…」。まるで猪木のように笑った。

 ただ、写真を撮られるのは大嫌いで、私が2人のツーショット写真を撮らせてもらおうとしたら、「私が撮ってあげるわよ」とスマホを奪われ、逆に撮られてしまった。

 「猪木にささげ、猪木を守るための半生」を生き抜いたズッコさん。これからも、天国から猪木を見守っていくに違いない。合掌。(プロレス解説者)

 ファンは知っているように、ビジネス上のいろんな話に乗ってしまう猪木。ここ5年以上は田鶴子夫人が“守ってきた”と言っていい。記事にもあるが、今後の猪木が心配ではある。うまくサポート体制が整っていることを祈りたい。

 個人的に至近距離で3度お見かけしたときの思い出。

 2014年3月17日深夜に仲介あって「猪木さんと飲める」という話になり、会員制のバーに会社仲間と足を運んだことがある。こんな機会は人生一度きりであるが、猪木はボクらにぶっちゃけて政治バナシを口にしていた。田鶴子夫人(この頃はまだ結婚はしてなかったことになる)は猪木の隣りに寄り添い、ボクらと猪木の記念ショットの時間帯をつくってくれたりシャッターを押してくれた。猪木のまわりを自ら仕切って支えていらっしゃるんだなと強く思ったものだ。

 2017年9月14日、「INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木『生前葬』~」発表記者会見。メディアの手伝いで現場に入らせてもらったのだが、猪木入場とともに後ろについてカメラを回していたのが田鶴子夫人だった。会見終了時には記者陣の近くに歩を進め、「このたびは取り扱いよろしくお願いいたします」と頭を下げていた。自らが猪木興行を成功に導かなきゃという使命感、集客への危機感を持っていらっしゃったのだと感じた。

 2017年11月3日、アントニオ猪木酒場新宿店が移転リニューアルオープン。
・ 猪木降臨するも「オープン今日なの? 何も聞いてないんだよ」 アントニオ猪木酒場新宿店がJR新宿駅南口1分の好立地に移転ダーッ! プロレス-格闘技 カクトウログ

 飲んでいたお客さんは誰も気づいていなかったと思うが、黒い服で寄り添っていたのが田鶴子夫人。特にアクションはなかったが、この日は猪木登場タイムの全ての喋りを猪木本人がやっていて、世話役なしでこなせる猪木の元気ぶり・トークの器用さを感じ、一方で「夫人と二人三脚で何でも回しているのかな」という印象がしたものだ。

 東スポで普通にコメントしているサイモン氏だが、実際には田鶴子夫人サイドと対立もした。本人に対する関係者の思いは様々なのかもしれないが、特に終盤の人生でスーパースター猪木を支え切ったと言っていいでしょう。

 どうか天国でやすらかに。ご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD