1. HOME
  2. プロレス
  3. 残るは高田と田村!? カッキーライドで「ノー・フィアー!」Uインター勢が高山に大エール/8・31後楽園『TAKAYAMANIA』残席情報
プロレス

残るは高田と田村!? カッキーライドで「ノー・フィアー!」Uインター勢が高山に大エール/8・31後楽園『TAKAYAMANIA』残席情報

pick up ▼ニュース コマンドボリショイが引退を発表【WAVE】桜花「19日の後楽園大会で明るい未来を見せます」 ▼情報&コラム 棚橋弘至、苦境語らずとも想起させる絶妙な言語感覚メイ社長コラム 第12回は「ガイジン社長」【全日本】宮原 ゼウスとの3冠戦で目覚めた「狂気」 18日の世界タッグ戦で非情ファイト予告【アイスリボン】フェリス出身の元銀行員でトリリンガル 雪妃真矢「私なら女子プロレスを変えられる」有田哲平、プロレスファンの悩み“八百長”質問への対処法をレクチャー ▼格闘技 異種格闘技戦イベント『巌流島』約8カ月ぶりに9・17千葉・舞浜で開催

 会場観戦しました、14日の後楽園ホール大会『カッキーライド2018 集え!Uインター魂』。

・ 鈴木みのるに秒殺されるも、垣原賢人が上半身披露で完全復活! 山崎一夫、安生洋二、桜庭和志ら元Uインター勢が高山善廣にエール – 週刊ファイト

 悪性リンパ腫と闘ってきた垣原賢人がメインに立つ。14日、後楽園ホールにて『カッキーライド2018 集え!Uインター魂』が開催された。

 昨年夏のカッキーライドでは、上半身にラッシュガードを着用し、藤原喜明との第1試合でのスパーリングマッチ(グラップリングマッチ)止まりだった垣原。今年はポスター写真にもなっていた上半身をリングで披露、UWF特別ルールでの完全復活となる。垣原は掌底で突破口を開こうとするも、みのるは対処してからスタンディングのスリーパーへ。ぐったりした垣原に対してグラウンドでのスリーパーに移行して絞め続ける。1分50秒、チョークスリーパーでみのるが秒殺勝利。

 倒れたままの垣原にみのるは「高山(善廣)に力を与える? その程度の力で何を与える? UWFはお前の一部であって全てではない。プロレスにはこんな方法もあるんだよ」と番外戦の場外乱闘へ。垣原の娘の綾乃さんが止めようとするも、みのるは垣原に椅子攻撃。リングに戻された垣原は張り手を繰り出すも、みのるはスリーパーからゴッチ式パイルドライバーの体勢へ。捕獲されて宙に浮いた垣原は抵抗さえできず。この様子から、みのるは垣原を落とすまではせず。解放するとマイクで「この続きはとっといてやる。出直してこい!」と言い放ち、退場した。

 歴然とした力の差を見せつけられた垣原だったが、高山支援の初志は貫徹せねばならない。立会人の山崎一夫、この日のダブルバウトでレフェリーを務めた安生洋二、さらには桜庭和志といった元Uインターの面々がリングイン。高山へのエールが一人ひとりから送られ、最後は「鈴木みのるに勝つまであきらめません!」と宣言した垣原が音頭を取っての「行くぞ、ノー・フィアー!」で締められた。

 業界の盟主・新日本プロレスのトップに立つみのるが垣原の相手をどう務めるのかと注目されたが、プロレスの厳しさをストレートに満天下に示した格好だ。緊張感のある攻防も随所にあった大会だが、メインは段違いで鳥肌が立つような衝撃。高山へのエールの中で「こんな空気つくっておいて、鈴木みのるはいま売店でTシャツ売ってる。プロ中のプロの仕事だ」とオチをつけた安生のマイクもサスガだった。

 詳細試合レポート、バックステージコメントはこちらで。
・ 【試合結果】8・14 カッキーライド2018 鈴木みのるvs垣原賢人 藤原喜明vs冨宅裕輔 中野巽耀&山本健一vsロッキー川村&佐藤光留

高齢のため杖を使用しての試合が認められている「がばいじいちゃん」。試合開始からスローモーだったのに、急にテキパキ動いて場外プランチャーやシャイニングウィザード! 笑わせてくれた。

パールハーバースプラッシュにいく前の葛西の敬礼ポーズに合わせて長井も敬礼!

藤山大樹さんによる手妻(国の無形文化財に指定されてるマジック)ショー。BOXに何かを入れたと思ったら空っぽ、次の場面では大きいものまでどんどん出てくる驚愕のショーで喝采を浴びる!

立会人であり寡黙な山崎一夫が口を開く。「まだいらしてない方が、まあ、こっからほんとに独り言」「もうそろそろいいんじゃないかなと思うんです」「赤いパンツの頑固者」「出てこいや!!」。言えばかなうものではないけれども、主催者サイドの声を先輩格としてあえて代弁。どうですか、田村潔司さん、高田延彦さん! 半月後の『TAKAYAMANIA』、1年後のカッキーライドで待ってます。

スタンディングバウトは野村卓矢の思い切りのいいパンチが何度か入る。崩れ落ちた伊藤崇文にセコンドからタオルが投げられ、野村のTKO勝利。

UWFルールながら鈴木秀樹はレガースなしの通常スタイルで登場。ポイントは両者が奪い合ったが、ジャーマン→ドラゴンスープレックスで鈴木が中村大介をKOした。何か感じるものがあったのか、鈴木「中村さん、先輩ですけど、俺がいるリングに上がってこい。追っかけてこい」。

安生洋二が特別レフェリーとして登場。UWFルールではボクシンググローブは反則ということで、ロッキーにグローブを外させる厳格レフェリング。

シャチホコ固めで中野巽耀がロッキー川村を仕留める。安生も含めた?Uインターチームで勝ち名乗り。

藤原喜明「いやぁ、今日は特別しんどかった。一生懸命やってんだけどね。みんな、成長してるね、みんなね。そんだけだ!」(コメントはバトルニュースより)。確かにスタミナ切れぎみにも見えたが、冨宅裕輔を脇固めで仕留める。

いよいよ本格復帰の垣原は「UWFプロレスメインテーマ」で入場。実にいい表情。後ろに綾乃さん、つくしさんを帯同。

リングで待ち構える鈴木みのるに逆に頭を合わせて逆挑発。いいぞ! このあと嫌がったみのるの方が先に垣原を突き返す。

見よ、この肉体。この日のためにコンディションを仕上げてきた。いよいよ本格復帰! コールは179センチ、70キロ。

赤いレガースにUWFの文字。掌底打ちをみのるは警戒。

みのるは胴タックルから涼しい表情でスタンディングチョーク。

グラウンドに移行するとレフェリーが試合を止める。

この日を目標にしてきた垣原の試合は1分50秒の幕切れ。親子でうなだれる。みのる「おい、おい垣原、俺は、克服しましただから高山に力を与える?その程度でか?あ?おい、その程度の力で何を与えるんだよ、おい。それがオマエの全てか?あ?オマエの大好きなこのUWF、オマエの一部であって全てではないはずだ!どうだ?そうだろ?プロレスにはな、こんな方法もあるんだ」(マイク起こしはバトルニュースより)。

垣原を場外に投げ捨て、みのるはプロレス全部乗せ。椅子攻撃へ。UWFだけではなく純プロレス経験もある垣原のプロレス人生を問う!

みのるの目前に綾乃さん、その後ろにつくしさんが立つ。父親とともに闘う!

リングに戻った垣原は掌底で反撃開始。

しかし、みのるのニーリフト、チョークで動けなくなった垣原。ゴッチ式の前段階で宙づり状態。

するとみのる、落とさず。サッと垣原を離す。

「おい!垣原よ、この続きは、とっといてやる。もっと体鍛えて、出直してこいや!」(マイク起こしはバトルニュースより)。番外戦でも本戦と変わらぬ差を見せつけて、場内を凍らせる。世界一性格の悪い男の、世界一厳しく、世界一愛に溢れたエール。

桜庭和志、中野巽耀、大江慎、山本健一、山崎一夫、安生洋二をはじめUインター勢が集う。垣原「情けない姿を見せちゃいましたけど、鈴木みのるに、勝つまで、諦めません!だから、高山もこのトップロープを跨ぐまで回復してくれ。絶対諦めるな。皆さんも高山を応援してください。ノーフィアーいいですか?いいですか?いくぞー!ノーフィアー!!!」(マイク起こしはバトルニュースより)。

南側(正面)だけではなく、四方の観客に勢揃いショット場面をサービス。これは他団体もぜひやっていただきたい。

大会実現に携わった親子3ショット。

 大会は大成功でしょう。決して垣原に花を持たせないみのる。身体がついていかなかったが、気持ちはみせた垣原。メインの短時間決戦は勝負タイムだけならばあっけない印象を持つだろうが、これぞプロレスという現実が詰まっていた。

 「集え!Uインター魂」とのテーマでUWF特別ルールでの展開もあったが、どんなルールでも強さを見せられる男の度量が問われる世界を、この日に参加した選手たちは歩んできたのではないか。そんなことを思わせられたし、その度量と技量でみのるは群を抜いていた。

 そして、とんでもない医療界ルールとでもいうべき中で高山善廣が闘っている。同志たちの思いよ、届け!

大会から帰宅すると、ちょうど『TAKAYAMANIA』の大会チケットが届いていた。チケットはリストバンドの形状となる。高山善廣を支援する2大会はつながっている!

 8・31後楽園ホール『TAKAYAMANIA EMPIRE』残席情報。
・ TAKAYAMANIA EMPIRE 残席チケットの販売開始します! 高山善廣オフィシャルブログ Powered by Ameba

チケットは明日15日より
TAKAYAMANIA公式通販サイト
パイルドライバーの店頭及び 通販サイトでの販売となります。

■TAKAYAMANIA EMPIRE
日時:8月31日(金)18:30
会場:後楽園ホール ※Abema TV生放送

<第7試合 メインイベント>
鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADA
vs
太陽ケア、TAKAみちのく、近藤修司

<第6試合 セミファイナル>
諏訪魔、浜亮太、樋口和貞
vs
石川修司、火野裕士、HARASHIMA

<第5試合 新日本プロレス提供試合>
永田裕志、成田蓮
vs
天山広吉、海野翔太

<第4試合>
丸藤正道、木高イサミ
vs
佐野巧真、冨宅飛駈

<第3試合>
大森隆男、男色ディーノ
vs
秋山準、ディック東郷

<第2試合>
杉浦貴、里村明衣子
vs
佐藤光留、橋本千紘

<第1試合 バトルロイヤル>
大谷晋二郎
高木三四郎
井上雅央
中澤マイケル
グルクンマスク
佐々木貴
ロッキー川村
カズマサカモト
坂口征夫

<特別ゲスト解説>
前田日明
佐々木健介
小橋建太
山崎一夫

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> カッキーライド2018(@kackyride2018)さん Twitter

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 柴田勝頼がオカダ戦以来3年ぶり黒パン
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海

ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの記事引用あり



2020年3月25日発売!それぞれの「U」 [単行本刊行記念対談]藤原喜明×中野巽耀 [回想―若手たちの対抗戦]AKIRA×安生洋二 [独演―キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]宮戸優光



2020年3月17日発売!俺たちのプロレス VOL.14 ジャンボ鶴田最強説を追う!! 没後20年を経て“怪物”と呼ばれた男の真実に切り込む――。ジャンボ鶴田最強説を追う!! 12名が明かした「ジャンボ鶴田最強説」の虚と実



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2020年3月15日!獣神伝説、完結! 自伝、第3弾! ありがとう、みんなのライガー。2020年の東京ドーム2連戦でリングを去った獣神、最後の告白。連綿と続く壮大な新日本ジュニアの物語。いつもそこにライガーがいた



2020年2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



2020年2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



2020年2月28日発売!シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



2020年2月27日発売!2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



2019年2月27日発売!12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2019年12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



2019年12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon