1. HOME
  2. プロレス
  3. マサ斎藤を忘れない! 10人を超える警官との乱闘で服役 長州力が率いた維新軍の参謀 アントニオ猪木との巌流島決戦
プロレス

マサ斎藤を忘れない! 10人を超える警官との乱闘で服役 長州力が率いた維新軍の参謀 アントニオ猪木との巌流島決戦

pick up ▼ニュース 【新日本】ジェイ・ホワイトが“エース”棚橋も下して2連勝! オカダは悪夢の2連敗 7.16札幌大仁田厚氏がアイドル女子プロレス団体のプロデューサーに就任スターダム・岩谷麻優 8月の後楽園2大会で彩羽匠、花月と2連戦 ▼情報&コラム 内藤哲也が分析するロスインゴ人気。「満足しているメンバーは追放する」前田日明氏がキラー・カン氏と再会対談…カン氏が長州力をスパーリングできめたエピソードなど披露神取忍の健康・スポーツコラム 自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器 ▼格闘技 【ONE】青木真也vsタイ人エース、近藤有己vsヘンゾ・グレイシーが決定=7・27マニラ大会

 16日、マサ斎藤の訃報が伝えられた。

・ マサ斎藤さんが死去 アントニオ猪木氏と巌流島で死闘(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 日米マットでトップレスラーとして活躍したプロレス界のレジェンド、マサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)が14日に死去した。75歳だった。健介オフィスが16日、発表した。

 発表によると2000年に発症したパーキンソン病で闘病中だった斎藤さんはリハビリに励んでいたが、容体が急変。14日午前1時5分に帰らぬ人となった。通夜及び葬儀に関しては、家族・関係者が都内で執り行う予定としている。

 齋藤倫子夫人は「来年、再び、カムバックのチャンスも出てきました。そのためにリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容体急変。7月14日01時05分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かうような、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした。現役時代ならびに闘病生活中にお世話になりました皆さまに方に対し、生前に賜りましたご厚意に感謝し謹んでご通知申し上げます」とコメントした。

 斎藤さんは1942年8月7日生まれで東京・中野区出身。1964年の東京五輪レスリング日本代表として活躍し、65年に日本プロレスに入門。68年に海を渡り米国マットでも活躍し、82年以降は長州力の維新軍、ジャパンプロレスに参加した。84年には米国で同僚レスラーの乱闘事件に巻き込まれ有罪となり、1年半服役。出所後の87年にはアントニオ猪木氏(75=参院議員)と巌流島で決闘した。

 90年にはAWA世界王座を獲得。99年に現役を引退し、その後は佐々木健介(51)率いる健介オフィスのアドバイザーなどを務めた。信条は「Go For Broke!」(当たって砕けろ)で、現役時代は180センチ、120キロの体を駆使して必殺の岩石弾や監獄固めで大型外国人選手と戦う姿がファンに人気だった。

 2000年にパーキンソン病を発症。15年11月の本紙インタビューでは2020年東京五輪の聖火ランナーになることを目標にリハビリに励んでいることを告白した。昨年4月7日に大阪市立城東区民センターで開催されたプロレス興行でリングに立ち、同大会に出場した愛弟子のマサ北宮(29=ノア)を激励した。これが公に姿を見せた最後となった。

 警察官との乱闘で服役という経歴をプラスに変えたという逸話も。
・ 警察官との乱闘で刑務所へ…マサ斎藤<4> ライフ 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 オリンピアン出身のパワフルなプロレスラーが大暴れしているとの無線通報で、警官がどんどん詰め掛けてきてね。ホテルの廊下で殴る蹴るの大乱闘になった。最終的に15人ぐらいの警官にケンと俺の2人が取り囲まれるようになった。それでも倒れると押さえ込まれると思って、こっちもプロレスラーの意地で、仁王立ちしてたんだ。まだ、やろうと思えば出来たけど、試合後でしかも飯抜き。さすがに、戦力低下で、廊下に倒れた。ところが、筋肉モリモリのヘビー級を起こすのは、そう簡単ではない。数人かかって、十字架吊つりで起こされ、ガチャン。手錠がかけられた。

 監獄固め? あれはアマレスのトルコ刈りという技をプロレス向けに改良した技で、よく言われるように刑務所で開発したわけじゃないんだよ。刑務所の中では、他の収容者と体をふれあうことは禁じられているから。せっかく刑務所生活をしたのだから、それを逆にセールスポイントにしようと、そう名付けたんですよ。

 アントニオ猪木ほか盟友らからコメント。
・ マサ斎藤さん死去、猪木「忘れる事できない」巌流島(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

アントニオ猪木「マサ斎藤選手の訃報に接し、心より哀悼の意を表します。思えば斎藤選手とは、東京プロレスからの長きにわたるご縁であり、巌流島での2人だけの決闘は忘れることが出来ません。私のライバルとして、五輪代表選手として、尊敬出来るレスラーでした。ご苦労さまでした」

・ 長州力「言葉が見つからない」/マサ斎藤さん悼む(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 ◆維新軍などで行動をともにした長州力 言葉が見つからない。

 ◆新日本で後輩の武藤敬司 お互いに米国で活動していたこともあり、一番話が合う大先輩でした。お元気になられたら、マスターズにもお声掛けしようと思っていた。非常に悲しい。

 ◆マサ斎藤さんと同じ1942年(昭17)生まれのグレート小鹿 残念でなりません。人が良くて最高の戦友だった。また1人仲間がいなくなった。

 ◆マサ斎藤さんの東京・京北学園高の先輩で日本レスリング協会の今泉雄策副会長 残念。東京五輪まであと2年だったのに(64年東京五輪では)世界レベルの選手で(日本協会の)八田会長が重量級で唯一メダルを期待していた。

・ 森田まさのり氏「忘れません」/マサ斎藤さん悼む(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

AD

森田氏は16日、ツイッターを更新。「ろくでなし-」に登場する、マサ斎藤さんをモデルにしたキャラクター「マサさん」のイラストをアップし、「久しぶりに描いてみたら描けたよ、マサさん…。ありがとう、忘れません」と悼んだ。

・ 巌流島実況のテレ朝・保坂正紀氏 マサ斎藤さん偲ぶ「死闘はあの人の意地」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 保坂氏は「(マサさんが)痛い、痛いって終わった後に言っていたんですけど、あばら骨にヒビが入っていて、ヒビどころか、折れていたっていう事だったけど」と試合終了の様子を述懐。「それほど死闘を繰り広げた。あの人の意地だったんでしょうね」とマサさんの人柄を偲んだ。

・ マサ斎藤さん死去 蝶野「世界のマサ斎藤」小島「愛ある叱咤激励…」後輩が偲ぶ(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 蝶野正洋はツイッターで「尊敬するマサ斎藤さんの悲報。強豪外国人選手、WCW、nWo…困難な海外渉外、マサさん無くして新日本の成功はなかった。『世界のマサ斎藤さん』の御冥福をお祈りします」とレスラーとしてだけではなく、海外との架け橋となってくれたことに感謝を捧げた。

 小島聡もツイッターで「マサ斎藤さんの訃報を目にしました。私が海外遠征を終えてからは、解説者としてお世話になりました。いつも辛口でしたが、山本小鉄さんと同様、愛のある叱咤激励だったと解釈しています。長年、闘病生活を続けながらリングへ上がろうとする姿に勇気づけられていました。ご冥福をお祈り致します」。

 大谷晋二郎も「僕がプロレス界に入り、一番始めに付き人に付かせていただいたのが、マサ斎藤さんでした。マサさんの付き人生活は数日で終わったのですが、僕にとっては幸せな時間でした」と感謝。永田裕志も訃報の記事をツイッターに添付し「ご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

 長州力と同じ角度で投げる“捻りを加えた”バックドロップは、アマレス出身勢ならではの威力を彷彿させるものだった。解説での迷言の数々やカルピス好きも知られた。7月発売のNumberで闘病の取材記事が出たばかりだっただけに驚いた。東京五輪での聖火ランナーもかなわず。

 不屈の精神で天国でもトレーニングに励んでそうですが、、、やすらかに眠ってください。ご冥福をお祈りいたします。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> マサ斎藤 – Wikipedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> プロレス大賞2019まとめ 週プロ/ネット/東スポ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 1月8日発売!黒川事変 いったいどうするつもりなのかクロちゃん/堀辺百子×ターザン山本!/リッキー・フジ/玉袋筋太郎/中溝康隆(『プロ野球死亡遊戯』)/鈴木みのる/マッスル坂井×成田大致


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD