1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 飯伏「もう何でもありなのか」王座再分裂に苦言 一方でワクワク感充満
新日本プロレス

飯伏「もう何でもありなのか」王座再分裂に苦言 一方でワクワク感充満

新日本プロレス

 新日本プロレスが現地時間14日、1年半ぶりとなるアメリカでの有観客大会「RESURGENCE」を開催した。日本でも多くのファンがライブ配信を楽しんだ。(記事アイコン写真は4・4両国国技館)

大会結果 新日本プロレス RESURGENCE 現地時間8月14日(土) アメリカ・The Torch at LA Coliseum

■ 新日本プロレス カードファイト!! ヴァンガード overDress Presents RESURGENCE
日時:現地時間8月14日(土)20:00
会場:アメリカ・The Torch at LA Coliseum(カリフォルニア州・ロサンゼルス)観衆2,222人(札止め)

<第0試合>
バレット・ブラウン
ミステリオッソ
○ベイトマン
 9分32秒 This is the kill
●ジョーダン・クリアウォーター
ザ・DKC
ケビン・ナイト

<第1試合/アレックス・コグリン チャレンジマッチシリーズ>
○カール・フレドリックス
 10分48秒 マニフェストデスティニー→片エビ固め
●アレックス・コグリン

<第2試合>
TJP
成田蓮
○クラーク・コナーズ
 11分19秒 TJPのマンバスプラッシュ→片エビ固め
●ロッキー・ロメロ
ウィーラー・ユウタ
フレッド・ロッサー

<第3試合>
エイドリアン・クエスト
フレッド・イェハイ
クリス・ディッキンソン
リオ・ラッシュ
○上村優也
 12分45秒 かんぬきスープレックスホールド
●ダニー・ライムライト
ジョレル・ネルソン
ロイス・アイザックス
JR・クレイトス
トム・ローラー

<「LA道場で強くなるぞ!」“海外武者修行”初戦を勝利で飾った上村がマイクアピール!柴田コーチとガッチリ握手! >

<第4試合>
○ジュース・ロビンソン
 9分00秒 トンガンドライバーを切り返しての丸め込み
●ヒクレオ

<第5試合>
○石井智宏
 16分07秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
●ムース

<第5試合後>
欠場中のオスプレイが登場!その手には“IWGP世界ヘビー級ベルト”が……!?

<第6試合>
ドク・ギャローズ
○カール・アンダーソン
 10分33秒 マジックキラー→片エビ固め
●永田裕志
ジョン・モクスリー
※タマ&タンガのG.o.Dが登場!アンダーソン&ギャローズと一触即発に……!?

<第7試合/ダブルメインイベントI NEVER無差別級選手権試合>
[第33代王者] ○ジェイ・ホワイト
 22分59秒 ブレードランナー→片エビ固め
●デビッド・フィンレー
[挑戦者] ※ジェイが初防衛に成功
※次期挑戦者に石井が名乗り上げ!“王者”ジェイの返答は……?

<第8試合/ダブルメインイベントII IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ○棚橋弘至
 19分26秒 ハイフライフロー→片エビ固め
●ランス・アーチャー
[第9代王者] ※アーチャーが2度目の防衛に失敗、棚橋が第10代王者となる
※IWGP USヘビー級王者となった棚橋がエアギターを披露!最後は“愛してまーす”の大合唱!

AD

イギリスにもどっていたはずのオスプレイが米国登場。手にはIWGP世界ヘビーのベルト!?

 もうこの8試合というボリュームが懐かしいのだが、アピール合戦も多発。『STRONG』で力を蓄えてきた選手勢も奮闘するというベースもあって、実に見ごたえのある大会となった。観客はマスクをしているのだが、座席はソーシャルディスタンスではなく、歓声もどんどん飛ぶスタイルだった。画面越しにも盛り上がりはアリアリ。

 ひとつ事件を拾うとすればこちらになる。

<第5試合終了後>

 第5試合終了後、負傷欠場中のオスプレイの入場曲がかかり、なんとオスプレイが登場。スーツ姿でリングに上がりマイクを手に持つ。

■オスプレイのマイクアピール
「ここに来られて嬉しいとでも言ったほうがいいか? でも、俺はロサンゼルスなんて大嫌いだ。俺が今日ここに現れることも予想してなかっただろうけど、会社に一つもの申したい。復帰する準備はできた。もうすぐ『G1』が始まるよな? なら、ここでハッキリ宣言させてもらおう! ウィル・オスプレイは今年の『G1』に出ない! もっと言うと、日本のリングには戻らない! 俺はニュージャパンのためを思い、自分を犠牲にしてでもベストを尽くしてきた! なのに俺がたった4カ月の休養を頼んだら、会社はその代償として俺からIWGPのベルトを取り上げた! ジョン・モクスリーの野郎は一年以上もUSベルトの防衛戦もしていないっていうのに、なぜここまで身をボロボロにして全てを捧げてきた俺にそんな仕打ちができるんだ! ここで俺から一つ要求がある。シンゴ・タカギ!(ファンが拍手をすると)そうだよな、オマエらファンはタカギが大好きだよな? でも俺は首を負傷していながら、あいつに勝ったんだ。たしかにいま、アイツがベルトを巻いているかもしれないが、アイツは”真”チャンピオンではない! あくまでも”暫定”チャンピオンだ! その証拠にベルトは今俺の手元にある(ベルトを取り出す)。俺は一度も負けてない! だからここから誰が相手でも、ニュージャパン以外の選手でもいい、俺がこのベルトを防衛していく!”禁断の扉”だってこじ開けてやる!(ファンがAEWと叫ぶ)黙れ! AEWなんかに俺と対等に闘える奴はいない! 今日から俺がこの『STRONG』を制覇する! LA道場の雑魚ばっかりだった『STRONG』のマットにもようやくホンモノのスターが登場だ」

 ここで挑発されたLA道場を代表し、カール・フレドリックスとクラーク・コナーズが登場。二人はいきり立ってリングに上がる。さらにTJPも姿を現す。するとオスプレイはマイクを続ける。

■オスプレイのマイクアピール
「セキュリティ、こいつらを止めなければ、いまここでコイツら雑魚をボコボコにするぞ。(クラーク&フレドリックスに)ちょっと落ち着けよ。シバタに叱られてもいいのか? (TJPが現れると)お、元・LA道場生のTJPまでご登場か。一緒に稽古してた面々を教えてやろうか? サモア・ジョーとブライアン・ダニエルソンだぞ。その中でTJPだけがいまもシバタのアシスタントときた。(TJPがリングに上がる)オマエらは所詮雑魚のかき集めだ」

 挑発に怒ったTJPは上着を脱いで臨戦態勢。オスプレイに詰め寄る。オスプレイはミネラルウォーターのペットボトルをTJPに叩きつけて、素早く場外に逃亡。観客席の中に紛れ込み、アメリカの放送席に近づくとLA道場勢をからかいながら姿を消したのだった。

<バックステージ>

オスプレイ「俺からIWGP世界ヘビー級のベルトを取り上げといて、タダで済むと思ったか? ベルトは今でも俺のものだ! 俺はニュージャパンを盛り上げるため、誰よりも自らを犠牲にし会社に忠誠を尽くしてきた。ニュージャパンリングの主役はこの俺だ、そして今日からこのSTRONGマットでも俺が主役に君臨する。俺に日本のマットに戻ってきて欲しければ、たった今から、タカギを”暫定”チャンピオンに訂正しろ。ウィル・オスプレイこそが”真”のIWGP世界ヘビー級王者だ。クラーク・コナーズとカール・フレドリックス、用心しろよ。このベルトが欲しければ、俺が相手になってやる」

 オスプレイが『STRONG』に宣戦布告。

 わざわざ黒袋に入れた中からIWGP世界ヘビー級ベルト(2本目が存在した?)を取り出す。2本のIWGPが統合されたばかりなのにとか、STRONGのベルトができたばかりなのにとか、全てぶっちぎったところに大きな矛盾、一方で痛快感あり。

 オスプレイの「俺がたった4カ月の休養を頼んだら、会社はその代償として俺からIWGPのベルトを取り上げた! ジョン・モクスリーの野郎は一年以上もUSベルトの防衛戦もしていないっていうのに」というのも一理ある。こうしたものはトータルの印象が見方を左右するのだ。

 ちょっとジーンとさせたのが、“米国ナンバーツー”のAEWとの対戦を求める声を一蹴して『STRONG』戦場というくだり。これはひとつの新日本プロレスラブでしょ。

 統合への過程で「この2つが合わさったら最高と最強のベルトになる」と主張した飯伏。ファンから大反対を食らいつつも成し遂げたわけだが、この再分裂予兆には当然のように苦言だ。

新日本プロレス8・14米国有観客大会にあなたが思うことは?

 あなたの見解は!? ツイッターからの投票に参加できる方は、こちらでポチッとお願いします。

 投票結果が正解というわけではないが、賛否両論こそ新日本が求めているのかもしれない。

 米国大会に「そういう展開でくるのか」感はかなりあった。迷走する新日本のサマがコロナ明けに向けた壮大なフリであるとボクは思っているが、はたして?!

16日の後楽園は鷹木、BUSHIにくわえて内藤、SANADA、EVIL、裕二郎、外道、東郷が欠場

 国内はコロナに左右される。15日の静岡大会を欠場した鷹木信悟、BUSHI以外にも16日大会には欠場者あり。

 鷹木とBUSHIはPCR検査を受けているが、新日本プロレスは「結果が出るまでの措置として、大事をとって他の選手も含めて一部欠場とし、試合カードを変更」することを決定。14日長野大会で2人と試合に出場した内藤哲也、SANADA、EVIL、高橋裕二郎、外道、ディック東郷が欠場する。代わりに同大会には出場予定のなかったオカダ・カズチカ、矢野通、真壁刀義、本間朋晃が出場する。

 外道とディック東郷は「SUPER Jr. TAG LEAGUE2021」に参戦中で、この日の大会で田口隆祐、マスター・ワト組との公式戦を控えていたが不戦敗となった。

(2021年08月16日 12時31分 【新日本】鷹木とBUSHIの発熱に伴い後楽園大会のカード変更 内藤、SANADA、EVILらも欠場 | 東スポの新日本に関するニュースを掲載)

 オカダ・カズチカ、矢野通、真壁刀義、本間朋晃が緊急出場となる。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


[2021年9月1日発売! 表紙は、中邑真輔! 国際プロレス解散40周年対談・玉袋筋太郎×タブレット純、いま最もGLEATな男カズ・ハヤシ インタビュー、鈴木みのるのふたり言、斎藤文彦×プチ鹿島「プロレス社会学のススメ」ほか]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼