1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. メイ社長「思えばちょうど一年前の今頃は…、色々ありました(涙)」 エリート勢&KUSHIDA離脱からダブルドームまでを振り返る
新日本プロレス

メイ社長「思えばちょうど一年前の今頃は…、色々ありました(涙)」 エリート勢&KUSHIDA離脱からダブルドームまでを振り返る

新日本プロレス

471

pick up ▼ニュース 【DDT】1・26後楽園でHARASHIMAvs.田中将斗KO-D無差別級戦ニタ2年5か月ぶり降臨 鎌で“大鵬3世”納谷を血祭り異次元ドームプロレスがあった…東京ドーム「ふるさと祭り」で“全国ご当地プロレス選手権”東京女子プロレス坂崎ユカ&伊藤麻希が英国上陸!「日本の100倍盛り上がりました! 」スターダムが女性限定大会「30年くらい前の女子プロレスでは男性ファンは全くいなかった」ジュリア 林下に敗れた舞華を勧誘「ちょっと今、仲間を探してる」 ▼情報&コラム 小島 盟友・中西へ恩返し誓うライガー引退の喪失感は、東京ドームより大きい第7回「インパクト」金沢克彦の不定期コラムプロレス大賞敢闘賞 ノア・清宮 海外遠征で覚醒【スターダム】詩美 ワンダー王座戦で新日ドーム落選の雪辱死去“ケンカ最強男”ケンドー・ナガサキさんの超絶武闘伝蝶野がユーチューブ参戦宣言「長州さんの先を行かないとな」1月21日(火)17:00群馬県高崎市『プロレスショップ・リングサーチ』カズ・ハヤシ サイン&撮影会3月29日(日)13:00神奈川・小田原城址公園銅門広場『第24回 小田原かまぼこ桜まつり』イベントプロレス ▼格闘技 【ムサフェス】武蔵が「ロックと格闘技の化学反応」に好感触、次回は規模拡大を構想

 ダブルドームを盛況で終えた新日本プロレスだが、14日、ハロルド・ジョージ・メイ社長が“一年前”を振り返るコラムをUPした。

・ 第70回「みんなで見た夢」 | 新日本プロレスリング

思えばちょうど一年前の今頃は…、色々ありました(涙)。ここでちょっとふり返ってみますと、昨年年始の私の最初のコラムは、1月7日更新の、タイトル『新年のご挨拶』でした。わりと普通な感じで、言わば通常運転のメッセージです。しかしその2日後の1月9日にコラムをまたまた更新、『第36回 今の心境を申し上げますと…』という文章を緊急発表しています。

当時、主要選手数名が離脱するというニュースに加え、一年後には新日本プロレスの東京ドーム2連戦という、かつて経験したことのない大きな挑戦が発表になったばかりでした。ツイッターを見ていると、この状況下で東京ドーム2日間なんて、ちょっと無理なんじゃないのと多くの方が不安に思っているようでした。昨年1月9日の緊急コラムの中で、私は「もっと大変なことをいくつもくぐり抜けて業績を上げてきました。大丈夫。自分で言うのもなんですが、百戦錬磨です。」と述べ、新日本プロレスは大丈夫だという声明を出しました。その回は、今までの私のコラムの中で、最も多く拡散・閲覧されています。

2日間の東京ドームを成功させるために、2019年、選手たちは素晴らしい試合を次々と連発し、社内でもできることは何でもやろうと、東京ドームに向けて新規のプロモーションや販売ルート戦略を数多く立てて、みんなで1mmの後悔も残らないように準備をしてきました。例えばレディースシートの特典として用意した2種類のブランケットは、本当に女性が欲しいと思うものでなければならないと、発表ギリギリまで何度もデザインや素材を調整しました。レディースシートはほんの一例ですが、お一人さま観戦の女性や外国人客の誘致、ホテルと高速バスがパックになった東京ドーム観戦ツアーなど、今まで会場に来たことがなかった方にも今回は足を運んでいただけるよう、あらゆる工夫をしました。もし東京ドーム2日間が失敗に終われば、今の人気の勢いにブレーキがかかってしまう、それは絶対に許されないと思っていたからです。

「何かを望むなら、その事柄を寝ても覚めてもひたすら想い続けよ。そうすれば、たとえよこしまな思いでも叶えられる(道元)」

「一人で見る夢は、それは夢にしかすぎない。しかし、みんなで見る夢は現実となる(エドアルド・ガレアーノ)」

これらの言葉を合図に、関係者全員が心をひとつにして頑張りました。一年経ってふたを開けてみると、1月4日と5日の2日間で、計70,071人の方々が日本全国、そして世界各国から東京ドームに集結してくださいました。4日は長年届かなかった外野席まで開放し、大盛況の満員に終わることができました。

会場まで足を運んでくださった皆さま、また配信や放送で大会をご覧いただいたすべての皆さまに深く感謝しています。東京ドームの2階の端までびっしりとうまった観客席を見て、胸がいっぱいになりました。2日間にわたる『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in東京ドーム』の成功は、選手や社員、関係者だけでなく、プロレスを思いきり楽しもう、プロレス界をもっと盛り上げたいというファンの皆さま全員の力が加わって、実現することができたと思います。本当にありがとうございました。人生変えるイッテンヨン、伝説創るイッテンゴ。新日本プロレスの夢はこれからも、まだまだ続きます。

 2019年の年始の新日本プロレスは揺れに揺れた。2020年ダブルドームが発表された半面、ケニー・オメガ、ヤングバックスらエリート勢、KUSHIDAが離脱。特に、ケニーとKUSHIDAはドーム開催時の王者でもあった。「新日本、大丈夫か」という不安の声が集中した。

 4月のニューヨークMSG満員が成功とされるが、ケニーらの離脱発表前にチケット完売となっていたのだ。ピークアウトするのではという危機感を抱いたのは、ファンだけではなく関係者もだろう。

 そんな中で蓋を開けたダブルドーム。4日、開放された1階外野スタンドこそ限定的な入りだったが、2階スタンドの端までギッシリ詰まった観客席は壮観だった。この時点でボクも「ああ、新日本は乗り切ったんじゃないかな」と噛みしめた。

AD

 ある意味、目玉カードが2日間に分割されるわけなのだが、1日目の動員が2019年をしっかり上回って実数4万人となったのは大きな到達点に違いない。2日目は3万人と“落ち込む”わけだが、これも両国国技館3日間分だと考えると“2日目”とは思えない凄まじい数字である。忘れてはいけないが、ダブルドーム明けの大田区総合体育館も札止めだ。

 メイ社長がダブルドームに向けての施策を並べている。こういうのは社員にとっても励みになるんじゃないかな! アイディアを出し合った姿勢を称えたい。これらはほんの一部だろう。前例がない連戦だったり、大箱というのはやるだけでも大変に違いない。

 機会があれば、メイ社長によるドームの試合への感想も聞いてみたい。

 ロスインゴ入りしての凱旋帰国から実に4年半、トランキーロと言い始めた内藤哲也が実に5度目のドーム。2度のプロレス大賞MVP、Number誌のプロレス総選挙2連覇を挟む。事実上の人気ナンバーワン男がオカダ・カズチカを相手に躍動した。ついにプロレス人生初のドームメイン勝利を内藤が掴む。これだけの活躍をしても届かなかった「ドームメイン勝利」は、特別なものであり続けた。

 内藤のプロレス人生は紆余曲折。プロレス界の頂点を掴むために、焦っても、焦っても、ブレイクしない。ロスインゴ入りすることで「自分のやりたいように」動くようになる。自身が焦ることをやめ、周りを焦らせて「あっせんなよ」と挑発する。多くのファンを共鳴させながら、ダブルドームにたどり着いた。

 夢は簡単には叶わないものであり、それでいて叶えることは絶対にできる。それを、歴の長短を問わないファンに刻んだドームではなかったか。ぜひダブルドームへの過程でファンになったビギナーの方も、プロレスラーの生き様をどんどん味わっていただければと思う。

 そして、もうひとつ。よく言われることだが、プロレスというのものは“観る側”に想像力で追いつかれたら終わり。ずーっと内藤が「2冠達成して大合唱」を公約してきた。さすがにここで達成するだろうと思ったし、それでいてファンが望む結果にはならないのも新日本の常だ。かくして内藤悲願の2冠達成がダブルドームのエンディングとなり、大合唱・・・と思いきやKENTAが乱入。「2冠と大合唱」はセットであり表裏一体とさんざん刷り込まれてきたわけで、そっちが叶わないことにビックリした。KENTAが入ってきた以上に、新日本がファンとの関係性で“追いつかせないぞ”と言っているかのようにも感じたダブルドーム。

 もう10日が経ちましたか。まだまだダブルロームロスの感あるが・・・2020年もプロレス界に幸運あれ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> プロレス大賞2019まとめ 週プロ/ネット/東スポ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 1月8日発売!黒川事変 いったいどうするつもりなのかクロちゃん/堀辺百子×ターザン山本!/リッキー・フジ/玉袋筋太郎/中溝康隆(『プロ野球死亡遊戯』)/鈴木みのる/マッスル坂井×成田大致


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD