1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 3年ぶりドームメイン「帰って来れないかと思ってました」棚橋弘至の使命感と危機感とは/1・4ドーム観戦記&大会まとめ
新日本プロレス

3年ぶりドームメイン「帰って来れないかと思ってました」棚橋弘至の使命感と危機感とは/1・4ドーム観戦記&大会まとめ

新日本プロレス

2

pick up ▼ニュース 【NOAH】清宮vs.拳王GHC戦 6日(日)11:30後楽園直前情報サムライTV生中継【DDT】1月27日後楽園追加カード2月17日両国追加カード【東京女子】伊藤麻希が王座挑戦も玉砕し号泣!王者に中指を立て「あたしは絶対に諦めない」才木玲佳が里村明衣子と壮絶死闘!里村は「何度でも闘いたい選手」と高評価馬場さん側近3人がマル秘トークショー 元子婦人の意外な素顔も明かす ▼情報&コラム 【全日本】3冠ヘビー級王座初防衛・宮原 今年のMVPは俺だ!なぜ“プ女子”が生まれるのか? プロレス人気にみる「ファンマーケティングの本質」「前田日明」常に真剣勝負の空気を漂わせていた“新・格闘王” ▼格闘技 【RIZIN】メイウェザーvs天心戦の瞬間最高視聴率は12.2%で民放1位だった那須川天心「めちゃくちゃ元気です」堀口恭司、次は敵地ベラトールに乗り込む最強女王・浜崎朱加「世界中からチャレンジしてきてくれれば」【DEEP JEWELS】中井りん、年末に緊急手術で入院

 4日、新日本プロレス東京ドーム大会。“イデオロギー闘争”と謳われたメイン、ケニー・オメガvs.棚橋弘至の一戦は棚橋がベルト奪取に成功した。4年ぶり8度目のIWGP王座戴冠。棚橋からは闘志を、観客からは声援を。五感を通して会場で受け止めた興奮がまだ消えない。

 

■ベルト奪取で柴田と本間の名を出す! 棚橋が言及した「大事なものが壊されていくという危機感」

 棚橋のマイク、バックステージコメントからは何が飛び出したのか。
・ バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム 1月4日(金)17:00 東京・東京ドーム

【リング上】
棚橋「(※しばらく目をつぶり)今日は、たくさんのご来場、本当にありがとうございました!(※大歓声&大拍手) 正直言うと、もうこの舞台には帰って来れないかと思ってました(※大拍手)。けど、柴田選手!!(※場内驚き) 本間選手!! 多くの仲間が! エネルギーをくれました!(※大拍手) そして何より! 僕をここまで押し上げてくれたファンの皆さん! ありがとうございました!!(※大歓声&大拍手) また、このIWGPのベルトと新しい風景を! 作って行きます。今日は本当にありがとうございました!(※大拍手)」

【バックステージ】
棚橋「リング上でも言いましたけども、自分一人では戻って来れなかったなと思いますね。他のレスラーからいい刺激を受けたり、本当に『がんばってくれ、がんばってほしい』、なんだろう? 祈りに近いというか、みんなの声援が背中を押してくれました」

──リング上でもおっしゃっていましたけど、名前を上げるとどの選手になるでしょう。

棚橋「いやあ、本当に『G1 CLIMAX』優勝できたのもセコンドで柴田選手が僕にエールを送ってくれたので感謝しています」

──今回の試合というのはご自身も表現されていましたイデオロギー闘争だと、そういったお話もありましたけど、どういったお気持ちで試合に臨んだのでしょうか?

棚橋「うん………ケニーに対する怒りっていうのは最初から抱いていたものではなくてね。そのケニーが新日本を侵攻していく中で大事なものが壊されていくんじゃないかっていう危機感なんだけど、これで長岡で負けて、ドームで勝って、ケニーとは1勝1敗なんで、『さあ次いつやりますか?』という感じです」

(中略)

──先程の質問の続きですけど、机使ったことについて。
棚橋「明確なイデオロギーの境目をボヤッとさせる。ただ勝つだけじゃない。ただ叩き潰して焼け野原で終わるんじゃない。試合後に救いを見出す。それが僕が理想とする、理想に近いプロレスなんです」

 “仲間”の中で柴田勝頼と本間朋晃の名を出したことが強く印象に残る。両者とも2017年の試合きっかけで長期欠場となり、柴田はリハビリ継続のまま、本間は2018年に復帰するもタッグリーグ参戦から漏れた。「大事なものが壊されていくんじゃないかっていう危機感」という棚橋の言葉もある。

 ケニーとの一戦はイデオロギー闘争と呼ばれるとともに、棚橋は残酷なまでにエスカレートする試合内容に継承を鳴らしていた。背景として、それが全てではもちろんないが、柴田と本間の欠場は大きかったのではなかろうか(そして2018年の高橋ヒロム欠場も)。自身のヒジ・ヒザのコンディションは、確かに万全には戻らない。だけれども、試合が思うようにできない2人に比べたら、自分が最前線に立つことをあきらめるのはおかしい。闘いと発言でさらなる“破壊”を止める方向に作用できる立場にあるのに、何もしないのかという自身への問いかけ。

 使命感に駆られたような棚橋のドームメイン。これはもう堂々とした闘いぶりだった。

 復調は明らかな棚橋だったが、何しろドームメインは3年ぶり。ふさわしい闘いができるのか。どの程度できるのか。疑心を持ちながらの観戦となったファンも多かっただろう。それでも棚橋は、ケニーの技を食らいまくり、切り返し、ポイントで逆転していった。

 新日本復興のベースとなったプロレススタイルは、棚橋と中邑真輔がつくったものだ。隙あらばお互いのウイークポイントにダメージを与えようとする中で攻防のラリーが生まれ、一撃必殺で仕留める。過激化しすぎた一部プロレスの否定であり、目先の派手さによる“足し算”ではなくフィニッシュに向けた流れで説得力を生むプロレス。

 「嫌い」「ここは新日本だから」という言葉がクローズアップされたが、棚橋には実は明確な基準があったのではと推察する。オカダ・カズチカと内藤哲也はおおむね新日本復興スタイルの延長にあるが、ケニーは延長線上から外れているという見方。派手な技の多発が目的化したような試合運びを否定したかったのだろう。

 棚橋はケニーの猛攻に耐える姿をとことん見せる。ケニーの必殺技をスリングブレイドやフランケンで切り返す。それでいて、相手のアスリートプロレスに乗っかる度量もみせる。ケニーの方も棚橋のプロレスに乗っかる引き出しを見せ、少なくとも単調な同一技の連発は最小限だった。

 この試合勘とコンディションが担保できれば、棚橋のIWGP戦線は十分に面白い! 強い棚橋が帰ってきたのだ。

 

■「21年東京ドームで引退プラン」を17年に決意していた棚橋。18年5月福岡大会のファンの声で撤回していた!

 翌日発売の東スポが秘話を明かしている。

AD

・ 【新日1・4ドーム】棚橋の完全復活V秘話 引退決意を翻した日(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 2016年大会を最後にかつての「定位置」だった東京ドームのメインから遠ざかった。IWGPインターコンチネンタル(ⅠC)王座を獲得した17年も、6月には右腕、12月に右ヒザの負傷でシリーズを欠場し精彩を欠いた。

 実は同年末、棚橋は本紙に引退について具体的に言及したことがある。それは20年1・4東京ドーム大会で引退を発表し、ラストイヤーとして1年間を戦った末に、翌21年の1・4ドームで引退試合を行うというもの。引退後は経営側として団体を支えるため、フロントに転身する方向性まで見据えていた。

 棚橋は「オカダ(カズチカ)、内藤(哲也)、ケニーで屋台骨がしっかりしてきていて、僕がいることがプラスじゃないんじゃないかと。(自分は)ケガもあって本来の動きができずに、上を目指せないんじゃないかっていう…半分諦めだったりとか。今思うとマイナスの選択肢だったのかもしれないですね」と当時を振り返る。

 胸の内に秘めた決意が覆ったのが昨年5月の福岡国際センター大会。当時のIWGP王者オカダに挑んだ棚橋はレインメーカーに沈み、自身の保持していたIWGPの連続防衛記録を更新される「V12」を許した。

 しかしその日の会場は、棚橋の復活を望む声で埋め尽くされていた。「連続防衛を超えられたっていう悔しさと、そこにあぐらをかいていた恥ずかしい気持ちと。判官びいきだったのもあったんでしょうが、あそこまで一方的な声援をもらったのも初めてだったし。負けはしたんですが『まだやっていいんだ』『もう少し頑張ろう』と。レスラー、求められているうちが華じゃないですか」

 映画出演には棚橋のセカンドキャリア計画という背景もあったと何かの記事に出ていたが、明確な引退プランがあったことに驚く。18年5月福岡大会にはボクも足を運んでいた。大きなタナハシコールは発生していたが、他試合と大きく違うほど“一方的な声援”だったかどうかの確信はない。

 何しろボク自身が声援を送るのに必死で、手に汗を握っていたからだ。“大舞台メインでのオカダ戦”に棚橋が戻って来ただけで嬉しかった。みんなこのシチュエーションを長く待っていたのだ! こういう思いで声援を送るファンが多かったとしたら、棚橋が感じた“一方的な声援”にも頷ける。

 そして福岡大会後には、「棚橋のIWGP路線まだまだいけるって!」という確信があった。そのまま夏のG1制覇、ドームでの戴冠を見届けられて感無量だ。

 ドームの他の試合にも触れると、やはりメイン含むラスト3試合が出色。テーマ曲を戻し、ショートタイツに戻したオカダへの現地応援は絶大で、結果は敗戦なれど間違いなく“オカダ復活祭”だった。試合内容に波がある内藤も、ジェリコ相手にらしさ爆発。大味な試合ではあったが、内藤ファンは溜飲を下げたことだろう。オカダ・内藤を“引き出した”ジェイ・ホワイトとジェリコの技量も光った。

 

■WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム大会まとめ

・ バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム 1月4日(金)17:00 東京・東京ドーム

■新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム
日時:1月4日(金)17:00 ※第0試合は16:00開始
会場:東京・東京ドーム 観衆:38,162人(満員=主催者発表)

<第0試合 NEVER無差別級6人タッグ王座 ナンバーワン・コンテンダー・ガントレットマッチ>
田口隆祐 〇矢野通 真壁刀義
(8分09秒 横入り式エビ固め)
●デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー 鈴木みのる
※真壁組が1・5後楽園大会での同王座挑戦権獲得
※他のチームは「デビッド・フィンレー ジェフ・コブ 永田裕志」「チャッキーT バレッタ 後藤洋央紀」「マーティー・スカル 高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ」
【以下、試合順】
1.永田組vsペイジ組 〇フィンレー(4分39秒 横入り式エビ固め)裕二郎●
2.永田組vs後藤組 〇フィンレー(7分30秒 横入り式エビ固め )チャッキーT●
3.永田組vs鈴木組 〇ランス(2分44秒 キラーボム→片エビ固め)フィンレー●
みのる「おい、おい、おい、新日本よ。棚橋よ、ケニーよ。オカダよ、ジェイよ。全方位、俺たち以外全員に告ぐ! 鈴木軍の逆襲、この第0試合から始まる」

<第1試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合>
[王者] ●飯伏幸太
(18分13秒 ストームブレイカー→片エビ固め)
〇ウィル・オスプレイ
[挑戦者] ※飯伏が初防衛に失敗、オスプレイが第23代王者となる
試合後、敗れた飯伏が担架で運ばれ退場
オスプレイ「何が証明できたかといえば、もちろん、ジュニアヘビー級の俺がヘビー級の相手と戦えるということだ。俺こそが世界で戦える男なんだ」
飯伏幸太選手の容態に関して

<第2試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合 3WAYマッチ>
[挑戦者組/SJTL2018優勝] SHO ●YOH
(6分50秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)
[挑戦者組] 〇鷹木信悟 BUSHI
※もう1組は「[王者組]金丸義信 エル・デスペラード」
※デスペラード組が5度目の防衛に失敗、BUSHI組が新王者となる
鷹木「ザ・ドラゴン、昇り龍のごとく、俺はもっと高みを望んでるから。高いところを見てるから。鷹木信悟の野心は終わらねぇぞ!」

<第3試合 60分1本勝負 ブリティッシュヘビー級選手権試合>
[王者] ●石井智宏
(11分35秒 変型卍固め)
〇ザック・セイバーJr.
[挑戦者] ※石井が防衛に失敗、ザックが新王者となる
石井「イシイチャン! もしもう一度タイトルに挑戦したいなら、オマエがイギリスに来るべきだ。10時間のフライトを越えてやってこい」

<第4試合 60分1本勝負 IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ>
[挑戦者組/WTL2018優勝] 〇SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(10分15秒  ラウンディング・ボディプレス→体固め)
ニック・ジャクソン ●マット・ジャクソン
[挑戦者組] ※もう1組は「[王者組]タンガ・ロア タマ・トンガ」
※王者組が初防衛戦に失敗、EVIL組が第82代王者となる
EVIL「このベルトを大阪城、あるいはドームのメインカードまで俺らがチャンピオンとして持っていくからな。よく憶えておけ」

<第5試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合>
[王者] ●Cody
(9分02秒 パルプフリクション→体固め)
〇ジュース・ロビンソン
[挑戦者] ※Codyが初防衛に失敗、ジュースが第5代王者となる
バックステージでUS新王者・ジュースに、バレッタが挑戦表明
ジュース「このベルトは、ずっと日本で戦い続けられる選手が持っているべきだと、俺はずっと思っていた。年間150試合をしっかりと日本で戦い続けられるヤツが持つ」

<第6試合 60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[王者] ●KUSHIDA
(11分17秒 ブラディークロス→片エビ固め)
〇石森太二
※KUSHIDAが初防衛に失敗。石森が第83代王者となる
石森「この新日本ジュニアのベルトの価値を高めてリボーンしてやるよ。でも、カワウソは結構賢くて手強い生き物だったよ」

<第7試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ>
●オカダ・カズチカ
(14分18秒 ブレードランナー→片エビ固め)
〇ジェイ・ホワイト
ジェイ「俺は棚橋にもケニーにも勝っているし、ちょうど今、俺の腰には何のベルトも巻かれていない。IWGPヘビー級の王者がどっちになるか、それをしっかり見届けて、挑戦したい」

<第8試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅠ IWGPインターコンチネンタル選手権試合 ノーDQマッチ>
[王者] ●クリス・ジェリコ
(22分35秒 デスティーノ→片エビ固め)
〇内藤哲也
[挑戦者] ※ジェリコが2度目の防衛に失敗、内藤が第20代新王者となる
ジェリコ「俺はIWGPヘビー級のベルトに挑戦させてほしいと思っている。東京スポーツも、週刊プロレスも、ゴングも、ニューヨーク・タイムスも、しっかりと記事にしろよ!」

<第9試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合>
[王者] ●ケニー・オメガ
(39分13秒 ハイフライフロー→片エビ固め)
〇棚橋弘至
[挑戦者/G1 CLIMAX 28覇者] ※ケニが4度目の防衛に失敗、棚橋が第67代王者となる
試合経過&バックステージコメント
「IWGPのベルトとともに新しい風景をつくっていきます!」新チャンピオンとなった棚橋がファンに約束!
バックステージでジェイが“新IWGPヘビー級王者”棚橋に挑戦表明

 ドーム翌日、イッテンゴの結果。
・ “電撃復活”のYOSHI-HASHIをジェイが粉砕! 試合後は“新IWGPヘビー級王者”棚橋をKO!!【1.5後楽園結果】

 柴田勝頼がROHテキサス1月3大会に特別ゲストとして来場。
・ 柴田勝頼がテキサス3大会に特別ゲストで来場(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 渋谷の物販催事イベント。
・ いよいよ1月6日(日)まで!渋谷マルイ7Fにて『新日本プロレスリング STORE 〜Road to イッテンヨン!〜in渋谷マルイ』好評開催中!【WK13】

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD