1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 柴田勝頼が帯同したKENTAがG1参戦表明! KENTA「友だちが少ないところも似てるし」 柴田「友だちが多いと闘いづらいからね」
新日本プロレス

柴田勝頼が帯同したKENTAがG1参戦表明! KENTA「友だちが少ないところも似てるし」 柴田「友だちが多いと闘いづらいからね」

pick up ▼ニュース 【ノア】GHC王者・清宮が杉浦撃破 三沢さんにささげる激勝防衛潮崎豪が三沢さんに誓う「世界一の団体に」三沢没後10年追悼興行、超満員札止め ノアで緑のマットが限定復活「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスさんが死去 猪木氏が追悼 ▼情報&コラム キューティー鈴木、デビューから引退後まで今すべてを語るゆでたまごが語る『キン肉マン』と疾走した40年6月16日(日)21:00日本テレビ「行列のできる法律相談所」中邑真輔が出演 ▼格闘技 【DEEP JEWELS】中井りん、ムエタイベースのゲオチャイにあえて立ち技で挑み圧巻のTKO勝利【UFC】レスリング北京五輪金のセフードがUFC二階級制覇山本美憂 格闘家転向の真相を涙で告白 弟KIDとの絆「ずっとそばにいたかったから」

 9日、新日本プロレス大阪城ホール大会に柴KENタッグ見参! 柴田勝頼がソウルメイトであるKENTAを呼び込み、KENTAがG1クライマックス参戦を表明した。

・ DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL – 大阪・大阪城ホール 2019-6-9 | 新日本プロレスリング

【登場シーン】

 第6試合後、場内に柴田勝頼のテーマ曲が流れ、場内は歓声に包まれる。柴田はスーツ姿で花道に表し、途中で振り返ると入場ゲートを指差す。
 すると、なんと元WWEのヒデオ・イタミことKENTAが登場。場内は大きなどよめきに包まれる。
 柴田がロープを開けて招き入れるかたちで、KENTAはリングイン。
 マイクを握った柴田は「え~、今日は大親友のKENTAを連れてきました!(場内拍手&歓声)」とアピール。そして、KENTAにマイクを手渡す。
 KENTAは「新日本プロレスファンのみなさん、KENTAです(場内拍手&歓声)。まずはこの場を作ってくれた柴田さんに感謝しています、ありがとう(場内拍手&歓声)」と場内への挨拶と、柴田への感謝を示す。
 さらに「オレは自分の本能に従って、ここに来ました(場内拍手&歓声)。KENTAのプロレス、お見せします(場内どよめき&拍手)。『G1』でお会いしましょう!(場内どよめき&拍手)」と『G1』参戦を宣言。
 そして、柴田が「以上!」と叫ぶと、KENTAは柴田のようにリングで腕組みをしてあぐらをかく。そのうしろで柴田もレスラーらしいポーズを決めると、二人はリングをあとにした。

【バックステージ】

※KENTAは柴田と3度、4度とガッチリ握手を交わしてから、囲みコメントに答えた

柴田「まずは日本にお帰り、ですね。彼が、私の知ってるKENTAを今日、呼び込みましたが、あとはもう、彼がのびのび思う存分、KENTAのプロレスをするだけです。俺ができることはここまで」

KENTA「もうまさに、いま言ってる通りで、まあ自分のプロレスがしたい、そういう気持ちもあって、WWEを辞めて。まあアメリカに対しても、自分のなかでまだやり残したことがあって、もう1回自分のプロレスをやって、もう1回世界に対しても、自分というものをアピールしていきたい。そういう中で柴田さんの存在があって、こういうことが起きて。もうホントに、あとはいま言った通り、まああとは俺がやるだけですね」

柴田「人生、どこでどうなるかわからないという。まさかこんな日が来るとは。俺はイメージしてましたけど。まあ、その通りになってしまいましたね」

--本人の口から『G1』という言葉が出ましたけど、これはもう、新日本プロレスへのメッセージというか……。

KENTA「そうですね、やっぱり、『G1』はホントに新日本プロレス 、ニュージャパンといえば世界中でも、まさに最高峰のうちの一つだと思うし、まあニュージャパンでもみんな、世界のどこでも通用する、いま団体だと思ういますし、そういうなかでしっかり自分というものを残して活躍することができれば、おのずと世界に対しても、また改めてKENTAっていうものをアピールできると思うし。『G1』はそれにとっては、一番いい場所なんじゃないですか」
 
--(WWEを辞めてから)いろんな選択肢があったと思いますが、新日本を選んだ一番の決め手は?

KENTA「対世界ですね。今、新日本、世界に向けても凄く大きくなってますし、事実、4月、マディソン・スクエア・ガーデンをいっぱいにする団体ですし、選手の層を考えても、世界最高峰の一つだと思うし。そういう中できっちり自分というものを出せれば、対世界に対してもアピールしていける。そこが一番大きかったですね」

--考えれば大阪は、(WWE入りの際)ハルク・ホーガンに迎え入れられた場所ですね?

KENTA「そうですね。それは何の巡り合わせかわかんないですけど、また大阪から始まることになりましたね」

--いまの柴田選手は新日本プロレスのLA道場を任されてる立場なんですけど、LA道場での練習も考えてますか?

柴田「LA道場で? まあ、タイミングが合えば。いつでもウェルカムなんで。俺が協力できることはしますし、あとはもう、暴れてもらうだけかな。思う存分、KENTAのプロレスを。それに尽きると思います」

--柴田選手が想像するに、いまの新日本プロレスにKENTAのプロレスが入ったら、どうなると思いますか?

柴田「俺に(質問)? いやあ、おもしろくなるんじゃないですかね。まだ、なんだろ? 想像が未知すぎて……」

KENTA「“違和感”だと思いますよ。違和感があると思いますよ。でも逆に、そうでないといけないと思うし、僕がいる意味っていうのは。違和感でないといけないと思うんで。そんな闘いができればいいなと思いますね」

--『G1』でとなると一人で乗り込む形になりますけど、誰かと組んだりとかは?

柴田「『G1』ですからね」

KENTA「そうですね」

柴田「べつに仲良しこよし、リングの上でやるもんでもないし。そのへんはお互いの意識の中で確認する必要もない」

KENTA「友だちが少ないところも似てるし」

柴田「(※苦笑しながら)友だちが多いと、闘いづらいからね。唯一、ボクの数少ない友だちを連れてきました、っていうことです」

--日本を離れている間に新日本プロレスも様変わりしてると思いますけど、対世界というイメージはあると思うんですけど、ほかに気になる選手だったり、いまの新日本に対して具体的なものがあったりしますか?

KENTA「もう、ほぼやったことがない選手ですし、新日本に上がったっていったら、ボクの記憶する中では2002年とかそんなもんで。あれからいろんなものが変わってますし、もう、誰とやることに対してもすごく楽しみですね。(こんな答えじゃ)つまんないですか? 誰かって言った方がいいですか?(ニヤリ)」

--それは追々? 『G1』も出場が決まればブロック分けとかもありますし……。

柴田「OK? じゃあ、いいですか? ありがとうございました」
※あらためて二人でガッチリ握手を交わす

 話題を膨らませることで参戦意志を掘り下げようとする記者陣だが、そこに素で答える柴KENの様子が楽しい。いいじゃないですか、友だちは少なくても!(笑)

 なにげに黄文字の「TAKEOVER」Tシャツが気になる。このタイプは初めてかと思う、発売されるかな? 柴田と組んでいたころのKENTAは「TAKEOVER」Tシャツを着ていたこともあり、ヒデオ・イタミとしての海外WWE NXTデビュー大会名も偶然に「TAKEOVER」だった。オレはこっちの「TAKEOVER」でいくぜ、そういう意味合いを込めたのかもしれない。

 ともかく長期欠場中の柴田プロデュースという要領で、KENTAが新日本マットに上がることになった。孤高なイメージがある両者はお互いのスタンスに共鳴し、リング上でタッグを組むのみならず、プライベートでもやりとりしてきた。KENTAよ、G1にインパクトを残してくれ!

 2013年の柴KENイベントからもう5年半ですか!
・ KENTAがナガダンス好きを告白、柴田勝頼が敬礼ポーズでノア参戦受諾=プロレス談話室ユリオカで何が起きた!? プロレス-格闘技 カクトウログ

この投稿をInstagramで見る

This is my “TAKE OVER” #KENTA #SHIBATA

KENTAさん(@kentag2s)がシェアした投稿 –

 
 9日はちょうど「三沢光晴メモリアル 2019 後楽園ホール大会」を開催していたノア(KENTAの古巣である団体)。

AD

* * *

 一夜明け会見情報。

 
 大会結果はこちらから。モクスリー、鷹木、KENTA、オスプレイ、ジェリコがG1参戦表明!!

・ 大会結果 DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL 大阪・大阪城ホール 2019-6-9 | 新日本プロレスリング

■ 新日本プロレス DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL
日時:6月9日(日)16:00
会場:大阪・大阪城ホール 観衆11,901人(札止め=主催者発表)

<第1試合>
●海野翔太
(3分52秒 ダブルアームDDT→片エビ固め)
〇ジョン・モクスリー
モクスリーがマイクアピール「俺はバイオレンスの準備ができている。俺を『G1』に出せ!」
モクスリー「俺はコイツ(海野)が気に入った。俺にとってのヤングライオンでもある。だからコイツをスパーリングパートナーにしてもいい」

<第2試合>
〇鷹木信悟
(11分14秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)
●小島聡
鷹木がマイク「来月に開幕する『G1』に!(場内どよめき)。このオレを出せ!(場内拍手&歓声)」
鷹木「ジュニアだろうがヘビーだろうが、スゲエヤツはスゲエんだ。そして、強えヤツは強えんだ。俺がこの身をもって! 証明してやる」

<第3試合>
●ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
(9分39秒 緊箍児)
〇YOSHI-HASHI
獣神サンダー・ライガー
試合後、暴れるザックをラリアットで蹴散らしたYOSHI-HASHIがブリティッシュヘビーのベルトを掲げアピール!
YOSHI-HASHI「オイ、俺がリング上で取った行動、おまえが飲むのか飲まないのか、オイ、ハッキリしろよ。ザック、まだ俺は、まだまだだ、オイ。まだまだもっといけっから」

<第4試合>
石森太二
●チェーズ・オーエンズ
ジェイ・ホワイト
(9分48秒  変形スリングブレイド→片エビ固め)
田口隆祐
ジュース・ロビンソン
〇棚橋弘至
棚橋「(フィニッシュは)スリップブレイドとファイナルカット、足したようなイメージ。ダメージはいかほどなものか、俺にはわからないけれど。まあ、見といてください。精度を上げていくか、また空を飛べるようになるか……」

<第5試合 NEVER無差別級選手権試合>
〇[挑戦者]石井智宏
(16分11秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)
●[第25代王者]タイチ
※タイチが初防衛に失敗。石井が新王者となる
石井「テメーのよ、本来やりたいプロレスでもあるじゃないのか、オイ。いまのオメーはよ中途半端なんだよ。わかるか?」

<第6試合 IWGPタッグ選手権試合>
[挑戦者組] SANADA
●EVIL
(16分38秒  横入り式エビ固め)
タンガ・ロア
〇タマ・トンガ
[第83代王者組] ※王者組が3度目の防衛に成功
タマ「このベルトに対するオープンチャレンジを受けてやる。誰でも取りに来てみやがれ。俺たちがそれでまた新しい戦いを挑んでやる」

<第7試合前>
「『G1』でお会いしましょう!」柴田勝頼とも共に登場したヒデオ・イタミことKENTAが『G1 CLIMAX』参戦をアピール!

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
〇[挑戦者/BEST OF THE SUPER Jr.26優勝者]ウィル・オスプレイ
(20分07秒 ストームブレイカー→片エビ固め)
●[第84代王者]ドラゴン・リー
※リーが2度目の防衛に失敗。オスプレイが新王者となる
オスプレイ「あえて俺は言う。あえて俺は主張したい。ジュニアのベルトを持った状態で『G1 CLIMAX』に出場したいんだ。『SUPER Jr.』の優勝のトロフィーを『G1』のトロフィーに変えてみせる!」

<第8試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合>
〇[挑戦者]内藤哲也
(22分06秒 デスティーノ→エビ固め)
●[第21代王者]飯伏幸太
※飯伏が2度目の防衛に失敗。内藤が新王者となる
内藤「IWGPヘビーとの同時戴冠という目標……近づいたとは言わないよ。でも、また振り出しに戻れたかな。『G1 CLIMAX』があるわけでしょ? そこで優勝すれば自動的に、誰に文句も言われずに、IWGPヘビー級の挑戦権が獲得できるんでしょ?」

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
●[挑戦者]クリス・ジェリコ
(25分43秒 エビ固め)
〇[第69代王者]オカダ・カズチカ
※ジェリコの回転エピ固め狙いを押し潰す(1年前のケニー戦1本目フィニッシュと同じ)。オカダが2度目の防衛に成功
試合後、怒りのジェリコがオカダを襲撃!このピンチを解説席の棚橋が救出!
ジェリコ「俺が『G1』に出たら、“クリス・ジーワンリコ”だ。どう思う?(今年の「G1」に出たいんですか?)その通りだ。俺が希望してるんだから、断る理由はないよな。俺が出るようになれば、タナハシは毎日毎日、背後に注意してビクビクしながら試合しないといけなくなるだろう」

 あなたがよかったと思った試合を投票してください。2019年6月11日 24時までの受付で実施します。
※1スマホ・1パソコンから1票のみ有効。やり直しも可。最新投票の内容に上書きされます。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式サイト

 

★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦/殺すぞ、テメー!/俺は武藤敬司のコピーじゃない/先行くオカダ、追う内藤/歴史に残る悪あがき/失意の長期欠場/リングに上がるのが怖い/「俺の居場所、あるのかな?」/奇跡の『G1』初優勝/“まずは”論争/「ヒザがどうなってもいい!」/ダブルメインのファン投票/鳴り止まないブーイング/「オマエのせいでセミになったんだ!」/主役じゃなく脇役/ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け


★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実


★new! KAMINOGE 90 6月3日発売!〝孤高の天才〟田村潔司 長州力[革命戦士] ターザン山本![令和初の定義王] 佐野巧真[プロレスラー] 苫米地英人[認知科学者]×山城美智[沖縄拳法空手道沖拳会 第6代師範] 加藤大典[ゲームプロデューサー] 〝異能の戦士〟保永昇男変態座談会


★new! 驚天動地!!プロレス取調室 ~さすらいのアウトロー編~ 5月25日発売!反則覚悟の爆笑裏話、オンパレード! 生粋のプロレスマニア兼ファン代表の玉袋筋太郎らによるプロレスラー豪快インタビュー集、待望のアウトロー編ついに登場


★new! 証言「プロレス」死の真相 6月13日発売!橋本真也、三沢光晴、ジャイアント馬場…プロレスファンを熱狂させたレスラー達の「死の真相」を、選手・関係者が証言


★new! 逆説のプロレス(14) (双葉社スーパームック) 5月21日発売!プロレスファン垂涎のスキャンダル路線を徹底堅持。これまで語られることのなかった新証言によって氷解する“あの真相”!


★new! クーデター 80年代新日本プロレス秘史 5月27日発売!日本のプロレス・格闘技史における大きな分水嶺となった80年代新日本プロレスの分裂・移籍劇。初代タイガーマスクの引退、猪木の社長辞任、そして長州らの離脱とジャパンプロレスの設立、それらのすべてを知る立場にあった大塚直樹・元新日本プロレス営業部長が当時自身がつけていた「日記」をもとに真実を告白する。未公開の記述から初めて明かされるタイガーの引退、ジャパンプロレスの設立秘話などスクープ満載の書


★new! 平成スポーツ史4プロレス: B・Bムック 5月22日発売!1989~2019 多団体時代 平成プロレス 完全網羅 感動、激闘、混沌 闘絵巻三十年


★new! さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 5月12日発売!デビューからスペースローン・ウルフの衝撃、闘魂三銃士結成、グレート・ムタの覚醒を経て、nWoの席巻。そして全日本プロレス社長就任、WRESTLE-1の旗揚げまで。WEBで話題を呼んだ、スポーツ報知記者による同名連載を書籍化、200ページの大幅加筆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 新日本ドーム2連戦! 全対戦カード
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> ドーム「オカダを破って内藤2冠」なるか?
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日本親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー結果発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる原宿パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な“再会”
> ドン・フライと高山善廣が運命的な“再会”
> 飯塚高史が引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」という歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズに前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占記事! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会レポート
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!

AD