1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. プロ中のプロ過ぎたオカダ フラグとカモフラからの逆乱入でドーム煽り
NOAH

プロ中のプロ過ぎたオカダ フラグとカモフラからの逆乱入でドーム煽り

NOAH

3203

 12日、ノア『GREAT VOYAGE 2023 in OSAKA』エディオンアリーナ大阪第1競技場大会が開催された。メイン直後にオカダ・カズチカが乱入で清宮海斗を襲撃。拒否宣言からの手の平返しで、2・21東京ドーム清宮戦への出陣を宣言した。
(写真提供 ©️プロレスリング・ノア)

 大会全結果と寸評はこちらで。
【投票】ノア2・12エディアリ大阪 ベストバウト投票アンケート受付 | プロレス・ボクシング・MMAの情報 カクトウログ

内藤「武藤敬司選手はおそらく、引退試合で最高の作品を作ろうと。俺にそのつもりはない」

 ノア大阪大会への内藤哲也来場を新日本公式が記事化している。

メインのGHCヘビー級王座戦(王者・清宮海斗vs挑戦者ジャック・モリス)の直前、2.21東京ドームで内藤哲也を相手に引退試合を行なう武藤敬司が、nWoジャパン時代のテーマ曲が流れる中を入場。そして武藤はリングに上がると、マイクを手にする。

■武藤のマイクアピール
「武藤です。NOAH大阪大会に多数のご来場、ありがとうございます!(場内拍手&歓声)。えー、俺自身の引退試合、東京ドーム大会まで、あと9日と迫ってまいりました(場内拍手)。正直、コンディション、そんなによくないんです。しかしながら、最後の試合、持てる力をすべて出し切って、がんばりたいと思います! どうぞよろしくお願いします!(場内拍手。
あと、東京ドーム、大阪からちょっと遠いのでね、平日でもあるし、PPVもやるから、ぜひPPV観てください! ありがとうございました!(場内拍手)」

そして武藤コールが巻き起こる中、武藤はメインのゲスト解説を務めるべく放送席に座る。

すると、ここでなんと『STARDUST』が流れ、敵地でありながら「内藤」コールが発生。その中を白いスーツガウンに身を包んだ内藤が姿を現し、ゆっくりと花道を進んでリングイン。ここで内藤はマイクをつかむ。

■内藤のマイクアピール

「ブエナスノチェ~ス、大阪~~!!(場内拍手&歓声)。プロレスリング・ノア大阪大会へご来場のお客さま、はじめまして。新日本プロレス、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、内藤哲也です(場内拍手&歓声)。

今日は武藤敬司選手が来場するという情報をキャッチしたんで、俺も会場にきましたよ(場内拍手&歓声)。そういえば昔、武藤敬司選手の試合が観たくて、東京からここ大阪府立体育会館へ、観戦に来たことがありました(場内拍手&歓声)。

1999年12月10日、新日本プロレス『バトルファイナル1999』最終戦。チャンピオン・武藤敬司選手vsチャレンジャー・天龍源一郎選手のIWGPヘビー級選手権試合を観戦しにね(場内拍手&歓声)。

その試合に敗れた武藤敬司選手を観て、当時高校2年生だった俺は、泣きそうになりながら会場を出て、ホテルに帰りましたよ。あれから23年と2カ月、まさか、武藤敬司選手の引退試合の相手に指名されるとは、思ってませんでしたよ(場内拍手&歓声)。

武藤敬司選手はおそらく、引退試合で最高の作品を作ろうと思ってることでしょう。でも、残念ながら、俺にそのつもりはない。武藤敬司選手に完勝し、そして! 悔しい思いをしながら、リングを下りていただきますよ。それが、俺をプロレスに熱中させてくれた武藤敬司選手への最高の恩返しだと、思ってるんでね(場内拍手&歓声)。

武藤敬司選手! ではでは、次は2月21日、東京ドームのリング上で! またお会いしましょう、アディオス!!(場内拍手&歓声)」

そして内藤はリングを下りると、放送席の武藤の前に立ち、右手の拳を突き上げる。これを見た武藤は立ち上がり、LOVEポーズか、それともグータッチを合わせるのか、様子を伺う。すると内藤は武藤をすかすように距離を取り、スーツガウンを脱いでもう一度リングへ。そして、ロープワークからリングに寝転び、右手を突き上げニヤリ。

これに対し、武藤は放送席でLOVEポーズを披露。そして内藤はリングを下りて花道を下がると、入場ゲート前で再び右腕を突き上げてから、バックステージへと引き上げた。

(新日本公式)

 武藤敬司の歴史は新日本の歴史であると改めて実感させられもしたシーン。この時点で「オカダ来場もあるかも!?」と思わされたし、2・21ドーム決戦をノアとともに成功に導く意志のあらわれだろう。何か特別なことを内藤が言っているわけではないのだが、歴史的引退への道のりを確認できたことがプレミアだ。

 嬉しかったのは、足の肉離れでのピンチが伝えられている武藤が花道を歩いて入ってきたこと。軽やかな足取りに感じられたし、その後の内藤とのやりとりを武藤がエンジョイしているように見えた。いよいよ来週、武藤敬司が引退する。

オカダ「オマエには興味ねえんだよ。俺がムカつくのはさ、NOAHファンがうるせえんだよ!!」

 オカダ・カズチカもやって来た。

続いて行なわれたGHCヘビー級王座戦では、NOAHの2.21東京ドームにてオカダ・カズチカ戦が発表されている王者・清宮が、挑戦者モリスを武藤直伝のシャイニングウィザードで仕留めて4度目の防衛に成功。試合後、清宮は自信に満ちた表情でマイクを握る。

■清宮のマイクアピール

「大阪大会、ありがとうございます!!(場内拍手)。新世代のGHC戦、いかがだったでしょうか!?(場内拍手)。やっとだ……、ここ大阪で始まりました。この新世代の勢いを、これからももっともっと大きくします!(場内拍手)。
まだ、発展途上ですが、まだまだ発展途上ですが、俺たちの勢いで、このNOAHをもっと世の中に。そして、プロレスといえばNOAHという時代を、作ってみせます!!(場内拍手&海斗コール)。
ありがとうございます。だからみなさん、これからも! 俺を観にきてください! そして! 東京ドーム!! 絶対あきらめない!! オカダ戦、なんとしても実現させます!!」

清宮が強い決意で大会を締めくくると、なんとその背後からオカダがものすごいスピードでリングイン。そして、清宮に一気にレインメーカーを炸裂! 清宮が大の字になると、場内はブーイングや「帰れコール」が巻き起こる。

両者の遺恨の発端は、1.21横浜アリーナでのタッグマッチ。清宮が試合中、オカダの顔面を死角から蹴りつけたことで、両者は壮絶な大乱闘を展開。収拾がつかないと見たレフェリーがゴングを要請し、結果はノーコンテストに。

その試合後、清宮がオカダに「シングルで決着つけろ! ビビッてんのか?」と要求し、2.21東京ドームで一騎打ちが行なわれることが決定するも、オカダは出場拒否の構えを見せていた。

この遺恨決着戦の行方が注目を集める中、オカダはNOAHのリングで清宮を急襲。異様な雰囲気に包まれる場内に向け、オカダはマイクを握るとふてぶてしくアジテーションを繰り広げた。

■オカダのマイクアピール 

「(場内の帰れコールに対し)いつでも帰ってもいいけど。(さらに場内に怒号が飛び交う中、清宮を見下ろして)ビビってるわけねえだろ、コノヤロー!! 逃げるわけもねえだろ、コノヤロー!!(場内拍手&歓声)。
オイ、清宮! 試合したいんだったらよ、“オカダさん! 試合してください! よろしくおねがいします!”だろ、コノヤロー!!(場内拍手&ブーイング)

東京ドーム……、やってやるよ、コノヤロー(場内拍手&歓声)。たださ、オマエには興味ねえんだよ。俺がムカつくのはさ、NOAHファンがうるせえんだよ!!(場内ブーイング)。

逃げるな、逃げんじゃねえ、猪木さんがどう言ってるよとか、おもしろくないねえ。(場内の怒号に対し)いいね、もっとちょうだいよ、ええ!? なんだよ、聞こえねえな!(場内ブーイング)。オマエらの悪っていうのはな、俺らの中で正義なんだよ! どんどんどんどん、何度でも好きに言ってください。オマエらに、絶望を味あわせてやるからな!!」

オカダはブーイングの中を、不敵な笑みを浮かべながら退場。そして入場ゲートの前で堂々とレインメーカーポーズを決めて、バックステージへ。一方、KO状態の清宮はセコンドの肩を借りて退場した。

(新日本公式)

 大阪2連戦でのオカダ清宮進展が予想されたが、「オカダがノア乱入」を事前に予想していたのは4.8%とわずかだった。

 乱入するなら(オカダに詰め寄っていた)清宮の方だろうと大方が考えており、いわばオカダの“逆乱入”となる。急転直下で2・21東京ドーム清宮戦に出陣だ。

 度重なる対戦拒否と前夜の「出ないしケリついてる」発言は強烈過ぎるほどのフラグでありカモフラージュだった。

 こまかいところでいえば、乱入直前に告知ツイートで“大阪大会のことなんか気にしてないよ”とでも言いたげなカモフラも。逆にアヤシイと踏んだファンも多かったに違いない。

 怒号とブーイングに包まれたノア会場は異空間だった。それをまた煽るオカダ。SNSで「猪木が『いつ何時誰の挑戦でも』と言ってるのにお前は受けないのか」と突っ込まれていることに触れる。SNS反響を逆手に取るところが一枚上手だ。これはハマった。

 一部の新日本ファンは「清宮とやるメリットはない」としていたし、テーマとしても「清宮がどう存在感を上げるか」に重きが置かれていた。ところがどうだ。オカダがどんでん返しで「オカダこそ絶対的なプロレス界の主役」を印象づけた。カッコいいヒールとして自身を上げてみせた痛快さ。

 総じて最高に「機運と説得力」を上書きしたと言えるのではないか。

 先ほどのコロナ禍での新日本の話にも通底するだろうが、プロレスとは機運と説得力の積み重ねだ。ランキング上位から順番に王者と当たる競技ではない。「機運と説得力」が甘ければプロレスは低迷するし、今回は甘いというのがオカダの見解ではないだろうか。許していては後悔するという思いから、今回の拒否があるのだと推察する。

 もっと言えば「機運と説得力を満たした対戦」なくしては清宮も上がらないくらいに考えているのではないか。これだけ大々的にプロモーションされているカードに待ったをかけているのだ。オカダの意思には強いものを感じずにはいられない。

(2023.02.12 2:25 pm 拒否問題吹っ飛ばす大阪激闘/清宮戦はオカダ「出ないしケリついてる」 | プロレス・ボクシング・MMAの情報 カクトウログ)

 あらためて2・21ドーム「オカダvs.清宮」が決定。オカダはプロ中のプロ過ぎた。これ以上なくドームを煽ってみせている。

3・9後楽園でHi69がGHCジュニア挑戦。3・19横浜武道館で拳王&征矢がGHCタッグ、HAYATA&リッジウェイがJrタッグ挑戦

 2・12大阪大会での流れ、バックステージやり取りを受けて、大会後に下記タイトル戦が発表となっている。

■ ノア STAR NAVIGATION 2023
日時:3月9日(木)18:30
会場:東京・後楽園ホール

<GHCジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] Hi69
vs.
AMAKUSA
[第52代王者] ※AMAKUSAが2度目の防衛戦

■ ノア GREAT VOYAGE 2023 in YOKOHAMA
日時:3月19日(日)16:00
会場:神奈川・横浜武道館

<GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合>
[挑戦者] HAYATA
クリス・リッジウェイ
vs.
Eita
小川良成
[第55代王者] ※小川&Eitaが2度目の防衛戦

<GHCタッグ選手権試合>
[挑戦者] 征矢学
拳王
vs.
稲葉大樹
マサ北宮
[第63代王者] ※北宮&稲葉が初防衛戦


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年2月28日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼