1. HOME
  2. プロレス周辺
  3. WTL開幕前夜に吉田綾斗がジェリコ好きを告白 鈴木秀樹は吉田とのタッグ結成を要求!? 新宿ファン交流イベント大盛況
プロレス周辺

WTL開幕前夜に吉田綾斗がジェリコ好きを告白 鈴木秀樹は吉田とのタッグ結成を要求!? 新宿ファン交流イベント大盛況

プロレス周辺

 ブロガー・ジャスト日本さんがナビゲートするプロレスファン交流イベント「俺達のプロレストーーク vol.2」「大プロレス飲み会 vol.4」が16日、新宿にて開催となった。平日ではあったが、駆けつけたプロレス好きファンはトーク22人、飲み会41人! 鈴木秀樹(フリー)、吉田綾斗(K-DOJO)がレスラーゲストとして登場した。

 お互いの印象を聞かれた両者。鈴木が吉田に「新日本プロレスに出てる人。ボクに対しては“余計なことをいう人”でしょ?」と先制パンチを放つと、吉田は「いえいえ、デカくて強い人。ZERO1で3年前ですかね、初めて見て」と回答。残念なから鈴木は1週間の大日本プロレス11・11両国国技館大会で関本大介に敗れ、ストロングヘビー級王座から陥落したばかり。大会前の4日にはららぽーと横浜で調印式があったことを振り返る。

鈴木 調印式の後の試合を関本さんがパイプ椅子に座って見てたんですが、後ろから見てると全く動かない。寝てたんですよ! 自分の団体の試合なのに・・・あんなヤツにベルト獲られて(と悔しさをにじませる)。

 2人のプロレスラー観に迫るうえで、これまで印象に残った外国人レスラーとのテーマに。

鈴木 最初はスタイナー・ブラザーズのスコット・スタイナーが印象的で。途中からステロイドの打ち過ぎでおかしくはなりましたけど。

吉田 最初はBEST OF THE SUPER Jr.でのエディ・ゲレロ、ペガサス・キッド(の映像)ですね。日本人と違う動きをする人たちだなぁと。参加していたクリス・ジェリコがWWEで汚い手を使ってではあるんですがWWEのトップに登り詰める(一夜にしてオースチンとロックを倒す)というのも週プロで読んでて、ジェリコのファンでした。

鈴木 (現在の新日本では)同僚じゃないですか。同僚じゃないと(見た目は)ただの不審者(笑)。

吉田 憧れの選手が目の前にいるいる不思議さはありますね。対戦するのも夢じゃないし、一番闘いたいとも思ってます。

 吉田はタカタイチ興行でランス・アーチャーにチョークスラムで襲撃されたエピソードも振り返る。「ランスに握手を求められ、後の記憶がなく気づいたら控室」だったという。少しずつ思い出していくものなんだと言い、ここは鈴木も「そうなんだよね」と共感。参加者はプロレスでの生々しさに息を飲む。

 今年に入って勃発した秋山準との“試合成立”論争も鈴木は振り返り。秋山が「試合が組まれたら成立ではなく、その会場に来てくださったお客様に喜んで帰ってもうのが成立」とし、鈴木が「試合が組まれたら成立」としていた。
・ 秋山準と鈴木秀樹が「試合を成立させるとはどういうことか?」を巡りTwitterでやりとり~ツイートまとめ プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)

鈴木 (ケンドー)カシンさんの、乱入して(試合が組まれなかった大会で)売店をやるというのは新しいスタイルですよね。当日の朝に「きょう後楽園に行ってサイン会やりませんか」と電話がかかってきてドームホテルのタリーズで待ち合わせして決行したんですよ。そしたらカシンさん「明日の試合に支障をきたさない?」って。だったら誘わないでください(笑)。後楽園ホールってですね、みなさん。セキュリティ何もない、マスクかぶって進んだら素通りなんですよ(※あくまで鈴木の見解です)。

秋山さんの主張に関しては、きれいごと言ってるなと。カードが組まれた時点で成立ですよ。試合後に“成立しなかった”なんてお客さんに失礼。まぁ、全日本は嫌いなんで、たぶん合わない。藤田(和之)さん、カシンさんに教わったんで自分は基本は“新日本”なんですよね。“やったもん勝ち”というか。だから合わない。

 テーマは試合スタイルの話に。

吉田 自分はスタイルは一つにとらわれたくない。アメプロ(アメリカンプロレス)であっても違うものであっても自分に合うものは取り入れたい。ゴール(引退)まで自分が得られるものはどんなスタイルでも得たい。ゴールのスタイルを決めたくはないんで。

鈴木 お客さんに見てもらうのがボクらの仕事なので、IGFでは違和感しかなかったですね。(レスリングスタイルを)デイビーボーイ・スミスJr.やジョシュ・バーネットがやってますけど、彼らは「やりたいことをやってる」のであって(求められることをやっているわけではない)。スタイルじゃなくて、その人が何をやっているかが問われるのであって。

 スタイル論は後にも出てきます。質問バトルロイヤルへ。

【新日本プロレスが盛り上がっていることで「よかった点」と「いかがなものかと思う点」を教えてください】

吉田 そこに上がれている点はよかったですし、うち(K-DOJO)にこぼれてくるのもあるので。いかがなものか? うーん不満のようなものはないですかね。

鈴木 プロレスと言えば新日本。新日本がいい方がプロレスはいい。プロレスのイメージそのもの。

吉田 新日本が人気ないときはプロレス人気も下降しました。

鈴木 たまにあるのは「ウチは新日本よりも試合はいい」って主張。それは間違っている。いい試合にファンが集まるわけで、新日本の方が試合はいいんです。そういう人(新日より上を主張)がけっこう多くて腹が立つんだけど、自覚した方がいい。ファンは(考えは自由なのでそれを)言ってもいいんですよ。選手側はダメ。ファンも選手を勘違いはさせないでほしい。ダメなものはダメだと。

【DDTのスタイルややり方をどう思いますか?】

鈴木 いいんじゃないですか。週プロ表紙に(男色)ディーノさんが載ってディーノさんにも直接話したんですが、あれがDDTですよね。

吉田 接点ないですね。全く(自分は)しないことばかりですけど、それで登り詰めたわけで、別にどうこうというものはないです。

鈴木 (どこかの団体が)真似をやり切れるならいいけど。

吉田 そこまでのクオリティはできない。

【映画『パパはわるものチャンピオン』への感想を教えてください】

吉田 (少しバツ悪そうに)見てないです。

鈴木 ベタな話だけどいい映画でした。ゴキブリマスクはZERO1が最初やってたんだよね。新日本だからこう(大々的な制作・公開に)なったかなと。棚橋(弘至)さんよかったですし、田口(隆祐)さんが異様にうまかった。

【WWEがもうひとつ日本でブレイクしない理由をどう思いますか?】

鈴木 1年に数回の興行なのに会場を埋めるのは素晴らしいと思います。ブレイクには大衆的スターが必要なんですが、そういう人はもういなくなっているのかも。大物は生まれづらいかもですね、何でも許されていた昭和に比べて。WWEですらスターづくりが難しいから日本から輸入している状況かと。

アメリカンファミリー向けなところはありますよね。中国マーケット展開も本土に住んでいる人狙いなんですよ。ジョニー・エースが3年前に言ってました。

【昔と今のプロレスの違いは何だと考えますか?】

吉田 自分が見始めたころとはそんなに違わないです。もっと昔になると、今とは違う。技が増えるといろいろ変わってくるんです。新日本プロレスでさえ、猪木さん藤波さんでも今と全然違う。昔に比べるとレスリングという感じではなくなっています。ケニー・オメガ選手ですか? あの人ひとりのスタイルで、彼が変えたというのではないと思います。

鈴木 ケニー選手のスタイルが好きか嫌いかと聞かれたら「嫌い」です。でも、ドーム大会のメインを務めているわけだから「賛」であって「否」じゃない。あっちが正しい。高いステージで試合をしているのだから。

ボクに否定してほしいっていう昔のファンはいる。でも、ボクは今のプロレスは好きですよ。もしボクが自分と同じようなスタイルの人と比べて受け入れられていたとしたら、「賛」であることを自分はやっていて、自分(個人)のやりたいこととしてやっている人とは違うということなんです。

 最後にメッセージ。

吉田 新日本の人? なんて言われるんですが、KAIENTAI DOJOもぜひ見に来てください!

鈴木 悔いなし! 言い尽くした! 両国で負けたときに「大日本にまた上がってもらえますか」と言われ、1年前にも負けたときには「新日本に上がるんですか」と言われました(笑)。オファーをもらわないと・・・(吉田にタッグを)組んでくださいよ、新日本で!


※記念撮影写真のみ主催者側Twitterより。

 ほかにもトークは脱線に次ぐ脱線、このイベントシリーズ恒例の関本バナシ、グレート小鹿の遅刻、最近の不祥事などいろいろ。参加者はたっぷり楽しめるプレミアムトークになったかと。

 クラシカルなスタイルながらボクらを揺さぶる試合をする鈴木であるが、一部スタイルを“嫌い”とはしつつも今のプロレスで生き続ける強い姿勢と誇りを感じずにはいられなかった。それでいて、コミュ力がハンパない。飲み会でも、こういう流れで進めましょうというきっかけをつくって運営を助けていた。ブログをやっていることも挨拶すると、「前回もいらっしゃいましたよね?」と声をかけていただく。なんと丁寧な人なのだ!

 吉田は事前ツイッターで「頭良くないけど自分の考えそのままに話しますので」ということだったが、どうしてどうして、自身の判断で言うべきことを取捨選択して喋れるレスラー! 飲み会では他ファンから「KAIENTAI DOJOの育成は一目置ける」とも聞いたが、実感があった。それでいて、決めつけたものはなく柔軟に受け入れる姿勢もあって本当にこれからが楽しみ。イケメンだが、男も惚れるぞ。

 多少の運営のバタつきはあったが、レスラーズが前のめりにイベントに入り込み、トークを繰り広げる。飲み会でもレスラーズの方から各テーブルを回っていく。みなさん大満足だったかと思います。


翌日に新日本プロレスのワールドタッグリーグ開幕戦を控える吉田、ひと足早く帰宅ということで「アヤト」&「優勝」大コールで送り出し!


「鈴木選手 10周年おめでとう」「吉田選手 リーグガンバッテ 3周年おめでとう」との特製エクレア&ケーキをまとめて鈴木が受け取る。

 ボク個人は朝までコース、2次会・3次会までのオールでした。ブログやってるということで「読んでます」とか声かけもあり、みなさんあっての更新だと改めて感謝。また諸機会でご一緒しましょう!

11/18Tweet追加。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> ジャスト日本のプロレス考察日誌

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 柴田勝頼がオカダ戦以来3年ぶり黒パン
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海

ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの記事引用あり



2020年3月25日発売!それぞれの「U」 [単行本刊行記念対談]藤原喜明×中野巽耀 [回想―若手たちの対抗戦]AKIRA×安生洋二 [独演―キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]宮戸優光



2020年3月17日発売!俺たちのプロレス VOL.14 ジャンボ鶴田最強説を追う!! 没後20年を経て“怪物”と呼ばれた男の真実に切り込む――。ジャンボ鶴田最強説を追う!! 12名が明かした「ジャンボ鶴田最強説」の虚と実



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2020年3月15日!獣神伝説、完結! 自伝、第3弾! ありがとう、みんなのライガー。2020年の東京ドーム2連戦でリングを去った獣神、最後の告白。連綿と続く壮大な新日本ジュニアの物語。いつもそこにライガーがいた



2020年2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



2020年2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



2020年2月28日発売!シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



2020年2月27日発売!2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



2019年2月27日発売!12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2019年12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



2019年12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon