1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. 船木誠勝が聞いた「前田は潰される」という噂 1986年の前田vs.アンドレ戦
前田日明

船木誠勝が聞いた「前田は潰される」という噂 1986年の前田vs.アンドレ戦

前田日明

 1986年4月29日に三重県津市体育館で行われた前田日明vs.アンドレ・ザ・ジャイアント戦。

船木誠勝がインタビューで語る 「前田vs.アンドレの真相」とは?

 今でも語り継がれる不穏試合である。 

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント戦 – Wikipedia

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント戦(まえだあきら たい アンドレザジャイアントせん)は、1986年4月29日に三重県津市体育館で行われたプロレスの試合である。アンドレ・ザ・ジャイアントが前田日明(UWF)にセメントを仕掛け、応戦した前田が蹴りで戦意喪失させて無効試合となった。

「ワールドプロレスリング」の録画中継として古舘伊知郎の実況で収録されたが、放送は中止になり、長らくファンの間で伝説の不穏試合として語り継がれていた。映像は動画投稿サイトができる以前は、一部のプロレスマニアの間で裏ビデオとして流通していた。

 船木誠勝による雑誌インタビューの一部がネット上で公開となっている。


【9月30日発売! プロレスラー船木誠勝インタビュー(後編)「前田vsアンドレの真相」】

【BUBKA11月号】船木誠勝 スペシャル・インタビュー(後編)「前田VSアンドレの真相」 | BUBKA Web(ブブカ ウェブ)|グラビア&活字アイドルサイト 2020.10.05

――船木さんがデビューした翌年、前田日明さんたちUWF勢が新日本に帰ってきましたけど、当時はかなりピリピリしていたんじゃないですか?

船木 新日本vsUWFの舞台裏は、本当にピリピリしてました。だから最初のシリーズはUWFの身内だけでリーグ戦をやったじゃないですか? あれは、いきなり新日本とUWFが当たると、何が起こるかわからないから、身内同士で試合をさせて様子見だったと思います。みんな控室のモニターで観てましたから。「どういう試合するんだろう」って。そして猪木さんはしきりに「あの構えが嫌なんだよ」って、UWF勢のキックボクシングみたいな構えを嫌ってましたね。「プロレスじゃない」って。

――ちゃんと手四つやロックアップで始まるのがプロレスだ、と。

船木 でも、前田さんたちは絶対にスタイルを崩さなかったんで、2シリーズ目くらいの時、上田馬之助さんが試合前の練習をしている前田さんのところに毎日のように行って、「プロレスはな、こうなんだよ」って諭してたんですよ。でも、前田さんの表情を見ると、納得してなかった気がしますね。やっぱり、「新日本と同じスタイルでやったら、自分たちは潰れてしまう」って思ってたんじゃないですか。

――妥協したら存在意義がなくなってしまう、ということですね。

船木 その意識が、たぶん前田さんが一番強かったんですよ。髙田(延彦)さんは越中(詩郎)さんとのジュニアの試合とかで、いい感じでクロスしてたじゃないですか。

――UWFスタイルを崩さずに、通常のプロレスに合わせるのがうまいんですよね。

船木 それで蹴りなんかも相手にケガさせることはなかったし、器用でしたよね。木戸(修)さんも新日本に合わせられるし、藤原(喜明)さんもできるし、山崎(一夫)さんもうまいです。でも、前田さんだけが頑なだった気がしますね。

――蹴りなんかも容赦なく顔面に叩き込んでましたもんね。

船木 外国人レスラー相手でもそれは変わらなかったんで、「前田はいつか潰されるぞ」みたいな噂も聞こえてきていたんですよ。

――外国人の実力者にいつか試合で制裁されるぞ、と。

船木 それで突然、アンドレ(・ザ・ジャイアント)とシングルマッチが組まれたじゃないですか(86年4月29日、津市体育館)。あの時、「ああ、絶対にそういうふうなことなんだろうな」と思いましたね。

――前田さんとアンドレの有名なセメントマッチ。船木さんは試合前から「これは制裁マッチなんだな」って、うすうす感づいていたんですか?

船木 なんか、そんな気がしたんですよ。そしたらたまたま試合前、控室のところで、レフェリーのミスター高橋さんと前田さんが言い合いしてたんですよ。前田さんが「どうすればいいんですか?」って聞いてるんですけど、高橋さんは「アンドレが何も言わないんだから、知らないよ!」って言って、その場からいなくなってしまって。ポツンと取り残された前田さんの後ろ姿をすごくよく憶えてますね。

――インタビューの続きは絶賛発売中のBUBKA11月号にて!

 当時は若手だった船木の見立てが明らかになっており、興味深い。最強を志すスピリットはアントニオ猪木にもあったと思うが、「あの構えが嫌なんだよ」とのことでUWFによるアプローチには思うところがあったのだろう。

AD

 UWF勢の中で前田に強く「新日本と同じスタイルでやったら、自分たちは潰れてしまう」という姿勢を感じた船木。制裁マッチのニオイを感じさせた試合はゴングが鳴ってしまう。

ミスター高橋氏が試合前に前田と会話 ここでは揉めた様子はなかったが・・・

 船木の証言とは辻褄が合わないのがミスター高橋氏の証言。

プロレスはショービジネスです ミスター高橋に聞く、その1 WEDGE Infinity(ウェッジ) 2018年10月23日

Q 高橋さんは『流血の魔術 最強の演技』(講談社)の中で、アンドレ・ザ・ジャイアント選手と前田日明選手の試合(1986年4月29日)について書いていますね。あれは、いわゆる「不穏試合」だったのでしょうか?私は、インターネットの動画サイト「YouTube」で見ましたが、試合会場には異様な空気が漂っていますね。

高橋:試合の前に決めておいたこと、つまり、マッチメイクで決めたはずの試合展開とはまったく違う内容になりました。あの試合のレフェリーは私ではなかったのですが、ちょっと嫌な予感がしたので控え室から出て、客室の後方から観ていたのです。

案の定、試合開始早々から、どうも様子がおかしい。その後も状況は変わらない。私は審判部長であり、マッチメイカーでしたから、急いでリングサイドへ走っていきました。リングの下から(アンドレ・ザ・)ジャイアントに「(事前に)決めたとおりにやってくれ」と指示を出したのです。だけど、聞こうとせず、不穏な流れのまま、危険な展開となってしまいました。結局、私がリングへ上がり、「没収試合」ということにして止めたのです。

マッチメイカーはごく稀なことですが、相当に危険な試合になっているようなときは、ストップをかけなければいけない立場でもあるのです。選手の立場や生命を守らなければいけない。もちろん、お客さん(観客)に喜んでもらい、満足して帰っていただくことも大切です。しかし、選手が致命傷になるような大きなケガをしたり、命を落としたりするようなことは避けなければいけないのです。

あの試合は、本来は前田が負けることになっていました。私が試合前に前田に「前田、悪いけど、今回は負けてね」と言いました。前田は当然と言わんばかりに「わかりました」と答えていました。対戦相手がジャイアントなのだから、前田に勝たせるわけにはいかないのです。(当時の新日本プロレスとして)そんな結果にはできません。ジャイアントはあの時代、外国人選手のトップですから。

Q 試合開始数分で、アンドレが前田さんの上に乗り、全体重をかけて潰すようなことをしましたね。その後、前田さんがローキックを入れて、反撃をします。アンドレがリング中央で仁王立ちのようになります。前田さんからの蹴りを受けるだけで、ほとんど動かない。前田さんは容赦なく、ローキックを入れます。最後はアンドレが自ら、マットに寝ころび、試合放棄のような状況に私には見えました。

高橋:ジャイアントが寝ころんだのは、「お前が得意とするグランドで勝負しよう」という誘いです。試合前には、前田を子ども扱いにして潰してやろうという考えがおそらくあったのだと思います。ところが、そのようにはならなかった。前田の実力がすごくて…。ジャイアントはきっと、「こんなに強かったのか…」と驚いたのでしょう。そのときには、もう引き返すわけにいかなったわけです。ジャイアントにとって、思い出したくない試合なのだろうと思います。

その後、ジャイアントとあの試合について一切話しませんでした。前田についても、話すことはしません。外国人の選手の間でも、タブーになったようです。ジャイアントは、前田を子ども扱いにするどころか、逆に蹴りを何度も受けました。私は、ジャイアントのその屈辱的な思いや気持ちがわかるから、「なぜ、あんな試合をしようとしたのか」と聞くことはしませんでした。

 記憶の相違か、ミスター高橋氏による試合前会話が複数回あったのか。

 アンドレが「決めたはずの試合展開」を守っていれば普通の試合で終了した可能性もある。アンドレの試合運びが前田を硬化させた。やってしまわないと、やられる。仕掛けた方のアンドレ、対抗した前田。お互いの秘めた強さがあったからこその不穏試合だったのだろう。

 いろいろ語られるUWFだが、このような側面も。

高橋:あの頃、前田はたしかに勢いがありました。若かったし、体力もあった。とにかく強かったですよ。あの時代、プロレスラーの中で前田のような蹴りをする選手は少数だった。蹴りといえば、ストンピングやドロップキックぐらいでした。前田の蹴りは、それ以前のプロレスの枠から外れていたのです。そのようなことに外国人選手たちがおもしろくないと思っていたのかもしれません。アンドレがそのように感じていたのかは、私にはわかりませんが。

 アレンジはされ続けているが、キックのバリエーションがプロレスの幅を広げたことは間違いない。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

RIZIN.25 斎藤裕の独占インタビュー

RIZINフェザー級王者 斎藤裕の独占インタビュー

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年12月5日発売! 甲本ヒロト 那須川天心 ザ・グレート・サスケ 将軍KYワカマツ 折原昌夫 玉袋筋太郎 西村知美 五木田智央 鈴木みのる バッファロー吾郎A プチ鹿島 斎藤文彦 兵庫慎司 古泉智浩 坂本一弘 椎名基樹 マッスル坂井 ターザン山本!



2020年11月26日発売! 伝説のレスラーから作家、ミュージシャン、お笑い芸人まで34人が人生を変えた一戦、 己の世界観を変えたあの一戦を思い入れたっぶりに語り尽くす! アントニオ猪木、天龍源一郎、関根勤、内館牧子、夢枕獏、ビビる大木、神田伯山、テリー伊藤、金沢克彦ほか



2020年10月24日発売! 鈴木秀樹 (著)「マット界一の面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について