1. HOME
  2. プロレス
  3. 高田&前田がメッセージ継投! 健介&小橋がチョップ敢行! 高山が初動画「蹴る感覚が出てきた」/奇跡のTAKAYAMANIAまとめ
プロレス

高田&前田がメッセージ継投! 健介&小橋がチョップ敢行! 高山が初動画「蹴る感覚が出てきた」/奇跡のTAKAYAMANIAまとめ

プロレス, 高山善廣

1

pick up ▼ニュース 丸藤、5年ぶり一騎打ちのイタミに激勝!20周年大会は両国超満員の大成功秋山&青木、杉浦組とドローも再戦「ない」 5年ぶりノア参戦ノア・森嶋猛の対戦要求に杉浦貴が激怒「お前が復帰しようが関係ない!」【WWE日本公演】“海賊女王”カイリ 鮮やか凱旋勝利初防衛のロンダ様 日本ファンと歓喜の抱擁『スターダム』と人気アニメ『邪神ちゃんドロップキック』がコラボ、邪神ちゃんコスでプロレス第2弾悪性脳腫瘍と闘ったRayさん無念“女ハヤブサ”の死に大仁田も哀悼 ▼情報&コラム 飯伏 盟友ケニーへ不信「ゴールデン☆ラヴァーズ」に不協和音【シードリング】高橋奈七永が語る潮崎愛ロック様、カメハメハ大王役に挑戦札幌マッスルショップ リニューアルオープン ▼格闘技 【INVICTA】RIZINの村田夏南子が女子世界最高峰イベントに初参戦【RIZIN】堀口恭司vs那須川天心、旗揚げ以来最高の観客動員へ

 頸髄損傷でリハビリを続ける高山善廣への支援第1弾興行8・31後楽園『TAKAYAMANIA EMPIRE』大会には、札止めとなる観衆が詰めかけた。

 参戦したのは総勢37選手。新日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、DDT、大日本プロレス、ZERO1、FREEDOMS、WRESTLE-1、琉球ドラゴンプロレス、みちのくプロレス、KAIENTAI DOJO、BASARA、東京愚連隊、センダイガールズ、パンクラスといった団体所属あるいはフリー選手が熱い試合を繰り広げた。

 前田日明、佐々木健介、小橋建太、山崎一夫がゲスト解説。ビデオメッセージではスタン・ハンセン、天龍源一郎、武藤敬司、安生洋二、宮戸優光、垣原賢人、山本喧一、ヒデオ・イタミ、高田延彦が登場する。このほか記念撮影時には桜庭和志もリングイン。桜井マッハ速人、所英男、菊田早苗ら総合格闘家も駆けつけて募金活動を行った。

 ここで起きたことがすなわち、高山善廣が繰り広げてきた闘いの幅の広さ! 大会をダイジェストで振り返る。

■TAKAYAMANIA EMPIRE
日時:8月31日(金)18:30 
会場:後楽園ホール 観衆1,500人(超満員札止め=主催者発表)

<第1試合 バトルロイヤル>
〇大谷晋二郎
(13分35秒 オーバー・ザ・トップロープ)
●ロッキー川村
※退場順:井上雅央、高木三四郎、グルクンマスク、坂口征夫、カズマサカモト、中澤マイケル、佐々木貴

ロッキーのパンチとマイケルのベノムアームのコンビネーションが坂口に炸裂という異色展開が沸かせる。

<第2試合>
里村明衣子
〇杉浦貴
(9分56秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め)
橋本千紘
●佐藤光留

序盤の佐藤による里村の心を折りに行くかのような攻めが強烈。男子のパワーが女子に立ちはだかる場面が多かったが、里村が蹴り、橋本が投げで反撃も。カットプレーでは橋本が杉浦に水車落とし!

<第3試合>
●男色ディーノ
大森隆男
(10分58秒 エクスプロイダー→体固め)
ディック東郷
〇秋山準

序盤には嫌がっていたディーノのリップロックを終盤に食らってしまった秋山。怒りのスイッチが入り、東郷にコーナーに登れと指示。秋山によってタイツを強引にTバック状態にされた東郷の表情! お尻を見ての西永フェリーの顔、観客席の山田邦子さんのリアクション。

ディーノ得意の地獄門を逆にディーノに見舞う。笑撃展開をエクスプロイダーで秋山が制した。

<第4試合>
●冨宅飛駈
佐野巧真
(9分42秒 虎王と絶搶の合体攻撃→片エビ固め)
木高イサミ
〇丸藤正道

UWF系の佐野と冨宅がアキレス腱固めと脇固めの二重奏で沸かせるも、丸藤と木高の越境タッグが虎王と絶槍(ぜっそう)の挟み撃ちで勝利。

<第5試合 新日本プロレス提供試合>
●海野翔太
天山広吉
(10分57秒 バックドロップホールド) 
成田蓮
〇永田裕志

欠場中の小島聡が天山のセコンドとして登場。高山のために駆けつけたことで、大会も華やいだ。

永田裕志「高山善廣は今から16年前、新日本プロレスにたった一人で殴り込みに来ました。帝王という名に恥じぬ、それはそれは強くて、驚異的な選手で、僕らは何度もピンチにさらされました。僕はそんな高山善廣の本当の強さを知っています。高山善廣は必ずこのリングに帰ってくると信じてます。永田裕志は今年50になりましたが、まだ10年、20年、30年健在です。高山善廣、このリングに早く帰ってこい。もう1回彼と試合がやりたいです。もう一度、彼と目一杯、やりあって、殴り合って、叩き合って、ぶっ飛ばして、試合をすることを祈願して…皆さんご唱和ください。1、2、3、ゼアッ!」

高山夫人である高山奈津子さん。闘いの様子を見つめつつ、関係者の誘導にテキパキ動いていた。試合前の受付では高山ジュニアを伴って応対も。

<ビデオ&登壇メッセージ>

高田延彦「高山善廣を支援、応援してくれているたくさんのファンのみなさん、そして高山の大切な仲間たち。今日は高山善廣のために、このような素敵なイベントを開いていただき、心から感謝の気持ちでいっぱいです。高山善廣が1日も早く、最愛の息子を、あのでっかい体で力いっぱいハグできる日を待ちわびながら、私もみなさんと一緒に、微力ではありますが、応援を続けていきたいと思っています。高山善廣への熱い応援、支援、よろしくお願いします」

前田日明「本日は高山のためにこんなに大勢集まっていただいて、本当に心から感謝してます。ありがとうございました(四方に礼)。高山の頸椎損傷を聞いた時は本当に驚きました。彼は自分と同じようにまだ小さい子供もいたりして、これからのことを考えると、本当に自分のことのように、真っ暗になったりしました。しかしですね、いろいろ調べてみると、世界には頸椎損傷から奇跡と言われる復活を果たして普通の生活に戻った人が結構いるんですよね。高山! プロレスラーの体はな、神経で動くんじゃないんだよ! 魂で動くんだよ! お前も魂に体を動かしてもらって、このリングに戻ってこい!」

<第6試合>
〇HARASHIMA
火野裕士
石川修司
(18分02秒 蒼魔刀→片エビ固め)
●樋口和貞
浜亮太
諏訪魔

暴走大巨人タッグが別コーナーに分かれての試合。巨漢選手同士のぶつかり合い、チョップ合戦のド迫力マッチとなった。体格で劣るHARASHIMAだったが、カットプレーで浜の背後から蒼魔刀を見舞うなど技能で対抗。

AD

<第7試合>
近藤修司 ●TAKAみちのく 太陽ケア
(20分51秒 ゴッチ式パイルドライバー→エビ固め) 
MAZADA NOSAWA論外 〇鈴木みのる

TAKAを羽交い絞めにし、解説席・健介のチョップを誘導しようとしたみのるだったが、、、

TAKAに逆に羽交い絞めにされたみのるに健介のチョップが炸裂!

小橋からのチョップも! 健介・小橋からの連続チョップ受けするみのるの姿に、高山の雄姿がオーバーラップする。

現役を退いたとはいえ、健介・小橋が並ぶ威圧感。背後には山ちゃんも。椅子を手にしたみのるは「おいっ、(相手が)2人もいるぞ。(味方チームに)誰か助けろ」と叫ぶ。

さすがに手で「タイム」と休戦宣言でエスケープ。

普段はチームにいるみのるにTAKAが気持ちを見せる。このボスに立ち向かっていく姿勢が試合展開のハイライトとなった。

TAKAの奮闘を完封したみのるがゴッチ式パイルドライバーの体制へ。観客を煽る!

健闘したTAKAを抱きかかえたポーズは「俺たちはやっぱり一番だよな」と言っているように見えた。

グータッチの構えからスカすなど和田京平レフェリーへのおちょくりを見せたみのる。しかし最後は、みのるの方が和田レフェリーの手を取って、メイン全員での“勝利”をアピール。

長期欠場後の高山の初動画が会場ビジョンに。

「本日はTAKAYAMANIAにご来場いただきまして、誠にありがとうございました。TAKAYAMANIA、今日はいかがでしたか? 今日会場に来られた方々も、それ以外の方々も、熱いご支援をいただいてこの場を借りて御礼を申し上げます。次回、どうなるかわかりませんが、足で蹴る感覚がちょっと出てきたのがわかりましたので、悪さばかりをしている鈴木みのるの顔面をビッグブーツできるのを僕自身も楽しみにしています。それまで鈴木みのる、待ってろよ。今日の後楽園ホールにいるみんなありがとう。また会おう!!」

みのる「(高山コールを遮るように)ちょっと待て。こいつ、寝てばっかりのくせに、俺に喧嘩を売りやがったな。ああ、そうかい。いつまで寝てるんだ、高山。俺はお前がここに上がってくるまで、そう、プロレス界の王の座でお前のことを待っている。そんなところでくたばるんじゃねえぞ。てめえのトドメは俺が刺してやる」

これぞ盟友というやりとりに後楽園が酔いしれる。

みのる「思ったこと喋ったら締めづらくなっちゃった。とりあえず、今日のところは(小声で)ノー・フィアー。ここ(リング上を指で差す)にいる半分以上は俺のことが嫌いなはずだ。みんなぶっ飛ばした顔だよな、お前とか、お前とか、お前とかな。さっきはよくもやったな、お前らよく覚えとけよコノヤロー(健介、小橋が笑顔)。だけどな、今日は俺のためじゃねえ、高山善廣のために集まったんだ。だから、全員に拍手を送ってほしい(会場拍手)。もういい、もういい、もういい。おい、(リング上のレスラーズに向かって)調子に乗るなよ。というわけで、第1回、『TAKAYAMANIA EMPIRE』、これにて全て終了します。もう1回見たいか? 次はもっともっとお前らの気持ち、あいつに届けよう。な? じゃあ行くぞ、後楽園ホール。高山に届け! ノーフィアー!」

 ノー・フィアーやってたら、その瞬間を撮れませんでした。なお、“ぶっ飛ばした顔”の一人、永田は微妙にロープ外にいます(笑)。

 高山との絆がある選手限定ではありつつも、オールタイムオールスター戦ともなった大会。記事タイトルにもしたが、高田&前田によるメッセージ継投、健介&小橋のチョップ敢行、高山初動画「蹴る感覚が出てきた」宣言などいくつものクライマックスがあった。8・14カッキーライドでは、山ちゃんから「出てこいや!」とTAKAYAMANIAへの高田登場を待望するマイクがあったが、映像とはいえしっかりとつながった。高山からするとUWF系での2人のボス、高田と前田が揃って高山支援を訴えたことは最大の感動だった。

 そして、試合および試合後のみのるの仕切り。敵対選手との関係性がありながらも、それを越えての大同団結という意味合いがビンビンに伝わってくる。ボクらの思いをしっかり乗せて、、、あなたがTAKAYAMANIAの仕切りで本当によかったです!

 もちろん楽観することはないが、高山本人から奇跡の兆候が語られたことは、ボクら支援に回っている側からするとドライブがかかる。主催者のみなさん、選手のみなさん、感動をありがとうございました。そして、改めて。ボクらが信じなければ、何も始まらない!

選手による寄せ書きほかtweetより。

TAKAYAMANIA前日。

アフターTAKAYAMANIA。要チェック。

 ここまで読んでいただいている方に、最後に。

 バックステージコメント抜粋をプロレス&格闘技DX無料公開記事より。TAKAYAMANIAの音頭取りがみのるに決まった際のやりとり秘話も。
・ 8-31【TAKAYAMANIA】高山支援で37選手躍動…鈴木音頭で「ノーフィアー」大合唱、高山もV…プロレス格闘技DX

▼鈴木「またやるよ。そのつもりで俺はここにいるんで。何度も言ったんだよ。『もっと好感度のいい人のほうがいいんじゃないか』って。『もっと爽やかな、もっとみんなが1人でもワーッと集まる人のほうがいいんじゃないか』って言ったら、高山のほうから『お前、なに言ってんだよ』って。『みのるちゃん、なに言ってんだよ。やれよ』って言って。それで決まったんだから」

▼鈴木「それも、高山の今までのプロレスの中で、あの時間をパッと思い出すらしいんで、今回はそれを再現してみた。再現というか、あの時のメンバーを集めてみた。次はどうなるかわからないけど。第2回、第3回…あいつが帰ってくるリングが今日生まれたんで。これを残していかないと。例え、客が1人であっても、2人であっても。そこで俺がぶっ飛ばすから。やめてられねえよ。まだまだやるよ。その代わり、あいつが10年後、20年後に帰ってきた時に、俺はまだトップにいるから。じゃなかったら意味がない」

▼TAKA「俺の場合、鈴木軍初期メンバーに高山さんがいて、仲間だった時もあれば、他の団体では敵に回って。シングルやって、世界一のジャーマン食らったこともあったけど、俺もやられっぱなしなんで。ちっちぇえけどさ、ちっちぇえけど。今日、鈴木みのるっていうとてつもなく強い男に立ち向かっていって、ボコボコにされたけど、まだまだこんなちっちぇえ俺でも、まだ立ち上がって戦うんで。高山さん、また立ち上がってきてくれますよね? 俺もまた立ち上がって行きますんで。またボコッとぶっ飛ばしてくださいよ。何度でも俺は立ち上がって。高山さん、みんな待ってますよ。こんなたくさんの団体が集うこと、高山さんをもってしてじゃなきゃないでしょ? オールスターだよね、今日。素晴らしい大会を高山さんのためにみんな揃ってやって。次はあなたが帰ってきて、みんな集めて何かやりましょうよ。俺らは何度でも立ち上がるんで、待ってます」

 

>> カクトウログ(最新RANKINGFacebook
TwitterYouTubeチャンネル
>> 高山善廣オフィシャルブログ Powered by Ameba

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD