1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 1・4ドーム外野スタンドをついに開放/スターダム提供試合は配信なし/東京ドーム観戦初心者のための注意事項まとめ
新日本プロレス

1・4ドーム外野スタンドをついに開放/スターダム提供試合は配信なし/東京ドーム観戦初心者のための注意事項まとめ

新日本プロレス

23

 一年の計はドームにあり。新日本プロレス年間最大ビッグマッチ、東京ドーム大会がいよいよやって来ました。今年は2連戦!

 4日はドーム外野スタンドをついに開放。
・ 『WRESTLE KINGDOM 14』1月4日(土)は完売間近!当日券は11時~販売、外野スタンドも開放!1月5日(日)の当日券は9時~発売スタート!両日ともローチケ前売は大会前日23時59分まで!【WK14】 | 新日本プロレスリング

■『バンドリ! Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始

ロイヤルシート ※完売
アリーナA ※完売
アリーナB ※完売
1Fスタンド 当日10,000 ※残りわずか
1Fスタンド外野 当日9,000 ※当日のみ
バルコニースタンド ※完売
2FスタンドA 当日8,000 ※残りわずか
2FスタンドB 当日5,000 ※残りわずか
レディースシート(アリーナB)※完売
レディースシート(1Fスタンド)当日10,000 ※残りわずか
小中高生 当日3,000 ※当日のみ/要身分証明書

※当日券は「11:00」より「東京ドーム22番ゲート前 当日券売場」にて発売いたします。

★各券種とも残りわずかのため、急遽外野スタンドの一部を開放することが決定しました。
外野スタンドの開放部分は、ステージ・ステージ上のビジョン・入場花道等が一部見えない場合もございます。(試合及びリング上のビジョンはご覧いただけます)また、外野スタンド席は全て背もたれがないベンチシートとなっております。
こちらの点を考慮し、「1Fスタンド外野」として当日のみ9,000円で発売いたします。
ご購入の際は予め上記の点をご了承のうえお買い求めくださいませ。

※当日のみ発売の「小中高生」(3,000円)も「1Fスタンド外野」でのご案内となる場合がございます。 
※「レディースシート(1Fスタンド)」と「小中高生」の連番購入はできません。
※車椅子をご使用のお客様は「1Fスタンド外野」でのご観戦は出来ませんので、「1Fスタンド」をご購入ください。

 昨年は「内野スタンドが売り切れた場合は外野スタンド発売」とされ、結局発売されず。今年は最初から発売となった。

1Fスタンド内野席での(暗幕含む)空席ブロック。2017年までは4ブロック程度、2018年は2ブロック。2019年はついにゼロ! ポール際の最終ブロックまで観客を入れた!! もう一歩で外野席進出だったが及ばず。4万人超もお預け。

 当サイトによるまとめ。1年前の大会で「14年ぶり規制退場」と言われたので、同じくらいだとしたら15年ぶり? 1990年代には外野スタンドにも観客を入れてました。

2000年1月4日 63,500人
2001年1月4日 62,001人
2002年1月4日 51,500人
2003年1月4日 50,000人
2004年1月4日 53,000人
2005年1月4日 46,000人 ※2階席は5割の入り
—————–以降規制退場なし
2006年1月4日 43,000人 ※2階席発売が消滅
2007年1月4日 28,000人
2008年1月4日 27,000人
2009年1月4日 40,000人(満員)※当日券のみ2階席が復活
2010年1月4日 41,500人 ※前売り段階で2階席が復活
2011年1月4日 42,000人
2012年1月4日 43,000人
—————–以降の観客数は実数発表に近づける
2013年1月4日 29,000人(有料入場者数)
2014年1月4日 35,000人(満員)
2015年1月4日 36,000人(満員)
—————–以降の観客数は実数発表
2016年1月4日 25,204人
2017年1月4日 26,192人
2018年1月4日 34,995人
2019年1月4日 38,162人(満員)
2020年1月4日 ???
2020年1月5日 ???

 昨年超えるかと言われた4万人に手が届くかどうかに注目される。

 では、対戦カードなどのまとめです(注意事項は記事後半に)。ドーム大会中継は、ダークマッチ(スターダム除く)含む配信が新日本プロレスワールドにて、ダークマッチ除く中継がCSテレ朝チャンネルで行われる。

■新日本プロレス バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム
日時:1月4日(土)17:00
会場:東京ドーム

・ 新日本1・4東京ドーム大会 どの試合に期待する? – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

<ダークマッチ第1試合/スターダム提供試合>
※16:00開始予定(この試合後より新日本プロレスワールド配信)
ジュリア
木村花
(1/15)
星輝ありさ
岩谷麻優

<ダークマッチ第2試合>
アレックス・コグリン
クラーク・コナーズ
カール・フレドリックス
トーア・ヘナーレ
(1/15)
上村優也
辻陽太
本間朋晃
真壁刀義

<ダークマッチ第3試合>
中西学
永田裕志
(1/15)
小島聡
天山広吉

<第1試合/獣神サンダー・ライガー引退試合I>
田口隆祐
高岩竜一
大谷晋二郎
佐野直喜
with小林邦昭
(1/60)
タイガーマスク
ザ・グレート・サスケ
藤波辰爾
獣神サンダー・ライガー
withエル・サムライ
※特別レフェリー:保永昇男

<第2試合>
エル・デスペラード
タイチ
鈴木みのる
ザック・セイバーJr.
(1/30)
BUSHI
鷹木信悟
EVIL
SANADA

<第3試合>
チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ
KENTA
(1/30)
YOSHI-HASHI
矢野通
石井智宏
後藤洋央紀

<第4試合/IWGPタッグ選手権試合>
[挑戦者/WTL2019優勝] デビッド・フィンレー
ジュース・ロビンソン
(1/60)
タンガ・ロア
タマ・トンガ
[第83代王者] ※タマ&ロアが8度目の防衛戦

<第5試合/IWGP USヘビー級選手権試合テキサス・デスマッチ>
[挑戦者] ジョン・モクスリー
(1/60)
ランス・アーチャー
[第7代王者] ※アーチャーが2度目の防衛戦
※反則裁定なし、その他は通常のプロレスルール

AD

<第6試合/IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 高橋ヒロム
(1/60)
ウィル・オスプレイ
[第85代王者] ※オスプレイが4度目の防衛戦

<第7試合/IWGPインターコンチネンタル選手権試合>
[挑戦者] 内藤哲也
(1/60)
ジェイ・ホワイト
[第23代王者] ※ジェイが2度目の防衛戦

<第8試合/IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者/G1 CLIMAX 29優勝] 飯伏幸太
(1/60)
オカダ・カズチカ
[第69代王者] ※オカダが5度目の防衛戦


■新日本プロレス バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム
日時:1月5日(日)15:00
会場:東京ドーム

・ 新日本1・5東京ドーム大会 どの試合に期待する? – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

・ 新日本ドーム2日目“王者対決”この選手を応援! – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

<ダークマッチ/NEVER無差別級6人タッグ選手権試合ガントレットマッチ>※14:00開始予定
[挑戦者組] チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ
vs.
金丸義信
エル・デスペラード
タイチ
[挑戦者組] vs.
BUSHI
鷹木信悟
EVIL
[挑戦者組] vs.
ロビー・イーグルス
YOSHI-HASHI
石井智宏
[挑戦者組] vs.
田口隆祐
矢野通
真壁刀義
[第19代王者組] ※真壁&矢野&田口が5度目の防衛戦
※2チームで通常の6人タッグマッチを行い、勝ったチームが次のチームと対戦する。勝ち残ったチームを勝者とする。試合は各60分1本勝負。出場チームの順番はテーマ曲によって発表とする

<第1試合/獣神サンダー・ライガー引退試合II>
佐野直喜
獣神サンダー・ライガー
with藤原喜明
(1/60)
リュウ・リー(ドラゴン・リー)
高橋ヒロム

<第2試合/IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者/SUPER Jr.TAG LEAGUE 2019優勝] YOH
SHO
(1/60)
エル・ファンタズモ
石森太二
[第60代王者] ※石森&ファンタズモ組2度目の防衛戦

<第3試合/ブリティッシュヘビー級選手権試合>
[挑戦者] SANADA
(1/60)
ザック・セイバーJr.
[王者]

<第4試合/IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ジュース・ロビンソン
(1/60)
1・4東京ドーム「ランス・アーチャーvs.ジョン・モクスリー」勝者
[王者]

<第5試合/NEVER無差別級選手権試合>
[挑戦者] 後藤洋央紀
(1/60)
KENTA
[第27代王者] ※KENTA3度目の防衛戦

<第6試合>
1・4東京ドーム「ジェイ・ホワイトvs.内藤哲也」の敗者
(1/60)
1・4東京ドーム「オカダ・カズチカvs.飯伏幸太」の敗者

<第7試合>
クリス・ジェリコ
(1/60)
棚橋弘至

<第8試合/IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル ダブル選手権試合>
[IWGPインターコンチネンタル王者] 1・4東京ドーム「ジェイ・ホワイトvs.内藤哲也」の勝者
(1/60)
1・4東京ドーム「オカダ・カズチカvs.飯伏幸太」の勝者
[IWGPヘビー級王者]


■ 新日本プロレス NEW YEAR DASH!!
日時:2020年1月6日(月)18:30
会場:東京・大田区総合体育館

◆試合前18時30分にリングアナウンサーから対戦カード発表!
◆獣神サンダー・ライガー引退セレモニー

* * *

■東京ドーム大会観戦注意事項&情報まとめ

 東京ドーム大会は、初めての観戦者もいると思うので会場観戦注意事項を~。

・ 【時間】時間帯にもよりますが、並び始めてから場内に入るまで30~40分を覚悟した方がよいです。ドーム自体への再入場は不可です。

1月4日(土)
第0試合16:00 第1試合17:00 終了予想21:30

1月5日(日)
第0試合14:00 第1試合15:00 終了予想19:30

・ 【服装】ドームは室内で空調は快適であるはず(快適な年は全く問題なし、昨年は暖かかった)ですが、なぜか寒く感じる(コートが脱げない)年もあります。防寒として、暑かった時に脱げるセーター、コートを着ていくとよいでしょう(もちろん、場外グッズ売り場は普通に寒いです)。特に寒さに弱い方は、貼るカイロ、ひざかけ、座布団に使うクッションなど準備を。

・ 【持込禁止】野球開催時のドーム持ち込みが禁止されているビン、缶、凍らせたペットボトル類、500mlを超えるペットボトル、アイスボックス類については、入場時の手荷物検査で取り上げられる(ドーム側が用意した紙コップに移しての入場とさせられる)可能性があります。

・ 【観戦】好みにより望遠鏡やステンドグラスはあってもよいですが、どの席でもリング上とビジョンを交互に見るような観戦方法でも大丈夫です。座席に座ったままの観戦となります(立っての応援は他の観客への迷惑になるので禁止です)。写真撮影は自由、動画撮影は禁止となります。貴重品の管理にはくれぐれもご注意ください。

・ 【マナー系】応援は他のお客さんの視界を遮らないように。「カメラを頭の上に上げる」「うちわ・タオル・プラカードなどを顔より上げたり振り回さない」などは公式からも注意が繰り返されています。ぴったりしたキャップであってもカメラを構えたファンからすると遮るケースもあるので注意を。このような考えから、(ツノが飛び出した)ライガープンプンキャップ着用はなしでお願いします。まわりが不快になる野次などは慎みましょう。

・ 【休憩】進行の都合により休憩なしとなります。トイレに立つのは自由です。該当選手には申し訳ないですが、トイレタイムにするとしたらどの試合かを考えていくとよいでしょう(あるいは、どこかの試合終了同時でトイレにダッシュ、次の試合序盤のうちに席に戻る)。特にラスト3試合は入退場含めて30分あるいはそれ以上の長い試合になることが予想されます。体力を温存し、コンディションを整えて最後まで観戦しましょう。

・ 【飲食】飲食はドーム内の売店にあります。飲み物は座席にも販売員がやって来ます。

 では、東京ドーム大会を楽しみましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> プロレス大賞2019まとめ 週プロ/ネット/東スポ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 1月8日発売!黒川事変 いったいどうするつもりなのかクロちゃん/堀辺百子×ターザン山本!/リッキー・フジ/玉袋筋太郎/中溝康隆(『プロ野球死亡遊戯』)/鈴木みのる/マッスル坂井×成田大致


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD