1. HOME
  2. プロレス
  3. マリーゴールド
  4. ジュリア&林下詩美出陣、桜井麻衣は野崎渚とタッグ対決 5・20後楽園
マリーゴールド

ジュリア&林下詩美出陣、桜井麻衣は野崎渚とタッグ対決 5・20後楽園

マリーゴールド

1325

 5日、渋谷SuNaBaにてファン参加型で開催されたランチパーティーにて、女子プロレス新団体マリーゴールドが旗揚げ戦5・20後楽園ホール大会の対戦カードを発表した。

(全対戦カード)Marigold Fields Forever 5月20日(月)後楽園ホール

■マリーゴールド旗揚げ戦
Marigold Fields Forever
日時:5月20日(月)18:30
会場:東京・後楽園ホール
※WRESTLE UNIVERSEで独占生中継

<第1試合/starting over パッション注入 2024>
高橋奈七永vs.ビクトリア弓月

<第2試合/Avs.Iイデオロギー対決>
青野未来vs.石川奈青

<第3試合/The Power Contest>
MIRAI vs.CHIAKI

<第4試合/アクトレス・ニュータイム>
松井珠紗
翔月なつみ
vs.
天麗皇希
後藤智香

<第5試合/World beauty showdown~世界美女伝説~>
ゼイダ・スティール
桜井麻衣
vs.
野崎渚
マイラ・グレース

<第6試合/マリーゴールド最強タッグ伝説>
ジュリア
林下詩美
vs.
Sareee
ボジラ

 パーティーでは歓談重視で2ショットやサイン不可とされたが、カード発表時や壇上のショットは許された。ファンも貴重なひとときを楽しんでいた。

パッション&超貴婦人でパシャッ。

 なぜかジュリアは弓月にスリーパーホールド。

(各カードでの選手コメント)ジュリア「私と詩美のタッグ。うちらがコケたら終わりでしょう、マリーゴールド」

ロッシー小川代表「おかげさまで旗揚げ大会は、ほとんど売り切れ状態になってます。そして今日もね、こんなに盛況で非常にありがたいと思ってます。後楽園の旗揚げ戦は全 6 試合を行います。それでは発表しますのでお待ちください(拍手)」

<第1試合/starting over パッション注入 2024>
高橋奈七永vs.ビクトリア弓月

弓月「はい。この前会見でこう、奈七永さんにパッション注入させてやるよって私が言って、奈七永さんにパッション注入をお願いして、ついに叶うことができました。私、この第 1 試合でマリーゴールドのストーリー、そしてビクトリア弓月としてのストーリーが始まっていくと思っています。私が、この第 1 試合で勝って、爪痕を残したいと思っています。そして、私がマリーゴールドの歴史を刻んで、歴史をつくり上げていきたいと思っています(拍手)。ビクトリア弓月の忘れられないパッションをお前に注入してやるから!! 覚悟しといてください」

観客「パッション、パッション、パッション」

奈七永「ちがーう。お前ちょっとずいぶんかみかみだったけど大丈夫?(観客笑い) それでパッション注入できるのか。改めまして、マリーゴールドの旗揚げ第1戦をまかされました高橋奈七永です(拍手)。こっからまた新しい歴史が始まるかと思うと、すごい何でしょう、緊張感もありますし、ここからまた高橋奈七永の歴史がさらに厚みを増すと思っています。で、いつか来る最後の時まで、このマリーゴールドに一瞬一瞬、全力でパッションして、全力で青春して、いろんなものを、闘いのエッセンスをマリーゴールドに注入していってやろうと思ってます。そして相手のビクトリア弓月。なんか生意気な小娘だなっていう印象なんですけど、はっきり言ってデビューして半年ぐらいの?」

弓月「 5 か月です」

奈七永「5か月でこのふてぶてさ。試合ももちろん見たことあって、技術とか何だろうな、瞬発力とか。このキャリアではなかなかない、いいものを本当に持ってると思います。でも、まだまだ、まだまだ経験したことのない、試合で経験できることがなかった恐ろしさとか、パッションを…高橋奈七永の名前を出したからにはお前にしっかり注入してやるから。どっちが上回るか勝負だから」

弓月「はい、お願いします」

奈七永「ニヤニヤしててムカつくんですけどッ。もうちょっと喋ってもいいですか。パッション注入マッチっていうのが始まったのが、もう 2011 年の最初のスターダムの時なんですけど、そこからもう 13 年ぐらいかな。ずっとやり続けてきたわけじゃないけれども、このパッション注入マッチっていうのはロッシー小川大社長からの私への試練であり、最大のプレゼントだと思ってます。なので、ロッシー小川の圧にも負けないようにマリーゴールドでパッションしていきたいと思いますので、みんなしっかり目をひん剥いて見といてください。お願いします。パッション~(パッションコール)」

<第2試合/Avs.Iイデオロギー対決>
青野未来vs.石川奈青

青野「改めまして青野未来です(拍手)。初めましての方も本当に多いと思います。この旗揚げで青野未来がどんな選手なのかを示す、この一戦がすごく大切だと思っています。石川奈青、久しぶりで、楽しみだなって気持ちで闘えるかなと思ったんですけど、全然楽しみとはまた違くて。元アクトレスガールズを認めないっていうコメントをしたのを見て、ちょっとそれが私的には疑問で。それがなぜ認めないのか。気持ち的な問題だとしたら、私たちめちゃくちゃ大きな決断をして、大きな覚悟を持って、簡単にここには来ることはできなかったので。その気持ちは十分にあります。技術的な面だとしたら、それはもうこの一戦で、私が圧倒的に石川奈青から勝って、それを証明したいと思います。皆さん、ぜひ楽しみにしてください。応援よろしくお願いします」

石川「まずは、その問題のポスターの件なんですけど。嬉しいとか一言もないんですね。私はあのポスターを見てすっごい悔しくて。でも未来さんはそこにいるのが当たり前みたいな顔して、どこに行ってもお気に入りで。私、石川奈青のことは誰も期待もしてないと思いますけど。でも気持ちだけは絶対に負けないと思っています(拍手)。ありがとうございます。私、デビューしてからプロレスラーとして他団体の先輩と試合をしたのが、青野未来が初めてのシングルマッチでした。そして、タッグのベルトに挑戦したのも、一緒に隣に立ってくれたのは青野未来。そしていつの間にかプロレス団体ではなくなると急に聞いて、その最後の試合も青野未来と同じリングに立っていました。それなのに急にいなくなって、急にプロレスラーじゃなくなって。なのに、こうしてまた急に戻ってくる。私たちはその間、私はプロレスに真剣に向き合ってきたのに、私はお芝居じゃなくてプロレスラーとして、プロレスで、リングで正々堂々と青野未来と闘えるのを楽しみにしています。あの頃の石川奈青じゃないんで、絶対に負けません」

<第3試合/The Power Contest>
MIRAI vs.CHIAKI

MIRAI「はい、マリーゴールド魂の申し子、MIRAIです(拍手)。この試合についているタイトル、題名は『The Power Contest』ということでパワーということなんですけど、自分はここマリーゴールドに来て、パワーだけじゃない、違う引き出しも開けていきたいと思ってるので、皆さん楽しみにしててください。そして、すごい偏見かもしれないんですけど、(CHIAKIは)悪そう」

観客「悪くないよ~」「いい人」

MIRAI「なんかまだ練習何回かとか、みんなで集まってご飯食べたりとかしたけど、まだまだアクトレスガールズの、アクトレスガールズから来た人たちのことを自分はあんまり、まだわかんないから、すごい偏見だけど、悪そう。だけど、悪そうだからヒーローのMIRAIがぶっ倒したいと思います。皆さんこの試合期待しててください。以上です」

CHIAKI「皆さん、CHIAKIです。まあ話し方とかいろいろあって、まあ悪そうとかね、よく言われるんですけど。私は 20 数年、ずっと太めの腕とか発達したヒラメ筋とか、でかすぎる足とか。ずっとこれコンプレックスにして生きてきたんですけど。でも先日の入団会見の際に言った通り、プロレスに出会って、その今までの自分の常識が見事に覆る。こんなに自分を活かせる場所があるんだと、そういうふうに気づいてプロレスに向き合うことを決めました。この持ち前のパワーと、ありのままの自分で、誠心誠意ぶつかっていきたいと思います。皆さん、そしてMIRAIさん、よろしくお願いします」

MIRAIがCHIAKIの腕にさわる「いい、腕してんの」

<第4試合/アクトレス・ニュータイム>
松井珠紗
翔月なつみ
vs.
天麗皇希
後藤智香

なつみ「お疲れ様です。こんにちは、翔月なつみです。またこうやってプロレスの世界に戻ってくることができました。今めちゃくちゃやる気になっております。入団会見の時にも言ったんですけど、皇希、まず先には行かせません。こんなに早く実現させてくれるなんて、めちゃくちゃ嬉しいです。私も松井も全然体格的には恵まれてないですけど、それだけで勝てるような世界じゃないと思ってるので、ここでセンスの塊・松井珠紗とともに、皆さんに夢、私たちの実力をお見せしたいと思っています。楽しみにしていてください(拍手)」

松井「『#松井かわいい』こと松井珠紗です(拍手)。今回の試合、アクトレス・ニュータイム。なかなか尖ったタイトルですね。めちゃくちゃワクワクしちゃいます。私はこのマリーゴールドに来る際に、すべてを捨てたつもりで来たんですけれども、このカードが組まれた以上、私が皆さんにお見せしたいのは、『アクトレスガールズ、けっこうすげえぞ』っていうことを皆さんにお示ししたいと思います。私は前の団体に 6 年間在籍しました。その間で、皆さん知っての通り、お芝居や歌やダンスやモデルや…本当にたくさんのことを経験してきて、それでなお思ったことは、やっぱりプロレスがやりたいということでした。でも、こうしたたくさんの経験は寄り道とかそういうことじゃなくて、私は全て自分のアドバンテージになると思っています。なんで、これまでやってきた全ての経験を生かして、5 月 20 日マリーゴールドのリングで、私が 10 代の頃から夢だったプロレスラーですと、胸を張ってプロレスラーですと言える、 5 月 20 日、皆さんに最高の姿をお見せしたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」

皇希「みなさんこんにちは、天麗皇希です(拍手)。このカードが組まれたっていうことは、私が頭一個飛び出てるっていうことを、証明できる機会をいただけたのかなと思っています。もちろん今までリーダーでやってきたなつみさん、センスの塊・松井珠紗、やっぱり 2人に勝つにはまだまだ力が足りないと思うところもたくさんあるんですけども、まずここで一歩、大きな一歩を踏み出させていただきたいと思います。よろしくお願いします」

後藤「皆さん、さっきやりましたよね。行きますよ、せーの『あっちかこっちかごちか』!! ありがとうございます。初めまして、今回プロレスラー…(こみあげて言葉に詰まり観客『頑張れー』)今回、プロレスラーという道を覚悟を持って選びました。師匠がいるから、師匠が一緒にマリーゴールドに行くから選んだわけではありません。私は、私自身でマリーゴールドに行くこと、プロレスラーになることを選びました。まだまだ、本当にこの 2 年半、何だったんだろうって思うくらいできないことが多くて、会見でも言ったんですけど、弱音を言うように聞こえてしまうかもしれないんですけど、たった数回しか出てない練習も想像を超えて、逃げ出したくもなりましたけど。私は 5 月 20 日プロレスラーとして、デビューする覚悟を持ってここに来ました。173cmいい武器を持ってます。なつみさん、珠紗さん、そしてジュリアさん、奈七永さん、詩美さん。マリーゴールド、旗揚げメンバーとしてみんな同期です。どんなことも乗り越えていきます。みなさん応援よろしくお願いします(拍手)。そして隣には、ずっと一緒にツインタワーとして闘ってきた皇希がいます。絶対に勝ちます。見ててください。よろしくお願いします」

<第5試合/World beauty showdown~世界美女伝説~>
ゼイダ・スティール
桜井麻衣
vs.
野崎渚
マイラ・グレース

桜井「えー、リングの超貴婦人でございます(拍手)。プロレス界には 2 種類のレスラーしかいない。ワタクシかワタクシ以外か(笑い、歓声)。ワタクシ貴婦人がこんな庶民レスラーに負けるはずがありませんわ。昨日…まあ昨日は私が乗り込んで行った立場でしたが、今度は、このマリーゴールドに参戦したいっていうことなので、私が野崎渚、お相手して差し上げてもよろしくてよ。あと『貴婦人がてっぺんを目指せない』っていうリプを、ご意見をいただいたんですが。私はこれから、このマリーゴールドで『新超貴婦人』としてテッペンを目指すの(拍手)。なのでこんなところで負けていられません。旗揚げ戦、楽しみにしていてちょうだい。それではごめんあそばせッ」

<第6試合/マリーゴールド最強タッグ伝説>
ジュリア
林下詩美
vs.
Sareee
ボジラ

林下「もうジュリアと隣が違和感すぎて。大丈夫かな? このカードを見て、ジュリア、Sareeeさん、ボジラ…でっかい人とかすごい人とかいる中で輝きを隠せないこの林下詩美は…Sareeeさんも多分今ジュリアのことしかきっと見てないんじゃないんですか? マリーゴールドにまだこんなすごい人がいるんだっていうのをこの試合で見せつけようと思います。で、でかいボジラは、私のパワーでぶん投げたいと思います(拍手と歓声)。そうなるためにもまずは、ジュリアと少しでも絆をつくらなきゃ(観客「オオッ」)」

林下から握手を求め、ジュリアが応じる。すると林下が力を入れたためジュリア「イタタタタッ、痛いッ」

ジュリア「あの…喧嘩売ってるよね。詩美は結構長い期間、同じ団体に所属してたんだけど、ほとんど試合でも撫でる程度しかやったことないし、シングルもことごとく流れて、結局 1 回もちゃんと闘ってなくて。なのにタッグは2回目なんだよね。その、前回タッグやったときは、詩美の誤爆を食らいまくって負けたのよ、私が。不安なんだけど、でも、まさかマリーゴールドで横に並ぶなんて…想像しましたか? 詩美と。やっぱり何か似たような覚悟だったり、そういう大きな決断をしてここに来た。何か縁があるのかなって、詩美とは。そう思ってるんですよ。だから前回とはまた違った、私と詩美の全然違った…第 1 試合からたくさんカードが発表されてる。みんなの覚悟とかすっごい、ちょっとそこで立ちながら聞いててぶっ刺さっちゃって。あ、みんなそんな考えてるんだ。すっごい…なんかね聞いてて刺激になってね。で、それを全部背負った上でのメインイベントだと思ってるから。私と詩美のタッグ。これからのマリーゴールド、このメインイベント、うちらがコケたら終わりでしょう、マリーゴールドの(観客笑い)。本当にそういう気持ちなの。だから…1 回 2人で飲み行こうか?(観客大歓声)。そうそうそう酒を酌み交わして…お泊まりパーティでもする?」

詩美は拒否のポーズ。

ジュリア「そうも言ってられないのよ。ちょっと詩美と、もっともっとこの旗揚げ戦までに親交を高めたいと思っているんだけど、ちょっとSareeeとボジラどっちか先に行けばいいの? なにボジラって(観客笑い)。結構アメリカとかでも試合してきて、すごいでかい人とタイトルマッチ、結構経験して倒してきたんだけど、規格外なんだけど、そん中でも。誰? この人見つけた人。(ロッシー小川代表に)お前か、おじいさん!! おい、えーと181cm91キロ? 男子のヘビー級じゃん。私は 162cm 54~5kg なんですけど。ちょっと男子のヘビー級と一緒ですよ。すごいね。規格外過ぎて、どうするよ。これ負けられないよ」

詩美「もう」投げたり叩き付けたりするポーズ。観客「かっこいい!!」「頼もしい!!」

ジュリア「頼もしいね。わかった、頑張ろう。あとね、Sareeeは私がめちゃくちゃ新人時代に、 1 回シングルしたの。知ってる? 田中稔選手の 25 周年興行、新木場大会の中で見たことある人っていますか? (手を挙げたのが)一人。そうなんですよ。本当に私が新人の、もうなんかプロレス、もうなんかわかんないなっていう時にSareeeと突然試合が組まれて。その前は散々なんかビビらされて、先輩たちに『Sareeeやばいから怪我するよ。気をつけな』『かわいそう』『えっシングル?』みたいな。もう散々言われて、超ビビって試合したら人生変わったの。Sareeeとやって。だから私がスターダムに移籍する時も『Sareeeとまた試合はしたいけど、もしかしたらもうできないかもしれない』…でもなんかもう、いろんな覚悟があって、それを一旦捨てたの。でもそれでもやっぱりずっと試合したいと思ってて、私は言い続けた。いろんなところで。言い続けて、それが叶うのはマリーゴールドに来たからだと思う。なので、5 年前のジュリアと今は全く違う。私も私なりに世界に名を今響かせてきました。今のジュリアとSareeeが闘ったらどうなるか。自分でもちょっと想像がつかない。何かにつながるのか、それとももう二度とこいつとは試合したくない。NG とかになるのか…わからないですけど。でもきっと何かが始まると思います。そして、このマリーゴールド。みんなの覚悟、それをみんなにもしっかり伝えて、私たちが女子プロ界、ひっかきまわし、もっともっと明るい女子プロレス、そして世界にも世間にも届く団体を目指していくので、その旗揚げ戦、みなさん噛みしめて観に来てください。詩美、よろしく!!」

前夜5・4ノア両国国技館大会で初陣。旗揚げに向けた万全の練習体制が話題に

■ノア WRESTLE UNIVERSE PPV LIVE WRESTLE MAGIC 2024
日時:5月4日(土)16:00
会場:東京・両国国技館 観衆3512人(主催者発表)

<第8試合/超女両国列伝>
〇ジュリア 林下詩美 MIRAI 桜井麻衣
 18分17秒 ノーザンライトボム → 片エビ固め
●野崎渚 愚零闘咲夜 高瀬みゆき 彩羽匠

 マリーゴールドとしての初陣となった大会。ロッシー小川代表そして所属選手が総出状態でリングをジャックした。

 連係攻撃もドンピシャ。選手は一時的に実戦から遠ざかっているが、万全のコンディションで安心させて見せた。

 この両国大会で桜井麻衣と野崎渚がバックステージで揉みあう。旗揚げ戦のカードへとつながった。

 当サイトからは大会速報ツイートでも「目を見張るMIRAIの身のこなしなどはマリゴ勢の練習成果か」とした。ジュリア、林下詩美というスターダムでのユニットリーダー経験者は練習を率先するタイプ。さらには高橋奈七永、風香も指導の担い手だ。所属選手にも練習好きが揃う。

 こうした状況から、関係者間でも練習体制と仕上がりが話題に。練習合宿も予定されているようで、しっかりとした闘いを繰り広げる団体としての始動が見込まれる。


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼