1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. きょうIWGP世界ヘビー初防衛戦 1998年4月4日アントニオ猪木引退から23年
新日本プロレス

きょうIWGP世界ヘビー初防衛戦 1998年4月4日アントニオ猪木引退から23年

新日本プロレス

2098

 俯瞰してみれば、新日本プロレスの歴史における大きな“節目”。ここに立ち会える喜びと、アレコレ談義できる特権をもって、ファンはいざ両国国技館へ。

新日本プロレス SAKURA GENESIS 2021 4月4日(日)両国国技館 全対戦カード

 偶然か必然か日付が一致した。新日本プロレス創業者であり「IWGP」提唱者・アントニオ猪木、1998年(平成10年)4月4日の引退から23年。

 IWGPヘビーとIWGPインターコンチネタルが統合されてIWGP世界ヘビー級王座が誕生。初代統合王者に認定された飯伏幸太がメインで初防衛戦に臨む。

■ 新日本プロレス SAKURA GENESIS 2021
日時:4月4日(日)17:00
会場:東京・両国国技館

<第1試合>
邪道
タンガ・ロア
タマ・トンガ
(1/20)
DOUKI
ザック・セイバーJr.
タイチ

<第2試合>
ディック東郷
石森太二
高橋裕二郎
KENTA
EVIL
(1/30)
YOSHI-HASHI
石井智宏
後藤洋央紀
矢野通
オカダ・カズチカ

<第3試合>
X
ジェフ・コブ
グレート-O-カーン
(1/30)
鷹木信悟
SANADA
内藤哲也

<第4試合>
バッドラック・ファレ
ジェイ・ホワイト
(1/30)
小島聡
棚橋弘至

<第5試合/IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者] SHO
YOH
(1/60)
金丸義信
エル・デスペラード
[第64代王者] ※デスペラード&金丸が初防衛戦

<第6試合/IWGP世界ヘビー級選手権試合>
[挑戦者/NEW JAPAN CUP 2021優勝者] ウィル・オスプレイ
(1/60)
飯伏幸太
[初代王者] ※飯伏が初防衛戦

新ベルトデザインの読み解き 本当の評価は後世になってからなされる!?

 3月30日、後楽園ホール大会にてお披露目された新ベルト。IWGPヘビーの歴代ベルトが“合体”したデザインとなった。インターコンチの要素はサイドバックルに含まれたという。

 大張高己社長が明かす。

 2冠統一に関してはファンの間で賛否を呼んだ。大張高己社長(46)は「すごく感激したんです。ファンの皆さんが、ここまで自分のこととして考えてくださっていることに」と受け止める一方で「変化を生む時は、どうしても否定的な意見は出るもの。ただ我々会社のスタッフはあくまで裏方。リングで戦う選手が証明してくれるはずですので、新しいベルトを巡る戦いにより一層、ご期待いただければ」とリング上のさらなる活性化を望む。

 その思いを後押しするのが団体創設者から受け継ぐ精神だ。ベルト上部のライオンマーク周辺にあしらわれた炎は「燃える闘魂」を意味する。もちろん猪木氏への敬意を込めたものだ。「常に新しい道を模索してこられた方なので、そこは応援してくれるのではないかと思います。私がファンの時代、会場で猪木さんが必ずのように言っていたのは『今年は新日本が世界に羽ばたく年になると思います』と。それを具現化していく象徴でもありますから『迷わず行けよ!』と言ってくれるのではないでしょうか」(大張社長)

(2021年03月31日 【新日本】IWGP世界ヘビー級ベルトに込められた思い 猪木氏への敬意と「迷わず行けよ!」道の精神 | 東スポの新日本に関するニュースを掲載)

 歴代ベルトの合体版であるとともに、「燃える闘魂が世界へ羽ばたく」の具現化となった。長くプロレスを観ているファンほど初代ベルトのイメージが強いことから、「イメージしていたものと違う」となったようだ。もっとも、初代ベルト踏襲で作った場合には「戻しただけじゃないか」となるわけで、追っかけっこは否めない。

 ポイントは、羽根そのもののカタチをベルトにした大胆さ。そして、飯伏のようなスレンダーな選手にも対応したアスリート仕様サイズ(センターバックル自体が小さい)となる。このあたり昭和レスラーの体型トレンドとは変わってきているわけで、戦略性も感じられる。オカダ、内藤、ジェイ、棚橋にもしっくりきそう。「仮面ライダーの印象がする」という声は、ライダーファンである棚橋の王座復帰待望論とも合わさった。

 現代プロレスにおけるコスチュームトレンドをつくったと言われる棚橋だか、その過程では「チャラい」「新日本らしくない」と散々な言われた方をしたものだ。自分を信じてやり切った棚橋のごとく、ベルト整理も自分たちを信じて新日本はやり切らなければならないだろう。新ベルトの本当の評価は後世になってからなされるものというのもまた、真実かもしれない。

2冠統合を後押しした2人のレスラー 内藤哲也と飯伏幸太の物語

 誰がIWGP世界ヘビー級のスイッチを押したのかについては、既に当サイトでも論じた。

◎内藤哲也
少年時代にIWGPヘビー級奪取を人生の目標に掲げた内藤が「インターコンチとの同時保持」を野望として掲げる。

◎飯伏幸太
飯伏は(インターコンチネンタルに強い色を付けた)中邑に影響を受けた。「カミゴェ」にも「最強も、最高も」主張にもつながる。

 いくら内藤が「2つで1つは本意ではなかった」と言い訳しても、道筋はつくってしまった。2冠統合は、2人のレスラー内藤哲也と飯伏幸太の物語そのものでもある。及ぼし方は違えど、中邑によって大きくなり過ぎたインターコンチは2人に大きな影響を与えたのだ。

 2021年に入って飯伏は内藤に2連勝。自身のベルト主張を実行に移した。

2冠統合を後押しした2回のファン投票 ベルト序列をひっくり返す

 後押ししたのはレスラーだけではなかった。

◎2014年1・4東京ドーム大会に向けてのファン投票

ダブルメインイベントどちらが最終試合にふさわしいか
IWGPインターコンチネンタル選手権(中邑真輔vs棚橋弘至)=20,422票
IWGPヘビー級選手権(オカダ・カズチカvs内藤哲也)=11,886票

◎2020年1・5東京ドーム大会に向けてのファン投票

IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座のダブル選手権実施に賛成か反対か
賛成=15,952票
反対=9,055票

 常にIWGPヘビーが最高峰としていながら、顔合わせによってはひっくり返す。「ベルトの存在意義」うんぬんを語る一方で、提案によっては横並びに扱う。ファンもまた一貫性のない生き物ではある。

歩む先は来年(創立50周年&ブシロード体制10周年) 新日本が仕掛けたIWGP「最強と最高」再定義

 飯伏が打ち出す「最強も最高も」論は、木谷高明オーナーの主張と通底している。

キム:今回は、今後、新日本プロレスをどう打ち出していかれるのかについてお伺いさせてください。今までのような、あいまいな定義でやっていくのでしょうか、それとも、どこかの段階で明確にプロレスの定義を打ち出すのでしょうか。ちょっとコアな話になってきましたけど、いかがでしょう

木谷:僕はしばらくはあいまいなままでいいと思うんです。そう言ってくれるファンの人もいます。かつては総合格闘技もなかったので、プロレスの中でみんな最強を求めていたんですよ。その時代は90年代で終わったかな、と思います。

総合格闘技のPRIDEが台頭してUFC(米ズッファLLCが運営する総合格闘技の大会)がこれだけ伸びて、「最強」から「最高」を求める時代に変化してきたわけです。

その「最高」の部分は何かと言えば、僕はアートだと思う。

実は、去年ずっと新日本プロレスに対して、「物足りない、物足りない」と言い続けていたんですが、それはアートの部分が少なかったからです。基本的にプロレスはワークなんですが、1割か2割はアートであってほしいんですね。

アートとワークと何が違うかというと、生き様が出ているかどうかです。アートを見たときは、こちらも感動するわけですよ。

キム:最近はどの選手や試合にアートを感じられましたか?

木谷:1つは、昨年大活躍したオカダ選手のドロップキックですね。あれはもうアートですね。技としてアートなんですよ。

そして、生き様としてアートを感じたのは、昨年6月16日の大阪府立体育館で、タイトルを取った棚橋選手が超満員の会場を見て、涙を流しながら「この光景が見たかったんです」と言ったときですね。

(2013/01/23 新日本プロレスが目指すのは、最強より最高 | グローバルエリートは見た! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準)

 このインタビューは実に8年前。言い回しにあるように「どこかの段階で明確にプロレスの定義を打ち出す」のかどうかが問われていた時代だ。

 「プロレスの中でみんな最強を求めていた」猪木時代が終わり、「最強から最高を求める時代に変化してきた」という見立て。「確かにそうだよなぁ」というファンも「いや、そんなことはない」というファンもいるだろう。だけれどもこの見立ては、最高ベルトを最強ベルトよりも輝かせて、ついには年間最大ビッグマッチの試合順までひっくり返した中邑の歩みと同期していく。

 継承でもあり、破壊でもある。来年は新日本プロレス創立50周年&ブシロード体制10周年となるが、新たな歩みに向けて新日本がプレ50周年&プレ10周年に仕掛けた「IWGP」再定義がベルト統合にあったのだとボクは思っている。

プロレスを世界一の競技にする 5月スタジアムツアーは50周年ドームツアーの試金石!?

 まだまだコロナ禍から抜けきらない世間でありプロレス界。エンターテインメントとしてのプロレスのビッグカンバックはあるのか。

 三つどもえで繰り広げられた2冠争いを飯伏幸太(38)が制し、今後のビジョンとしては〝ベルト統一〟を提唱する。「ICのベルトと、IWGPヘビーのベルト。これを一つにしたい。僕は最高も最強も欲しいし。誰もICだけに挑戦したり、IWGPヘビーだけに挑戦していない。じゃあ何の存在意義があるんですか、2冠に」と問題提起した。

 さらに「発言力が増したと思うので、もっともっといろんな場所でプロレスをやっていきたいと思います。広めるのが僕の仕事。プロレスをどんどん広めていきます」と目を輝かせた。

 使命感に燃える飯伏に追い風となるプランがある。

 今年のドーム2連戦は入場者制限により観客動員が減少。新型コロナウイルス禍の打撃で、2018年度に過去最高の約54億円を記録した新日本の売上高は20年7月期で約45億円になった。

 大会後に本紙の取材に応じた木谷高明オーナー(60)は、来期は約35億円まで減少することも想定していることを明かした。その一方で「コロナ明け」を見越し、22年7月期の「売上倍増計画」を立てているという。

「(動画配信サイトの新日本プロレス)ワールドは過去最高の入会者数ですし、米国の現地法人もコロナ明けとともに本格始動します。大きくできるなと思うのは、このコロナ禍でいろいろなことを試しましたよね。2グループに分けてG1をやるとか。選手に負担をかけない形で興行の規模を大きくすることができると思ってますし、今まで以上に立体的な活動ができるはずです」

 新日本を題材にしたスマホアプリの配信も決定するなど、好材料は揃っている。特に団体創立50周年の節目を迎える来年は、新日本にとっても勝負の年だ。本紙既報の東京ドーム大会中継の地上波ゴールデンタイム復活プランは継続中で、同オーナーはビッグマッチの拡大も見据える。

「もうちょっとドームをやりたいという気持ちはあります。G1の決勝とかも本当はドームでやりたいです。22年にドームツアー復活? そういうことをやるしかないですよね」と意欲を示した。

 興行面以外では人材発掘が最大の課題。「大物新人もスカウトしたいですね。プロレスも日が当たってきたから、興味を示す人もいると思う。レスリングにこだわらなくてもいいと思うんですよね。身体能力が高ければ。体操とか水泳とかいいなと思いますよ」と、東京五輪アスリートなどにも注視していく意向だ。

 そんな状況だけに、逆境のドーム大会で2日連続メインイベンターを務め成功に導いた飯伏の功績は大きい。

「プロレスを世界一の競技にする」

 大きな夢を抱くゴールデン☆スターにとって、21年の年間最大興行は間違いなくその第一歩だった。

(2021年01月06日 飯伏2冠で新日本の〝70億円倍返し〟前進! 木谷オーナーが狙う「ドームツアー復活」と「五輪アスリート」 | 東スポの新日本に関するニュースを掲載)

 最強であり最高のプロレスを世界一の競技にする。そんな飯伏の、そして新日本の野望はメラメラと燃え滾る。1月4・5日ではない新日本の東京ドーム大会は2005年10月8日実施以来だ。5月スタジアム2大会が50周年ドームツアーの試金石となる。


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年3月8日(金)24時まで受付


2024年3月5日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼