1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 新旧「呪われたIWGP」をおさらい 生みの苦しみから歴史はつくられる
新日本プロレス

新旧「呪われたIWGP」をおさらい 生みの苦しみから歴史はつくられる

新日本プロレス

 1980年代にリーグ戦(現在のG1クライマックスのようなもの)として開催されたオリジナルIWGPにまつわる呪い。2021年にインターコンチ王座と統合されることで新ベルトとなったIWGP世界ヘビーにまつわる呪い。ふたつある「呪われたIWGP」をおさらいする。

旧「呪われたIWGP」をおさらい 創設提唱者・猪木が第1回決勝でホーガンにKO負け

 旧「呪われたIWGP」がどこまでの範疇を指すかは解釈次第だが、一般的なものとしてこちらを紹介したい。

 1983年6月2日(カクトウログ註:第1回IWGP)のアントニオ猪木の衝撃的KO負けから、因果関係は別として、新日本プロレスや猪木の周辺ではよくないことが続いていた。

 IWGP創設に関係し、あのエルビス・プレスリーとも友人だったカナダの大物プロモーターであるフランク・タニーは日本からの帰りに立ち寄った香港で急死している。

 同年8月にはタイガーマスク(佐山サトル)が突然、新日本プロレスを去った。さらに同月、猪木は社内クーデターによって社長を解任。その責任を一緒に取らされた形で、IWGPの実行委員長だった新間寿は新日本を追われた。

 翌年には新日本といい関係にあったWWF(現WWE)のビンス・マクマホン(シニア)代表が死去。メキシコUWAのフランシス・フローレス代表もこの世を去った。

 そんな中、第2回IWGPは1984年も開催されたが、その優勝戦は荒れに荒れた。6月14日に前年優勝者のハルク・ホーガンはリーグ戦を勝ち上がった猪木と蔵前国技館で対戦した。

(中略)

 ホーガンが猪木を鉄柱にぶつけようとすると……そこにいた長州力が猪木にラリアットをぶち込んだ。さらに、長州はホーガンにもラリアットをぶち込んだ。ホーガンも腕を出して相打ちのようにはなったが、ホーガンにダメージがあった。

 長州の暴挙だった。(カクトウログ註:試合結果は猪木のリングアウト勝ち)

 この暴挙から、会場はとんでもない暴動へと発展する。

 物が無数にリングに投げ込まれて、怒号が国技館に充満した。大きかった猪木コールが、そのまま全部大きな不満となって爆発していた。

 みんな、ちゃんとした決着が見たかったのだ。

 1年も待たされたのだから。

 第2回IWGPの優勝者は猪木になったが、不透明決着に収まらないのが、満員の観客だった。

 帰らないファンは、さらに無人のリングに物を投げ込み続けた。中には新聞紙に火をつけて猛抗議する者までいた。国技館の時計を取り外して、さらにはマス席のパイプまで破壊していた。

 「たまたまでしょう」と片付けるには、あまりに重なり過ぎ。

 こと試合については、創設提唱者・猪木が第1回決勝でホーガンにKO負けで衝撃が走った。創世期IWGPシリーズのグレードとしてハルク・ホーガンに頼らざるを得なかったこと、そのホーガンとの結着の描き方が難しかったことが大きく結末に影響した。

 ちなみに「最強決定シリーズ」としてのIWGPは1987年までの5年(第1回を除いて猪木が制覇)で終了。IWGPヘビー級王座(初代王者が猪木)として現在のようにタイトル化した。

AD

新「呪われたIWGP」をおさらい 統合提唱者・飯伏が第1戦でオスプレイに敗れる

 新「呪われたIWGP」については、こちらに簡単にまとめたところでした。

▼IWGP世界ヘビー王座創設時
インターコンチとの統合に伴う「IWGPヘビー」封印にファンの反対が殺到

▼初代王者 飯伏幸太
初防衛に失敗、足首負傷を告白

▼第2代王者 ウィル・オスプレイ
初防衛に成功するも首負傷で王座返上(帰国)

▼オカダ・カズチカ
5・29ドーム挑戦を控えてコロナ感染(大会延期)

▼飯伏幸太
7・25ドーム挑戦を控えて誤嚥性肺炎(当日欠場)

▼第3代王者 鷹木信悟
9・5西武ドーム防衛戦を控えてコロナ感染

 ほか新ベルトのデザインも賛否両論。

感染から立ち上がろうとする第3代王者・鷹木。誤嚥性肺炎からの再起に挑む飯伏

 9月の西武ドーム2連戦に向けて、感染から立ち上がろうとする第3代王者・鷹木信悟、誤嚥性肺炎からの再起に挑む飯伏幸太という構図がある。

■ 新日本プロレス WRESTLE GRAND SLAM in METLIFE DOME
日時:9月4日(土)17:00
会場:埼玉・メットライフドーム(西武ドーム)

<IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 飯伏幸太
(1/60)
棚橋弘至
[第10代王者] ※棚橋が初防衛戦

<「KOPW 2021」争奪戦>
[挑戦者] 矢野通
(1/無)
チェーズ・オーエンズ
[保持者]

<スペシャルシングルマッチ>
ジェフ・コブ
(1/60)
オカダ・カズチカ

※全カードは後日発表

■ 新日本プロレス WRESTLE GRAND SLAM in METLIFE DOME
日時:9月5日(日)15:00
会場:埼玉・メットライフドーム(西武ドーム)

<IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 高橋ヒロム
(1/60)
ロビー・イーグルス
[第90代王者] ※イーグルス初防衛戦

<IWGPタッグ選手権試合3WAYマッチ(1/60)>
[挑戦者] YOSHI-HASHI
後藤洋央紀
vs.
SANADA
内藤哲也
[挑戦者] vs.
ザック・セイバーJr.
タイチ
[第91代王者] ※タイチ&ザックが初防衛戦
※3チーム同時に通常のタッグマッチを行い、いずれかの1チームが勝利した時点で決着となる

<IWGP世界ヘビー級選手権試合>
[挑戦者] EVIL
(1/60)
鷹木信悟
[第3代王者] ※鷹木が2度目の防衛戦

※全カードは後日発表

 グレードを生むためには何がしか無理をするところが出てくるもので、それが旧「呪われたIWGP」につながった部分はある。新「呪われたIWGP」について言えば、新型コロナウイルスに伴う大会日程変更や選手コンディションに左右された点は否めないだろう。

 これを「各団体の象徴であるベルトを統一しようとするから呪いが」とか、「創設者・猪木の“IWGPヘビー”を封印しようとするから呪いが」とか言うと“お話”としては楽しいかもしれない。だけれども、生みの苦しみから歴史はつくられるものである。

 実際にIWGP王座というブランドはプロレス界においては絶大である。鷹木や飯伏の奮闘の先に、「IWGP世界」となったIWGPがさらに輝きを増すことを引き続き期待したい。ボクらを酔わせたIWGP戦線に劣ることのない、これからのプロレスをカタチにするIWGP世界戦線を待つ。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


[2021年9月1日発売! 表紙は、中邑真輔! 国際プロレス解散40周年対談・玉袋筋太郎×タブレット純、いま最もGLEATな男カズ・ハヤシ インタビュー、鈴木みのるのふたり言、斎藤文彦×プチ鹿島「プロレス社会学のススメ」ほか]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼