1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 【追っかけ現地レポート】2冠奪取からの大合唱ぶち壊し! ダブルドームは結末までもハッピーエンド&バッドエンド
新日本プロレス

【追っかけ現地レポート】2冠奪取からの大合唱ぶち壊し! ダブルドームは結末までもハッピーエンド&バッドエンド

 この記憶はプロレスファンに一生刻まれる---。ダブルドーム2日目となった5日、ヘビー級王者・オカダとインターコンチ王者・内藤がメイン対決。デスティーノでオカダに勝利した内藤が、“史上初の2冠王者”という悲願を達成した。“組み合わせ”のみならず“結末”までが、事前にファンが最も待望したものと合致。ところが、内藤が公約のドーム初デハポン大合唱に移ろうとした瞬間、KENTAが内藤を襲撃してぶち壊し。ハッピーエンド&バッドエンドのダブル結末でダブルドームは閉幕した。

■新日本プロレス バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム
日時:1月5日(日)15:00
会場:東京ドーム 観衆30063人(主催者発表)

公式サイト大会結果

<ダークマッチ/NEVER無差別級6人タッグ選手権試合ガントレットマッチ ※14:00開始>
[挑戦者組] vs.
BUSHI
〇鷹木信悟
EVIL
(6分08秒 MADE IN JAPAN→片エビ固め)
●田口隆祐
矢野通
真壁刀義
[第19代王者組] ※真壁&矢野&田口が5度目の防衛に失敗。EVIL&鷹木&BUSHI組が第20代王者組となる
※他の参加チーム
「チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎&バッドラック・ファレ」
「金丸義信&エル・デスペラード&タイチ」
「ロビー・イーグルス&YOSHI-HASHI&石井智宏」

<第1試合/獣神サンダー・ライガー引退試合II>
佐野直喜
●獣神サンダー・ライガー
with藤原喜明
(12分16秒 TIME BOMB→体固め)
リュウ・リー(ドラゴン・リー)
〇高橋ヒロム

<第2試合/IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者/SUPER Jr.TAG LEAGUE 2019優勝] YOH
〇SHO
(14分08秒 STRONG X→片エビ固め)
●エル・ファンタズモ
石森太二
[第60代王者] ※石森&ファンタズモが2度目の防衛に失敗。SHO&YOHが代61代王者組となる

<第3試合/ブリティッシュヘビー級選手権試合>
●[挑戦者] SANADA
(12分32秒 ヨーロピアンクラッチ)
〇[王者] ザック・セイバーJr.
※ザックが防衛に成功

<第4試合/IWGP USヘビー級選手権試合>
●[挑戦者] ジュース・ロビンソン
(12分48秒 デスライダー→片エビ固め)
〇[王者] ジョン・モクスリー
※モクスリーが初防衛に成功

<第5試合/NEVER無差別級選手権試合>
●[挑戦者] 後藤洋央紀
(16分12秒 GTR→片エビ固め)
〇[第27代王者] KENTA
※KENTAが3度目の防衛に失敗、後藤が第28代王者となる

<第6試合>
〇ジェイ・ホワイト
(24分58秒 ブレードランナー→片エビ固め)
●飯伏幸太

<第7試合>
〇クリス・ジェリコ
(22分24秒 ウォールズ・オブ・ジェリコ)
●棚橋弘至

<第8試合/IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル ダブル選手権試合>
〇[IWGPインターコンチネンタル王者]内藤哲也
(35分37秒 デスティーノ→片エビ固め)
●[IWGPヘビー級王者] オカダ・カズチカ
※オカダがIWGPヘビー6度目の防衛に失敗。内藤がIC王座初防衛に成功。内藤がIWGPヘビー、ICのダブル王者となる

 この結末に賛否というか、語られまくり。タメにタメてドーム2連戦での集大成なのだ。これをやってしまう新日本プロレスに震えが止まらない。あまりに大きすぎるし、あまりに怖すぎる“判断”なのであるから。

 そしてボクらは噛みしめた、最高のハッピーエンドを。確かにボクらは味わった、最悪のバッドエンドを。純粋な感想としては、大会直後にツイートした内容がすべてのような気がする。

 いつか叶うものが夢ならば、簡単に叶えられないのも夢である。プロレスと一緒に走る人生を選んだボクらは、ひとりではたどり着くことのないドラマチックさを体感している。この特異過ぎるジャンルは、時にはファンを鷲掴みにし、時にはファンを突き放す。離れられなくなったファン、離れてしまうファン、両方を生んだであろうダブルドーム。

 SNS上はKENTAの行為に騒然。
・ 史上最悪のバッドエンド…王者襲撃の「KENTA」がトレンドワード1位に(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

(2年前ドームでオカダに敗北したことへの)雪辱を果たした内藤はリング上でマイクを握ると、「またいつか東京ドームのメインイベントで勝負しようぜ」と語りかけた。引き揚げるオカダも腕を突き上げて呼応するなどさわやかな空気が流れていただけに、KENTAへの憎悪はすさまじいものになった。

 ネットでも反響が大きく、「内藤」でも「オカダ」でもなく「KENTA」がリアルタイムツイートランキングで1位に急上昇(5日午後8時現在)。「よくも大合唱を邪魔してくれたな」、「最高の試合が台無しになった」と怒りを爆発させるものもあれば、「最高に面白いバッドエンドだった」、「KENTA最高にしびれた」と好意的な意見も見られた。

 会場でも後ろからさかんにKENTAに対して「お前には入ってくる資格ない!」と、本気の怒りがいくつも聞こえた。その様子は尋常なものではなかった。レスラーたちが人生をかけて闘いに挑み、その背景を知っているからこそボクらはとことん熱くなるのだ。

 これだけうんぬん議論したくなるエンディング自体も“表層”に過ぎない。

 内藤哲也は半年前からの不安を乗り越えた。止まりつつあったいくつかの夢を、実現の方向に舵を切った。新日本プロレス公式の元旦インタビューより。
・ 【無料更新!】「1.5で史上初の“二冠王”になったら、史上最大の“大合唱”をやりたいですね」“逆転の内藤哲也”に直撃インタビュー!【WK14C】 | 新日本プロレスリング

内藤 それは「言ってもしょうがない」っていうのに加えて、半年前から“不安”に思っていた部分があったからなんですけど……。

――12.19後楽園の試合後、内藤選手はバックステージで「少し不安に思ってたことがあったけど、このオフで解消された」と発言されましたね。その“不安”というのはコンディション的なものでしょうか?

内藤 う~ん……。具体的な箇所は伏せますけど、簡単に言うと「あっ、もうプロレス、できなくなるかも」と思いました。

――えっ! そんなに大きな問題を抱えてたんですか?

内藤 じつは半年前から自覚症状があったんですよ。5月くらいから「あれ、おかしいぞ?」ってなって、調べても原因がよくわからなかったんですよね。

 内藤がダブルタイトル戴冠とともに掲げていた野望に6大ドームツアーがある。東京・大阪(京セラ)・ナゴヤ・福岡(ヤフオク)・西武(メットライフ)・札幌を指す。もちろん大阪ドーム大会復活から順を追うべきだろうが、2022年という設立50周年前後でどこまで仕掛けるかは、そろそろ新日本の中で判断時期に入っているだろう。

 今回は陥落となったが、リベンジを仕掛けてくるだろう。オカダ・カズチカは何を思うのか。
・ IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカが抱く「プロレス」を担う覚悟(Rolling Stone Japan) – Yahoo!ニュース

オカダ 確かに、以前に比べれば盛り上がってきているとは思います。新日本についても、ここ数年、選手の入れ替わりは激しかったですけど、それを補うスターが次々と登場していますしね。でも、それが世間に届いているのかといえば、僕としては全然まだまだだな、と。

─まだまだ、ですか。

オカダ まだまだ、ですね。たとえばマディソン・スクエア・ガーデンで大会を開催して、チケットが即完売になったと。それって、とても凄いことなんですけど、結局はプロレス界の中の出来事に収まってしまっている。東京ドーム2連戦にしてもそう。残念ながら、そこまで世間のニュースにはなっていませんよね。

─確かにそうかもしれません。では敢えて聞きますが、世間に届いていない原因って、どこにあるのでしょう?

オカダ そこなんですよ。僕もそうなんですが、選手たちはみんな、リング上で自信を持って素晴らしい闘いをしていれば、それがいつか世間にも届くだろうと思っていたんです。もちろん、それがいちばん大切なことなんだけど、一方でそれだけではダメなんじゃないか、っていう気持ちも出てきていて。リング上での闘い以外の部分で、何をすれば世間が注目してくれるのか? ここ数年、その答えをずっと探している感じですよね。

(中略)

オカダ 以前は、オカダって誰? っていう人がまだまだ大勢いることに対して、ちょっと凹むこともありました(笑)。でもよく考えてみれば、それだけ大勢の人に、プロレスを知ってもらうチャンスがあるってことじゃないですか。まだまだ、プロレスを盛り上げることができるぞって。楽天的なのかもしれないけど、今は自分の知名度の低さにすら希望を感じているところです。

(中略)

オカダ (内藤哲也には)独自の美学がありますよね。ファッションまわりで内藤さんが凄いと思うのは、自分のユニット(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン/LIJ)のTシャツやキャップですよ。LIJのTシャツって、会場だけじゃなく街中でもよく見かけるじゃないですか。

(中略)

オカダ プロレスって、一人ではできないんですよ。対戦相手がいてこそ試合が成り立つわけで。基本は闘いですから、互いにピリピリすることもあるけど、プロレスという大きな枠で捉えれば、やっぱり互いに、プロレスを盛り上げたいという想いはみんな一緒だと思うんです。実際、飯伏さんも内藤さんもジェイも、階級は違うけどオスプレイだって凄い選手じゃないですか。そこは認めてますよね。

・ 【新日1・4東京ドーム】IWGP戦V5オカダ「超満員札止めにできず悔しい」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

悔しいのは、10月から超満員にすると言ってきて、それがかなわなかった(観衆4万8人=主催者発表)ので、笑ってもらっても、バカにしてもらっても構いません。でもその分のパワー、悔しさを胸に超満員にまた向かっていきたいです。

・ 【新日本】オカダ 直前に語った東京ドーム2連戦への覚悟(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

「世界に出ている僕たちだからこそ、日本のプロレスのすごさを知ってほしい思いがあります。次? まだまだ何でもできると思います。それこそ(会場として)新国立競技場だってあるわけだし、海外でもいろいろなところがあって。ゴールというのはないと思うので」。飽くなき向上心を胸に、2020年もプロレス界をけん引する。

 大きい大会が終わるたび、武藤敬司の「プロレスはゴールのないマラソンである」という言葉を実感する。プロレスファンにとっての2020年代が、オリンピックイヤーとともにいよいよ始まった。

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 柴田勝頼がオカダ戦以来3年ぶり黒パン
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海

ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの記事引用あり



2020年3月25日発売!それぞれの「U」 [単行本刊行記念対談]藤原喜明×中野巽耀 [回想―若手たちの対抗戦]AKIRA×安生洋二 [独演―キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]宮戸優光



2020年3月17日発売!俺たちのプロレス VOL.14 ジャンボ鶴田最強説を追う!! 没後20年を経て“怪物”と呼ばれた男の真実に切り込む――。ジャンボ鶴田最強説を追う!! 12名が明かした「ジャンボ鶴田最強説」の虚と実



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2020年3月15日!獣神伝説、完結! 自伝、第3弾! ありがとう、みんなのライガー。2020年の東京ドーム2連戦でリングを去った獣神、最後の告白。連綿と続く壮大な新日本ジュニアの物語。いつもそこにライガーがいた



2020年2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



2020年2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



2020年2月28日発売!シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



2020年2月27日発売!2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



2019年2月27日発売!12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2019年12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



2019年12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon