1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 飯伏「2つのベルトをひとつに」ジェイ「やめてやるよ!」 ドーム明暗
新日本プロレス

飯伏「2つのベルトをひとつに」ジェイ「やめてやるよ!」 ドーム明暗

新日本プロレス

 新日本プロレス年始ダブルドーム大会は、飯伏幸太が2日間メインを実に79分23秒に渡って闘い抜いた。アフタードーム2冠戦線の主役は飯伏となる。年間アウトラインに影響する飯伏とジェイ・ホワイトのコメントを拾う。

2021年のダブルドーム大会結果

 年末に過去最大の新型コロナ感染拡大があり、もともとソーシャルディスタンス収容だったところにチケット発売停止の政府お達し。大変な環境でも新日本がやり切ったダブルドームだった。過去最低の動員ながら、投資とばかりに例年同様の演出はキープ。“闘いのクオリティ”とともにファンを安心させてくれるものでした。

■ 新日本プロレス バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム
日時:1月4日(月)17:00
会場:東京ドーム 観衆12,689人(主催者発表)
大会結果 バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム – 東京・東京ドーム 2021/1/4 | 新日本プロレスリング

<第0試合/『KOPW 2021』進出権争奪ニュージャパンランボー>
34分40秒、チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ、BUSHI、矢野通が『KOPW 2021』決定戦4WAYマッチ進出権を獲得
(以下、退場順)
1:永田、鈴木、3:ヘナーレ、4:後藤、YOSHI-HASHI、6:真壁、7:DOUKI、8:裕二郎、9:石井、10:本間、11:天山、12:ロッキー、13:SHO、14:タイガー、15:ゲイブ、16:辻、17:上村

<開会宣言>
特別プロモーターに就任したとんねるずの木梨憲武さんことドン・キナシさんがリングイン。木梨さんがサプライズゲストを呼び込むと、『パワーホール』のテーマ曲に乗ってタキシード姿の長州力がお孫さんを抱いて入場。

<第1試合/「BEST OF THE SUPER Jr.27」優勝者vs.「SUPER J-CUP 2020」優勝者スペシャルシングルマッチ>
[SJC2020優勝者] ●エル・ファンタズモ
(17分46秒 ウラカン・ラナ)
〇高橋ヒロム
[BOSJ27優勝者] ※ヒロムが1・5東京ドーム大会でIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦することに

<第2試合/IWGPタッグ選手権試合>
[挑戦者/WORLD TAG LEAGUE2020優勝チーム] 〇タンガ・ロア
タマ・トンガ
(19分18秒 エイプシット→片エビ固め)
ザック・セイバーJr.
●タイチ
[第87代王者] ※タイチ&ザックが3度目の防衛に失敗。タマ&タンガが第88代王者組となる

<第3試合/IWGP USヘビー級挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者] ●小島聡
(14分12秒 go 2 sleep→片エビ固め)
〇KENTA
[権利証保持者] ※試合前にジョン・モクスリーが「ついにオマエたちの前に帰って来るぞ。東京ドームの後に挑戦権利証を持ってるヤツは覚悟しておけ。オレは準備できてるぜ」と映像メッセージ
※KENTAが権利証の防衛に成功

<第4試合/スペシャルシングルマッチ>
●グレート-O-カーン
(17分13秒 ハイフライフロー→片エビ固め)
〇棚橋弘至

<第5試合/スペシャルシングルマッチ>
●ウィル・オスプレイ
(35分41秒 レインメーカー→片エビ固め)
〇オカダ・カズチカ

<第6試合/IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合>
[挑戦者] 〇飯伏幸太
(31分18秒 カミゴェ→片エビ固め)
●内藤哲也
[第72代IWGPヘビー級&第26代IWGPインターコンチネンタル王者] ※内藤が両王座2度目の防衛に失敗。飯伏が第73代IWGPヘビー級&第27代IWGPインターコンチネンタル王者となる


■ 新日本プロレス バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム
日時:1月5日(火)17:00
会場:東京ドーム 観衆7,801人(主催者発表)
バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム – 東京・東京ドーム 2021/1/5 | 新日本プロレスリング

<ダークマッチ第1試合/スターダム提供>
林下詩美
〇上谷沙弥
AZM
(9分48秒 フェニックススプラッシュ→エビ固め)
舞華
ひめか
●なつぽい

<ダークマッチ第2試合/スターダム提供>
岩谷麻優
●中野たむ
(12分49秒 グロリアスドライバー→片エビ固め)
〇ジュリア
朱里

<第1試合/『KOPW 2021』決定戦4WAYマッチ>
〇矢野通
(7分34秒 片エビ固め)
●BUSHI
※残り2選手はチェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ
※矢野が『KOPW 2021』を戴冠

<第2試合/IWGP Jr.ヘビー級タッグ選手権試合>
[挑戦者組] マスター・ワト
●田口隆祐
(13分20秒 ピンチェ・ロコ→片エビ固め)
金丸義信
〇エル・デスペラード
[第62代王者組] ※デスペラード&金丸が2度目の防衛に成功

<第3試合/NEVER無差別級選手権試合>
[挑戦者] ●ジェフ・コブ
(21分11秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)
〇鷹木信悟
[第31代王者] ※鷹木が初防衛に成功

<第4試合/スペシャルシングルマッチ>
●EVIL
(23分40秒 ラウンディング・ボディプレス→体固め)
〇SANADA

<第5試合/IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 〇高橋ヒロム
(25分31秒 TIME BOMBⅡ→片エビ固め)
●石森太二
[第87代王者] ※石森が初防衛に失敗、ヒロムが第88代王者に

<第6試合/IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合>
[挑戦者/挑戦権利証保持者] ●ジェイ・ホワイト
(48分05秒 カミゴェ→片エビ固め)
〇飯伏幸太
[王者] ※飯伏が両王座の初防衛に成功
※SANADAが次期挑戦表明

飯伏「何の存在意義があるんですか、2冠に。僕は一つに統一したい」

 事前には内藤哲也が“統一”可能性含めて2冠談義に決着をつけることを予告していたが、その担い手は飯伏に移行した。

(バックスステージ)

飯伏幸太「本当に……本当に長かった。本当に、何もかも重い。この2つのベルト、やっと重さが分かりました。ベルトの重さじゃなくて、価値の重さ。僕は昨日、『言いたいことがある』って言いました。もう一つだけ、言いたいことがあります。この“最高”のベルト、インターコンチのベルトと、“最強”のベルト、IWGPヘビー級のベルト、これを、一つにしたい。僕は“最高”も“最強”もほしいし、誰もインターコンチだけ挑戦したり、IWGPヘビーだけ挑戦したりしてない。じゃあ何の存在意義があるんですか、2冠に。僕は、これを一つにしたいと思います。そして、本当の夢を叶えたいと思います。ここから、プロレスはどんどん広がると思います。広めるために、僕は一つに統一したい。防衛ロードも、長いのは分かりますよ。最高、13回ですか。(※報道陣から「12」の声)12ですか。じゃあ僕は13を目指して頑張ります。まだまだその先もあるので」

 既に事実上“統一”されている感はあり、いちど統一したものはなかなか元には戻せないのがプロレス界では通例。この2本以外にもNEVER、USヘビーが存在するわけで、大きくは困らない!? 2020年に暫定的に行われてきた2冠戦の体裁が継続となりそうだ。ダブルドーム連勝で得た飯伏の勲章としてもわかりやすい。

 飯伏は“最初に所属となった”時点からすると7年3か月で頂点を戴冠したことになる。

AD

 以前に当サイトでも論じたが、同じくDDT出身のケニー・オメガで確認すると、2014年に新日本に登場(新日本と契約)。ここからの換算だと、2018年の6月・大阪城ホールでIWGPヘビーを初戴冠するまでは3年7か月。飯伏はゴールデン☆スターと呼ばれながらも新日本の頂点目線では“遅咲き”であることがわかる。

 「待望」とはこのことを言う。2021年の新日本牽引、プロレス界牽引を期待せずにはいられない!!

 反則絡みとはいえダブルドーム前、11月の大阪府立でジェイが飯伏に土をつけるという展開はいかがなものかと思ったが、それがあったことでドーム2日目メインのジェイの恐怖感は増して感じられた。再度のロープ足かけフォールを今度はレフェリーが気づくわけだが、そういうのをひっくるめてのジェイのラッシュは圧巻だった。

ジェイ「もうやめる! やめてやるよ! 契約上は出場することになっているが、どうなるか」

 そのジェイが不穏な発言をバックステージで残した。

(バックステージ)

ジェイ・ホワイト「もうやめる! やめてやるよ! もうこんなものに価値はない! クソッ! クソッ!(※と、目の前の机を2つとも蹴り飛ばすと、イスごと床に崩れ落ち、足を投げ出して床に座り込む)もう無理だ……。もうやりたくない……。明日だってどうなるか分からない。契約上は出場することになっているが、どうなるかなんて分からない。どうせオマエらは俺の惨めな姿を見るのが好きだから、明日も楽しみだろう? だがもうやりたくない……。8年間頑張ってきたが、もう無理だ……。負けて惨めな姿を明日も晒すかもしれないが、それ以降のことはもう何も言えない……。(※床に座り込んだまま)おい、助けてくれ! おい!(※スタッフが駆け寄り、肩を貸して控室へ連れて行く)」

 1月といえば契約更改のタイミングであるから、メイン後のSANADA挑戦表明には「おおっ、残留だな」と安心できたりもした(SANADAは他選手と違ってこれまで単年度契約だったのではないかと言われている)。ジェイもWWE行きの話が絶えない(さすがに新日本は複数年契約を結んでいると思いたい)が、さてどうなるか。もちろん「ウッソーッ!!」ってなってほしいところではある。

コロナ禍で35億円まで売上減少見込みだが・・・団体創立50年の2022年に“倍増70億円”目指す

 木谷高明オーナーがコメントを出している。

 今年のドーム2連戦は入場者制限により観客動員が減少。新型コロナウイルス禍により、2018年度に過去最高の約54億円を記録した新日本の売上高は20年7月期で約45億円になった。

 大会後に本紙の取材に応じた木谷高明オーナー(60)は、来期は約35億円まで減少することも想定していることを明かした。その一方で「コロナ明け」を見越し、22年7月期の「売上倍増計画」を立てているという。

「(動画配信サイトの新日本プロレス)ワールドは過去最高の入会者数ですし、米国の現地法人もコロナ明けとともに本格始動します。大きくできるなと思うのは、このコロナ禍でいろいろなことを試しましたよね。2グループに分けてG1をやるとか。選手に負担をかけない形で興行の規模を大きくすることができると思ってますし、今まで以上に立体的な活動ができるはずです」

 新日本を題材にしたスマホアプリの配信も決定するなど、好材料は揃っている。特に団体創立50周年の節目を迎える来年は、新日本にとっても勝負の年だ。本紙既報の東京ドーム大会中継の地上波ゴールデンタイム復活プランは継続中で、同オーナーはビッグマッチの拡大も見据える。

「もうちょっとドームをやりたいという気持ちはあります。G1の決勝とかも本当はドームでやりたいです。22年にドームツアー復活? そういうことをやるしかないですよね」と意欲を示した。

 興行面以外では人材発掘が最大の課題。「大物新人もスカウトしたいですね。プロレスも日が当たってきたから、興味を示す人もいると思う。レスリングにこだわらなくてもいいと思うんですよね。身体能力が高ければ。体操とか水泳とかいいなと思いますよ」と、東京五輪アスリートなどにも注視していく意向だ。

(飯伏2冠で新日本の〝70億円倍返し〟前進! 木谷オーナーが狙う「ドームツアー復活」と「五輪アスリート」(東スポWeb))

 コロナ禍で35億円まで売上減少見込みだが、団体創立50年の2022年に“倍増70億円”目指す。コロナ禍が続く中で長期展望を見据えるのは大変なことだと思うが、いくつかのパターン想定をして大胆かつ緻密に勧めた会社が勝つ。コンテンツという意味でも、新日本よステイホームのゴールデン☆スターたれ!!

6日(水)『NEW YEAR DASH!!』東京ドームシティホール大会は完売 対戦カードは当日発表

 18:30ゴング。新日本プロレスワールドでの中継あり。アフタードーム、まずは恒例の“対戦カード当日発表”大会で改めて始動。



応援よろしくお願いします!!
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年12月6日発売! 表紙及び巻頭ロングインタビューは、4年前の試合中の怪我により長期欠場中の柴田勝頼(新日本プロレス)。 まさかの復帰はあるのか? そして好評連載『鈴木みのるのふたり言』は拡大版で、2カ月間の全米ツアーを終えた手応えを鈴木みのるに聞く]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼